ツーカウント-081101_1515~01.JPG



ご無沙汰しています。さくらです。


ごめんなさい!!


3ヶ月近くも更新をしていませんでした。


こんな状態にもかかわらず、毎回ペタをつけてくださる方、読んでくださっている方…わぁぁぁぁ。

ありがとうございます。すみません。


また、少しずつ更新していきますね。

写真は、道場練習。受身かな?


日々の日記や大会についてなどは、こちらで随時更新しています

→http://ice-ribbon.ne07.jp/



AD

はじめに

テーマ:


080629_1746~010001.JPG


はじめまして。さくらえみです。

プロレスをやっています。


知っていますか?女子プロレス。


3本ロープに囲まれたリングの中で、闘う格闘技です。

女子で有名な選手といえば、ジャガー横田さん、神取忍さん、北斗晶さん…でしょうか。

でも、ほかにも選手はいっぱいいるんですよ!





17歳のとき、テレビで初めてプロレスを見た瞬間に、「これをやりたい!」って思いました。


あれから13年。

会社の倒産や怪我での長期欠場など、色々ありましたが、続けることができています。

まだまだ志半ば!夢の途中。


今回、女子プロレスの映画「スリーカウント」に、関わらせていただけることになり嬉しく思っています。たくさんの方に女子プロレスを知ってもらいたいのです。


ただ、タイトルを聞いたとき、私は自分が負けている姿が浮かんだんですね。

それしか浮かばなかったというのが正しいかな。

それがショックでした。


プロレスは両肩がついた状態でスリーカウントを取られると試合終了。

反対に、相手の両肩をつけてカウントが入れば勝利です。

どちらもスリーカウントなのに、そしてただの想像なのに、なぜ負けているんだろう。


思えば最初に団体を旗揚げしてからもう5年です。先日ブログを読み返してみたら、同じことで悩んでいました。

成長していないのかな。

なぜ答えを出せない中、いつまでも続けているんだろう。


いつか答えがわかるまで。


わからなくても。

肩を上げ続けよう。

プロレスは立ち上がる格闘技。




これから出会うたくさんの人たちへ。

あなたに会うために、今までこんな冒険をしていたんだよ。


読んでね!



ツーカウント。

何度でも立ち上がれ!







AD