コスモの『日々是好日』

平成20年2月13日に、待望の娘アイちゃんが誕生。とうとう、我が家も家族です。父親になったコスモの、日々激動の模様です^^


テーマ:

申し訳ありません、UPの順番を間違えてしまいました。。

本当は、今回の513を踏まえての、前回の514でした、、特に自由研究の部分(汗。。

・・・せっかくなので、UPさせていただきます(。-人-。)

 

 

 

 

☆学校公認??・・・

 

 

もうすぐ夏休みも終了というタイミング・・・

オイラが帰宅すると、アイどのは和室で一人、お人形で遊んでいて、

家内がダイニングのテーブルで・・・、ん!?、、夏休みの自由研究を仕上げてます。。

 

それまでも、何度も何度もアイには“手伝う”ように言っていたようですが、

時期も時期だけに、とうとう家内、自分でしばしめたようです。。

 

ただ、そんな家内、、明らかに機嫌がわるい( ̄□ ̄;)

 

そして、これもいつものことなのですが、オイラにもネチネチ言ってくる(-。-;)

ただこのときは、あまりにも“いきすぎた”態度やコトバがあったので、

オイラも、それ以上に反撃させてもらいました(;・`ω・´)

 

はやい話、もしアイが宿題をしないのなら、

ナニもそのまま宿題を“していかない”状態で、学校に行かせればいいだろうということと、

オノレがこの件でカリカリして、家の中の雰囲気悪くしてどーする・・・といことです。。

 

 

家内

「でもねっ、学校の方でも、『親御さんは、宿題の手伝いは、してあげて下さい』って言うんだよ」

 

 

コスモ

「はぁ~・・・、そーなのか、今は」

 

 

家内

「そっ、今は」

 

 

まあ確かに、家内がしていた“宿題”は、

A1サイズの模造紙に、研究内容はキチンとレイアウトされていて、

画像はもちろん、説明文だって、ワープロで作成した文を切り貼りしています・・・

ダレがどうみても、小学三年生のアイが、ひとりでココまでできるわけないです(^_^;)

 

自由研究だけではなく、その他いろいろ、、ただ学校側では・・・

・・・それでもかまわないということのようです。。

 

 

オイラ自身は、今まで一度も、宿題などを親に手伝ってもらったことはありません・・・

・・・まあ、頼めない親だったのですが、、うらやましいなヽ(;´Д`)ノ

 

とにかく、なんでもいいけど、どーせするなら家内自身も、楽しんでしてもらわないとです。。

あとはアイ・・・、アンタも手伝いなさいな。。

 

アイ

「やらな~い~」

 

コスモ

「なんで、おい、これはオマエの宿題なんだぞ、一応」

 

アイ

「え~っ、だぁってぇ~、めんどくさいんだもぉ~ん~」

 

そんなわけで、今の夏休みの宿題は、

子どもだけではなく、親もタイヘンのようで(*´σー`)

 

 

☆ギリギリになって・・・

 

 

夏休み終了まで、残り1日というタイミング・・・

 

 

コスモ

「どーなの、宿題は」

 

 

家内

「だいたい終わった。。あとは毎日の“一行日誌”と、読書感想文ひとつだけ・・・、、いい、アイっ、、朝のうちにしちゃいなさいよっ」

 

 

アイ

「う~ん」

 

 

それはよかった(〃∇〃)

 

 

しかしこの日、オイラは会社から帰宅して・・・

・・・えっ、いつも見る、親子ゲンカの風景\(゜□゜)/

 

 

家内

「朝からいっぱい時間あったのに、どーしてやらないのっ」

 

 

アイ

「え~っ、だぁってぇ~」

 

 

家内

「もおっ、アタシは知らないからねっ。。学校行って、笑われなっ」

 

 

アイ

「ぃやだぁ~」

 

 

そんなアイちゃん、寝る直前になってようやくスイッチが入り、

ようやく課題をこなすことができました。。

 

 

『前もってやっておけば、あとはラクなんだよ』・・・

・・・このことをアイどのには、わかってもらえない(*_*)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

☆論文・・・

 

 

夏休みも終わり、ようやくある意味“おちつき”を取り戻したタイミング・・・

会社にいるオイラのLINEに、突然家内から

『論文かけますか!?

 

 

はてなマークはてなマーク

 

 

オイラにとって論文といったら、入試のときの小論文、

それに、大学を卒業するときに書く“卒論”ぐらいしかわかりません。。

だいたいにして国語がニガテ、書くことがキライなオイラに、論文のこと聞くのはまちがってます(-。-;)

 

そのLINEは放っておいて、帰宅後家内に事情を聞きました。。

 

すると・・・

どうも家でアイと“二人”で頑張って制作していた、夏休みの宿題のアイの自由研究が、

小学校の代表のひとつとして、市に提出されるクラッカーことになったそうで・・・

 

 

コスモ

「へぇ~、、それってもしかして、すごくないか、、評価されたってことだろう」

 

 

家内は、学校で渡された書類をみせながら

「でね、準備するもののなかに、ほらっ、“論文”ってあるでしょ。。パパは大学出てるから、わかるかと思って」

 

 

コスモ

「いやあ・・、たぶんそれ、、オイラの想像してるのとは違うと思うから・・・、目・・、だいたい、ココに書いてある“野帳”って、、これもわかんなくないか」

 

 

家内

「ああ、『やちょう』、、それはね、“掲示物”と一緒に出してるからいいの」

 

 

コスモ

「掲示物って、あのA1サイズのに書いてたヤツか、それ以外にもつくってたのか」

 

 

家内

「なぁーに、ババ、なんにも知らないんだねっ(`×´)」

 

 

コスモ

「知らないよ(・ε・)・・・。。てことはさ、ココは、そういうコトを知ってる人が、聞いたほうがいいんじゃないか」

 

 

家内どの、ソレを電話して聞くのが、恥ずかしいですと(^▽^;)

そんなこと言わないでください、アンタが聞くしかありませんから(・ω・)b

 

 

 

☆喜んでいるのは・・・

 

 

そんなわけで・・・

この場合の論文は、掲示物や野帳の内容を、さらに詳細に書いたモノのことのようなのですが、

小学三年生のアイの場合は、掲示物や野帳の内容を、ある程度“写しても”いいそうで(;´▽`A``

 

ただアイちゃん、その自由研究仕上げるのに、かなり時間かかってたみたいだけど、

その論文の提出期限は、ほんの数日後、、、大丈夫なのかはてなマーク

 

 

アイ

「うーん、、やるよぉ~音譜

 

 

コスモ

「そーか汗・・・、早くやっちゃおうな」

 

 

家内

「いーい、アイちゃん、『学校の代表』なんだから、丁寧な字で書かなきゃダメなんだからねっ」

 

アイ

「う~ん~」

 

 

それにしても・・・

夏休み中は、この宿題のおかげで、いつも家内とアイどのはバトルをしていて、

いきおい、家内はいつも“不機嫌”モードのときが多かったのですが、

またアイにさせるとなると、、これでまた家内、不機嫌になるんだろうな・・・、・・・ん目

 

・・・なんだか家内、すこぶる機嫌がいいσ(^_^;)

 

 

 

まあ、選ばれたのはアイの作品ですけど、

それは家内も、かなりの比率で頑張ってますから、“自分が評価された”感覚なのかしらん(*´ω`*)

 

 

コスモ

「それにしても、自由研究みたいなタイヘンなことしてくる子供は、少ないのかなぁ」

 

 

家内

「そんなことないよ、アタシもこのまえ、PTAの集まりのときに廊下に掲示してあるのみたけど、アイのクラスの子のだけでも、いっぱいあったよ。。そしてどれもみんな、すごく上手なの」

 

 

コスモ

「ほおほお、、そんななか、アイのが学校から選ばれたんだ、へぇ~( ̄▽+ ̄*)」

 

 

家内

「だからさ、担任の先生から、アイちゃんのを市に提出したいって言われたとき、どういうリアクションしたらいいか、わからなくて」

 

 

いえいえ、その喜んでるアンタの様子は、ダレにでもわかると思いながらオイラ

「で、同じクラスでは、アイとあとはダレのが選ばれたのかなはてなマーク

 

 

家内

「パパっ、クラスでいくつではないよ、“学校全体”で5~10ぐらいだって、学年で2~3クラスある小学校のなかでだよ!?

 

 

コスモ

「あらまぁ・・・、、へぇ~( ̄▽+ ̄*)」

 

 

とにかく、、その論文の提出は週明けのようなので、

この週末、アイどのは論文制作に、基本頑張ってもらうことになります。。

 

アイちゃん、自分のことなんだから、家内ばかりが頑張るんではなく、アイどのも頑張ろうね・・・

・・・でないとまた、家内の機嫌が(*^.^*)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

たしか今年初めごろのニュースだったかと記憶しているのですが、

いつも日中に聞くラジオのニュースで、

書籍取次をしている太洋社という会社が自主廃業、

そのあおりで、法林堂書店が倒産した・・・、、というニュースが流れたのですが、

番組のMCの方や解説の方が、このニュースを、かなり熱く語っていたので、印象に残っていました。。

 

オイラ的には、はじめて聞く“書籍取次”ってなんやねん・・・といったところ(;^_^A

普段はまるで考えないのですが、書店に本が流れるしくみ・・・あるんだなぁ、、といったところです。。

 

“ネットで本がカンタンに買える時代でも、

個性を前面に押して特化した書店は頑張ってる”・・そういうことらしいです(*^.^*)

 

あとは、たとえば駅売りとかコンビニあたりの書籍の売り上げが、かなり減少するなか、

このような書店は、けっこう踏ん張ってるとも。。

 

 

人と本や本屋さんとをつなぐWEBメディア「ほんのひきだし」というサイトをみつけました(・ω・)b

 

気になったところは、【本屋さんとをつなぐ】というキャッチコピーヾ(;ω;)

・・・上で書かせてもらったニュースを、思い出してしまいました。。

 

正直、あまり読書はしないオイラにとって、このサイトはなかなかたのしいですニコニコ

そんなオイラは、とっている新聞の、日曜の読書欄に目を通すことがあるのですが、

それがかなり充実している状態・・・、このサイトの特徴だと思います。。

 

つい最近も、とある書店に行く機会があっで、

あるハリーポッターの最新刊が平積みになっていたのですが、

ちゃーんと、コチラにそのことが、紹介もされています。。

 

仮に買うとなれば、今はさまざまな方法があるとは思うのですが、

【本屋さんとをつなぐ】サイトでみると、うーん、本屋さんで買いたくなるかなぁ(//・_・//)

 

 

 

 

そんなオイラが気になった記事はコチラ。。

 

『書店員のみなさん~』という呼びかけに、どうにもひっかかってしまいました(/ω\)

 

ただ、拝見させてもらうと、さすがは芥川賞作家、津村氏の“書き下ろし”

かなり上質なエッセイに“仕上がっている”と感じます。。

 

普段読書をしないオイラにとって、かなり読後の充実感がありました。。

・・・ネットのゴシップだと、いくらでも時間忘れて読んでるのにね(*>ω<*)

 

 

さて、記事にも書かれているのですが、津村氏が最初に買ってもらった“文字主体の”本は、

とある女の人の「でんき(伝記)」とのことで・・・、ステキなお母様で、ホントうらやましい(*´σー`)

 

そういえばウチの家内もよく娘を図書館へと連れて行こうとして、本に触れさせようとしているのですが、

オイラの母は、そんなことなかったなぁ。。

 

今でも覚えているのですが、オイラが家の近くの本屋さんで、“文字主体の”本で、

最初に買ってもらったのが・・・、というより、作者は『江戸川乱歩』。。

 

ナンの本かは忘れたのですが、とにかくこの作者の名前が、

子供心にすごくインパクトがあって、なんだかフシギでした。。

ただ、怖々と手にとり・・・、

最初立ち読みしていたら、なんだか面白くて・・・、それで買ってもらった記憶があります。。

 

そんな流れて、テレビドラマの『少年探偵団』も、しっかりみていたし、、古いなぁ(;^ω^A

 

 

すでに先月の上旬から、

総勢300名に特典付きチケットなどが当たる!「関西書店祭」200書店でスタート【関西限定】しています(^◇^)

 

[対象店舗で税込1,000円以上のお買い物をすると応募用紙が1枚もらえ、その場で好きな賞品に応募できるキャンペーン]って、、

いいなぁ、関西の方はビックリマーク総勢300名って、確率的にもよさそうだし!?

 

ねぇねぇ・・・

A賞であたる、“関西有名テーマパーク(大阪市)パスポート+関西有名ホテルランチ券”・・って、いったいドコなの(〃∇〃)

・・・それに10組20名って、けっこう大盤振る舞いですね(≧∇≦)

 

 

サイトをみたのですが、他にもなかなか賞品は豪華ですぞ合格

・・・オイラは、100名に当たる2000円の図書券でいいです、くじ運悪いんで(-。-;)

 

 

そんなわけで、興味のある方は、関西書店祭キャンペーンサイトに載っている実施店舗へGO(*^ー^)ノ

 

もし後から調べたい方も、

YahooやGoogleなどの検索サイトで「関西書店祭」と検索とすれば大丈夫OK

 

 

※実施店舗一覧はこちら

 

注意なお、キャンペーン期間は、12月18日(日曜日)までとなってます(。・ω・)ノ゙

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。