ツーカウント-アイスリボン26.JPG



大晦日は、NEOさん後楽園大会です。

アイスリボンからは、さくらえみ、希月あおい、真琴、安藤あいか、4選手。特別レフェリーとしてりほ。

そして、マッスルビーナスの藤本つかさ(写真左)、志田光(写真右)参戦させていただきます。


映画「スリーカウント」の公開記者会見があったのが、7月の後楽園大会。

8月はアイスリボン新木場大会でのマッスルビーナスデビュー戦。

NEOさん10月川崎大会でのダークマッチ。同じく、11月後楽園大会ダークマッチ。

そして、12月はダークマッチではなく試合へのオファーがありました。デビューから4ヶ月!


あの時、記者会見でリングに上がったのは15人以上、そして、今回ビーナスからは2名です。

たった、2名なのでしょうか?

私にとっては2名も、まさか!?という思いです。


マッスルビーナスと対立していた、さんかくCHU→であるさくらが、色々駄々をこねた結果このようなカードになりました。強いとか、人気があるとか、あまり関係なく、流れとか運とかバランスとかそういうもの。


アイスリボンにも、マッスルビーナスにも他にまだ選手はいますし、試合での実力だけで選ばれるわけではないので悔しさを感じていると思います。セコンドや、売店にいながら、なぜ自分はリングに立てなかったのだろうと。


アイスリボンには後楽園規模の大会を主催をすることが、まだまだ難しいと思います。

だからこそ、より大きな舞台に立つためにはどうしたらよいのかを、日々考えてほしいなと思います。

明日、後楽園で試合をする選手は、次につながる何かをきっちり残せますように。

まったくないチャンスをつかむよりも、一度のチャンスを次につなげるほうがまだ自身の力が作用されると思います。

100人に否定されても、100人は声援を送ってくれています。

同じ数だけ必ずいるので、くじけずいつでも堂々と!


1年の最後に、後楽園ホールで試合できるなんてすごいじゃない!

当たり前のことではないし、たくさんのことを吸収してほしいです。




8月にスタートし、なかなか更新できなかったブログですが、来年も続けていきます。

アイスリボンHPの「さくらいと」http://ice-ribbon.ne07.jp/ と、ともによろしくお願いします。


どんなに困難があっても。

不恰好でも、スリーカウント入れさせないように。

ツーカウントで肩を上げ続けるよ!


私にできることはプロレスだけです。

ただ自分にできることをひたすらに。

あたたかいご声援、本当にありがとうございました。

うれしくて、体中で未来像にわくわくするのよ。


良いお年をお迎え下さい。

後楽園、行ってきます!




AD

歓喜の歌

テーマ:

080906_1545~01.JPG



以前にも書きましたが、私はほとんど映画館に行かない生活を送っています。

テレビもあまり見ません。家にないので、ジムに行って有酸素運動をやっている時くらい。

特に意図があって、そういう生活をしているわけではありません。


先ほど、ネットカフェのテレビで「歓喜の歌」をみました。

友人がブログで告知していたのを見て、見ようかなと思ったのです。

とても感情を揺さぶられ、終わった後は感想をメールしあいました。

同じ時間に場所が離れていても同じものを見れるなんてすごいなあと思ったのでした。


そして、はたと思ったのですが、映画館で映画を見るのはライブなのではないかなあということ。

そのときその場で共有。

誰かと一緒に見に行って、感じて、終わった後にあーだこーだおしゃべりするのってきっと楽しいですよね。


プロレスはライブが一番!会場に来てくださいね!

そういいながらも、DVDで共有できてもうれしいし、試合じゃなくても映画を見て今日の私のようにドキドキしてくれるのならこんなにうれしいことなないよなあと思うのです。


試合も、テレ玉「マッスルビーナス」も、映画「スリーカウント」も、みんなみんな頑張りたい!


写真はデビュー戦が掲載された週刊プロレスを見て盛り上がっている3人。

左から松本都(まつもとみやこ)、森久ともよ(もりひさ)、藤本つかさ(ふじもと)。


ほんのちっちゃい写真です。さらに集合写真で個人なんて顔もはっきりわからないくらい。

でも、この時の気持ちをずっとずっと忘れないでほしいなあと思います。

私にとっても、自分の初心が彼女たちに見えた瞬間でした。




AD
080818_2139~010001.JPG
マッスルビーナスのメンバーで、ボイトレをうけている人に1時間あたりのレッスン料をきいてびっくりしました!
ボイスだけでなく、ほかにもみんな色々なお稽古をしています。すごいと思ってしまうけど、あたり前のことなのかな。


今、私がプロレスを教えても、もらえる金額はゼロ円です。お金を払い、指導の勉強させていただいている状態です。

私自身の価値をもっともっとあげていかなくては!

プロレス道場を全国に!(小声で)世界に!つくっていきたいです。


写真はダンス合宿終了後の1枚。お疲れ様!
AD

080902_1801~01.JPG


スリーカウントホームページに動画が更新されました。http://3count.ne07.jp/

「いつかききっと」は、彼女たちではなくEmi さんが歌ったものですが、それにあわせて彼女たちの今までの様子がちょこっと紹介されています。


私は、人を笑わせる前に自分で笑ってしまったり、泣かせる前に自分が泣いてしまったり、オチを待てない女です。彼女たちの未来も自分がいち早く知りたくて仕方ありません。



冒頭の森久の言葉に、涙腺決壊です。

役に合わせて髪を切ったので少し印象が違うかもしれませんが、気持ちがバキュン!と届きます。



このプロジェクトは「どんないいことがあるの?」「私に何をしてくれるの?」と求められるよりも、彼女の「これにかけているんです」という気持ちに何かを与えたくなります。



辞めていった何人もの女の子が「こうなるって言ってくれればやったのに」と思っているかもしれません。

でも本当に手探りで、こういう形にやっとなったんです。

女の子の頑張りがつくっていく物語なんだよなあと再確認。


まだまだ面白くなりますよ!なんといってもこれから!



写真は森久(もりひさ)ともよ。練習後の一枚。




080829_1940~01.JPG


練習帰りにケーキ屋さんによりました。

道場の近くには2軒あるのですが、どちらがおいしいかなと悩み、お洒落な店構えの方を選びました。

色とりどりのかわいらしいケーキが並んでいます。


でも、いつも買うものは決まっています。

イチゴのショート。

いろいろ目移りしてしまい、迷いに迷うのですが、結局ショートケーキ。

閉店間際にひとつだけのこっていても嬉しいですが、やはりたくさんの中から選ぶのが楽しいです。


みんながプロレスやってても、みんなが同じ技を使っても、それでも個性があって。

あなたが「この選手が一番いい!」って思えるような女の子がいると思います。


お店の入り口は入りやすく、店内にはうきうきの雰囲気をちらして、ショーケースはぴっかぴかにみがいて待っていますね。



写真はお弁当を食べる古賀祥子(こがさちこ)&松本都(まつもとみやこ)。

何を選んだのかな?