スペースクリエーション 市頭たつ子のブログ

広島市西区の閑静な住宅街の中にある「Space Creation」
食空間プロデューサーで企業が開催するパーティや個人のウェディングパーティなどを数多く手がけ、テーブルコーディネートやマナーセミナーの講師としても活動しています。

≪お教室のご案内≫
■TALKテーブルコーディネーター3級資格取得コース
                    (試験免除)TALK認定講師指導
■TALKテーブルコーディネーター2級実技指導コース

■紅茶(Tea-Timeのすべて)コース
                   (英国伝統のティセレモニーから学ぶ)
■マナー&テーブルセッティング
                   (日常マナーからプロトコールまで)
■教室開設のアドバイス

詳細につきましてはこちらから→ www.ichigashira.com
市頭たつ子→ Facebook
お問い合わせ→E-mail:ichigashira@ichigashira.com

CLASSY(女性月刊誌4月号)に掲載   25ans(バンサンカン)9月号に掲載









テーマ:

こんにちは

Space Creation

Ichigashiraでございます

ブログへご訪問下さいまして

有難うございます

 

何十年ぶりかの清水寺

多くの人々が参拝に訪れています

 

参道中

中国 韓国からの観光客が

目立ちます

中でも

老若男女を問わずレンタル着物を着て

いる方が多く

やたら目につきます

 

 

 

三重塔 高さ約31メートル

重要文化財

三重塔として日本最大級と言われています

 

 

 

まずは本堂にお参りして

広い堂内には

数多くの仏像や凝った意匠の建具

行燈

絵馬

 

 

 

 

 

「清水のの舞台」で知られる世界遺産

清水寺本堂がすっぽりと覆われています

 

 

 

工事中でも参拝者は

多いです

「平成の大改修」だからこそ

拝見したいという方が多いのだと思います

 

 

 

そういう私も

御多分に漏れず

お顔をのぞかせています

 

奥の院へと進む道は

初夏の初々しい青葉が迎えてくれます

 

 

 

音羽の滝を過ぎ帰路へと向かう途中に

出会った茶屋

昭和の香りがする・・・

氷の旗に

懐かしさを感じてしまいました

 

 

郵便局が出張しての

販売風景

 

 

参道沿いのお店で

和傘仕立ての傘を購入

気に入ったのと記念も兼ねて

店主の方と相合傘

 

 

 

 

 

清水寺から

平安神宮の大鳥居あたりまで来た頃には

朝の曇り空から一転して太陽が顔を

出してきました

購入したばかりの傘が大活躍

 

 

 

京都国立近代実術館前より

”技を極める”

ヴァン クリーフ&アーベル

ハイジュエリーと日本の工芸展が開催されていました

パリ ヴァンドーム発祥のハイジュエラー

の歴史からなる素晴らしいハイジュエリーを

観覧して

ダイヤモンドの持つパワーをいただいて

きました

 

 

 

 

ご覧くださいましてありがとうございます

Space Creation

T.Ichigashira

 

http://ichigashira.com/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

Space Creation

Ichigashira でございます

ブログへご訪問下さいまして

有難うございます

 

バタバタの一カ月半を過ごし

そんな中

急に思い立ち

京都へ旅に出かけました

 

ホテル

ハイアットリージェンシー到着

チェックイン後

ロビーで舞妓さんの舞が披露されるという

タイミングでした

舞妓さんとのtwo shotの光栄に与りました

初体験

白肌と黒肌

まるでオセロの様です

 

舞妓さんの表情ってどうなんでしょう・・・・

舞っている間も

お客様との撮影中も

無表情でした

 

少しだけニッコっとしていただきたかったかな~

私の願望ヨリ

キット疲れていたのでしょうネ・・・

と云うか

舞妓さんはそうなんでしょうか・・・・

何せ初めての体験でしたので

 

 

 

ホテルの正面玄関

 

こちらは

ブライダル専用玄関のようです

 

ハイアットリージェンシー京都

竹林に囲まれ

まさに京都といった風情が漂っています

 

 

写真右側は東大路通り

清水寺に近い場所に位置していてからでしょうか

人通りが多いです

 

 

お部屋

和を意識したインテリアとなっています

もう少し広いと良いのですが

一寸狭い感が否めません

勿論広いお部屋はあるでしょうが・・・

 

バスルーム&洗面所

バスルーム入り口に段があります

御影石でしょうか・・・

この段に何度か足を引っかけてしまいました

見た目には和の雰囲気を感じますが

狭い洗面所には少々無理があるように

思いました・・・・が

ただ私がドジなだけでしょう

 

他のハイアットリージェンシーは何度か利用したことが

ありますが

今回の京都のホテルに感じたような事は一度も

ありませんでした

 

 

 

至る所に木材使いが強調されています

アメニティー

引き出しの中に整然と収められています

 

ご覧くださいましてありがとうございます

Space Creation

T.Ichigashira

 

http://ichigashira.com/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

SpaceCreation

Ichigashiraでございます

ブログへご訪問下さいまして

有難うございます

 

世界遺産の海

セスナ遊覧で世界屈指の青い海から

コバルトブルーの海

乳白色の海

グラデーションが織りなす色彩に

心奪われぱなし

鳥になった気分・・・・を堪能します

 

 

 

セブンティアイランド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カープ島

上空から見ると星の形をしています

コロールより南西40㎞に位置し

島のほとんど90%以上がジャングルに

覆われています

2年前(12015年)に訪れた時には

コロールよりスピードボートで上陸しました

約一時間

 

 

 

 

 

 

マンタの通り道

ジャーマンチャネル

ダイバーたちの人気の場所

マンタに遭遇できる確率はかなり高いようです

 

 

ダイビングしない人でも

青から乳白色のグラデーションの美しさに

酔いしれること必至です

マンタの泳ぐ姿を想像しながら

愉しむのも一考です

 

 

 

 

 

ミルキーウェイ

美白効果があるといわれている天然の泥パックで

お肌すべすべになるといわれ

女性に大人気の場所です

 

 

 

船でしか行くことのできない

ホテル

興味がわきます・・・が

インフラ整備等が気になります

 

 

 

 

 

セスナ機の

前の席にはドアがありません

そのため真下を覗き見ることが出来

何の障害もなくダイレクトに上空から

見る海は圧巻です

ただ

恐怖を感じる人は無理かもしれませんネ

 

 

 

操縦気分を味わっております

操縦士は日本人のかたです

この会社自体が日本人の経営です

 

 

 

会社の看板

 

 

パラオ共和国バベルダオブ島アイランド州にある

ロマン・トメトゥチェル国際空港

 

 

到着がいつも夜中だったので

分からなかったのですが

日中に見て

少し驚きでした

国際空港と言われているので

もう少し広いのかと

勝手に思っておりましたが

ご覧の通りコンパクトです

 

 

 

この日の空模様はパーヘクトとはいきませんでした

一度飛び立ったものの

数分間の飛行で空港に引き返してきました

青空が見えてから再度挑戦することに

その間

空港周りを散策

 

ヤシの木に赤い実

 

 

 

遊覧を終えた方達

この時点で小雨がパラパラ

 

約1時間待って

青空が見えてきました

飛び立ちます

 

ご覧くださいましてありがとうございます

Space Creation

T.Ichigashira

http://ichigashira.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは

Space CreationのIchigashiraでございます

久々のブログでございます

ご訪問有難うございます

 

 

2度目のパラオ訪問

コロール州

パラオ パシフィック リゾート

プライベートビーチ

 

 

 

 

ホテル

パラオ パシフィック リゾート

2度目のstayということで

スペシャル・カードをいただきました

館内のレストランで提示すると

20パーセント割引サービスが

受けられます

 

 

 

 

こちらのTシャツ

リピーターのお客様にといただきました

 

 

 

レストランから望むプライベートビーチ

 

 

 

到着から一晩明けて

フレッシュジュースで一日が始まります

 

 

 

ホテルの敷地内に

鯉幟が揚げられていました

 

 

バンガロー

2年前(2015年)に訪れた時は工事中だった

バンガローが完成していました

 

 

 

バンガローをバックに砂浜に籐の椅子が

置かれています

多分

撮影用にとの意図ではないでしょうか・・・・

 

 

 

粉のような砂です

サンゴ礁

 

 

砂浜から海へと

透明度を図ってみました

 

 

主要産業が観光だけに

ホテルで働いている人たち

多いです

この人たちは庭周り担当のようです

樹木の移動作業中

何だかのんびりした仕事ぶりに感じます

 

 

砂浜に緑が芽を出しています

近くの緑の種なんでしょうが・・・

一瞬

驚きシャッターを押しました

 

 

 

 

カクテルパーティーの

invitationカードです

 

 

夕方5時~

三々五々お客様が集まて来ました

超カジュアルなカクテルパーティーです

ココナッツの並ぶカウンター

 

ココナッツを手渡され

記念撮影

後ろでホテルマンの方が手を挙げて

参加してくれています

この陽気さgoo!!

 

 

 

ココナッツの実をお刺身のように

わさび醤油でいただきました

凄く美味しい

参加者の方達も口をそろえて

”美味しい”

 

 

こちらは

色々な果物のチップ

以上が食べる物でした

超簡単でしたが

 

サンセットの眺めもそろそろ・・・・

美しい眺めが何よりの御馳走でした

 

 

 

 

数分後のサンセットです

 

 

 

 

カクテルパーティーの催し

 

伝統芸術

ダンスショーです

特別な日や出来事を記念する儀式で

行われるダンスだそうです

 

 

 

 

 

記念撮影

偶然にもダンサーたちの衣装の色と

私のワンピースの色

同じでした

 

 

 

一寸

童心に帰って

はしゃいでしまいました

 

徐々に暮れていきます

この変化してゆく眺め何度でも

ずっ~と・ずっ~と見ていたい!!

 

 

数分後

 

 

 

では

 

続き

UPさせていただきます

ご覧いただければ幸いです

 

Space Creation

T.Ichigashira

 

http://ichigashira.com/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Space Creation

こんにちは

ブログへご訪問下さいまして

有難うございます

 

久々のブログとなりました

 

春は早足ですこと

野外の櫻花は

散ってしまいましたが

この日は

県外からのお客様をお迎えして

八重桜が美しく活けられている

ルッソクラブ

和処へ

ご招待させていただきました

 

桜花ましてや八重桜と近くに寄り添って

お写真を撮ることってない・・・・

そう思った瞬間

良い機会だわ~ 

いささか緊張気味・・・・な表情・・・です

 

 

 

 

名画が掛けられている空間でのお食事は

お料理の美味しさを

より

美味しく楽しくへと いざなってくれます

 

 

奥田土牛画伯作

1889~1990年

輪郭が曖昧にもかかわらず

質感があり優しい色味の花びらは

魅力的です

100回以上もの薄い色を塗り重ねて

表現されているといわれています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富山産(白エビ)に

新玉ねぎと新生姜を合わせたかき揚げ

私にとって

白エビはめったに口にする機会のない食材です

凄く美味しくて

癖になりそうですウインク

 

 

 

 

今回の最後の

お食事は

茶そばにしてみました

 

 

 

 

 

イチゴの赤色とカウンターの朱塗りのコントラストの

華やかさに

一瞬

息をのむような美しさを感じました

お皿の色が白ではなくベージュであることが

この場をより美しく見せています

 

 

 

 

和処でのお食事を

終えて

一階のピアノバーへと移動して

お茶をいただく者

ワインをいただく者

 

私はコーヒー

お客様はワイン

 

 

 

他の男性2人のお写真はNGとのことで

私だけUPさせていただきました

 

ご覧くださいまして有難うございます

Space Creation

T.Ichigashira

http://ichigashira.com/ 

 

お教室主宰

★テーブルコーディネート

(NPO法人食空間コーディネーター資格取得コース)

 

お紅茶クラス

 

★プロトコール&日常マナー

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Space Creation

T.Ichigashira

こんにちは

ブログへご訪問下さいまして

有難うございます

 

陽光の暖かさが愛おしく感じられる頃

我が家のリビングで咲き続けた

櫻花にお別れの時が参りました

 

 

野外では満開の櫻花が美しく

人々を楽しませていることでしょう

 

 

 

太い枝との格闘の末

片づけ終了へと・・・

プレゼントして下さった方へと

数日間

美しくリビングを桜色に染め

続けてくれた櫻花に

「有難う」

 

 

花びらは枯れ果て

葉桜へと姿を変えてまいましたが

まだまだ私には

この葉桜の美しさが愛おしく

ガラス器に容れて愉しむことに

 

ガラス器に対する思い

水温む春の表徴の様子を

ガラスという素材に見て・・・・

 

 

プレゼントしていただいた

スイーツ&シャネルのネイル

スイーツの春爛漫(櫻花模様)の箱が空になったら

次のお花を容れることにしますウインク

 

 

 

 

 

 

次にリビングを飾ってくれるお花

櫻花の名残惜しい気持ちも加えて

生き生きとした新しいお花に枯れてしまった櫻花だが

なぜに こんなにも存在感を発揮するのでしょう

見る側の「思いが」 「気持ちが」強いから・・・・

 

 

 

 

櫻花の片づけを終えて

ティータイム

数冊の「本」と共に

至福の時

 

 

何にも代えがたい一人時間

「本」と「ティーカップ」と「陽光」が

一層

心楽しくしてくれます

 

 

 

ご覧くださいましてありがとうございます

 

~Space Creation~

T.Ichigashira

紅茶クラス募集中

4月20日(第3木) 13:30~

テーブルコーディネート共に学べる

貴重なお紅茶教室でございます

http://ichigashira.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

桜Space Creation

T.Ichigashira

こんにちは

ブログへご訪問くださいましてありがとうございます

 

櫻の開花便りの聞れる頃となりました桜

北国の春はまだ遠いようでございます

 

毎年届く櫻花を愛でながら

中国茶とスイーツ(抹茶チョコレート&マカロン)で

お茶会を愉しみます

 

蓋碗で愉しむ

お茶は”白龍珠”

 

まん丸に丸められていた茶葉が

お湯によって ほどけていった姿です

一芯二葉摘み

 

 

 

 

 

 

抹茶チョコレートにはお抹茶が合いそう・・・・かと

考えがちですが

チョコレートにまぶされているお抹茶の風味を

最大限に味わうには

淡白なお茶がベストかと・・・考えてみました

 

 

 

一文字(黒漆)にスイーツをのせて

抹茶チョコレートは桜の花びら図の懐紙を敷く

 

 小さなトンクを添えて

GEORG JENSENの

シュガートンク

 

 

茶色の大きめの茶壺では

東方美人(台湾烏龍茶)を

デミタスで飲んでいただきます

[東方美人=オリエンタルビューティ]

特徴

簡単に申しますと

紅茶に近いお茶です

 

この茶壺は

がぶがぶ飲むお茶に適していますから

普洱茶にもよく利用しております

 

 

 

 

 

 

 

 

デミタス

ROYAL COPENHGEN

 

手前の急須

(手平に納まるサイズ)

薩摩錦手(花弁文急須)

明治時代

 

 

急須は

テーブルフィギュア―として

デミタスに施された金

薩摩錦手の金とのリンクを図る役割と

ト―キンググッズとしても大いに会話が

弾みます

会話の弾むものをチョイスして

”おもてなし”

精神

 

 

 

 

 

 

 

取り皿は香蘭社の

五寸皿(なます皿)

お菓子切は笹形(シルバー材質)

チョコレート用にピックとして

 

 

 

 

テーブルクロス

桜色のゴブラン織り

ナプキンはリバーシブル(手作り)

桜サーモンピンク&若草色クローバー

春の息吹を感じていただければ嬉しいですネ音譜

 

ナプキンは材質的にお膝に使用頂き

手口を拭うなどには

無理がありますので

懐紙(桜の花びら図)を添えて

いらぬお気遣いなく愉しんでいただきます

 

 

 

 

 

 

中国茶の4点セット

中身のお茶については期待しておりません

ただ容器の雰囲気が

楽しくて数年前の中国旅行で購入

フィギュア―として楽しめます(=⌒▽⌒=)

 

この日のお客様は桜

昨年末にお知り合いになった方を

ご招待させていただきました音譜ウインク

 

 

 

櫻花

色々撮影位置を変えて愉しんでみました

先のガラス戸から見えるは広島湾

この日は

遠い海の眺め紫にかすみてでした

 

 

ご覧くださいましてありがとうございます

Space Creation

T.Ichigashira

http://ichigashira.com/

 

 

お紅茶クラス

4月20日(第3木)13:30~スタート

致します

お申込み受付中

詳細はHPをご覧くださいませ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Space Creation

こんにちは

春の陽光の中で

ティーパーティー形式でお紅茶レッスン

 

生徒様のリクエストで

ティーカップは

スポード(イギリス)のカミラピンクを使用

その都度レッスンのテ―マによって

使用するティーカップを変えております

このクラスの生徒様は

スポード(カミラピンク)のティーカップでの

レッスンは まだでしたので

 

私といたしましては

別のカップをご用意していたのですが

生徒様のご要望にお応えして

決定

 

 

ガラスのテーブルは

FIAM  italia社

曲げガラスが特徴のデザインにレッスンそっちのけで

会話が盛り上がってしまいました

 

でも大丈夫です

レッスンは

しっかりとレクチャさせていただきました

ローテーブルでのセッティングの仕方

ローテーブルならではのマナーについて等々

 

 

 

 

床に置くスリースタンド

お出ししている全てのスイーツを

完食していただきたかったのですが

開始早々に

無理とのことでしたので

お持ち帰り用とさせていただくために

下段に置いております

 

 

 

 

 

 

 

ティーパーティーの

会話にも色々と

マナー&ルールがあります

ルールと申しますと 

堅苦しい感があるように思われるかもしれませんが

とても大切な事です

ただ お紅茶やスイーツが美味しく

楽しければ

良いというものではございません

 

そのために

インテリアにも気を付けて

絵画のお話しやお庭のお話し等々

 

ティーパーティーにご招待された時の

洋服にも気を配る

様々なことを学んでいただければと

思います

 

 

 

 

ティーパーティー形式のレッスンを

盛り上げる演出

シノワズリーの雰囲気漂う

ボックスに

お花を仕込みカラス板を載せて

スイーツを並べる

スイーツを取っていくに従い

お花が見えてくる

演出

 

 

この日の紅茶は

数種類のスパイスを使った紅茶です

スパイスと紅茶の種類の組み合わせに

フルーツとスパイスの組み合わせ方

 

 

毎回

熱心に学んでくださっている

生徒様のお一人

 

ビスケットラック=ビスケットバスケット

(アンティ―ク)

オートミールビスケットを容れて

可愛らしい雰囲気に

お写真に納まっていただきました

 

「有難うございます」

 

 

 

 

 

ご覧くださいましてありがとうございます

 

お紅茶クラス

新クラスが スタートいたします

4月20日(第3木13:00~15:30)

Space Creation

T.Ichigashira

http://ichigashira.com/

詳細はHPをご覧いただければ

幸いでございます

 

 

茶葉の

販売は一切しておりません

販売目的の教室ではございません

悪しからず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Space Creation

こんにちは

暑さ寒さも彼岸までと申しますが

本格的は春の暖かさ

いつ

 

今日も

風による体感温度は

寒さを感じます

 

さすがに

冬のコートには別れを告げたいです

お洒落のためには

少しのやせ我慢も必要・・・・と

大好きな

デザイナー

島田順子さんのスプリング・コートを

纏い

美術館のスタッフの方に撮っていただきました

 

陽光に導かれ美術館へと

大好きな

~ランス美術館展~

「華麗なるフランス絵画」

 

 

 

 

 

 

 

 

ランスには26年前に訪れ

「ランス美術館」へも行きましたが

その時はパリからバスで

その日の内に再びパリへ戻るという

強行日程でした

 

観賞というにはお粗末だったかと・・・

急ぎ足の旅には後悔が伴います

 

それも今回の

[ランス美術館展]で少しは解消したかと・・・

国内で それも住んでいる町で

観賞できるということは

この上なく

幸せです

 

今回のランス美術館展で観賞を

楽しみにしていた画家

ジャン=フランソワ・ラファエリ

1924年 パリ没

 

彼が1902年に描いた「シャンゼりゼ」と題された

凱旋門の風景は

今と何ら変わらない

唯一変わっていると言えば描かれている人の

服装ですかしら

カタログより撮影

 

 

絵画と同じ場所の現在

 

昨年(2016年)の10月末~11月にかけて

訪れた時の撮影photo by tatsuko

 

もう一人の気になる画家

レオナール・フジタ

レオナール・フジタの絵画と私の出会い

30数年前になります

1920年代初めに乳白色の絵肌を駆使する

独創的なスタイルを生む出した頃の

作品を見て

大変衝撃的でした

それがきっかけで大ファンになりました

 

1959年にカトリックの洗礼を受けて

レオナール・フジタと改名

1966年ランスに「平和の聖母礼拝堂」を建立し

フレスコ壁画にとり組みました

 

今回のランス美術館展で

その当時の様子をうかがい知ることができました

 

 

 

ある展示会に招待していただいた時の作品

君代夫人所有

 

 

 

我が家の玄関

レオナール・フジタの絵画

改名した年の作品

「パンを持つ少女」

 

 

 

スプリングコートから

ずいぶん

話がそれてしまいました

 

 

DUAL VIEW

ペーパーレザーのコート

3シーズン OK

特に春から初夏まで重宝しています

ただ雨の日は向きません

雨染みが出来てしまいます

着て出かけた時

途中で雨に合ってしまい

シミがしっかりとついてしまいました

だからと言って諦めません

それはそれで味わいとして

着ております

 

 

BRUNOMAGLI の

ペーパーレザーのショート丈

やはりこちらも

3シーズン着られて

パンツスタイル時には大活躍です

パンツ好きな私

 

とてもきれいなベージュカラーですが

私には 似合うとは言えません

これを着る時には

必ず

ベストの色をインナーに持ってきます

ピュアホワイト

スカイブルー

似合わない色だからと 決めつけないで

どう

工夫すれば似合うかと

組み合わせを

考えるって楽しいですネ

どんなことでも決めつけない事で

挑戦することの楽しさを

感じていただけるかと

思います

 

 

 

 

OLD ENGLAND (paris) の

ロング・トレンチコート

トレンチコートを纏えば

いつだって

「お洒落な女」でいられる・・・

永遠のコートの代表でしょうか・・・?私にとって

色褪せないスタイルに惹かれます

 

 

流行は勿論

性別や年齢すら超越する永遠の

ベーシックアイテム・・・がトレンチコートの最大の魅力

 

BURBERRY

ショート丈トレンチコート

 

トレンチコートは

もともと第一次世界大戦中に

英国軍が塹壕(=トレンチ)戦で

着るために考案された軍用服

だったといわれています

そのために細部に工夫がなされています

それが究極にマスキュリン(=男性的)とされ

男性の間で日常に着る洋服として定着したのでしょう

 

かたや女性は

どうでしょう・・・

トレンチをブレイクさせたスターと言えば

オードリー・ヘプバーン

思い出します

 

ベージュという色は

色の効果から見てみますと

「コミュニケーション力が低い」と言われています

没個性の色ともいわれている・・・

それだけに

神秘性を秘めているとも言えます

ベージュのトレンチコートを

着こなすには

自分の個性を知り

自分らしいおしゃれの経験値を上げるとともに

内面の充実も高め

自分らしくカッコよく着こなしたいです

 

 

 

 

 

ご覧くださいましてありがとうございます

 

Space Creation

T.Ichigashira

 

お教室

★食空間コーディネーター資格取得コース

(テーブルコーディネーター)

★紅茶コース

★プロトコール&マナー コース

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Space Creation

こんにちは

ご訪問下さいまして有難うございます

 

春の訪れを告げる

啓翁桜

タラの芽

フキノトウ 

 

 

春」

待ちに待った心躍る季節・・・・

でも

 

 

 

春の訪れと共にどうしても忘れてはならない

6年前の東日本大震災

(2011年3月11日)

犠牲になられた方々に

「心を寄せて」

追悼の意を表します

 

 

 

 

 

啓翁桜に出迎えられて

いただく春の山菜

 

 

 

 

 

 

こちらは

はっきりしたピンク色が特徴啓翁桜

 

 

 

 

タラの芽

ここでいただく

タラの芽はハウス栽培物です

天然物が採れる旬は4月~6月上旬くらいです

 

 

昔からよく言われている

言葉で

「桜の咲くころが丁度タラの芽が出る頃と同じだ」

 

 

山に自生しているタラの木は白っぽく

幹や枝の表面に鈍い棘が沢山あり

男ダラ(オダラ)

棘が少ない女ダラ(メダラ)

 

タラの芽の

ほのかな苦みにもっちりした食感が

春を感じずにはいられません

 

 

 

 

フキノトウ

丁寧に周りの緑を広げて

美しく

揚げてくださっています

独特な香りと

苦味がえも言えぬ大人味ですウインク

 

 

 

そら豆とウド

このコンビは意外でした

「春のお祭り」・・・と表現してみました

楽しさが感じられて美味しい!!goo!!

 

 

 

さつま芋の三姉妹 左から

紅あずま

鳴門金時

シルキークイーン

 

順番を付けるとすれば

紅あずまが一番でしょうか・・・(私)

 

 

 

他にを色々

揚げていただきましたが

 

 

最後のご飯へ

いつも変わらぬウニご飯を頂きます

 

 

 

 

「ご馳走様でした」

 

ご覧くださいましてありがとうございます

Space Creation

T.Ichigashira

http://ichigashira.com/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。