080724_1344~01.JPG


本日は新木場で8名のデビュー戦が行われました。

ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。


勝って負けて、踊って蹴って、プロレスの大会に初参戦してどう思ったのかな。

全選手良かったところも、反省点もあったと思います。

なによりもまず、大きな怪我がなく無事に終了してほっとしています。

今日がゴールだったのか、これから始まるのか、今が夢の途中なのか、どれなんだろう。全部かな。


試合のほかにドロップキック選手権というものがありました。

ドロップキック(跳んで両足で相手を蹴る)の、高さやフォーム、当たりの強さを評価し、20人くらいの選手の中からナンバーワンを決めたのですが、MVPは、真悠いちこでした。


練習では常に劣等生で、左右や前後を全く認識することができず、人一倍何をやるにも時間がかかる選手でした。思い切りだけはあるのですが、間違えるときも思いっきり。

人としての動きの基本がなっていない!と、何度も頭を抱えました。

ボールを右足の甲で前に蹴って、というと、左足のかかとで前に蹴って転ぶ感じ。なんでだよ!


そんないちこのドロップキック。

審査員だけでなく、ほかに会場で見ていた他団体のレスラーからも高評価を得ていました。


ふざけているわけでなく、一途に取り組みながら、何度も何度も涙を流し、その涙は無視され、それでも。

繰り返しやってきたことが最高の形で出せたのかなと思います。

何かの審査で、トップバッターがMVPを取ることは、なかなかない気がします。


トップに名乗りを上げたその気持ちも、踏み込む足に力を与えたのかもしれません。



写真は練習帰りの一枚。

透明感あふれる中にも、しっかり色はあると思います。





AD