自分の国が、侵略された経験がない日本。

言葉の通じない異民族に、皆殺しにされたことが無い日本。

そんな日本の「日本史」の常識感覚は

世界史の殲滅合戦、虐殺につぐ虐殺の実態を

知ることが無い。

日本人が「酷い」と感じる程度のことは

それでも、世界史のなかでは

「その程度で済んでいるのなら、まずよし」くらいなものなのだ。

その違った感覚のまま、

世界も同じ程度だと思ってしまうことが本当に危険だと思う。

 

人類の歴史のなかで、歩いて、または馬に乗って行ける範囲でしか

人間は交わらなかった。

出合う人は同じ民族なのが当たり前で、言葉が通じるのが当たり前で

同じ感覚、同じ常識が通用するのが当たり前で、

違うもの同士が出合えば、争うのが当たり前で

それで棲み分けてきたのが、国というものの出来上がり方だ。

その「移動の常識」が、交通機関やIT,ネットの発達で崩れてしまった。

個人が世界中のどこへでも行く。

自分の常識をひっさげたまま。

自分の習い覚えた「常識」で行動するのだ。

そこには何が待っているのか。

かってこんな時代を経験したものはいなかった。

 

それでも人は皆、自分が安心して暮らせる土地を求めている。

命の次は、自分の心を守ろうとする。

距離があれば共生することもできた者たちが

今の時代は直接向かい合って、どちらかが被害を受け

我慢させられる。

暴力で従わせることが当たり前の地域のものの方が、そこは強い。

ドイツが今、どのようになってしまっているか。

ニュースでは見えない報告。


AD

皇室周辺でのもやもや ご婚約リーク

テーマ:

皇室への心配ツイがあふれるようになった昨今、

急にご婚約のリーク報道がまたNHKからなされた模様。

生前退位のリーク、政権は寝耳に水。

たまたま、では報道されないだろう。

時期が時期だけに、妙に気になる。

 

【皇位継承順位】 皇室典範第2條に則った皇位継承順位です。

 1位 皇太子殿下

 2位 秋篠宮殿下

 3位 悠仁親王殿下

 4位 常陸宮殿下

 5位 三笠宮殿下

尚、桂宮殿下が薨ぜられたことにより皇位継承資格者は5名となりました。

 

 

【秋篠宮殿下を内廷皇族に】

 内廷皇族でなければ出来ないこと

 ①祭祀の継承が出来ない

②政府専用機が使えない

③御用邸が使えない

※宮中祭祀は天皇陛下から皇太子に口伝で伝えられる一子相伝。

祭祀を途絶えさせるのが目的ですか?

 

>【秋篠宮殿下を「皇太弟」とせず「皇太子待遇」としたのは「女性皇太子」と「女系天皇」創りの策謀】 ★皇太子待遇とは正統な皇太子ではないが皇太子並みに扱ってあげるとか、正統な皇太子が就位するまで皇太子のご公務を代行せよとの謂いである。

 

>秋篠宮家には激務につぐ激務。 皇位継承者の国母でいらっしゃる 紀子妃殿下。

ご一家は質素な職員住宅みたいなお住まいで、末端赤い宮家は御殿とは?

 

>お疲れだから退くという話だったのに、話が全然違ってきています。

内廷のままで私的訪問を増やす、内廷費も倍増する。祭祀の引き継ぎもできていない、

お妃教育も早々放り出したボンクラ夫妻に、なに「一刻も早く、確実に」譲ろうとしてるんですか。

 

>そうですね。「皇嗣」呼称は法的な規定ではなく、ただの呼び名です。

秋篠宮殿下が「皇太子」にならなければ、一子相伝の祭祀の継承もできず、

「皇太子」が身に付けることのできる色の装束もお召しになれません。

秋篠宮殿下の立太子以外に皇室の存続はあり得ません。  

 

>特例法案でそれが可能になってますよね。「皇太子の規定」がありませんから、

いつでも順序変更を行うことができるようになっています。

安倍総理が退いた後は、秋篠宮家は皇位継承から外されることとなり、皇室は崩壊します。そういう法案になってますよね。

 

 

 

 

 

NHKニュース認証済みアカウント @nhk_news 

【特設:眞子さま 同級生と婚約へ】秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが婚約される見通しになりました。お相手は5年ほど前から交際を続けてきた大学時代の同級生の男性です。

結婚の時期は、来年が想定されているということです。

 

>なぜ宮内庁発表じゃなくあんたらの独占っぽく第一報が流れんの? おかしくねーか?

生前退位と同じ流れだぞ 皿婆発か?

 

>私も第一報を聞いたときは喜びましたが、落ち着いて考えると不思議ですね。

まずは宮内庁から正式発表がなされるべきだし、マスコミも節度を持ってほしいです。

だいたいNHKのスクープって言うのが…(´・_・`)

 

>宮内庁関係者で誰なん(´・ω・`)? そうかーそうかーからなの(´・ω・`)?

 

>、「独自」というのが怪しいですね。宮内庁には小和田側の人間が多いので、

NHKと結託して秋篠宮家を蹴落とそうというのが透けて見えますね。

 

>スクープ→既成事実化→ごり押し 生前退位騒動思い出すねえ…

 

>  はどの宮内庁関係者からのリークなんでしょうね

  の時のNHKの第一報と全く同じです 怪しいな

なぜ宮内庁発表ではなくNHKのすっぱ抜きなの?

 しかも相手の名前も写真も公表 そんなことあっていいの?

 しかもNHKは売国放送局だよ

 

テレビ局でバイトしていた経験を踏まえて言いますが、番組への感想は、ネットで呟いていてもそれを取り上げた担当者がどれぐらい権限持ってるかで局内の扱いが変わります。

視聴者センターや番組サイトに直接届いた「声」はきちんと「データ化」されます。

なので!ここで呟いてないで感想送ろう!ね!

 

>おめでとうございます。 >眞子さま、同級生とご婚約へ - 産経ニュース

ただ、悠仁殿下をお守りできる方が減るというのは複雑だなあ。

 

>うーん・・・実を言うとこのタイミングでの発表に少し違和感あるんですよ。

陛下が退位される寸前での婚約発表ですから。

 

>なぜ疑問を感じたか。

 1.これからブータン王国へ訪問予定。普通ならこれが終わってひと段落ついたら発表じゃないか?

 2.三笠宮崇仁親王殿下が亡くなってまだ一年経っていない。これは秋篠宮殿下のご婚約の事例があるが、当時ごちゃごちゃ言われたから普通はやらないと思う。

いくら大叔父さまでも眞子様はお近くに住まわれていたから一年待ってもう少し落ち着いてから発表するのじゃないかな?

3.愛子さんが学校に来てない。

 

>まして、佳子殿下はご留学なさいますし。

 

>なんで宮内庁発表前に相手の名前や顔写真が公開されんの? 見てと言わんばかり

 

>気になるのが、慶事であるはずの ご婚約報道が、陸自ヘリ隊員事故死の日に重なっていること。自衛隊嫌いのどなたかの謀略を感じませんか?

 

>おめでたいお話だけど、NHKが「独自」で報道したことが気にかかる。

 宮内庁から正式に発表される前にお相手のお顔を大々的に報じて大丈夫なのかしら。

 

>何かもっと別な深い深い何かの思惑がある感じです。

眞子様が御結婚する状況・条件が一切揃っていないから。

 

>悠仁親王殿下を 黒田清子さん 眞子さま 佳子さまが お守りしていたのです。 この意味がわりますか? あってはならない自動車事故が 短期間に2回。 相手は焦っています。

 引退なさるでもなく 二重権力になります。

 

>本当なら喜ばしいことですが、何か引っ掛かるものがあります。宮内庁の正式な発表ではないのですね。早く降家させたい、邪魔者は消せでしょうか。一同出てしまうとお相手に迷惑かかります。正式な発表まで待てないほど内廷、小和田は逼迫…でしょうか。

   

 

>彼らには大いに関係ありで、だからこそ急いで眞子様ご婚約の話をリークしたのかもしれません。 私には、反日メディアが「眞子様とうとうご降嫁!急がれる女性宮家、両陛下の悲願!アベが~アベが~」と騒ぐのが目に見えるようです

 

>まさかとは思いますが、 前例があるので勘繰ります 眞子様にとってとても大切なお話が出ていたのではないですか? しかしそれだと都合が悪い輩が握り潰す為に既成事実化してご破算にさせる算段とか… 安倍総理、早急に眞子様の正しい情報を発表して下さい

世論誘導の既成事実化なんてあんまりです

 

e-vis.hatenablog.com/entry/2017/05/

>徳仁親王妃には、旧宮家の令嬢が内々に内定していたのに、宮内庁もそのつもりで準備を進めていたのに、小和田家が勝手に婚約発表をしたため台無しになりました。

 

>そういえば、今上陛下のご婚約も海外のマスコミのスクープだったようですし、皇太子さんの婚約も米国のマスコミのスクープでしたね。宮内庁発表、という正式のもので知りたかったですね。あの頃から・・・・ですね

 

>【眞子さまご婚約】「正式に決まれば心から喜びたい」 山本信一郎宮内庁長官 - 産経ニュース さんから やはり正式な発表のないままの…それもNHK発表とは。

一体、このリーク者は誰ですか?

 

>宮内庁の山本信一郎長官は16日夜、同庁で報道陣の取材に応じ、眞子さまの婚約について、「しかるべき時期に宮内庁から発表するべく計画を進めようとしていた。婚約内定の発表時期は現時点で未定」と語った

 

 

政権に驚き広がる=「女性宮家」再燃も―眞子さま婚約へ

時事通信 5/16

 

 

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまが婚約されることが16日分かり、政府内に驚きが広がった。安倍政権にとって、天皇陛下の退位に続き、皇族減少への対応が喫緊の課題に浮上しそうで、女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」をめぐる議論が再燃するのは必至だ。

 安倍晋三首相は16日夕、ハリス米太平洋軍司令官との面会後、東京・丸の内のホテルで講演。この後、首相公邸に戻ったが、最初に婚約報道が流れたのはこの直後だった。

 政府高官は「政府としてこのタイミングで発表するつもりはなかった」と語り、報道が政権の意図しない形で流れたことを認めた。官邸幹部らは「びっくりしている」と口をそろえた。官邸内で事前に婚約の事実を把握していたとしても、ごく一部だった可能性がある。

 ある政府関係者は、皇族の減少に伴う皇位の安定継承の問題について、「いよいよ逃れられない課題になる」と語った。安倍政権は天皇退位を可能にする法整備を進めるに当たり、皇位継承の問題を切り離してきた。女性天皇や女系天皇、女性宮家創設に慎重な首相の意向が影響したとの見方がもっぱらだ。

 実際、皇族減少への対応として、旧民主党の野田内閣が女性宮家創設の検討を求める論点整理を2012年にまとめたが、その後に安倍内閣で立ち消えになった。こうした経緯もあり、今回の婚約報道について、皇位の安定継承の対応に動きが鈍い政権に危機感を募らせた宮内庁側が仕掛けたとの臆測も取り沙汰される。

 

 

秋篠宮殿下を「皇太弟」とせず「皇太子待遇」としたのは、女性皇太子と女系天皇創りの策謀──

 

>「皇太子」と「皇太弟」は同義で、一般的には、前者は天皇の皇子、後者は天皇の皇弟を指す。今上陛下のご譲位後の称号は「上皇」であるから、その皇子である秋篠宮殿下を「皇太子」とするのは何の不都合もない。また、新天皇を基準とすれば、秋篠宮文仁親王殿下は「皇太弟」である。秋篠宮殿下の称号は、「皇太子」もしくは「皇太弟」であるのは当然で、これ以外の称号は奇妙奇天烈を越える。悪意だけがいっぱいのコミンテルン語を造語せんとする共産革命意思が「皇太子待遇」を思いついたのである。

 この事は、英語に訳すると一目瞭然。「皇太子」も「皇太弟」もCrown Prince。が、「皇太子待遇」は、国際儀礼上に尊貴性を失わないphraseでの英訳は不可能。御厨貴たちは、「皇太子待遇」をCrown Princeと訳しとけば「バレナイさ」と嘯き“外国人など簡単に騙せる”との暴言に酔っているから、それを安倍内閣の報告書=結論とするだろう。

 

 

女性皇族、皇籍離脱後も公務 

14年に閣議決定案

 

 安倍政権が2014年前半に皇室活動を安定的に維持する方策を巡り、「女性宮家」創設を認めない一方で、女性皇族が結婚して皇籍を離脱した後に皇室活動を委嘱可能とする閣議決定案をまとめていたことが分かった。政府は天皇陛下の退位を実現する特例法成立後に、この案を土台にして皇族減少対策の議論を進める可能性がある。

 皇室典範などの法改正が基本的に不要で、女性宮家創設に慎重な安倍晋三首相の意向を反映した。当時、集団…

 

 

>百済書記
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88%E6%9B%B8%E8%A8%98

>『百済書記』(くだらしょき、ペクチェソギ)は、チョン・ソンヒョクが2002年に発表した小説。日本の天皇は朝鮮人の子孫であるという《正しい歴史認識》を下敷きに愛子内親王と韓国人青年の恋愛を描いたもので、反日小説に分類される。

 

 

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6662.html

 

【DHC】5/11(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=P4FnLWs7eB8&t=6510
▼文字起こし▼
1:48:30~
竹田恒泰氏
憲法審査会ってあるじゃないですか。
よくテレビとかで「憲法審査会でこんな話題が~」とか言っているのは、あれ全部衆議院なんですよ。
参議院の憲法審査会は、今止まっているんですよ。
開会されていないんですね。
何故かと言いますと、民進党が止めてるんです。

民進党の参議院の憲法審査会の幹事は2人出ているんですけど、小西洋之白眞勲なんですね。
この白眞勲は、蓮舫が肝いりで送り込んだ人物なんですよ。
皆さんご存知のどおり、白真勲というのは在日朝鮮人で日本に帰化した方で、元「朝鮮日報東京支社長」ですからね。
そういう人なんですね。
で、参議院の民進党は何と言っているかと言うと、「憲法審査会は開きませんよ。もし開くとしたら、女性宮家、女性天皇、女系天皇、この話をするんだったら開いても良い」と言っているんです。
自民党としては憲法改正の話したいから何とか憲法審査会をやりたい。
でも、民進党は、女性宮家の話、天皇の、皇統の話を人質にして交渉しているわけですよ。
だいたい白真勲なんて、日本の皇室に関して何のシンパシーもない「日帝」とか「日王」とか言っている人たちですからね。
そういう皇室を守ろうとする気持ちの無い人たちが「女系、女性天皇を議論、女性宮家を議論しろ」と言っているわけですよ!
要するに皇室をぶっ潰すために、そういうことを言っているわけです!
だから、非常に不健全な状況なんですよ。
だから、安倍さんが「参議院でも憲法審査会を議論しろ」と、「何なら提案あるなら出せ」というふうに言っているというのは、そういう民進党がガタガタ文句言って憲法審査会そのものが開かれないという状況がある。
それを打破したい。
でも、民進党はそれを分かっているから女性宮家の話を持ってくる。
こういう9条と刺し違える形で、女性宮家を成立させようとしているのが民進党なんですよね。
本当に汚いんです、やり方が。

 

 

▼白真勲が帰化した(2003年1月)後に述べたこと▼

「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」(2003年、朝鮮日報)

「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」(2003.11.2 TBS サンデージャポン)

「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.)

「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)

「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュース)

「私は永住外国人の地方参政権を諦めていない。今後もその実現のために信念をもって取り組んでいく。」(2016年07月21日、統一日報)

 

>【危険】民進党・津村啓介<在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟呼びかけ人>は、

愛子さま立太子→愛子天皇→女系天皇(=皇統断絶)を画策、「女性宮家の男性伴侶も皇室に迎えるべき」と皇室破壊案を提起!

 

 

>潘国連事務総長は無知から反日なのではありません。

日本支配を目論む反日首謀者の一人です。10年以上前からです。

ちなみに潘を国連事務総長に無理押ししたのは小沢一郎です。

 

>静養が主な東宮も両陛下も、国連にはご熱心! 小和田恒と東宮妃の影響ですね。

 

小沢一郎と小和田恒は「昵懇の仲」でした! ”

:東宮も両陛下も、国連にはご熱心! 小和田恒と東宮妃の影響ですね” ”:潘を国連事務総長に無理押ししたのは小沢一郎です”  

 

   2016年4月21日

この両陛下の件ですけれども、両陛下の御意志をよそに周囲が捩じ込んでますよね。小沢一郎の一件も然り。 小和田雅子は他の公務はブッチで自ら進んでご実家関連にだけ参加されてますけど。

 

>皇太子殿下は中国軍オペラ鑑賞… 石田博英工作員と小沢ガールズ…日本侵略進行中。「OVOD」は2回もハニトラw全く笑えないが

 

>この流れをたどるとHOOVERの石田博英→三宅和助→福田家→小和田ラインが完成しますね。

 

>石田が福田内閣において再び労相に任命された時期と、小和田が総理秘書官に任命された時期が一致します。

AD

5年で感染者5.5倍―― 加速する「梅毒」流行の実態とは

5/16(火) 11:36 配信


Yahooトピックス

 

この数年、梅毒の拡大が止まらない。性的接触によって感染し、かつては「死の病」と恐れられた。戦後は治療法が確立され、過去の病気として忘れられつつあった梅毒だが、近年、ハイペースで感染が拡大している。原因は何か。感染症対策の専門家・堀成美氏と評論家の荻上チキ氏が、その背景と予防策を対談で探る。(ライター・庄司里紗/Yahoo!ニュース 特集編集部)


 

かつては20万人以上の感染者がいたとされる梅毒だが、特効薬の普及により、近年は年間600〜800人程度の水準にまで抑え込まれていた。ところが、2011年頃から患者数が増加。2016年には42年ぶりに患者数が4000人の大台を突破。特に20代の女性が感染するケースが目立つという。

医師も知らない梅毒

荻上 梅毒は一般には、すでに「過去の病気」という印象があると思うんですが、実際は今、どれぐらいのペースで増加しているんでしょうか?

 2011年あたりから増えましたね。当時827人だった感染者数は、昨年(2016年)末の時点で約5.5倍の4518人にまで急増しています。今年に入っても勢いは止まらず、4月16日時点の感染者数は1307人。前年を上回るペースです。

 

荻上 爆発的、といえる伸び方ですよね。堀さんは感染症対策のスペシャリストとして日々、患者さんと接しているわけですが、急増の背景にはどんな要因がありますか?

 まず多くの人が「梅毒」という病気についてほとんど知らないんです。

荻上 知識がないと、病気だという自覚を持ちにくいですね。

 じつは医療者側にも、梅毒を知らない人が増えているんです。なぜなら、

昔は多かった梅毒患者が、撲滅といえる水準までいったん減ったから。「過去の病気」になったせいで、症状から梅毒を見抜けない医療者が増えてしまったんです。

 

自覚症状の乏しさで発見が遅れる

荻上 実際、梅毒はどんな症状が出るんですか。

 全身疾患なので、症状が多彩なんです。性器のしこりや全身のブツブツ以外にも、頭髪の脱毛や難聴、目のかすみといった症状があるので、梅毒を診たことがない医師には診断が難しい実情があります。

荻上 原因や感染経路は?

 梅毒は「梅毒トレポネーマ」という病原体が性的な接触によって皮膚や粘膜から入り感染する性感染症の一つです。比較的感染力は強く、挿入行為がなくてもオーラルセックスや皮膚の小さな傷の接触でうつります。だから、コンドームでも100%は防げない。でも、多くの人は性病を「パンツの中の病気」だと思っているので、挿入以外でも感染するとは夢にも思っていないわけです。

荻上 挿入行為は危ないけれど、オーラルセックスは安全だと思っている人は多いですよね。「挿入しなければ浮気じゃない」ではないけど、「挿入しなければ病気もうつらない」みたいな認識で、風俗や出会い系サイトなどでリスキーな性行為を繰り返す人も少なくない。

 私たちの立場から言えば、浮気かどうかは関係ない。性器同士の接点はありましたか、性器と口はどうですか、コンドームを使いましたかという話。感染につながる行為があれば梅毒はうつりますからね。悪いことに、梅毒は感染後もしばらくは自覚症状がないので早期発見が難しく、これも感染を広めてしまう一因になっています。

荻上 梅毒は潜伏期間が長いそうですね

 3〜6週間程度といわれています。その後、性器などに小さなグリグリしたしこりができます。ただ、痛みはないし、場所が場所だけに「どうしよう」と悩んでいるうちに、いったん消えてしまうんですよ。ここが梅毒の厄介なところで、患者さんは「よかった、治った」と思って病院にも行かず、性的接触を繰り返してしまう。

 

報告数は実数の3割程度?

荻上 梅毒の急増の原因として、知識不足のほかにはどんな理由が考えられるでしょうか?

 感染者数が急に増えるような場合、テレビなどの報道を見て不安になった人が検査を受けることで発見数そのものが増加するケースも考えられます。ただ、今回の梅毒については、その可能性は低い。つまり、リアルに患者数が増えている。現場の実感としては、報告されているのは実数の3割程度ではないかと思っています。私が個人的に調べた範囲ですが、梅毒専門の治療薬の販売量が、報告されている患者数に比べてかなり多いというデータもあるんです。

荻上 でも、梅毒はHIVや結核と同じで、診断で陽性がわかれば医師が保健所に届け出なければならない感染症の一つですよね。

 本来は法律で全数報告が義務づけられているんですが、実際にはクリニックの医師が見落としていたり、報告を怠ったりしているケースもあるんです。

荻上 では、実際にはもっと感染が拡大している可能性もあるわけですね。感染パターンには何か明確な傾向があるんですか?

 

 男性は同性間、異性間の性的接触で感染するパターンが半々ぐらいで、女性は異性間によるものが多くを占めています。ただ、男性の同性間感染の中には、一定の割合でHIV感染者が含まれるんです。HIVに感染すると治療のため定期通院が必要ですから、その過程で発覚し、統計に反映されやすい。でも同性間、異性間カップルの母数を考えると、実際は異性間による感染の方が多いと思います。

荻上 実態の正確な把握には、そういった統計上の誤謬に気をつける必要がありますね。

 ただ、梅毒に関して20代の女性たちに感染が目立つのは事実です。私が勤める国立国際医療研究センターを含めて、新宿区内の医療機関には風俗店に勤める女性や出会い系サイトを使った「ワリキリ(個人売春)」の女性も多く受診しますが、現場にいると彼女たちの職業上のリスクが心配になります。

荻上 感染した女性が、自覚症状のない期間に毎日複数のお客さんと性的接触を繰り返すわけですから、その拡散力は大きいでしょうね。オーラルセックスだけという形態の風俗でも、その日のうちに次々に感染しますからね。

 

ハイリスク層へのサポートを

 風俗店は定期検査をしているところがありますが、先ほどもお話ししたように梅毒は潜伏期間が長いので、月1回程度の検査ではすり抜けてしまうことも多いんです。

荻上 僕は2010年から出会い系サイトや出会い喫茶などを使ったワリキリ経験者にアンケート調査をしているのですが、そのうち3割が性感染症になったことがあると回答しています。コンドームなしの性行為を許している女性も3割近くいる。彼女たちの目的は主に短期的な収入であり、「職業」として性的なサービスをしている感覚がなく、定期検査のような自己管理も難しい。こうした女性たちは、小規模とはいえハイリスク層になるでしょうね。

 ワリキリしている女性は全国にどれぐらいいるんでしょうか?

荻上 僕たちの調査では、おおむね10万人前後ではないかと推計しています。ただ、ワリキリ利用者は固定的で、なおかつテクニカルな知識が必要なので、風俗ほど簡単にアクセスできるものではない。ボリュームとしては風俗店で感染するパターンが多いのではないでしょうか。風俗店に勤務している女性は30万人ほどいると言われていますので。

 偶然かもしれませんが、臨床の現場で梅毒が有意に増えてきた時期と、訪日外国人客が増加した時期が重なるんですね。受診した性サービス業の女の子たちからも「外国人のお客さんが増えた」という声を耳にしました。梅毒は現在、アメリカや中国など世界的にも増加傾向にあります。病原体は国境を簡単に越えますので、粘膜や皮膚の接触という最もリスクの高い行為によって、梅毒だけでなく治療薬の効きにくい(多剤耐性の)淋菌などが広がることを医療者は心配しています。

荻上 インバウンド(外国人の訪日旅行)仮説はしばしば指摘されますね。ただ、疫学調査がないので、特定はできない点が注意です。一般論としては、性感染症は昔から花柳病と呼ばれ、セックスワーカーにとっては大敵で、当事者のための情報提供などは重要になるでしょうね。

 

 

荻上氏の調査によれば、風俗やワリキリをする女性たちの最終学歴は高卒以下が多く、貧困率や精神疾患の罹患率も高いという。「女性たちが生きる手段として、性労働という手段があるという、経済的側面は重要です」と荻上氏は言う。

感染者には社会的弱者も少なくない

荻上 貧困や病気への認識などの関係はどうですか。

 医療機関では学歴や収入を調査しないので明確な情報はわかりません。例えば、指示されたとおりに薬を飲めるか、指定の日時に再度受診ができるかということに影響する話です。ご本人の治療効果や、感染拡大防止にも影響します。

荻上 ワリキリや風俗の女性に聞き取り調査をすると、学歴が高い人は多くありません。経済力も厳しい。そもそも貯蓄という行動そのものを知らない場合もある。それらは成育環境などの違いもあるので、そうした個人へのバッシングをしてもしかたがないと思います。そうした傾向があるなら、どうやって医療と結びつけやすくするかを考えなくてはいけない。

 医学の視点で言えば、それは「弱者」なんですね。もし彼女たちが問題を抱えているなら、周囲はサポートしてあげなければいけないんです。

荻上 だとすると、やるべきことは、ふつうの感染症対策と同じように、いちはやく有効な対処法を広げることだと思うんです。たまたまセックスワークの話になったけれど、特定職業に限る話でもありませんし。

 おっしゃるとおりで、そもそも梅毒は治療法が確立された、予防できる病気なんですよ。それなのに感染の拡大が止まらないのは、世界のスタンダードになっている対策が日本ではとられていないから。感染者が性交・接触した相手の検査の徹底はされていないし、第一選択の治療薬であるペニシリンの注射が使えないままです。この2つだけでもかなり拡大は抑えられるはずなのに、問題といわれながら数年対策がとられていない。検査を徹底して、治療に効果の高いペニシリン注射を復活すれば、感染はかなり抑えられるはずなのに、なぜ動かないのか。理解できません。

 

薬価が安いから、つくられない注射

荻上 抗生物質の内服以外にも、ペニシリン注射という治療法があるんですか?

 内服だと一定期間、薬を飲み続ける必要がありますが、注射だと感染初期であれば1回の接種で済みます。だから梅毒治療においては「ベンザチンペニシリン注射」が世界標準の選択薬です。

でも日本にはこの注射がないんですよ。大変安い治療薬のため、今から開発や承認のための臨床試験のコストを考えると、製薬会社にインセンティブがありません。

荻上 はしかや結核については国がしかるべきサポートをしてくれるのに、こと性感染症となると自己責任のように扱われる。しかも女性の場合、「貞操観念のない乱れた女」として偏見や攻撃の対象になることすらある。こうした風潮には違和感を覚えますね。

 梅毒は、夫や恋人など特定のパートナーからうつることも少なくありません。つまり、梅毒を放置して誰が一番被害を受けるかといえば、妊婦さんや赤ちゃんなんですよ。妊婦が感染すると、流産や死産してしまったり、赤ちゃんが先天梅毒を持って生まれてくる可能性があるんです。

 

荻上 国は性教育でもっとリアルな性感染症対策を教えるべきだと思いますが、性教育へは保守的な反応も強いですね。また、セックスワーカーの支援団体などと連携するなど、当事者参加で様々なハイリスク層に確実に届ける仕組みづくりも必要でしょう。こんな啓発ポスター作っている場合じゃない。個人に責任を転嫁しちゃってますし、具体的知識が書かれてもいないですし。

 梅毒に対して、個人が取りうる対処法は大きく2つです。コンドームと定期検査。まず、必ずコンドームを使用すること。ただ、予防効果は100%ではないので、リスクの高い性的接触があったときやパートナーが変わったときは、そのインターバル期間に検査をする。血液検査は医療機関は有料ですが、無料でやっている保健所もあります。地域の保健所の検査プログラムをぜひ調べてみてください。

荻上 感染症を放置するということは、周囲の人にも影響が出るかもしれない。逆に自分が予防することは、集団的な防疫にもなります。そして衛生環境を整えるには社会的な対応が必要だという認識が、もっと広がる必要がありますね。

 

記事のまんまだけれど、少しでも広げたい。
昔の一時期は学校で性教育をしようとしていたけれど、
それも沙汰やみになってから、
少女漫画がすっかりポルノ漫画と化してしまったという時代もあった。
最近は高齢出産でダウン症児の出産が増えることすら知らずに
いつ子供を産むかなど考えないでいる人が多くなっているようだ。
人生のタイムテーブルを考えに入れずに、
今、現在だけのことしか頭にないようで、
問題が起こってからしか知ろうとしない。

 

そして、やはりここでも厚労省の不作為が疑わしい。

感染症の危険情報や渡航注意の勧告など

出したというニュースを全く聞かない。

ペニシリン製剤の製造など、やろうと思えはできるはず。

世界各国では当たり前にやっていることを

日本と言う国ではやらない。

防災以外は何の用心や警戒の予備知識もないまま

感染症をどんどん呼びこんでいるありさまだ。

不調があればその時は病院にいけばいい。

それだけしか皆知らないようで、恐ろしい。

治せない病気も怪我も山ほどあるけれど、

そういう暗い事実はニュースにならない。

たまたまよかった話だけが情報バラエティなどでも出るのだろうか。

「見て楽しい」テレビの雰囲気づくりのためにも

深刻な事実は隠される気がする。

 

マラリヤの例もあった。

海外渡航でマラリヤにかかった人が

日本で治療するつもりで大学病院に行ったけれど

なかなか薬が見つからず、届くのが間に合わずに亡くなってしまった例は

テレビで聞いたことがある。

それから体制が整ったのかどうかはわからない。

薬はあっても、採算がとれなければメーカーは作らない。

日本の医療は、治療のためよりも、

メーカーの経済活動のためにあるようなところがある。

 

 

 

 

入院ベッド15万床削減 25年、医療費減へ在宅移行

 

 

2025年の医療の提供体制を示す「地域医療構想」が各都道府県でまとまり、全国で計15万床以上の入院ベッドを減らす計画となった。医療費を減らすため入院患者を在宅医療に移す流れを受けたものだが、全国で1割以上の削減が必要だ。入院に代わる受け皿づくりが急務となる。

各都道府県がまとめた地域医療構想では、団塊の世代がすべて75歳以上になって高齢化がピークを迎える25年時点で必要となる入院ベッド数を示した。その結果を集計したところ、計約119万床だった。ただ、13年の約135万床に比べ、15万6千床余り少ない。15年に内閣官房が示した削減の目安は16万~20万床で、ほぼ近い数字になった。

入院ベッド数が増えるのは、特に高齢者が急増する首都圏と大阪、沖縄の6都府県のみ。残る41道府県は減らす計画で、削減率は鹿児島県(34・9%減)など8県が3割を超えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
生可能エネルギーといっても、すでに使う分は十分にある日本では、
単なる売電収入狙いで、管理も人任せというお手軽太陽光パネル設置に人が群がった。
楽して濡れ手で粟の姑息な「ビジネス」で、自分でも不要な電力を国に買い取らせる制度に乗っかっただけの人から、
耕作できなくなった土地を管理しきれず、老後資金にしようとした人まで色々だろう。
しかし、基本は「不要なエネルギー」を生産し、自分で使いもせずに国に買い取らせるだけだったのではないか。
現金収入に目の色を変える日本と、実際に自分たちの使う電力を作ろうとする海外途上国では
再生可能エネルギーのニュースの色合いがまるで違う。
海外ニュース昨年のものも多いので、その後の続報があれば、現在の様子が解るのだけど、なかなか出てこない。
しかし、あるもの利用で自分たちの暮らしを良くしようとする段階の国では、
出てくるニュースも気持ちのいいあるべき姿に見える。
日本だと、ひたすら「売電収入、現金を得る方法」でしかないから、いちいち今現在の設備をやり変える動機が薄いのだ。
通電設備に何らかの変更工事が必要なのだから、使うほうは、そうそう電力の購入先を切り替えたりしない。
ただでさえ、日本国民の総体的貧困化は進んでいるようで、そんな工事費の余裕などない。
太陽光業者も困っているらしく、太陽光大量倒産のニュースが出た後は
「お得な投資」をうたうPC広告があちこちで踊る。
それは広告料が丸損になるだけで、ネット運営会社が仕事になるだけだろう。
一番儲けたのは、安い中国製の太陽光パネルの生産者だろうけど。

 
突風ですぐ壊れる太陽光パネル しかし、発電自体は止まらないので、片づけに感電の危険もともなう

太陽光発電、宴のあと 未稼働560万世帯分失効     
2017/5/13 2:00 

日本経済新聞 電子版

 東日本大震災後に急拡大した太陽光発電が岐路に立っている。高額で売電できる権利を保有するだけで、ビジネスを手掛けない事業者を排除する法改正が4月に施行。合計2800万キロワットの発電計画が失効した。
一般家庭の約1割、560万世帯の消費電力分に相当する。宴(うたげ)の終わりと、再生可能エネルギー普及の難しさが改めて浮き彫りになった。

太陽光発電会社、エンブルー(東京・千代田)はこのほど群馬県でのメガソーラー(大規模太陽光発電所)建設を断念した。1キロワット時36円という高価格の売電権利を持っていたA社から、土地代合わせて1億円でその権利を買う予定だった。

 経緯の詳細は不明だが、実際に家庭へ届ける東京電力ホールディングス系送配電会社と、A社はつくった電気を売る契約を結べなかった。A社の売電権利は失効。山間部にあって造成費用などがかかり36円でないと「事業は無理」(エンブルーの三浦洋之社長)という。

 競争の激しい太陽光発電市場では有望スペースは少なくなっている。メガソーラー以外の用途を見いだすのが難しい立地は多く、大量失効発生で土地塩漬けが続出する懸念は拭えない。

 再生可能エネの電気を一定期間決まった価格で電力会社に売れる固定価格買い取り制度(FIT)は2012年に始まった。原子力発電所事故を機にクリーンエネに注目が集まり、中でも太陽光発電は設備設置が比較的容易、当初は40円という買い取り価格――。売電収入は株式や債券と比べて高い利回りが期待でき、申請が膨れ上がった。太陽光バブルだ。

 まず権利だけ取って建設は後回しというケースも続出、副業として参入した企業も多かった。ドイツの2倍超と世界的にも高水準の価格の売電権利を、はなから転売する目的で申請したケースもあった。

 収益性を高めようと発電装置の価格下落をひたすら待つ企業もあった。実際、太陽光パネルは5年で半値近くになり事業環境は悪くないようにみえる。しかし認定案件のうち稼働率は4割。背景の一つに発電以外のコストがかさむ点がある。

 例えば九州など太陽光発電の密集地域では電力会社の送電網につなぐ接続工事費が高騰。建設費2億円のメガソーラーに対して「同額となることも」(太陽光発電事業者)。蓄電池設置を義務付ける地域もある。

 再生エネの受け入れ側の立場も複雑だった。電力会社にとって天候などに左右される電気は、送電線に負荷がかかったり火力発電所を予備電源として確保したりと、需給調整は簡単でない。14年には九州電力などが受け入れを一時保留したこともあったほどだ。

 買い取り費用の一部は国民が電気代と一緒に賦課金として払っている。平均的な家庭で月700円。メガソーラーがどんどん増えると国民負担が増える事情があり、政府が矢面に立つことになりかねない。クリーンエネ普及は各論では様々な思惑が交錯する。

 いびつな現実を前に政府はFIT法を改正。買い取り価格は21円となった。経済産業省は約46万件が失効した可能性があると試算する。稼働中の産業用太陽光発電所と同水準の出力分が失われたことは、メガソーラー新設ラッシュが再び来ないことを示し、太陽光パネルなど関連メーカーに暗い影を落とす。

 京セラは三重県の組み立て工場を今春休止した。昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアは昨年までフル稼働だった国内の生産を3割減らした。パナソニックも昨年2月以降、大阪府内の主力工場の稼働を停止したことで国内外合わせた工場稼働率は現在半分程度にとどまっている。

 競争環境が厳しくなることで再編は不可避だ。保守ノウハウなどスケールメリットが一段と求められ、事業継続を断念するケースも出てくる。ソフトバンクグループのSBエナジー(東京・港)の藤井宏明副社長は「今後は中古案件の買収も積極的に」と宣言する。

 政府は再生エネの割合を30年度に22~24%へ高める計画。うち太陽光は7%で、今より4千万キロワットの上乗せが必要になる。日本の電力総需要の約3%に相当する2800万キロワットの失効は決して小さくない。現在のエネ事情は引き続き化石燃料に頼る。工場など自家消費を増やしていかないと再生エネ普及は遠のく。(榊原健)




「話がちがう!」電力自由化トラブルの相談が645件

女性自身 2016年5月13日(金)


「『原発事故を起こした東京電力には、電気料金を払いたくない』、そんな小さな反発意識と、月の電気料金が平均1万8,000円、ピーク時には2万円を超えるわが家の電力事情が引き金になりました。3月31日、駆け込むように電力会社の変更手続きをしました。

 ところが、『受付け済み』という返信メールはあったものの、本当に会社が変更されているのか、わかりませんでした。(東京電力が設置する)スマートメーターについても、音沙汰なし。

 今までの電力会社のプランが適用されると聞いてはいましたが、スマートメーターでないと30分ごとの電気使用量が確認できないため、時間帯で料金が変わるプランにした場合、不利益を被る可能性もあるとか……」

 都内に暮らす主婦のAさん(35)は、そんな不満を漏らす。夫婦2人暮らしのAさん。冒頭のような理由から、ネットで電力会社変更の手続きをした。ところが最初に連絡が来たきりで、一向に具体的な変更の連絡が来ない。スマートメーターが取り付けられたのは、4月末のことだった。

 4月1日から始まった、電力小売りの全面自由化。国民生活センターの福井晶喜さんによると、すでに契約に関し、いくつかのトラブルの相談が寄せられているという。

「1月から3月まででも645件もの相談が寄せられています。多くはスマートメーターへの切り替えや、電力会社が倒産した場合のご質問ですが、ちらほら『実際に思っていたことと違う』といった相談もあります」

 たとえば、ある関東在住の消費者のケース。郵便で「電力プランを変えませんか」という案内が届き、さらに複数回の電話があったという。

「料金が安くなるという話だったので変更手続きをしたものの、後日、書面で契約内容を確認すると、従来の契約とあまり変わらないものだったそうです。それでクーリングオフをしたいと伝えたところ『期限が切れている』という理由で、解約できませんでした。ほかにも、新電力会社から届いた契約変更の申込書を、それまでの東京電力との契約継続の書類だと思い込み、よく確認せずに署名し、返送してしまったというケースもありました」(同前)

 各地で「こんなはずじゃなかった!」という事態が起きているようだ。電気料金を「節約する好機」と考える生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんは、「消費者が賢くなることがよりよいサービスにつながる」と提唱する。

「電力の契約先を変更することで、今までよりも平均5%ほど、電気代が節約になるケースがあります。その一方、契約先を誤ると30%以上、高くなることもあるんです」

 自由化がスタートしてからまだ1カ月。柏木さんが今後の状況を予想する。

「夏に向けてエアコンの需要も高まり、各社でキャンペーンが始まるかもしれません。また’17年には都市ガス小売り自由化が始まるので、それに合わせた新たなセット割も期待できます。賢く選んで、得をしましょう!」


ここからは世界の再生可能エネニュース。
もっと地道な話が多い。

豆腐作りの廃水が再生可能エネルギーに、
インドネシア

AFP=時事  2016年5月30日(月)


【AFP=時事】インドネシア・ジャワ島の豆腐作りが盛んなカリサリ(Kalisari)村では、大豆から豆腐だけでなくその過程で出る廃水から安価な再生可能エネルギーを作り出し、自宅で電力として活用するという革新的な技術が導入されている。

 カリサリには約150の小さな豆腐業者がおり、その多くは自宅で豆腐作りを営んでいる。彼らは豆腐作りで出る廃水を、クリーンなバイオガスに転換して利用している。

 かつては不定期に供給されるガスタンクやまきに頼っていたが、今ではスイッチひとつで、このクリーン燃料を利用できるようになった。

 1万数千の島々から成る、人口約2億5000万人のインドネシアは世界で最も温室効果ガスの排出量が多い国のひとつで、総発電量に再生可能エネルギーが占める割合もわずかにすぎない。

 だがインドネシア政府は、排出量の削減を目指し、2025年までに再生可能エネルギーの割合を25%に引き上げることを目標としている。

 豆腐作りには大量の水が必要とされ、豆腐1キロあたり約33リットルの水が使われる。豆腐を作る過程で酢酸が加えられるが、排水後のこの液体にバクテリア処理を施すと、バイオガスが発生する。

 ガスはパイプで直接、民家の専用に改良されたストーブへと送られる。現地の自治体は、長期的にはこのガスを村全体の明かりの電力にしたいと考えている。

 豆腐作りから生み出されたバイオガスは財布にも優しい。制限のないバイオガスは、交換式のガスタンクを購入するよりも約3分の1安く済むからだ。

 さらにカリサリでの取り組みは、豆腐作りによる地元への環境被害を防ぐ助けにもなっている。

 かつては豆腐作りで排出される何千リットルもの廃水が村の近くの川へ流されていたため、下流の水路や水田に汚染をもたらしていた。だが臭く濁った廃水がバイオガスに転換されるようになって以来、状況は徐々に改善している。コメ農家は収穫量が増え、河川は臭いが少なくなりきれいになったという。【翻訳編集】 AFPBB News


スペインのエル・イエロ島、
再生エネで注目 100%自給目指す

AFPBB News 2016年


【AFP=時事】アフリカ北西岸沖にあるスペイン領カナリア諸島の一つ、エル・イエロ島(El Hierro)。マツ林とパイナップル畑が競うように広がるこの険しく小さな島が今、再生エネルギーによる発電で世界の注目を集めている。

 国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の生物圏保護区にも指定されているエル・イエロ島はこれまで、島内の電力をディーゼル発電に頼ってきた。燃料のディーゼルはカナリア諸島のテネリフェ島経由で、スペイン本土から運んでくる必要がある。

 そのため、脱ディーゼル発電依存は島の長年の夢だったが、今年2月15日に初めて、島民7000人が24時間以上利用するのに十分な電力を風水力発電所で生産することに成功したのだ。

隔絶した土地では、完全なエネルギー主権を持つことが重要だ」。エル・イエロ島の元トップで、風水力発電事業の旗振り役であるトマス・パドロン氏はそう強調する。

2014年6月に稼働を始めたゴロナ・デル・ビエント発電所は、丘の上に建つ風車5基と、丘の上下に一つずつある貯水池からなる。風がないときは上の貯水池から下の貯水池に放たれる水がタービンを通り、水力発電を行う仕組みだ。

 スイスにある国際環境研究センター(Centre for International Environmental Studies)のジョエル・ノアイリー氏は、この風力と水力のユニークな組み合わせについて、連続的な利用ができないという再生可能エネルギーの問題を解決する「非常に有望」な手段だと期待を寄せる

 ゴロナ・デル・ビエント発電所の株式の23%を保有するスペイン電力大手エンデサ(Endesa)によれば、これまでに数千トン規模の二酸化炭 素(CO2)排出量削減につながったほか、燃料油約3000トン、金額にして120万ユーロ(1億4600万円)相当を節約できたという。

 もっとも、島内で必要な電力を全てこの発電所で補うという当初の目標は、稼働から2年近くたった現在も実現できていない。発電所のフアン・ペドロ・サンチェス所長は「この種の発電所は前例がないので、軌道に乗るまでに時間がかかる」と話し、現状では賄えているのは平均で半分ほどだと認める。

 電気料金に関しても、スペインの法律でカナリア諸島独自の設定が認められていないため「以前と変わらない」(島民)という。

 それでも国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の専門家、エマニュエル・タイビ氏は「これは模倣できるモデルだ」と高く評価する。発電所には、セーシェルやインドネシア、日本、カリブ海のオランダ領アルバといった海外から視察も訪れている。

 島の現トップであるベレン・アジェンデ氏は、グリーン電力の発電だけにとどまらず、電気自動車や有機農業などによって100%「クリーン」な島を実現したいと意気込み、その過程でこの発電所は「持続可能性モデルの屋台骨」になると語った。

【翻訳編集】AFPBB News


食肉処理場のふん・臓物からクリーンガスを、
中米コスタリカ

AFP=時事 2016 4 14日(木)


【AFP=時事】悪臭を放つ大量のふんや血液、臓物が巨大なおけに流し込まれ、それを微生物が食べる──吐き気をもよおす光景かもしれないが、専門家らによると、中米コスタリカの食肉処理場で計画されているこのプロジェクトは環境を助け、近隣住民たちを悪臭から解放するという。

人間の排せつ物で発電、途上国の衛生改善も 国連

 エルアレオ(El Arreo)食肉処理場では、暑さが廃棄物の悪臭をいっそう際立たせる。だが、新システムのもたらす環境的利益はずっと心地よいはずだと、処理場の所有者たちは期待を寄せている。

 メタンガス生産を目標としたこのシステムは、コスタリカにおけるクリーンエネルギーの最新のアイデア。規範となるべく、同施設では電力のすべてを再生可能エネルギーで賄うという。「バイオ消化機」と呼ばれる金属製の大型容器に廃棄物を注ぎ込むことで廃棄物をガスに変え、施設に電力を供給するシステムだ。欧州ではすでに同様の設備が導入されているが、中米では初めての試みとなる。

 首都サンホセ(San Jose)近郊のエルアレオ食肉処理場にこのシステムを設置するにあたっては、ライバル企業のデルバジェ(Del Valle)とエルアレオが手を組んだ。両社はコスタリカ電力公社(ICE)の支援の下、300万ドル(約3億2500万円)近くを共同出資した。両社は来月にもバイオ消化機の稼働を開始したい考えだ。【翻訳編集】 AFPBB News

人間の排せつ物で発電、
途上国の衛生改善も 国連

2015年11月06日 12:00 発信地:ワシントンD.C./米国

【11月6日 AFP】人間の排せつ物を腐敗させて生産されるガスは、主要なエネルギー源になる可能性があり、発展途上国の数百万世帯に電力を供給できるだけでなく、衛生状態の改善にもつながるとする国連の報告書が3日、発表された。

 成分の約60%がメタンのバイオガスは、人間の排せつ物を細菌に分解させることで生産できる。国連大学の水・環境・保健研究所によると、その価値は、非再生エネルギーの天然ガス95億ドル(約1兆1500億円)分に相当するとみられるという。

 報告書によると、排せつ物の処理で発生する残留物から、世界で年間200万トンの「固形」燃料を生産できるため、木炭の使用量や伐採される樹木の数を減らすことができるなど、地球温暖化を抑制する助けにもなるという。

 トイレを使用できず、野外で用を足すことを余儀なくされている人は現在、世界で10億人近くに上り、うち約6割はインド国民が占めている。

 こうした人々の排せつ物を収集すれば、年間2億ドル(約240億円)以上に相当するバイオガスの生産に利用でき、生産量は将来的に3億7600万ドル(約457億円)まで増加する可能性があると、報告書の研究者らは指摘。その発電量は、発展途上国の1800万戸に電力を供給できるほど膨大な量だとしている。

 また、多くの地域にトイレを設置することで、こうした国々における公衆衛生状態も改善できる。研究者らによると、発展途上国で発生する病気の10%は、不十分な下水設備が原因とされているという。

 報告書の執筆者の一人であるクリス・メトカーフ氏は「課題は多いが、排せつ物由来のエネルギーに説得力のある、さまざまな財政的な利点があることは明らかだ」と述べた。(c)AFP

    
畜産排水から発電しながらリンを回収 
岐阜大学
  

2014/12/2
[日経テクノロジーオンライン 2014年12月2日
岐阜大学流域圏科学研究センター准教授の廣岡佳弥子氏と特任助教の市橋修氏らの研究グループは2014年12月2日、同グループが開発した微生物燃料電池において、豚のふん尿などを含む畜産廃水から発電しつつ、リンを回収することに成功したことを明らかにした。
微生物燃料電池とは、「発電菌」と呼ばれる微生物が有機物を分解する際に生じる電子を利用するものである。廃水処理に適用した場合、廃水中から有機物を除去すると同時に電気エネルギーを回収できる。これに加えて岐阜大学の研究チームは、電極にリン付着させて回収することもできることを突き止めたという。この発見は、「世界初」(岐阜大学)だとする。

 リンは農業の化学肥料の主成分として使われるほか、金属加工や食品添加物などさまざまな分野でも利用されている。数年前までは、経済的に採掘可能なリン鉱石は地球上から数十年程度で枯渇することが懸念されていた。最近の調査によって、新たなリン鉱石が発見され、当面の枯渇の心配はなくなったものの、枯渇の問題が完全に払拭されたわけではない。特に日本はほぼ全量を輸入に頼っており、必要量の安定確保や、価格交渉力の確保のために、リンのリサイクルは重要だとする。
また、リンは多くの廃水に大量に含まれており、処理せずに排出すると水域の富栄養化の原因になるので、廃水から除去することが求められてきた。
今後は、10~20年後の実用化を目標に、微生物燃料電池の大型化やコスト削減を図りたいとしている。

(日経エレクトロニクス 根津禎)

2014年のニュースから、その後どうなったんだろう。



「世界最大の太陽光発電所」
日光の反射角度を間違えて自らを燃やす

ギズモード・ジャパン

けが人がいなくて良かったです。

世界最大の太陽光発電所」として、2014年にカリフォルニア州に建設された、イヴァンパ太陽光発電所(Ivanpah Solar Electric Generating System)。先日、その施設内で火事が発生してしまいました。しかもその理由が、自分で自分を燃やした、とのこと。

アメリカ南西部のモハーヴェ砂漠に、4,000エーカー(約16平方キロメートル)という巨大な敷地を誇るこちらの発電所。火災の原因は、日光を反射する鏡である「ヘリオスタット」の方向違いで、施設内の塔に光が向けられていたのだそう。

火災は20分程度で消火されたボヤとのことですが、火が出たのは塔の上側3分の2、高さにして地上90m以上ということで、消防士の方々は大変だったようです。現在は一部の施設のみが稼働しており、復旧作業に追われているとのこと。

こちらの発電所は、392メガワット、およそ14万世帯のエネルギーを賄う力を持ち、ガレージの扉ほどの大きさがあるヘリオスタットは、2枚1組で17万3500枚もあります。

しかしそれでも、ここ数カ月は予定していたほどのエネルギーを生産できなかったため、7月31日までを目処に施設の増強を図っていたそうです。今回の火災がそれに関係しているのかは不明ながら、増強どころか減退してしまいましたね…。

施設の広報担当者は、詳細な原因は調査中としていますが、鏡の角度であることは間違いないとのこと。

昨年の2月には、ネバダ州にある太陽光発電所が誤って130羽の鳥を焼き殺してしまう、という事件もありました。エコなエネルギーとして注目される太陽光ですが、一歩間違えれば大惨事になることは、肝に命じておかなければいけませんね。

 

image by ISEGS, Aioannides

source: AP

George Dvorsky - Gizmodo US[原文]

(渡邊徹則)


地元で必要なものを地元で作って自立できるほうが、皆に仕事と存在意義とがあって、経済がうまく回ると思うんだが。
邪魔なのは世界企業のほうかもしれない。
少なくとも、地元経済を壊すだけの企業などいらない。
そんなものない時代から、人はそこで棲み、仕事をして生活してきた。
企業のために世界があるというような風潮は、違うと思う。
必要なものができれば、それを維持する仕事ができるのに、それでは困る企業がある。
数字上の成長をしないと、倒れてしまうのらしい。
そのモデルは持続可能じゃない。
永遠に大きくなり続けるなんて、ありえない。


太陽光・風力発電のコストが急速に低下、海外で単価3円を切る電力の契約も

「もはや経済合理性の面からも、太陽光と風力が火力や原子力よりも優位になった」と指摘する。

導入量が急速に拡大したことに伴って、太陽光や風力で発電した電力の取引価格が一気に下がり始めている。太陽光発電では1kWh(キロワット時)あたり3円を切る価格で売買が成立する事例も出てきた。「2016年は太陽光と風力のコストが大幅に下がった年として記憶されるだろう」。

太陽光発電の導入量は2010年から加速がついて伸びている。英国のエネルギー会社BPがまとめたデータによると、2015年の全世界の導入量は過去最大の5000万kW(キロワット)にのぼり、累計では2億3000万kWに達した(図1)。前年からの増加率は28%の高い水準だ。

国別では中国の伸びが最も大きくて、1年間に1500万kW増えている。累計の導入量もドイツを抜いて世界のトップに立った(図2)。日本が1200万kWの増加で中国に続く。「2016年には累計の導入量でも日本がドイツを抜いて第2位になるかもしれない」(コーベリエル氏)。

太陽光発電が世界各地で拡大する背景には、コストの大幅な低下がある。米国の金融情報サービス会社Bloombergが調査・分析したレポートによると、太陽光発電モジュールの価格が2008年から急速に低下して80%も安くなっている(図3)。2011年には1kWあたり1000ドル(約11万円)を切る水準まで下がった。

この結果、大規模なメガソーラーを安価に建設できるようになり、発電した電力の取引価格も急速に安くなっている。コーベリエル氏は以下のような最新事例を挙げて、想定以上に太陽光発電のコストが下がっていることを示した。

ペルーでは2016年2月に144MW(メガワット)の太陽光発電の電力を1kWhあたり4.8セント(約5.3円)で契約ドバイでは2016年5月に800MWの太陽光発電の電力を2.99セント/kWh(約3.3円)で契約アブダビでは2016年9月に350MW超の太陽光発電の電力を2.42セント/kWh(約2.7円)で契約

洋上風力の電力も6円まで下がった

同様の状況は風力発電でも起こっている。特に洋上風力で発電した電力の価格低下が著しい。

デンマークの電力会社が2016年6月にオランダ沖の洋上風力発電の電力を1kWhあたり8セント(約9円)で契約スウェーデンの電力会社が2016年9月にデンマーク沖の洋上風力発電の電力を6セント/kWh(約7円)で契約

同じスウェーデンの電力会社が2016年11月にデンマーク沖の600MWの洋上風力発電の電力を49.9ユーロ/1000kWh(約6円/kWh)で契約

これから日本でも導入量の拡大が期待できる洋上風力発電の電力が、石炭火力を下回る価格で取り引きされている。「すでにヨーロッパでは洋上風力発電が最も安い電源の1つになっている」(コーベリエル氏)。

陸上を含めて風力発電の導入量は2015年に大幅に伸びた。GWEC(世界風力エネルギー協議会)の統計によると、2015年に全世界で6300万kWにのぼる風力発電の導入量があり、累計では4億3300万kWに達した(図4)。太陽光発電と比べて2倍近い規模の導入量になっている。前年からの伸び率は23%と高い水準だ。

風力発電では中国の導入量が圧倒的に多く、2015年末の累積導入量は1億4500万kWに拡大した(図5)。米国やドイツでも着実に増えている。「ドイツは面積が小さい国にもかかわらず、2015年は過去最大の導入量を記録した」(同)。このほかにインドの伸びが大きく、累積導入量でスペインを抜いて世界の第4位に躍進している。

発電コストの低下も急速に進んでいる。Bloombergの調査・分析によると、2009年から2015年のあいだに陸上風力の発電コストが半減した(図6)。1kWhあたりのコストは8.3セント(約9円)まで下がって、石炭火力と同程度になり、天然ガス火力よりも安くなっている。

(続きはサイトで)

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/12/news025.html



>問題は家庭用蓄電池の方なんだよな
どれだけ発電しても家庭だとその電気を蓄えるバッテリーが無いし
バッテリー革命が起きて安い家庭用蓄電池が普及すれば
本当の意味での再生エネルギー革命が起きる
  


海外ではどういうしくみで使っているんだろう?
日本との差が目立つ。

日本を動かしてきた「電通」の正体

テーマ:

【電通に強制捜査】本社や各地の支社に労働基準監督官ら次々と 社員らは驚き、うつむきながら…
 2016 11 7

 東京労働局は7日午前、女性新入社員が過労自殺した電通の東京本社(東京都港区)を労働基準法違反容疑で家宅捜索。電通の関西支社(大阪市北区)や中部支社(名古屋市中区)にも同日朝から大阪、愛知両労働局などが入り、全国的に長時間労働の実態解明が始まった。

 東京労働局の労働基準監督官が東京本社の家宅捜索に着手したのは午前9時半ごろ。本社前には午前中から報道陣が40人近く集まり、捜索の行方を見守った。出入りする社員らはみな硬い表情を浮かべ、報道陣の問いかけに応じることなく、うつむいたまま足早に過ぎ去った。

 大阪・堂島のオフィス街にある関西支社のビルには午前9時半ごろ、段ボールや紙袋を持ったスーツ姿の男女約30人が入った。列をなし、一様に口を真一文字に結んだ険しい表情。報道陣数人がカメラを向け、付近を通りかかった会社員らは驚いた様子だった。

 名古屋の繁華街・栄の一等地にビルを構える中部支社でも、午前9時半すぎに捜索が始まった。「労働基準監督署」と記された黄色い腕章を着けた約10人の男女が2列になってビルの中に。出入りする人はまばらで、ある男性は「何も知らない」とだけ話し、急ぎ足で立ち去った。中部支社の担当者は「本社が窓口になる」と繰り返した

 



女性社員過労死問題で、電通社内に“かん口令!”
「マスコミに答えるな」社員のメールチェックまで……


2016年11月5日 19時0分

      

http://news.livedoor.com/article/detail/12243337/

 広告代理店の最大手・電通で昨年12月、24歳の女性社員が過労自殺したことについて、同社内では社員に本件に関する話を外部にしないようかん口令を敷いているという話だ。別の大手・博報堂の元営業マンで『電通と原発報道──巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ』(亜紀書房)など、業界を掘り下げた著書で知られる作家の本間龍氏も「私も電通内でかん口令が敷かれているのは記者らを通じて存じています。クライアントからは『だからといって、仕事に影響するほどではない』との話も聞きましたが、刑事訴追されるかもしれないという話が出ていて、そうなるとまた話が変わってくるのでは」と話す。

 実際、女性社員の自殺が過労による労災と認定されたことで、東京都労働局などは強制調査にも着手し、電通の労使協定が認めていない月70時間超の時間外労働など法令違反を確認した上で行政指導する方針。「悪質と判断した場合は検察庁に刑事処分を求めることも検討する」と労働局の職員。刑事事件となれば、広告を依頼する関連企業が減る可能性もある。

「電通は70時間を死守させるために労働時間の集計表を過小申告させていて、亡くなった女性は69.9時間と書いていたところ、実際には130時間なんてこともあったといわれます。協定を超えて違法な長時間労働が常態化していたことが証明された場合、協定違反で責任者を逮捕することも可能です。それでも罰則は6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金程度ですが、社会的に大きな批判を受ける話ではあります」(職員)

 このあたり電通の内部を探るべく、出入り業者でもある関係者の男性に聞いたところ、「過去、自社の問題で社員にかん口令を敷いたことは何度もあって、私のような外部の業者も『マスコミに答えたりもするな』と言われたほど」だという。

「社員からは、携帯電話のメール履歴までチェックされたことがあったという話を聞きました」(同)

 これは、電通社員に友人がいる新聞記者も証言する。

「その友人と連絡を取ろうとしたら、『今はマスコミ関係と話すのはマズい』と言われたことがあります。聞いたところでは、リサーチ力に長けているので、その力を社員に向ければ、どの社員がどんなマスコミ関係者と付き合いがあるかリストぐらい簡単に作れるとか」

 今回のかん口令がどこまで締め付けの強いものかはわからないが、ブラック企業に認定されつつある現状から考えれば、かなりの緊迫した状況であることは想像できる。

「メディア側は電通を敵に回しにくい体質から、この問題を控えめに報じていますし、実際に大きく報道して“無言の広告減少”という報復をされた媒体もありましたからね。テレビの報道番組なんかも、それを恐れて本件を扱わないことにしたところもあるそうです」と前出記者。

 それでも、社内の悪質な労働環境に対する不満を持つ社員から、話が漏れる可能性もある。前出の電通関係者は「そりゃ漏れるものは漏れますよ。社内の空気を変えたい社員は、むしろ隠蔽された情報をマスコミにリークして、現体制を変えたいって言っているぐらいで」と話す。

「ただ、年収1,200万以上ぐらいのエリート連中は必死に守りに入るでしょうから、その犯人探しに躍起になりそうですけどね」(同)

 日本社会のタブーに触れる形の電通過労自殺問題だが、社会がこれをどう是正できるのか、メディアに巨大な力を発揮する側の不祥事にマスコミはどこまで食い込めるのか、そして当の電通自身がこの問題にどこまで真摯に向き合うのか、人の口をいくら封じても、内外にその働きが問われるのは変わらない。
(文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo)



「この件はわれわれに判断できるレベルでなくなった」と厚労省幹部 安倍政権、高橋まつりさん過労自殺に重大関心
2016.11.8 12:41 産経ニュース

7日の朝。東京・汐留の電通本社ビルに東京労働局の担当者約30人が家宅捜索に踏み込んだ。高橋まつりさん=当時(24)=の遺族が過労自殺を公表して1カ月。支社、子会社も含めた立ち入り調査から強制捜査へと畳みかける厚労省の姿勢は強硬そのものだ。

 「この件はもうわれわれのところで判断できるレベルのものではなくなった」。ある厚労省幹部は立件を急ぐ政権の意向をにおわせる。

 国の基準を超える残業時間の上限を労使で合意していた電通。高橋さんのケースでは残業が月約105時間に及んだことも。自己申告に基づく会社の記録では労使協定の上限をぎりぎり下回っており、遺族は「過少申告の指示があった」と主張。違法な残業隠しの有無は捜査の焦点になる。

 安倍晋三首相の周辺は「首相は高橋さんのツイッターに目を通している」と首相の関心の高さを強調。今後働き方改革の議論で過労死防止がさらにクローズアップされそうだ。


この件って会社の体制にも大いに問題あるけどさ
直属の上司の対応はそれ以上に人としての問題があるんじゃねぇの
そっちの方の話が影に隠れてウヤムヤになってるように見えるんだけどどうなってるんだろ


「髪ボサボサ」パワハラも…電通、際立つ悪質さ 
「鬼十則」過激な企業風土

2016.11.08 ZAKZAK

常態化した長時間労働に対し、ついに強制捜査のメスが入った。厚生労働省の東京労働局などは7日、大手広告会社の電通に再び乗り込んだ。残業時間を隠すため勤務表に嘘を書くよう指示していた疑いがあるほか、「女子力がない」など上司のパワハラも報告されており、電通の労働環境の悪質さが際立っている。

 「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「会議中に眠そうな顔をするのは管理ができていない」「髪がボサボサ、目が充血したまま出勤するな」

 昨年12月に過労自殺した電通の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=は、上司のパワハラをうかがわせるメッセージを残していた。長時間労働でむしばまれていく肉体に加え、上司の言動が精神的に追い打ちをかけた形だ。

 電通では「残業隠し」のような勤務表作成が横行していた疑いがある。労使協定では、残業時間の上限は70時間(所定外)。高橋さんが自殺する直前に自己申告した勤務表には「69・9時間」(10月)、「69・5時間」(11月)とぎりぎりで記載されていた。東京労働局などの調査では、ほかの社員にも同じような記載が見られたという。

 さらに高橋さんの遺族側弁護士は、電通の企業風土を問題視し、1950年代に当時の社長の遺訓とされる「鬼十則」が背景にあったと指摘する。

 《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》《周囲を「引きずり回せ」》《頭は常に「全回転」、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ》。電通の社員手帳に掲げられていたという鬼十則にはこのような過激な表現が並んでいた。

 電通は「捜索が入ったことは事実。調査には全面的に協力しています」とコメントしている。


日本を動かしてきた「電通」の正体~
「過労死問題」は落日の始まりなのか

当事者たちが明かす生々しい「実像」


2016 11 8 週刊現代

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50138

テレビも原発も、そしてオリンピックも、仕切ってきたのはすべてこの会社

陰の支配者、タブー……これほどイメージが先行し、多くが語られてこなかった巨大企業も珍しい。本当はどういう会社で、どんな権力を持っているのか。当事者たちがその生々しい実像を明かした。

社長が出した文書の中身

「本当に反省をしているのか」「ただの死んだフリではないのか」――。

いま電通社内で話題になっているのが、この10月半ばに石井直社長名義で社員に宛てられた文書である。

電通の新入社員だった高橋まつりさんの自殺が長時間労働による労災だと認定されたのは9月末のこと。その後、労働基準監督署などが電通に立ち入り調査をする事態に発展し、騒動は日に日に大きくなっている。

そんな最中に出されたこの文書はまず、

〈当社は先週10月14日(金)の午後、東京労働局による「臨検監督」を受けました〉

との一文で始まる。

〈今回の当社に対する臨検監督は、東京だけでなく、関西と中部でも同時に実施されました。

臨検監督が、このような広範な規模で実施されることは前例がなく、また、東京における臨検監督には「過重労働撲滅特別対策班」も参画したことは、当社の労働環境に対する当局の関心の高さの表われであり、社はその事実を極めて厳粛に受け止めています〉

文書ではまず、電通が当局からどのような調査を受けているかを詳述。さらに、〈法人としての当社が書類送検されることも十分に考えられる〉とし、社員に危機感を訴えかけている。

文書にはこうした現状が赤裸々に書かれていると同時に、公には語られないトップの「本音」が記されていて興味深い。

〈先週金曜日から週末にかけて、マスメディアを中心に、当社が臨検監督を受けた一件が、極めて大きく取り扱われています。

そして、その論調は、電通という企業を糾弾するものです。

一連の報道に接し、心を痛めている社員の皆さんの心情を思うと、私自身、社の経営の一翼を担う責務を負っている身として、慙愧に堪えません〉

 

たとえばこの一節は、電通がメディアに必要以上に糾弾されていると言わんばかりで、「被害者」のような書きぶりである。

〈高橋まつりさんに関する労災認定の一件に加え、先日の臨検監督、さらにはその後の一連の報道における論調は、当社が現在直面している事実を如実に表しています。

それは、これまで当社が是認してきた「働き方」は、当局をはじめとするステークホルダーから受容され得ない、という厳然たる事実に他なりません〉

これも文面通りに読めば、当局とメディアが「NO」を突きつけてきたから、伝統的な働き方を変えざるを得ない。逆に言えば、これまでは長時間労働体質も社として見過ごしてきたと認める文面となっている。

「この文書には電通幹部の戸惑いが滲み出ている」と言うのは、元電通社員で現在はインターネット広告を手がける株式会社Lamir代表の藤沢涼氏である。

「電通の不祥事は過去にも数々ありましたが、これほど大々的に報じられたことはありません。私の在職中にも痴漢事件を起こした社員がいましたが、報道では社名も実名も出ませんでした。同僚は、『これが電通の特権だ』と言っていました。

電通には政官界からナショナルクライアント幹部の子息などが入社していて、警視総監の子息もいた。各界のトップ層に網を張り、なにか起きた時に問題を封じることができる態勢ができていました。

しかし、今回はその抑えがきかない。行政もメディアもこぞって電通を攻撃し始めた事態に、幹部たちが戸惑っている様が目に浮かびます」

テレビは電通と喧嘩できない

電通はいま、かつてない異変に直面している。その実態については後で詳述するが、その前に電通がこれまでどれほど絶大な権力を誇示してきたのかを、当事者たちの証言から明らかにしよう。

 

電通とメディアの関係について、前出の藤沢氏が「体験談」を明かす。

「たとえばクライアント企業の不祥事についてメディアが報じようとしているという情報を察知した際、これをもみ消しに動くということがありました。クライアントからは『口止め料』として追加の出稿をもらい、これをエサにしてメディアには記事の修正などをお願いするわけです。

実際、メディアに『今後半年の出稿を約束する』と言って、記事が差し替わったことがありました」

中でも、電通が強い影響力を持つのはテレビ。新聞や雑誌と違い、テレビ番組は広告料金だけで稼ぐビジネスモデルで、そのスポンサー集めを電通に大きく「依存」しているためだ

たとえば、テレビ朝日が『ニュースステーション』を始める際に、電通がCM枠の半分を買い切ったのは有名な話そもそも、テレビの視聴率を調査する唯一の会社であるビデオリサーチ自体、電通が主導して作ったもので、電通が約34%の株を保有している

元博報堂社員で著述家の本間龍氏も言う。

「結局、テレビ局はスポンサーの意向に反する番組は作れないし、そのスポンサーを集めてくれる電通とも絶対に喧嘩はできない。番組の企画会議にはスポンサー代理として広告代理店社員が出席することがありますが、彼らから『この内容ではスポンサーが納得しない』と言われれば、企画は通らない。

実際、私があるローカル局を担当していた際、その幹部は『電通のことを気にせざるを得ない』と漏らしていた」

このような電通のメディア支配を最も象徴するのが、原発報道だろう。

かつて原発報道によって電通の圧力を経験したジャーナリストの田原総一朗氏が、その実体験を明かす。

「私がテレビ東京に勤めていた時、原子力船『むつ』の放射能漏れ事件が起きました。私はこのときに原発問題を取材したのですが、当時原発を推進する市民運動の裏に電通がいることがわかったので、そのことを雑誌に書きました。

すると、電通がテレビ東京に抗議をしてきたのです。会社は私に執筆を止めるか会社を辞めるかと言ってきたので、私は会社を辞める羽目になった

8億円の「ロビー活動費」

「原発広告」といえば、電力各社や電気事業連合会などの業界団体が「原発は安全」「原発はクリーン」と謳う広告に巨額を投じ、国民に「原発神話」を信じ込ませてきた。原発推進広告には、タレントから文化人までが笑顔で登場し、原発の安全性を語ってきた。前出の本間氏が言う。

「電力9社がこうした広告に1970年代から3・11までの約40年間に費やした広告費は、約2兆4000億円に及びます。特にバブル崩壊後に大手企業の広告出稿が激減する中、電力会社は安定出稿したためにメディアはこれに飛びついた。

一度この広告費を受ければ『麻薬』のように次からは断れなくなり、おのずと反原発報道で電力会社の機嫌を損ねることを自粛する空気が生まれて、日本全体に『安全神話』が刷り込まれた。

そうしたメディアの特性をよく理解したうえで、電力会社とメディアの間に入って動いていたのが電通や博報堂を頂点とする広告会社でした。中でも電通は原子力推進の立場にある社団法人『日本原子力産業協会』の会員に以前から名前を連ね、東京電力についてはメイン担当として仕切っていた」

 

メディア、原発……電通が仕切ってきたものをあげればきりがないが、大きなところでいえばオリンピックもその一つである。

国際的プロモーターとして知られる康芳夫氏は、オリンピックの権利獲得をめぐって電通と闘った「内幕」を明かす。

「初の民間運営方式で開催されたロス五輪で、私はテレビ朝日と組んで独占的放映権を取ろうと動いていました。私はオリンピック組織委員長だったピーター・ユベロス氏に接触して色よい返事までもらっていたのですが、ここで対抗馬としてNHK-民放連合が出てきて、そこに電通がついたのです。

電通もまた独自にユベロス氏と接触し、攪乱工作を仕掛けてきた。ユベロス氏は最終的に電通と喧嘩をするのはまずいと判断したようで、私たちに『君たちとは契約できない』と言ってきた」

このロスオリンピックで大儲けしたあたりから、スポーツイベントにおける「仕切り役」としての電通は一挙に花開いていく。『電通とFIFA』などの著書があるノンフィクション作家の田崎健太氏が言う。

「電通のスポーツビジネスを切り開いてきたのは元専務の高橋治之氏で、本物のネゴシエイターといえるでしょう。高橋氏はFIFA(国際サッカー連盟)がスポンサーを集めて商業化を進める過程において、当時のジョアン・アベランジェ会長らに大きく力を貸しました。そして、電通は世界のサッカービジネスに深く関与していったのです。

'02年のサッカーワールドカップ招致の際には、電通はスイスのマーケティング会社ISLに対して、同社の株式売却益の一部である約8億円を『ロビー活動費』として渡しています。国際的ロビー活動に弱い日本にあっては珍しく、高橋氏はこうした交渉を得意としていた。彼が電通に、スポーツビジネスという広告以外の収益の柱を作り上げたと言える」

どんなところにも食い込んでいき、気付いた時には「仕切り屋」として舞台を裏で回している――電通はそうして「日本を動かす中心」として君臨するようになっていったのである。

「'90年代にNHKが電通から米大リーグの放映権を買う際、ひと悶着があって、NHKは安値で電通から買えたことがありました。この時、赤字になりかねなかった電通は、NHKが中継するMLBの映像に実際にはない日本企業の広告を合成して入れ込むことの了解を取り付けてきた。すぐにスポンサーも集めてきて、その手腕には脱帽しました」(元NHK職員の立花孝志氏)

電通の手にかかればこうした差配もお手の物なわけだが、実はここ数年はそんな電通の権勢にも陰りが出てきたと関係者たちは口を揃える。

虚像が崩れ落ちる日

まず、元電通社員でスポーツ総合研究所所長の広瀬一郎氏が言う。

「かつての電通ではリスクを恐れない破天荒な社員がたくさんいて、会社としても彼らが好き勝手に動くのを許容しながら、時にとてつもない大きな仕事を手に入れてきた。しかし、'01年に上場してからこの風土が大きく変わり、なにより失敗が許されなくなって、小粒な仕事が増えてきた。電通マンたちも普通のサラリーマン化して、電通の『得体のしれない恐ろしさ』が消えていった」

 

時を同じくして、電通の「稼ぎ場」であるテレビが視聴者から飽きられるようになって、テレビ広告市場も縮小。電通が'09年3月期決算で106年ぶりの最終赤字に落ちる中、追い打ちをかけるようにインターネット市場が急激に膨張して猛威を振るい出した。

「電通はいまだテレビ広告依存型のビジネスモデルで、ネット市場では後手に回っています。ネット市場が拡大していることを聞いた当時の社長が、『買い切れ』と言ったという話が語り草になっているくらい、旧来の成功体験から脱し切れていない」(前出・藤沢氏)

そうして本業がじり貧になる中、コンプライアンスを逸脱した労働問題が噴出してきたのはある意味で象徴的といえる。今秋には電通が手掛けるネット広告で不正を働いていたことも発覚した。元博報堂社員でネットニュース編集者の中川淳一郎氏は言う。

「そもそも、これまで電通に関しては虚実ない交ぜの伝説が様々に語られ、隠然たる力を持ったモンスターのようなイメージが作られてきました。電通としてもそれらをいちいち否定せず、むしろ放置してきたのは、そのほうが都合がよかったからでしょう。クライアントは勝手に電通を頼ってくるし、メディアも勝手に萎縮する。しかし、いまやその虚像は崩れようとしています。

気付いた人たちが電通をこれまでのように恐れなくなり、今回の過労自殺問題ではメディアが電通を批判するようになった。こうした神通力はもはや通用しなくなってきたのです」

落日はもう始まっている。これが電通の偽りのない「正体」なのである。

「週刊現代」2016年11月12日号より




>元雑誌編集の者です。
 銀座3丁目に所在する株式会社マ○○ンハウスは、電通の雑誌部門の下請け=編集プロダクションのような存在です。
アンアンという雑誌の特集は「電通の言いなり」の媒体です。
ですから、雑誌を不買すると電通不買(電通という代理店に対してスポンサーは「電通は大して影響力ないな。お金出すのやめようかな」と思わせることになる)につながります。
 電通は、どんなに卑劣な企業であってもその企業がイメージアップするような提案をいくつももっており、その提案・仲介としてお金をもらいます。
 芸能プロダクションとも仲介し、新人の売り出し方、イメージアップするためのメディアやスポンサーを多数抱えています。
芸能プロダクション側は新人や売れないままのタレントをかっこよく、または、おしゃれに売り出すために、電通に相談しお金を払います。
その有力な紙媒体のひとつとしてアンアンという雑誌をよく利用してきました。
アンアンが売れなくなって大分久しいのですが休刊されずに生き延びているのはミックスメディア戦略のためです。
ネット社会ではありますが、取り敢えず紙媒体も利用する、というスタンスです。電波と同時に紙媒体も広告するのです。
 例えばアンアンの「好きな男と嫌いな男」といった類の特集では読者アンケート結果に編集部内で細工をします。
当時は、1位の結果がキムタクでなくてもキムタクに変えましたし、5位、7位、10位、13位あたりに他のスマップメンバーを万遍なく散らしたり、
他のジャニーズタレントを20以内に入れたりいろいろと細工をします。
そうすることでその芸能プロダクションといい関係を保ち、出演するCMの広告を取りやすくなります。
 化粧品メーカーなどの出稿は1年ごとに計画されており、そのタレントまたは女優は着々と待機しています。
同時期に、そのタレントまたは女優が出演する映画が公開され、テレビドラマなども含め複数のメディア戦略がゴリ押しされます。
出資企業のコスメ商品や電化製品などの一押し商品を、芸能事務所が売り出し中のタレントに使わせ絡ませて商品共々イメージをアップさせていくのです。
 電通が関わる企業やその商品や芸能事務所お抱えの芸能人のイメージを下げる何かをすることも電通の不買に通じると思います。
 これらの仲介すべてに関わるのが電通ですから、紙媒体部門においては、最も電通から広告料をもらっているマガジンハウスの雑誌を不買する、
もしくは、実際に印刷した正規の部数(実部数)を必ず公表させる義務を追わせると意味があります。
なぜなら、版元はスポンサーから広告料をもらう際に「印刷部数」が多いところから高い料金を支払うからです。
実部数が異常に少なければ流石にスポンサーも出稿を止めるまたは値切るようになります。

電通の件、④クライアント会社の広報部社員からの通報についてですが、
 例えば、雑誌アンアンなどの「大部数誌」と言われている女性誌などの表2、表3、表4まわりの広告を出している企業が電通のクライアントです。
本屋でチェックしておけば年間でどの企業がどのくらい出稿しているかがわかります。

 

 
 
 


東京都議会支出 
 
 
 



電通、残業の上限を超えないように「自己啓発のため語学の勉強をしていた」などと報告する仕組みだった
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478056525/
電通・鬼十則 「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477648064/
電通、新人は奴隷、超タテ社会…先輩の革靴に注がれたウイスキーを飲まされる
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477915207/
電通、深夜残業を禁止した22時消灯でも朝5時点灯? 朝残業説
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477828570/

電通、残業が多い社員が担当する顧客が特定の業種に偏っていた その業種とは?
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478230006/
過労死を繰り返す電通 広告労協が声明「メディアの多様化により業務量が激増」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477970135/
「働きやすくない」企業となった電通、過労死撲滅に向け対策本部を設置
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478320006/-100  



電通と3支社幹部を書類送検

ホウドウキョク 4/25(火)
 
厚生労働省の労働局は、電通の大阪市、名古屋市、京都市にある3つの支社でも違法な長時間労働が行われていたとして、25日、法人としての電通と3つの支社の幹部3人を労働基準法違反の疑いで書類送検した。

いずれの支社も、労災の申請はなかったものの、残業時間が実際よりも少なく会社に申告されていた疑いがあることがわかった。

東京本社では、自殺した新入社員の高橋 まつりさんに、違法な長時間労働をさせていた疑いで2016年、上司が書類送検された。

本社と全ての支社で幹部が立件されたことで、一連の捜査は終結する。

<厚労省>書類送検“ブラック企業”334件 HPに初公表

毎日新聞 5/10(水)


厚生労働省は10日、労働基準関係法令に違反したとして最近半年間に書類送検し、社名を公表した全国334件の一覧表を初めて作成し、同省ホームページ(HP)に掲載した。

 昨年末に発表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環で、担当者は「一覧表にすることで社会に警鐘を鳴らす狙いがある」と説明する。従来は47都道府県にある労働局のHPに載せてきたが、報道発表で社名を明らかにしたのにHPでは伏せた事例もあったほか、掲載期間もまちまちで統一基準がなかった。同省は送検を公表した日から約1年間掲載し、毎月更新すると決めた。

 10日に掲載されたのは昨年10月から今年3月までの計334件で、(1)企業・事業所名(2)所在地(3)公表日(4)違反した法律(5)事案概要などを県別に並べた。

 内訳は、企業が安全対策を怠った労働安全衛生法違反209件▽賃金未払いなど最低賃金法違反62件▽違法な長時間労働をさせるなどした労働基準法違反60件▽労働者派遣法違反19件。労基法違反では、女性社員が過労自殺した広告最大手・電通の社名も掲載された。【早川健人】


グロ-バル経済とは勝ち組の一人占めを作る経済システム。

世界にある資産総額は変わらないので、負けた人のところから

より「しくみ」を上手く使った人のところにカネが集まるというシステムのことだ。

儲けとはすなわち、負け組の懐から取り上げた分のこと。

仕事の種類や、才能、教育階層、付き合う人間の職種などで、

地域でまとまってきた人間集団が、立場で再編されようとしているのがグローバリズム

スポーツの現場がそれを端的に表す。

スポーツの才能で背秋に出て成功するものもいる。

同じ才能でも、稼げるプロスポーツに行けば勝ち組で、

儲からないアマスポーツに行けば負け組扱いだろうか?

 

では、地域を離れて世界に行く一握りの才能を、支える一般国民の仕事はどうか?

若いうち、怪我や病気をしないうちだけ稼げるスポーツ界。

そのあとは?あるいは家族ができたとき、親、兄弟、子供、医療、教育は、

そのスポーツ界が担うのか?

 

経済政策で韓国大統領選を切ってくれているニュースは他に見当たらなかったので、

三橋貴明氏のブログからまた引かせてもらう。

韓国とフランスの例で、国内での立場によって、投票行動が分断されている様子が

よくわかる。

国内に超格差という立場の違いを作るグローバル経済のもとでは、

恩恵を受ける側と受けない側で、まったく経済政策の選び方が正反対になる。

よりため込んでいるなら、取られたくないから取られない政策の候補を選ぶし、

入ってこないで汲々の暮らしなら、富裕層とは分断されているので、

程度の差はあれ、フランス革命やロシア革命時のように、

経済的貴族に反感は持つだろう。

経済的な困窮で、政治なんか後回しになるのが普通の人間だろうと思うし。

国内の統一も助け合いもそこにはない。

殺伐とした敵対関係があるだけだ。

 

 

 

三橋貴明

 

朝鮮半島の危機

 

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12271785222.html

韓国大統領選 最大野党の文候補大幅リード
http://www.news24.jp/articles/2017/05/03/10360527.html
 >韓国の朴槿恵前大統領が罷免されたことに伴う大統領選挙を今月9日に控え、3日に発表された投票前最後の世論調査で、最大野党の文在寅候補が支持率42.2%と大きくリード。安哲秀候補は18.6%と失速、北朝鮮により厳しい姿勢の候補に支持が流れたか。(後略)』

 

 安哲秀の失速は、皮肉な話ですが、北朝鮮危機が深刻化するに連れ、彼よりも対北政策が厳しい洪準杓に、保守派の支持が流れてしまっているためです。


 安哲秀と洪準杓の支持率を合わせると、文在寅に迫ります。保守派が候補を統一することができたならば、勝負になるかも知れませんが、既に手遅れです

 文在寅の支持層を見ると、20代、30代、40代が50%超と高く、50代以降はガクッと減ります。つまり、文在寅を支持している中心層は、韓国の若い世代なのです。


 「恋愛」「結婚」「出産」「マイホーム」「人間関係」「夢」「就職」の7つを諦めざるを得ない、韓国の若い世代。いわゆる「七放世代」という言葉で総称される韓国の若者たちが、文在寅を支持しているわけです。


 そして、なぜ韓国の若年層失業率が高く、七放世代といった言葉が生まれるほどに困窮してしまったのかといえば、もちろん「グローバリズム」の影響です。韓国は、97年のアジア通貨危機の際にIMF管理に陥り、グローバリズムの優等生として生まれ変わりました。


 結果的に、日本以上にグローバル化が進み、国内が少数の勝ち組(財閥オーナー、オーナー家族、役員など)と大多数の負け組に分断されていきました。


 グローバリズムが国内の格差を拡大し、「革命家」と呼んでも過言ではないような人物が、政権の頂点に立とうとしている

 

 

韓国大統領選挙 文在寅の勝利

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12273317281.html

 文在寅の経済政策は、なかなか興味深く、「政府主導で経済成長」と訴えていました。


 具体的には、警察官や消防士、医療・保育の公共機関職員を、新たに51万4千人採用。さらに、公共機関で働く約30万人の間接雇用を、直接雇用に切り替える。


 財源は、歳入の自然増や予算見直しに加え、「大企業や高所得者層向けの増税」で賄う。


 と、明らかに「反グローバリズム」の方向が中心になっているのです


 韓国は、アジア通貨危機&IMF管理により構造改革を強制され、グローバリズムの優等生として成長してきました。結果、正社員と非正規雇用、大企業と中小企業など、様々な所得格差が拡大。


 過去十年で、正社員の月平均賃金は47%増加したのに対し、非正規は25%増にとどまりました。また、正社員にしても、大企業と中小企業の給与差は二倍に達しています。


 若年層失業率はILO推定で、10%を超え、「恋愛」「結婚」「出産」「マイホーム」「人間関係」「夢」「就職」の7つを諦めざるを得ない「七放世代」が続出。2015年には
ヘル・コリア(地獄の朝鮮)」
 と、韓国を卑下する流行語が生まれました。


 相も変わらず、財閥経済。財閥オーナー、オーナー一族、そして財閥役員が、新たな兩班(貴族)としてふるまい、多くの国民は競争から零れ落ち、困窮していく。


 特に、若い世代(40代以下)にたまったルサンチマンが、「革命」的な発言を連発する文在寅を勝たせたわけです。


 逆に、50代以上は朝鮮戦争の記憶もあり、北朝鮮に融和的な姿勢を見せる文在寅に対する支持は低迷しています。


 現状に不満を持ち、北朝鮮融和政策に拒否感を持たない若い世代と、北朝鮮を危険視する高齢者世代とで、世代により投票行動がまるで異なっていたわけでございます


 韓国大統領選挙では、毎回「経済民主化(財閥経済からの脱却)」が叫ばれ、政権が変わるたびに「裏切られる」という状況が続いていました。韓国の若者たちは、革命的な文在寅が、
「今度こそ、経済民主化を達成してくれるかも」
 と、希望を見出したのだと思います。

 

 

 

グローバリズムと革命、国民統合の崩壊

 

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12272103610.html

 

仏社会「徐々に分裂」 大統領選控えトッド氏に聞く 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H2S_S7A500C1FF1000/
 フランス大統領選挙は7日、中道のマクロン候補と極右のルペン候補による決選投票を迎える。第1回投票で二大政党が敗退し、反欧州連合(EU)勢力が支持を伸ばした。仏社会に何が起きているのか。歴史人口学者のエマニュエル・トッド氏にパリで聞いた。』

 

 「グローバル化疲れ」という、現代の世界の政治を動かす現象を、見事に表現したトッド教授ですが、インタビューを読むと、何というか本人も「疲れている」感がありありと出ています


 トッド教授によると、
「高齢者や中流、上流階層がマクロン、フィヨン両氏を支持し、若者や労働者階層がルペン氏や急進左派のメランション氏に多く票を投じた。」
 とのことです。


 これは、意外です。イギリスのブレグジットの際は、逆でした。つまりは、「相対的に」高齢者がEU離脱を望み、若者が残留を欲したのがブレグジットなのですが、フランスは逆なのです


 若者が、ルペン党首やメランション氏、つまりは「EU離脱」を中心に、反グローバリズムを訴える候補を支持したのが、フランス大統領選挙第一回投票だったのです。


 昨日、韓国において、グローバリズムの犠牲(というか、敗者)となっている傾向が強い、20代から40代が、「革命」を訴えているも同然の文在寅を支持していることをご紹介しました。


 フランスは、韓国同様に、グローバリズムの呪縛に(相対的に)捉えられています。何しろ、EUとは、モノ、ヒト、カネの国境を越えた移動を自由化するという「グローバリズム」を固定化する国際協定です。


 フランスもまた、韓国と同じく「グローバル化」が進んだ国の一つです。


 しかも、フランスの場合は、トッド教授もインタビューの最後に語っていますが、
EUのルールとユーロの下で、仏大統領には何の力もない。ドイツの求める緊縮財政をとるしかない。寂しいことだ」
 という状況になっているのです。


 すなわち、グローバリズムの呪縛により「主権」を(事実上)失った状況にあるのが、現在のフランスという話です。


 グローバリズムにより、特に割を食っているのが「若い世代」です。フランスの若年層失業率は、何と25%! 


 とはいえ、EUに入っている限り、フランスは積極的な若年層向け雇用対策を打つことはできません。結果的に、フランスの若い世代が「EU離脱」を主張する候補者に流れた、という話です。

 

 トッド教授は、
「フランス社会は少しずつ分裂し始めている。人々がイデオロギーや宗教でなく、高齢者や労働者といった階層単位で振る舞う。新大統領の下でも社会は緊張を抱え続けイスラム勢力のテロのような政治的な暴力のリスクは高まる。力を増す高齢者に若者が対抗するため、暴力でよりよい扱いを実現しようと考えるなら、おぞましい事態だ
 と、国民統合の崩壊と「暴力革命」に関し、懸念を表明していますが、EUに残り続ける限り、トッド教授の恐れは次第に高まっていくことになると確信します。

 

 

フランス大統領選挙と、国民の分裂

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12272416321.html

【仏大統領選挙で各候補が得票1位だった県】
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170426004791.html

 

 フランス東北部、および南部の地方はルペン、それ以外の地方及びパリではマクロンが勝利したと、地域別にくっきりと「色分け」ができてしまっているのです。


 マクロン前経済相は、全体的に都市部で強く、人口が多い上位10市を見ると、元々国民戦線の地盤であったニース、マルセイユ以外では圧倒的に勝っています。


 特に、パリではマクロン候補が得票率36%であるのに対し、ルペン候補はわずか5%。まさに、マクロン圧勝です。


 イギリスのブレグジットと同様に、「地域間」「地域と都市部」と、複数の断層でフランス国民が分断されていることが分かります。


 フランス東北部は、炭鉱業が衰退し、地盤沈下が著しい工業地帯です。いわば、フランス版「ラスト・ベルト」でございますが、この地域では逆にルペン党首が圧勝しました。


 グローバリズムの問題は、モノ、ヒト、カネの国境を越えた移動を自由化することで、国民を「所得階層別」で分断していくことです。昨日、トッド教授の、
「高齢者や中流、上流階層がマクロン、フィヨン両氏を支持し、若者や労働者階層がルペン氏や急進左派のメランション氏に多く票を投じた。」
 という言葉をご紹介しました。


  Odoxaの調査によると、月収1500ユーロ(約18万6千円)未満の有権者は、51%がルペンに投票するとのことで、マクロンを上回っています。それに対し、3500ユーロ(約43万4千円)以上は、ルペンが26%であるのに対し、マクロンは何と74%。


 グローバリズムにより、国民が所得階級、属性により分断されると同時に、地域毎にも分断されていくということが、イギリス、アメリカ、そしてフランスの事例から分かります。

 

 

 

 

EU消滅の引き金は「知識人たちの錯覚」である

ブレグジット予言者による「国民国家」復活論


5/6

 

 2015年に上梓された『欧州解体』で英国のEU離脱を予言していたロジャー・ブートル氏。

 投票結果次第では英国に続くEU離脱という道もありうるフランス大統領選挙の決選投票を前に、同書でEUの根本的矛盾を論じた部分を中心にお届けする。

根本的に誤っていたビジョン

 EU(欧州連合)の将来について考えるときに、ぜひとも理解しておかなければならない点がある。今後20〜30年の間に世界の権力構造は――EUの指導者たちはそこにEUを組み入れたいと熱望しているわけだが――大きく様変わりするだろうということだ。具体的にどう変わるかは定かではないが、それとEU創設の父たちが思い描いていたものが合致することはほとんどありえない。

 歴代のEUの指導者たちは、根本的に誤ったビジョンを持つきらいがあった。彼らの頭の中には、地理的に近接した国々が経済的・政治的に固く連合するという考え方しか存在しない。興味深いことに、これは大陸の広い範囲が1つの帝国のもとに統一されていた第1次世界大戦までの欧州の姿と符合する。しかし直近の数十年間に世界で起こったことを踏まえれば、このようなビジョンは現代の現実とはまったく相いれない。

 彼らのビジョンはまた、海を挟んで築かれた、かつての広大な政治・経済連合と完全なコントラストをなしている。英国、フランス、スペイン、ポルトガル、オランダは、いずれも7つの海を股にかけた大帝国を経営した。

 17世紀にはもちろん、19世紀から20世紀前半になっても帝国内の遠隔地との連絡は困難だったが、何とかうまくやれていた。

 むろんこのような形の政治連合――すなわち帝国――は、私たちが今日受け入れられるものではない。それでも当時、これは機能していたのだ。それに大英帝国の植民地の一部は自治領へと地位を上げた。実質的な自治権を持つ対等な帝国の構成員となった彼らは、歴史によって本国とつながり、法制度や政治制度、言語、君主を共有した。現代の通信技術の恩恵に浴さなくてもだ。

 距離が大きな障害となった時代に、英国は史上最大の帝国を築き、管理した。なのにこのインターネットの時代に隣近所で寄り集まって経済・政治連合をつくる必要がどこにあろうか。

 言語、文化、共通の歴史、法、仲間意識などが地理に打ち勝つ時代があるとすれば、間違いなく今がそれなのだ。

 現代の通信技術は国家連合の可能性を変革した。世界規模の即時コミュニケーションが可能なら、グループの成員を地理的に近い国々だけに限定する必要はない。このことが経済の世界で是認されるのは明らかだ。グローバル化とは要するにそういうことなのだから。米国のどこかを本拠とする企業が、しばしば生産の主要な部分を中国、インド、韓国などで行っていたりする。

 政治の世界には、グローバル化はほとんど影響を与えていないようだ。しかし今、政治的な(あるいはそのほかの緊密な)連合が広大な距離をまたいで開花しえない理由はない。

 私は距離の重要性を完全に否定するつもりはない。たとえば環境や安全保障の問題に関して言えば、地理的に近い隣国との共通点が最も多くなるだろう。しかし近隣の家々が家計や社交活動を一体化せずとも防犯グループを結成することができるように、欧州の国々も貨幣・財政・政治同盟を結成せずとも安全保障や環境の問題で協力し合えるはずだ。

 EUにはおかしな特徴がある。小さすぎると同時に大きすぎるのである。政治的なグループとして成功するには大きすぎるが、さりとて自給自足しうる経済ブロックになるには小さすぎる。経済的な側面から言えば、属する意義があるグループは国連(国際連合)だけだろう。そのメンバーに、すべてのEU加盟国はすでに入っている。

「見たいものだけを見ている」知識人の集団錯覚

 統合主義者のプロジェクトがたびたび失敗し、さまざまな危険性を露呈しているにもかかわらず、非常に多くの知識人(目立つのは欧州のエリート層だが、米国の支配層も含む)がこの問題を認めていないのは不思議なことだ(もちろん認めている人々もいるし、EUへの懐疑主義は至る所で増大している)。その理由は、彼らが自分の見たいものだけを見ているということだろう。そして問題点を目にすると、勝手に改善を期待してしまうのだ。

 このような集団錯覚の傾向は、知識人の間でかねて顕著だった。

 20世紀前半には数えきれないほどの欧州の知識人が、共産主義に心を奪われ、ソ連を熱烈に支持したものだ。両大戦間の時代には多くの西側の知識人が共産党に入党した。後に英国の蔵相や国防相を務めたデニス・ヒーリーもその1人だ。ソ連の支持者のリストには、ほかにも英国の作家ジョージ・バーナード・ショー、H・G・ウェルズ、ウォルター・デュランティ、ドイツの作家エミール・ルートビヒ、ハインリッヒ・マン、リオン・フォイヒトバンガー、米国の作家セオドア・ドライサー、フランスの作家シモーヌ・ド・ボーボワール、ロマン・ロラン、アナトール・フランス、アンリ・バルビュス、ルイ・アラゴン、エルザ・トリオレらが含まれていた。

 1920年代にこうした支持者の代表団がソ連を訪問し、目にしたものに感銘を受けている。

 彼らは、それが訪問者の歓心を買ったり、是認を得たりする目的で特別に建設された工場や農地であるなどとは夢にも思わなかったようだ。

地獄への道は善意で舗装されている

 不思議なのは、なぜそれほど大勢の賢明で世知に長けた人々が、いともあっさりと籠絡(ろうらく)されてしまったのかだ。彼らは資本主義社会で見ていたものに不満を抱き、もっと良いものがあると信じたかったのだろう。またロシアに関して言えば、知識人たちは共産主義に先立つ帝政の欠陥を熟知していた。

 第2次世界大戦中から戦後にかけては、ソ連との連携が一層魅力あるものに見え始める。ソ連がファシズムに雄々しく立ちむかい、それを打ち破るのに大きく貢献したからだ。それに対して、西側民主主義国がアドルフ・ヒトラーに譲歩したのは臆病な行為だと見なされた。これは控えめに言っても偏った見方だった。なぜならヨシフ・スターリンがナチスと独ソ不可侵条約を結んでいたという事実や、最初にヒトラーに宣戦布告したのは英国とフランスだったという事実は、ほとんど無視されたからだ。しかしなぜ耳当たりがよい神話に事実を割り込ませる必要があろうか。神話は生き続け、やがて高い教育を受けた英国人の中からソ連のためにスパイ行為を働く者さえ現れた。

 私はここでEUや欧州統合の理想を邪悪な共産主義になぞらえたいわけではない。私が言いたいのは、知性と善意を持つ大勢の人々が、時代を画する大問題について考えを誤る例もあるということだ。人々はコンセンサスにのみ込まれることがある。コンセンサスはそれ自体が命を持ち、ひとたび定着するとなかなか揺るがない。人々は自分が信じたいものをつい信じてしまいがち。なぜなら、それにより心地よい世界観や未来像が得られるからだ。そうしたコンセンサスへの依存行動はある種の麻薬のようなもので、断ち切るのはとても難しい。

 ユーロが生きながらえるとしたら、それは間違いなくその通貨同盟を救うために、(英国を取り残したまま)何らかの財政・政治同盟がつくられた場合だ。この同盟は未来永劫、課税し、調和を図り、規制するだろう。根本的な改革が行われないかぎり、そのような同盟はEU経済の成長に極めて有害な決定をするものと思われる。ユーロの創設とその悲惨な経済効果は、将来に対する身の毛のよだつような警告なのだ。同じことは、統合への動きに我慢ができなくなったほかのEU加盟国についても言える。

 この問題は経済の枠を超えている。これは民主主義の問題であり、統治の質の問題だ。しかし、劣悪な統治には貧弱な経済的パフォーマンスがついてくる。これまでの経験と、何らかの政治同盟を組まざるをえなくなる国々の多様性からいって、EUは最悪のことをしでかす目算が高い。EUはすでに「エスペラント・マネー」(ユーロ)を生みだし、今また「エスペラント政府」(政治同盟)を生みだそうとしているかに見える。

 確かにユーロばかりがEUの問題点ではないし、欧州でうまくいかなかったことのすべてがEUの落ち度というわけでもない。その点で、過激なEU懐疑派は話を誇張しすぎている。しかし欧州の指導者たちはまるで見当違いのことに意を注いでばかりいた。彼らは統一の実現ではなく、卓越を生みだすことを夢見るべきだったのだ。それには欧州史の大半を通じて存在した多様性が不可欠だった。経済のことはほとんど(あるいは何も)知らずに、そうした欧州のエリートたちは欧州の利益をひどく損なうような行動を取ってきた。条約や合意や規制に執着し、共通化を追求してきたのだ。

 エリート層はまるで理解していない。国家の繁栄は、大小の工場や店舗、サービス業で働く市井の人々の、一見単調な営為のうえに築かれるものだということを。しかもそれが実現できるのは、彼らが官僚主義に邪魔をされずに、ビジネスの利益を十分に追求できた場合に限られるのだ。

 一方、統合主義者の工程表と社会モデルに従う中で、欧州各国の政府は幻を追ってきた。これらの政府は大きいが、だからといって有能ではない。むしろ政府が伝統的にこなしてきたこと――市民を内外の危険から守ること――に関しては、救いようがないほど無力である。移民問題にせよ国防問題にせよ、現代の欧州国家は哀れな落第生だ。大きいが優柔不断で、金食い虫だが能力が低い。これが右派からの批判である。一方で左派からは、グローバル化と市場圧力の猛威にさらされているのに、国家が「社会保障」の提供者としての役割を果たしていないと不満が漏れている。

 どちらの批判も説得力がある。しかし防壁と口実と脅威の混合物であるEUの傘がなくなれば、さしもの欧州各国の政府も目覚め、するべきことをするかもしれない。

 欧州の退潮は経済と政治の相互作用の結果だ。経済的な繁栄が自己破壊的な習慣に浸ることを許してきた。堕落した政治が衰退の根を長らえさせる一方、政治家は人々にさまざまなアヘン剤を与えてきた。「絶えず緊密化する連合」を絶えず追求することで、欧州の成功を生みだすという目的が後回しにされてきたのである。

 EU内の比較的立場の弱い国々では、欧州の指導層の政策への反対論が抑えられる。自分たち自身の制度的な弱さや、危うい近代史を知るがゆえだ。彼らはブリュッセルから漂いでる傲慢と無能と腐敗の混合物を、あまりに長く許容してきた。

「国民国家」復活に目覚めはじめた人々

 だがそれも変わり始めている。欧州全土で人々が目覚めている。エリートたちはそれに応えるだろうか? 応えないなら、私たちはひどく不快なものに直面するだろう。経済停滞(極端なケースでは経済崩壊)、政治制度への不信、外国人嫌悪、人種差別主義が一体となって、破壊的な弊害をもたらすかもしれない。

 私が希望するのは、EUがその働きと性質を根本的に改革することにより、将来の欧州の成功に貢献することだ。それが実現できないのであれば、そのときはEUの消滅を希望する。

 欧州の繁栄を増進すること、世界の中での欧州の発言力を強化することは、欧州の国民国家に――単独であれ、新たな連合の一員としてであれ――任せるべきなのだ。

(翻訳:町田敦夫)

 

密航朝鮮人の日本侵略史 電通と文科省

テーマ:
戦後史の流れが解れば、現在日本を支配しているのは、日本人とはいえず、国籍がどうあれ、かなり頭の中身や考え方、感覚の違う人間たちだなと思う。帰化三世の舛添元都知事でさえ、やることといったら、都税を韓国に流し込むか韓国人待遇を改善するか、都政をほっとらかして豪遊するかだけだった。もとから地元での評判ははなはだ悪く、表向きの体面だけはとりつくろった話をするが、実態は何もしていないような状態だ。
しかし、大手マスコミは触れないので、大多数はしっかり騙されて、都知事に選んでしまった。
大手マスコミだけを見ている人たちは、今でもどれだけ酷いことをしていたか、まったく知らないだろう。
いちいち週刊誌を買って読んだり、ネット検索するようなことは日常生活ではしないからだ。
そして、もう一つ。戦後史をまったく教えられずに学校教育でも戦後の日本史は扱わない。
それはまだ生きている人がいるということとも関係あるだろうが、一面、次世代に教えないという方針が貫かれてきたように思う。
だから、慰安婦詐欺などに簡単に乗せられることになる。経緯を知っていればおかしいと思うはずだ。
駆け足で在日朝鮮人こみの戦後史を見ていると、やっと戦後の歴史が解る気がする。



>うちの85才になる親父に、終戦後間もない頃の朝鮮人の事を聞いた。
「あん頃、朝鮮人に文句言うたりしたら、棍棒持って集団で家まで押しかけ、殴る蹴る、
家の窓ガラスは割るわ、火ぃ付けるはやりたい放題しよった。
かたわにされたり、殺されたものもずいぶんおった。恐ろしかった。」と語ってくれた。


>>朝鮮人の犯罪の多さは、何も今に始まった事ではありません。
戦前から朝鮮人による犯罪に、日本人は悩まされ続けておりました。

戦前、内地への朝鮮人渡航制限を日本政府は度々実施しましたが、渡航許可証の使い回しや偽造、直接渡海するなど、数々の手段を用いて多くの朝鮮人が不正渡航(現在ならば密入国)して来ました。
コレだけでも立派な犯罪ですね。

不正渡航(密入国)して来たのならば大人しく目立た無い様に振る舞えば良いものの、朝鮮人にはその辺りの事が理解出来無い様で、小窃盗やスリは常習、十数名の一団が共謀して良家の子女妻女に暴行(※1)と言った事件も度々起こしています。
これら朝鮮人の犯罪多発に対応する為に、朝鮮語をマスターしている朝鮮人専門の警官警部補を新たに採用するに至っています。

更に内地潜入に成功すれば、今度は通名を使って借家詐欺(※2)を多発させました
因みに、通名と言えば戦後の話と思われがちですが、日韓併合前の統監府設置時代に大流行した通名が、初代統監である伊藤博文の「伊藤」でした。
借家詐欺の手口は、以下の方法が多く用いられました。

・通名を名乗って日本人を装い、家屋を賃借する。
・和服を着込み、家主と日本語で応対して役人または会社員であるかのように詐称する。
・内縁関係を持つ日本人女性を妻に仕立てて、この女性に家主と交渉させ、賃借契約を申し込む。
・日本人に依頼してその日本人に家を借りさせる。
・「日本人の友人が家を借りるのだ」と家主をだまして家屋賃貸借契約を結ばせる。
・気の知れた日本人と結託してその日本人を保証人にする。

更に具体的な被害を挙げれば、以下の事案が多発しました。

・家賃を払わない。
・勝手にまた貸しする。
・掃除をしない。
・床をはいで、たきぎにする。
・勝手に改造する。
・許可もなく朝鮮人専用下宿にする。
・赤の他人同士で雑居する。
・夜おそくまで大声でさわぐ。
・飲酒してケンカ、賭博でケンカと流血の惨事が絶えない。
土間や道ばたで用を足す。(アメーバ赤痢の粘液性血便もあり)
・うるさくて不潔、乱暴なので近所から日本人がいなくなる


家主が堪りかねて立退きを命じると、逆に「立退き料をよこせ!」と家主を脅迫する始末でした。
その立退き料は常軌を逸した額を要求し脅迫行為が続く為、多くの物件を所有し比較的収入に余裕のある大地主以外は破産したり、土地家屋を捨て夜逃げする有様でした。

1930(昭和5)年、1931(昭和6)年の二年間で、大阪区裁判所が受理した借地借家調停の申立件数だけで4292件にのぼっています。
そうなると朝鮮人は、今度は土地や家屋の不法占拠を始めました。
土地家屋を捨て夜逃げする家主が多発するのに同じて、大正時代には既にあちこちの大都市に朝鮮部落が形成されていきます。
更に朝鮮部落が形成されると、水道管を勝手に増設して盗水、電線を勝手に引込み盗電と、不正行為は当たり前で治安悪化も併発させ、朝鮮人は当に社会の悪性腫瘍と化して行きました。

マスコミが本当の事を報道しないので、戦前の東京近辺の不法占拠地区の一部も暴露しておきますね。
因みにこれらは、戦前の段階で代表的朝鮮人スラム街と成長してしまった例で、朝鮮人の多く居住する地区は深川、荒川、本所、城東、品川と戦前の東京では一等地に侵食しています。

・東京都豊島区東池袋(豊島区日出町 俗称:水久保)
・東京都港区芝浦4丁目(東京都港区芝浦月見町埋立地)
・東京都江東区塩浜2丁目(深川区塩崎町)
・東京都港区港南1、2丁目(芝浦高浜町 俗称:天照園)
・東京都調布市国領町(下調布町上石原国領)

戦後は不法占拠を激化させ、今でも一等地の上野など主要駅近辺に進出した為や、GHQによる徴用、区画整理などにより上記の朝鮮部落はその面影も無いですが、これらの地区で朝鮮人によって日本人が土地を奪われた史実、また朝鮮人によって人権侵害された日本人が多く存在する史実を、マスコミが隠蔽しているので皆様方には知って頂き、併せて数多くの一次資料が残されている事も知って頂きたく考えております。
そしてこれらの悪夢は、今当に現在進行形です。

マスコミが隠蔽しているのだから、掘り返さなくても良い過去まで掘り返して、已む無く拡散しなければならなくなってしまいました。
マスコミが現在の事件を隠蔽し、偏向報道さえしなければ、これらの過去は暴露する必要は無かったのですが、包み隠そうとするので仕方が無く暴露に至りました。
若し、在日朝鮮人の皆さんが住みづらくなったのだとすれば、すべて事実を隠蔽するマスコミのせいだと御認識下さい。
 
 
 
【出典】
※1:流浪の鮮人が大阪に一万 一月に五百人宛殖(ふ)える 警察は頭痛鉢巻 大阪時事新報 1922.10.19(大正11) (神戸大学新聞記事文庫)
※2:1933(昭和8)年3月 司法省調査課 「報告書集 2」


>川崎は歴史的に在日コリアンが暮らし、街や歴史をつくってきた

へええ、日本の街なのになんということだ。
日本人は排斥されてきたということか。大変なことだぞ。

>川崎生まれの川崎育ちだが、在日が川崎で暮らすことが当り前などという事を容認した覚えは無い!
勝手にオール川崎とかほざくな。
単に市議会議席が左や共産系が多いだけの事だろ。

>何で朝鮮人が川崎を開拓したみたいな話になってんだよ

>事実だぞ、朝鮮人と893の町だった、あそこは立ち入ってはいけない町だった昭和はね
それが平成になっておしゃれな街と宣伝されて都心に近いのに地価が安いと(安い訳があったのに)人気が出始めた、再開発もあったからね
せっかく化粧し直したのに馬鹿がまた墓を掘り起こしてる、化粧しても中身は変わっていないのばれちゃう

>神奈川県は、川崎、小田原、茅ヶ崎の汚鮮がひどい

>ちょっと聞いてよ
http://bbs.jpcanada.com/log/6/10247.html

87歳在日「土地は誰のものでもなくて、みんな勝手に自分の土地にした」

>■税金で、韓国カルト宗教の洗脳施設を作ってる川崎国

[ 川崎 ふれあい館 - 社会福祉法人青丘社 ]
「差別をなくし、共に生きる地域社会を創造していく」 川崎市が設置
ふれあい館・館長 裵重度(ペ・チュンド)氏 (兼、人権センタ-理事)
ttp://www.seikyu-sha.com/sqsblog/wp-content//kouenkai_page001.jpg

■自治体で初めて外国籍(韓国人)を公務員に採用した川崎国

1998年、川崎市が日本で初めて外国籍(韓国人)の金本大祐を公務員に採用
↓ ↓ ↓
2002年、2005年、2006年
韓国人職員の金本大祐は生活保護支給の決定権を持つケースワーカーへの異動を要求したが、却下された。
↓ ↓ ↓
2007年 民団新聞が「差別ニダー」と報道
↓ ↓ ↓
2009年、民主党政権となり、韓国籍の金本大祐が念願の生活保護課へ異動!
「自分は在日韓国人のために働く」と発言

現在は、民主党市議からも厚い信頼を受け、川崎市で民団と供に生活保護の支給に大活躍(日本国民の血税が食い物にされている)。

>倭寇はガキからしね
恥をしらない咎人どもよ

>お前らは多様性を受け入れられぬ
前時代脳をもった豚猿

>朝鮮人ってどこの国行っても
現地の人達に喜んで受け入れられてる訳でも無いのに
自分達が現地で受け入れられてない理由を
現地の人間の多様性の無さっていう滅茶苦茶な論理出して
喚き散らすんだよなあ。

どこでも歓迎されてないんだったら
それが韓国人に対する扱いのグローバルスタンダードってことだろ?



>朝鮮人が税金払わないのを正そうとした税務署職員がなぶり殺されたのも川崎だったよな!

×川崎は在日が街や歴史つくった
○川崎は在日が街や歴史乗っ取った

>異文化強制は御免です。

>・朝鮮人の密入国はすごい大量でした。

1946年から、半島で朝鮮戦争前の赤狩りが始まり、1950年には」半島で朝鮮戦争開始。
日本にボロ船で赤い朝鮮人が大量に密入国。その数約60万人以上。
日本国は当時は武器もなく、密入国を野放し。在日米軍もやっと重い腰を上げたのだが時すでに遅し。

>昭和20年代から、あの朝日新聞でさえも、朝鮮人の密航を記事にしていた。

それだけ密航者が多かった、で そのまま70年居ついたのが現在の在日朝鮮人ども。


o 吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
 彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。
その理由は次の通りであります。

(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。 米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。 このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。 朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。 彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、 常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。 --中略-- さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。
(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 

上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

敬具 吉田 茂 


>戦後の日本で韓国人は常に刺激的な勢力だった。
人数は激減したが、韓国人は依然として騒々しかった。感情的であった。 無駄な疲労の原因になるような集団だった。 彼らは絶対に敗戦国民の日本人に加担しなかった。逆に戦勝国民の仲間入りをしようとした。韓国人は「日本の法律は我々には適用されない!」と考えていた。 だからアメリカ占領軍(GHQ)の指令も日本の法律と同じように殆ど無視して行動した。

韓国人の行動は日本国内に非常な混乱を発生させた。 占領当初の数ヶ月、在日韓国人炭鉱労働者の頑強な反抗のせいで、 日本の重要産業の石炭産業の再建は損害を被った。 経済的領域での韓国人の様々な活動は、日本経済再建の努力を頻繁に妨害した。

1948年の神戸の緊急事態宣言は日本の教育改革を韓国人が妨害した結果だった。 占領当局(GHQ)が決定した韓国人帰国政策を日本政府が実施しようとすると、これも妨害した。
(中略)
こうした韓国人の犯罪性が日本人と韓国人の関係に与えた悪影響は依然として甚大だ。 韓国人の略奪行為が殆ど日本人の庶民の日常生活の重要な地域で行われた事も原因だ。

更に韓国人は日本に不法に入国しようとした。 不法入国の時、伝染病も持ち込んだという事情もあり、日本人の不安を増幅した。
 「“韓国人は悪だ”という心理が時間の経過で日本人の心から薄れていく」と予想する事は全く出来ない。

/日本における朝鮮少数民族-1904年~1950年-エドワード・W-ワグナー/dp/4844763156


>o 在日の悪行の数々

第019回国会 法務委員会 第62号
昭和二十九年五月二十六日(水曜日)
   午後一時五十二分開議

○長戸説明員 覚醒剤の密造に関するパーセンテージでございますが、東京ではたしか朝鮮人が七二%くらいと存じております
おつしやいますように、覚醒剤の密造犯というものはその根元でありますからして、その意味において、われわれとして徹底的に 撲滅しなければならぬというふうに考えております。従つてその中心をなすそういうふうな悪質外国人に対しましても、容赦なくや るという態度をもつて行きたい。またおつしやいますように、売春窟の支配者というものに対しても同様な態度で臨みたいというふう に考えております。

○養老参考人 ヒロポンの密売者、密造者には韓国人が非常に多い数を占めておるのであります
それはもうおつしやる通りであります。それから特飲街の従業婦に対して、そうした覚醒剤が売られていたという 具体的な例も幾つか持つております。また特飲街の中にポン窟をつくりまして、韓国人の方方がそれを密造、 密売いたしておつたという例ももちろんございます。そうした点は御指摘の通りでございまして、われわれといた しましても覚醒剤の取締りについては、十分そうした点も考慮しつつ取締りはいたしておる所存でございます。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/019/0488/01905260488062a.html




>o 川崎在日コリアン生活文化資料館 2006年聞き書き事業報告007
http://halmoni-haraboji.net/exhibit/report/200608kikigaki/hist007.html
〈終戦直後の川崎で〉
 うちも朝鮮へ帰ろうと思ったけど、切符がなかなか取れなかった。
その時はヤミでしか手に入れられなかったから。
川崎の駅のキング通りは終戦直後は、みんな焼け野原で店は一軒しかなかった。
土地は誰のものでもなくて、みんな勝手に自分の土地にした。
うちは韓国に帰るつもりだったから、そういうことはしなかった。
向こうのみんなが日本に帰ってきたから、自分たちも帰るのをやめた。
今ある川崎駅近くの店は、一軒残っていた呉服屋以外、みんな戦後勝手に振り分けた土地の所有者が代々継いできた店。




「朝日と読売の火ダルマ時代」藤原肇著 (2001/04)より

 

[歴史の証言]『肥大したジャーナリズム背後にいる電通の威力』

朝日と読売という日本の2大新聞について、その抱えている問題点を考察していく過程で、日本のメディアに共通する一般論になり、広告を通じた情報支配が話題になった。話の相手がその方面に詳しかったためで、私が予想もしていなかった展開であるが、この収穫を含むインタビューの再現に際し、相手の名前をRとして対談を記録に残した。

(中略)

F 販売の神様といわれた務台は裏の世界にも強く、かなり強引な拡張のやり方を使い、競争紙の販売店を攻略したらしいですね。

R 務台路線の中心は押し紙をどんどんやって、販売店に無理難題を押しつけて部数を増やしたり、洗剤や携帯ラジオを景品につけたりで、競争紙のお客を奪うことで有名でした。販売について特別詳しいわけではないが、広告媒体としての発行部数に関して言えば、何が何でも部数を増やせという路線で、質より量の競争について実行しています。

■広告による言論支配の実情

R その原因として日本的な歪んだ構造があり、電通という存在が大きな力を持っていて、ここがメディアの広告斡旋を独占的に支配し、新聞社の首根っ子を押さえている。
問屋制度を大規模にしたやり方ですが、その都度に広告面を買い取るのではなく、上半期や下半期という単位で紙面を買い切り、それを広告主に売り捌いているのです。そうなると新聞社としては経営は楽でして、広告部員が注文を取るために走り回ったり、頭を使って成績を上げる必要がなくなる。そして、営業部は電通のご機嫌伺いだけが仕事だから、馴れ合いが蔓延するのは必然になります。

F 電通の意見を忠実に聞くことが仕事になり、それが新聞杜の経営に影響すれば、記事の内容も間接的に電通の顔色を伺って、自已規制をしながら書くことになります。しかも、電通の実力はダントツというしかなく、2位の博報堂は大きな差をつけられて、自由競争がほとんど機能していないから、電通の圧倒的な支配が確立してしまった。

R 博報堂は電通に較べたらガクンと落ちるし、大阪の大広も隙間で辛うじて稼ぐ程度だから、そうなると電通の権力は絶大になる。

F 電通がそんなに圧倒的な力を持つ理由に、歴史的な背景があると思うのですが、それはどんなことだったのでしょうか?

R 戦前は電通と連合の2つの通信社があって、両方が海外情報を取り扱っていたが、大陸に侵略の舞台が広がったこともあり、政府は言うことを聞く通信社が欲しくなった。特に満洲国が国営の満洲通信を作ったし、関東軍の報道統制に協力したのを見て、日本政府も国策を遂行に情報操作の必要性を感じ、斎藤実内閣は通信統制に乗り出したのです。そして、軍部が独裁化してファシズム体制が固り、日独防共協定が締結されたりしたので、二・二六事件が起きた1936年に、広田内閣が同盟通信を強引に発足させました。
その時に電通のニュース関係を扱う部門と、連合通信を一緒にして同盟通信を作ると共に、広告部門を担当していたセクションを切離し、広告会社としての電通にしたのです。しかも、電通は軍部の情報機関と提携して、上海を足場に中国市場に進出したのだが、特務機関の隠れ蓑として動いたわけです。

F それで戦後になって政府の広報機関として動き、自民党の広報を担当した第9連絡局が、総理府の宣伝予算を独占したのだし、GHQとの関係で
CIAの東京支局として、いろんな工作に関係したと言われるのですね。


R 満洲や上海から引き揚げて来た者を引き受け、旧軍人や満鉄関係者を大量に採用して、戦後における一種の情報機関化したわけです。(略)
そんな営業路線にアメリカの広告術を取り入れ、近代化を試みたのが社長の吉田秀雄であり、有名な「鬼十則」というスローガンの下に、日本の広告市場の制覇を試みました。同時にGHQや日本政府にも食いこみ、影の情報局とか築地CIAと呼ばれて、その威力を天下に知られるほどの実績を築いて、メディアの世界を完全に掌握したわけです。

F 吉田家に書生として住みこんだ人の話では、社長は非常に厳しい親分肌の人物で、実力者の子供を優先的に入社させたり、社員を代議土の秘書に送り込んだそうです。その人は吉田社長の支援でアメリカの大学を卒業し、一種の国際フィクサーとして生きていたが、彼が電通はフィクサー集団の巣だと言ってました。

R 日本では読売の正力松太郎を怪人扱いするが、実力の点では新聞社より通信社に大人物がいて、権力を外から動かす手腕を持っており、電通の吉田秀雄や時事の長谷川才次の前では、正力も小怪人に見えるほどでしたな。
だから、日本の新聞が電通に手なづけられてしまい、テレビや雑誌のメディアも支配されたのは、説明抜きで当然と言うだけです。

■秘密の鍵はニューヨークにある

F 正力が読売で実践した大衆化の路線も、背後に電通があったと考えることが出来るし、その点で[シオンの長老の議定書]の路線に注目して、実践したのが電通だとも言えそうですね。

R 日本で最初にマジソン・アベニューに目をつけ、そのノウハウを取り込んだのが吉田秀雄だから、ユダヤ仕込みの宣伝術のマスターに関しては、彼が日本で一番であっても不思議ではない。それに上海で謀略活動をした特務の人間で、影佐機関と密着していただけでなく、東条内閣時代の憲兵特高課長をやった、塚本誠大佐も戦後は電通社員だったから、知られざる秘密工作もあったでしょうな。

F その辺をもっと調べない限りは、日本の戦後秘史ははっきりしないだろうが、なぜ日本の新聞が巨大化路線を突き進んだか、解明のカギが見つかるかも知れませんね。

R 日本では軽薄なユダヤ陰謀説が蔓延して、それを吹聴して大儲けしている連中が多いが、要するに資本主義のノウハウは金儲けにあり、それをユダヤ人が最初に握っただけのことです。そして、ユダヤ人が一番大量に集まっている町が、ニューヨークだから米国は繁栄したのだし、その中心地がマジソン・アベニューだった。しかも、それに注目してビジネスに生かした最初の日本人が、電通の中興の祖の吉田社長だったから、電通は日本のメディアを支配したのです。そう考えれば至って簡単であり、電通がメディアを通じて日本を支配したのも、当然の結果だと言えるのではないですかな・・・。

F 確かにそうですね。でも、アメリカの広告代理店の場合は、自由競争の原理が機能しているせいで、1つの広告代理店の業界寡占はあり得ず、GMとフォードは別の広告会社を使うし、業種別に激しい実力競争が行われている。ところが、日本ではトヨタも日産もマツダも電通だし、家庭電器でも東芝、松下、日立、サンヨー、ソニーが、揃って電通に広告を任せているように、全く奇妙なことが罷り通っているんです。

R だから、電通は世界一の広告代理店になったのです。政府広報でも電通がダントツで、政府御用達をほとんど独占しているし、新聞広告の圧倒的なものは電通を仲介にして、もたれ合いで安易な営業をしています。そこには読者なんて存在しておらず、広告を受け取り宣伝を流す対象として、マスに対してのメディアがあるだけです。


読売や毎日の幹部の子弟たちが電通社員だし、朝日の中江社長の息子も電通に入社しているが、飛び降り自殺をした事件が起きた時も、電通が工作して新聞記事にならなかった。それくらい日本のメディアは電通に押さえられ、世界有数の発行部数を誇る大新聞でも、手も足も出ない状態だから情けないんだ・・・。



『日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか』佐藤勝巳著
朝銀問題

>1967年(昭和42年)、東京在住の総連商工人、具次龍氏の脱税容疑で、国税当局は氏の取引先である朝銀の前身、同和信用組合に資料の提出をもとめた。
同和信組はこれを拒否した。国税局は強制捜査をおこなうことにした。ところが同和信組はシャッターをおろし捜査を実力で阻止した。国税局は機動隊をともなって、バーナーでシャッターを焼き切り、強制捜査を実施した。
これを契機に総連は、全国の総連系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。
国税局と具次龍氏との脱税に関する和解は1976年(昭和51年)に成立した。その後、国税庁と朝鮮商工会との税金に関する「合意」なるものが交わされた。

この具次龍氏の事件以来、総連は気に入らないことが起きると行政官庁やマスメディアなどに「抗議」という名の「暴力」を公然とふるうようになった。
私は1967年の「抗議行動」を、第2次世界大戦後、日本が総連の暴力に屈した恥ずべき日と記録している。



 TBS窓際放送局社員の独り言
うちの局がこんなになってしまった経緯をお話ししましょう

(1)1960年代~
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題 (例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、 朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に 「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代~
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代~90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定的なポストを占める。某サヨク週刊誌の在日編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えた ニュース23の番組が学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により 高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」
で徹底的に援護。
宇野総理のスキャンダルを連日報道し社会党党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。 社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。

(4)1990年代~2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合、この時期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。
不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で行き当たりばったり。
バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入 が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営しているのがウチの放送局。
2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。

電通のやり方(コピペ)-

①日本人の精神を腐敗・堕落させ愚民化させろ。

②日本人の女を集中的に狙い洗脳しろ。
③韓国人、在日同胞への批判をしてはいけない雰囲気を作れ。
④ネトウヨ、ヘイトスピーチ、レイシスト等の言葉を浸透させ、同胞への批判を封じろ。
⑤「韓国人は悪くない!悪いのは韓国政府だ!」と誘導しろ。
⑥「反日の韓国人はごく一部だ!ほとんどの韓国人は親日だ!」と誘導しろ。
ゲイタレントやハーフタレントに「幼少期、日本人から差別を受けた!」と強調させろ。
韓国人識者やゲイタレントに政治的意見を言わせ、御意見番化させろ。
⑨「同性婚・LGBTを全面肯定しない者は差別主義者だ!」という雰囲気を作れ。
海外セレブやハーフモデルをもてはやし、「日本人は劣等人種だ!」と植えつけろ。
⑪「未だにガラケーの奴は笑い者」という雰囲気を作れ。
⑫「LINEに入らない奴は仲間外れ」という雰囲気を作れ。
⑬「日本人の男VS日本人の女」の対立を煽り、分断しろ。
日本人の男が、女から虐げられるCMを大量に作れ。
⑮日本人同士で恋愛・結婚させない、子供を生ませないよう誘導しろ。
⑯日本人同士で結婚していたら離婚させる方向に仕向けろ。
⑰女が活躍するドラマばかり作れ。男は無能な役、笑われ役にしろ。
⑱電通が力を入れるドラマには必ず韓流スターを出演させろ。
イケメンブームを定着化させ、「男は外見が全てだ!」と洗脳しろ。
⑳我々がステマしてやれば無名女優も売れっ子女優に早変わり。




http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6397.html
電通に就職する者を大きく3つに区分すると、大企業や大手メディア関係者のコネ入社元在日の日本国籍取得者(帰化人)枠入社高学歴の実力採用入社の3つに分けられる。


まず、電通は、広告代理店なので、巨額の広告宣伝費を使う大企業や新聞社・大手出版社などのメディアの大株主や重役の子弟を優先的にコネ入社させる!

大企業や大手メディアの子弟をコネ入社させた場合には、辞めては困るので簡単で楽ちんな事務などをさせる。

高橋まつりさんのような東大卒で、コネ入社ではない社員は、徹底的に扱き使われる。

次に、電通は、なぜか、元在日朝鮮人(元在日韓国人)の日本国籍取得者(帰化人)を非常に多く採用する。

特に電通の中途採用では、朝鮮人が良く使う漢字が氏名に含まれている応募者を優先して面接に呼び、面接時に出自(生粋の日本人なのか?両親や祖父母に朝鮮人がいないか?)について質問する。

実は私も、15年くらい前に電通の中途採用に応募して面接を受けたことがあるので実際に体験している。

当時はなぜ電通の面接で
「生粋の日本人ですか?両親や祖父母も全て日本人ですか?」などとしつこく質問されるのか不思議だったが、

その後に電通のことを知れば知るほど理由が理解できた。

電通において朝鮮人の血が流れる男性上司のところに生粋の日本人女子の新人が配属されたらかなり虐められることは、想像に難くない。

高橋まつりさんが所属していたダイレクトマーケティング・ビジネス局は、ネット広告を契約どおりに流さず、広告主に過大請求をする詐欺を働いていた部署(局)だった!

契約どおりに広告を流さずに料金だけを過大請求する詐欺を働く部署(局)なのだから、当該部署(局)の責任者は、在日朝鮮人(在日韓国人)か元在日朝鮮人(元在日韓国人)の日本国籍取得者(帰化人)である可能性が高い。

生粋の日本人女子の新人だった高橋まつりさんは、朝鮮人の血が流れる男性上司のところに配属されてしまい、そこで徹底的に虐め抜かれたのだと推測される。

だいたい、戦後の話を親が子供にどれだけ解説したりしたろうか。
学校に任せきりで、モーレツ社員として働き、経済成長だけを見てきて、教育には関わらなかった。
日々のニュースの意味をつながって解釈出来るようにまでなるには、かなり長いこと世の中の動きをつなげて見ていないとダメだ。
電通に関しての戦後史は、そのまま朝鮮勢力が日本で力を持ってきた歴史そのままらしい。
しかし、それを知るには、かなり固い長い本を読みこなさないといけないので、
現在の読書離れして、機械に面倒を見てもらわないと学習できない、本が読めない人には
到底読みこなせないだろう。だいたい、ネット世代は文献に当たろうとせずに、
短い動画が上がっているのをみて、ごく簡単に説明されるのを見聞きするほうが多いと思う。
学校教材にどんどん自力で物事を知る能力を退化させるような、甘やかしシステムばかり導入されているのは、
文科省の予算消化だけではない気がする。
そもそもゆとり教育を導入した当人は、かなり確信犯だったようだ。
広島の文科省の。


 
>寺脇研は1993年~1996年の広島県教育長時代に
広島県を使ってゆとり教育の効果を先に試しました。
これが見事にはまり、広島県の教育は崩壊。
学力の低下とともに寺脇研が文科省へ戻った後の1998年には人口比の
少年刑法犯はワースト2(ワーストは不動の大阪)などモラルも低下しました。

この結果をもって寺脇研は96年に文科省に戻ってから
徹底的にゆとり教育の旗振り役として様々な学力低下策を進めました。

ゆとり教育はすぐに効果が表れて学力低下を
特に日本に必要な理数系の学力低下を顕著に示しました。
これに対する批判を交わすために文科省は寺脇研を文化庁へと異動させました。

その後、ゆとり教育が定着して「ゆとり=学力低下の象徴」
となり始めたころに官僚を辞めました。
そして姜尚中や朴一らの反日在日勢力らとともに
コリア国際学園の設立準備委員会を発足させ、
コリア国際学園を設立させ、設立後は理事に就任しました。
徹底した詰め込み型教育により
在日韓国人のエリートを作ろうというのがこの学校の基本方針です。

これだけでわかると思います。
日本人の学力を下げることこそが寺脇研の狙いだったということが


>あのさ、君達の大嫌いな在日だが
俺在日3世だけど
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw
日本という国における「楽して稼げる職業」は全て在日・帰化人が握ってるし(笑)
金あるから在日でも日本人女とやりまくりw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆)
俺達はもうお前達日本人みたいに毎日毎日仕事とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw

今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるかってこと。
つまり日本の中に、俺たち朝鮮韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。
んでこの国を乗っ取る。今はもうその最終段階に入ってるわけ。

平和ボケした危機感ゼロのアホ日本人は気づいてないがw
例えば韓流ブームやパチンコ産業や消費者金融あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。
自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国やパチンコをヨイショしてくれる。
パチンコにはまるアホ日本人のおかげでパチンコ産業は儲り消費者金融会社も潤った。
韓流ブームのおかげで韓国へのイメージもよくなったし
韓国人や在日の男と結婚する日本人女も多くなった。

つまりあと30年もすれば日本は在日主体の社会になるって事だよ。
たった100万人の在日に使われる1億の日本人w
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよ。
どう?ムカムカする?(爆)
まあすでに我々はパチンコと消費者金融で糞日本人を奴隷にしていじめたおしてるけどなw
ほんとお前ら糞日本人見てると家畜の豚に見えるよw
そうやってこれからも我々の為に尽くしてくたらいいよ(爆)

http://matome.naver.jp/odai/2136028805998831101
2012/09/29(土) 08:20:06.15 ID:TO05CQcF

   
 
 

皇室関係の報道は、何が真実なのか皆目見当がつかないようになってきている。
皇室や天皇制に神経をとがらせて、何とか廃止や骨抜きにしたがっているのは、
なぜか?韓国朝鮮系の考えることらしいということが解ってきているだけだ。
(共産党も戦前から、そういう人間が多かったらしいので、別建てに共産党ということはしてない)

そんな中、とにかくかまびすしくなってきているのが、「女性宮家」とか「女系天皇に反対」というものだ。そんな必要は皆目ないし、それでは意味がないのもわかっていると思うのだけれど。
現実に出てくるのは、公務をほとんどしない東宮家、雅子妃、そして、
するとしても外国や国連関係だけで、神事や戦没者の慰霊などは、一切無視してかかっているらしい、日本否定、国連重視の姿。
それが外戚たる小和田家の影響らしくて、それが忌み嫌われているということくらいだ。
一番の懸念は、かって聞いたことのない交通事故の話が、立て続けに秋篠宮家に起こっていることだ。外出時には信号まで止めさせたり、警備の車に囲まれていたりする東宮家の様子とは、あまりにも待遇が違うのと、それであっても去年まではこんな変な事故は起こっていなかったのにと言う懸念。
 おりしもNHKなどが反神道を掲げた画像のDVDなど問題視されているさなか。
そのNHKに宮内庁側からリークがあったとされているのが、譲位、いわゆる「生前退位」の話。

眞子さま乗られた車、物損事故…技官が運転




 秋篠宮家の長女眞子さま(25)が乗られた乗用車が26日、都内の路上で物損事故を起こしていたことが、宮内庁への取材でわかった。
同庁によると、運転していたのは同庁の男性技官で、26日午後6時過ぎ、千代田区丸の内の交差点を右折する際、右後輪が中央分離帯に接触し、パンクした。眞子さまら同乗者にけがはなかったという。同庁は「安全運転意識の向上を徹底したい」としている。

 同庁では昨年11月にも、相模原市の中央道で、秋篠宮妃紀子さまと長男悠仁さまが乗られたワゴン車が、乗用車に追突する事故が起きている。



秋篠宮家の追突事故で見えた“シビアな皇室内格差”
(更新 )    

 秋篠宮家の紀子さまと長男、悠仁(ひさひと)さまが乗ったワゴン車が11月20日、高速道路で追突事故を起こした。この日、紀子さまと悠仁さまは、お友達とその母親と朝早くから登山を楽しもうと山に向かっていた。

 事故が起きたのは、相模原市緑区の中央自動車道下り車線を走行中の午前7時40分ごろ。前の車が渋滞で急ブレーキをかけたため、運転手も慌ててブレーキを踏んだが間に合わず、前の車に追突したのだ。

「幸いにも、ワゴン車は前方のバンパーに亀裂が入り、追突された乗用車も後方バンパーがへこんだだけで、けが人もなく済んだようです」(警察関係者)

 悠仁さまたちは最寄りのパーキングエリアで車を乗り換え、予定どおり観光と登山を楽しんだ。

 皇室ジャーナリストが心配顔でこう語る。

「一件が世間に知らしめたのは、将来の天皇となる悠仁さまを支える環境の危うさと、皇室内格差です」

 秋篠宮家は、皇位継承第2位の秋篠宮さまと、この先、天皇となるであろう第3位の悠仁さまがいる。

 だが2人の皇位継承者を抱える秋篠宮家は、慢性的な人手不足と脆弱(ぜいじゃく)な体制に長年、悩まされている。

 皇室では「ご身位が違う」という言葉がよく使われる。両陛下と皇太子一家という内廷皇族とその他の宮家では、「格付け」が異なり、その間に厳格な線引きが存在するという意味だ。

 3人家族の東宮家が60人の職員を擁する一方で、ご夫妻と成人した眞子さま、佳子さま、そして悠仁さまの5人家族の秋篠宮家の職員は、他宮家や本庁との兼務を含めても20人ほどでやりくりしている。

 高齢の皇族が多数を占めるなかで、「働き盛り」の成年皇族を4人かかえる秋篠宮家は、外国訪問や海外王室との交流、国内の式典や行事への出席など一家総出で、フル稼働で動いている。

 そうしたなか、運転手は5人の交代制でなんとか回っている状態だ。

 通常、両陛下や皇太子ご一家が車で移動する場合は、白バイが先導し警備車両の車列が後方につく。道路は通行規制され、全ての信号が青に変わるため渋滞に巻き込まれることはない。
 一方、秋篠宮家や他の皇族方の場合は、後方に警察車両が1台つくだけだ。交通規制はなく、渋滞に巻き込まれることもある。

 秋篠宮家の事情に詳しい人物がこう話す。

「助手席には護衛官が座りナビ役を務めますが、先導する白バイや警察車両がいません。万が一、渋滞に巻き込まれ式典に遅れようものなら、運転手と護衛官の責任になりますから、焦って車を飛ばすこともしばしばあると聞いています」

 渋滞にはまってしまったときの重圧は深刻で、「生きた心地がしない」とこぼすこともあるいう。

 今回事故を起こしたのは、この春に異動してきた30代の男性運転手だった。

「事務方の事情で当日急きょ交代となり、渋滞情報や道路の下調べなど十分な準備ができなかったと聞きました」(前出の人物)


 こうしたご身位の差は、さまざまに存在する。

 たとえば那須(栃木県)や葉山(神奈川県)、須崎(静岡県)にある天皇の静養施設の御用邸。いずれも本邸に宿泊できるのは両陛下のみだ。皇太子ご一家も滞在は隣接する付属邸と定められ、宮家が単独で使うことは許されない。2008年に秋篠宮ご一家が特別に単独で使用が許された際も、泊まったのは、供奉員(ぐぶいん)宿舎と呼ばれる当時すでに築82年の職員用の木造の宿泊施設だった。

 教育費も然(しか)り。

「内廷皇族の子供は小学校に入学すると、学費は公的費用の宮廷費から支出されるが、宮家皇族の男子の場合、ポケットマネーである皇族費で賄われます」(宮内庁関係者)

 悠仁さまは、陛下の孫世代で唯一、皇位継承権を持つ男性皇族。宮内庁幹部らが相談し、お茶の水女子大付属小学校への入学のタイミングで、学費を宮廷費で賄ったらどうかと、秋篠宮さまに提案したところ、秋篠宮ご夫妻は、前例どおり皇族費で、と断ったという。

 宮内庁は、この事故を受けても、警備態勢の見直しは行わないと言明した。だが、「将来の天皇」となるであろう悠仁さまを支える環境は、あまりに心もとないのは確かだ。

週刊朝日 2016年12月9日号


>「朝まで生テレビ」(2016年8月26日)
田原 総一郎: もしも、この悠仁さん(悠仁親王殿下)が居なかったら、どうすんの?
もし、この人(悠仁親王殿下)に事故が起きたら、どうすんの?
愛子さんにした方が、良いんじゃない
(もしこの愛子さんがいなくなったらどうすんの?もし、彼女、発達障害だったらどうすんの?
結婚相手がいなかったらどうすんの?
他の人にした方がいいんじゃない?
とはいくらでも言えるのに
東宮家にだけは事故は絶対起こらないと言っているのらしい)


07月:「生前退位」という造語を使った、「小和田クーデター」が勃発。
08月:「田原総一郎」が、「悠仁親王殿下」の ”事故死” を予言。
11月:「悠仁親王殿下」の交通事故が発生。



>またもNHKが大嘘報道した 天皇陛下生前退位報道の怪 2016年10月9日
> 中国共産党は 天皇制廃止を最重点目標の一つにした
生前退位報道は、 中国共産党、反日NHK, 小和田人脈と 創価学会の合作による 天皇制廃止という筋書きが見え隠れする


 
2016年10月9日
どうして民主党は 「女性宮家」創設をしたがるのか

創価学会と小和田家
皇太子殿下が 雅子さんとご成婚してから、 なぜか 創価学会の影が付きまとうようになった。
そもそも 創価学会とは 朝鮮半島の宗教である。


>また韓国は廬武鉉(ノムヒョン)の像と一緒に雅子さまと愛子さまの像を作っている。
場所は朝鮮戦争記念館である。

何とかして日本の皇室に朝鮮半島の血を入れようと民主党はやっきになっているのではないかと考えられる。

>ついに小和田家の秘密 《水間氏の意向により全文掲載条件でネット転載可》
「小和田家は江戸時代まで家系がたどれない」として、反対され「雅子さ


>「美智子皇后陛下」や「紀子妃殿下」の家系図発表の時には 何も言わなかった【部落解放同盟】が、
雅子サマの時だけ ”抗議声明” を出すって素敵。


 

>WiLL10月号、河添恵子さんによれば、今年2月「朝生」出演後、共に出演した辻元 清美が「最近、私よく浩宮さんと会って話をする機会があるのよ」と言っていたと。

>辻元清美議員はどのような会合で皇太子殿下とお会いしているのでしょうか? 皇太子殿下の公式日程表を昨年度の1年間みたのですがほとんど白紙でしたが、プライベートで皇太子両殿下は辻元清美議員と何の目的で会うのでしょうか?

>皇太子殿下は潘基文も何度も東宮御所に招いてみえます。辻元と何処で会って何を話したかまでは分かりませんが、今あり得ないことが皇室で起こっているのは確かです。

>青山繁晴さんが「宮内庁の職員と民進党の議員が繋がっている」と公言していました。宮内庁に行って事情を確認したようです。これも陰謀に当りそうです

>皇太子殿下はご結婚までは秋篠宮殿下とも仲が良く、お妃の条件を「紀子妃殿下と仲良くできる人」と言ってみえました。眞子さまのことも可愛がっていらした。雅子さんが入内してからは人が変わったようです。

>小和田が秘書官をしていた福田赳夫元首相が、雅子さん入内の陰のプロデューサーと言われています。勿論それだけではなく、背後の巨大な闇の勢力が押し込んだんでしょう。

>三代前までしか分からなくても、元ボーイフレンドがトップレス写真を持っていると報道されても、
入内出来てしまったのはそういうことでしょう。大きな力が働いた。

 




>小和田家一代目 小和田金吉(生年月日、生地、両親不詳)→ 二代目 小和田毅夫 → 三代目
小和田恒 三代前までしか分からない。しかも生年月日も両親も不明です。

>福田元総理はM子の小さいときから「M子ちゃんはNのお嫁さんになるんだよね」と。ソースはひびきさんのブログより。
だから用意周到に仕組まれたのかと。

>小和田恒氏は日本の弱体化に大いに貢献した人です。これ以外にも「慰安婦」「竹島」「靖国」等々、全て小和田恒氏の影がある。売国の集大成としては、天皇の中韓に対する謝罪でしょう。そして「天皇制廃止論者」です。

>小和田恒を喚問する理由
> 世界に向けて 日本を 全面的な悪者に仕立てあげたのが、小和田恒
> 小和田恒氏が仕切る東宮。
> 小和田氏は 外交機密費の流用を疑われていて、 娘の入内に救われたのではないか、と囁かれています。


 >M子さんの母方の祖母は福田派で「福」という帯もお持ちとか。

>小和田は福田赳夫元首相の秘書官で、福田は雅子さん入内の陰のプロデューサーと言われています。両家は大変親しい関係ですね。

 


>宮内庁に外務省から侍従が送り込まれるようになったのは、1986年からのようです。気付かないうちに汚鮮は始まっていたのかも。その時の総理は中曽根康弘。ただ本格的に宮内庁がおかしくなったのは、共産党の羽毛田と創価の風岡が長官になってからです。

>【小和田恒氏売国纏め】 ①ダッカ事件 1977年、日本赤軍により ハイジャックされたJAL機 がダッカに強制着陸。 犯人は身代金の要求と、獄 中の仲間の釈放を要求。 首相の福田赳夫が、身代金 を支払い、赤軍を釈放、世 界中の非難を浴びた。 進言したのは、秘書の小和 田恒氏。

>このダッカ事件以後「日本は脅されれば金は出すし、報復もしない」と思われ、北朝鮮による日本人拉致が始まった。

>世界中からテロに屈したと非難され、北朝鮮による拉致の原因にもなったと思われます。
この年の11月に横田めぐみさんが新潟の海岸から拉致されています。

>日本赤軍のダッカ事件の前の1975年の日本赤軍によるクワラルンプール事件が大きく影響していた筈ですね。この当時の総理は確か三木さんでしたね? 日本赤軍の海外での暴発を未然に防げなかった主な原因はなんだとお考えですか?

>「超法規的措置」はこのクアラルンプール事件のときに既に三木内閣で行われていますね。反政府過激派が日本政府に対して勾留メンバーの釈放要求をして、実際に釈放させた初めての事件となった。これがダッカ事件に繋がっていったと思います。

>⑦東京裁判 日本「判決は受け入れた」           
   ↓
「裁判を肯定したわけでは ない」 小和田氏  「日本は東京裁判を受け入 れた」 いないはずの戦犯が蘇る。            
   ↓
靖国問題の根底も小和田氏 が作った。

>【小和田恒氏売国纏め】
⑧慰安婦問題 旧日本軍の慰安婦問題に関 し、国連人権委員会が 1996年に纏めた「クマラ スワミ報告」          
  ↑
日本政府は完璧な反論書を 作成
    ↓         
 撤回(この時は自社 さきがけ政権) 小和田恒氏は国連大使




 



 


 
>「皇室を利用する習近平・・・  中国と小沢のどす黒い陰謀」



 >「オランダ訪問、雅子さまの主治医の説明責任」 
> ほとんど全ての 公務や祭祀は 欠席する一方で、 私的な遊興や 静養は 活発に行う。
> そうした矛盾が 鮮明に浮き彫りとなって、 多くの一般国民の間で 長年たまっていた 疑問と不満


>皇室の闇・小和田雅子 (創価学会・胡散臭い家系・部落解放同盟が擁護)に 東京駅で 「仮病だらけの税金泥棒!!  皇室から出ていけ!!」と 60代男性が罵声を浴びせ ネット大炎上 > 小和田家の悪行が 早く 天の下にさらされますように

>「仮病は続くよ どこまでも」 
> デパ地下や スキーや ディズニーランドや 外食豪遊には行けるけど
祭祀や 公務は出来ない病気、 それが 雅子妃の持病である



 

>残念な皇太子殿下と側近の東宮大夫である。
次期天皇継承権第一位の危機管理関係無い自己主張丸出し国民に寄り添えないお方たち。
国民の1人としてこの一家に税金を納めることの虚しさ!
しかもここ十年以上奥志賀支那系ホテル全館貸切スキー大名旅行という考えられない税金の使われよう。

>北海道での公務(室内)を 『寒いから』という理由で 欠席しておきながら、
妹家族を引き連れての「スキー旅行」。


 >雅子さま、 北海道でのご公務 欠席理由に専門家
「くつろげる寒さと  緊張する寒さは違う」


>しかも、 雅子さんの妹家族も一緒で、 その宿泊費も 税金が使われているらしいですね

>今年も妹家族は一緒だったようですね。『女性自身』に記事と写真もあるようです。
何故 どころか ご一家を税金で養わなければならないのか?
 

>の税金を雅子妃の妹に支払う事は違法である。
これまでも度々目撃されているのですが、宮内庁経理担当職員も知っていて
対応しどころか黙認状態が長期に渡り続いている。
皇室予算の透明化を財務省と国会に連絡しようではないか? 国民の税金の使われ方

>だって、雅子さんのバックが強烈ですしね。
・創価学会
・部落解放同盟
・小沢一郎
・辻元清美
・朝鮮総連
・連合赤軍の残党
誰だって、黙認するかと。

> 食事や交通費とかも、 妹家族は、 誰一人、一切、お金を出さないんだってね。
だとしたら、 毎年のスキー旅行の代金って、 雅子さんの妹家族だけでも、 軽く、 1千万円を超えるよね。

>毎年年度末の予算使い切り旅行ですからね。妹家族は夏の静養も、もちろん一緒でしょ。
ご学友家族が一緒のときもありましたよね。あれも全て税金です。

>国費流用は小和田さんの得意技ですから。でも東宮家が即位したら、流用も今までとは桁違いになるでしょうね。

>まずは、 「政府専用機」を使用しての 「海外旅行」が増えそうね。
日本国内だと、 「皇室の財宝」を売り捌くにも、 ルートに 限りがあるだろうから。


>【両陛下、スペイン国王夫妻とご会見】 ☆国王からは先月末、栃木県那須町のスキー場で8人が死亡した雪崩事故直後に見舞いのメッセージが寄せられており、天皇陛下は会見で謝意を伝えられたという。

>スキー帰りの 皇太子と雅子妃に、国民の怨嗟の声
   
> 雪崩で命を落とした 高校生もいるのに スキーとは クズすぎ!

>よもや皇太子一家、この期に及んで国費使ってのスキー旅行?

 
 

>皇太子殿下からはある意味地元である後用地那須の雪崩事故についてのお見舞いのお言葉は? 雪崩事故当日

自分達の事だけの家族ファースト主義では国民は納得しない#国民と寄り添うと殿下の言行不一致
 
>今だに皇太子殿下からお見舞いの言葉はないですね。東宮大夫を通してのコメントも聞いていません。
スキー帰りの東京駅では毎年長野駅前と同じ があるのに、何故今年はなかったんでしょうか?


 
 



  



  


 
 
 
 
>「皇室ゆかりの品  ヤフオク大量流出事件 2008」


 

 
後藤英彦のぶっちゃけ放題!
230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真  日刊サン

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

 雅子妃の周辺で何が起きているか。
 市民生活から遮断された皇居内のことです。そのうえ皇室世話係、宮内庁が超秘密主義で、真実は闇の中という一面を否定できません。
 しかし週刊誌をみる限り、雅子妃への同情論が、例の自主規制を解いて〝マサコたたき″に一変しています。
 本欄ではあえて日本の報道を無視し、欧米メディアが雅子妃の言動をどう扱っているか、みてみましょう。
 英国の代表紙タイムズは「雅子妃は二○○一年愛子内親王を生んだが、女性に皇位継承権はない。男を産めとの圧力に押され、帯状疱疹を患い、適応障害になった」。
 「○六年に皇太子の弟(秋篠宮)に男子(悠仁親王)が誕生した。さし当たっての世継ぎ問題は解消したが、それでもなお彼女は公務に復帰していない」。
 「公務を軽視する一方で、しきりに外出し豪華な食事をとり、親,、姉妹と宮殿外の生活を楽しんでいる」。
 「メディアの大勢はうつ病というより、公務を逃れるための我がままではないかとみている」。

 英国のテレグラフ紙は「天皇は神と人の間に立つ存在。権威はあるが権力はない。(だから)権力好きの雅子妃はたたかれる」。
 ドイツの高級紙デイ・ヴェルトは「皇太子の権威を借りて彼女は周りの者を平伏させる。婚約発表の日に、皇太子より長く喋った配慮のなさは、謙虚を知らない女という疑念を周囲に抱かせた」。
 「皇太子邸に仕えるスタッフ十三人が五年以内に職場を去った。雅子妃の横柄な態度と公務を拒む職務怠慢に耐えられなかったから」。
 「雅子妃は昨年だけで三十回宮殿を抜け出て旅行をした。ある男性(六十歳)が雅子妃を見咎め、『仮病使いの税金泥棒。皇室から出て行け』とののしった、と彼のブログに書かれている」。
 週刊文春六月十三日号が読者千五百人に「皇后にふさわしい候補」を選ばせたところ、
雅子妃に三八%、紀子妃に六二%の支持があったそうです。 
 
 皇室が異常事態にあるのは事実です。
 
 ※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。


このアンケートが出たせいで、交通事故が起こっているとしたら、とんでもない話だ。


ことほど左様に、東宮家には悪い話ばかりが出回っている。
画像で確認できるだけでも、神道をないがしろにし、祭祀を受け継がない方針を持っているように映るのは、何か、皇族教育として欠けたところがある、おかしな話で、もし、天皇位が普通の地上の権力者であるなら、廃止するほうが二重権力にならないでよいくらいなものだ。
しかし、そういう権力とはかけ離れたところにある「権威」が皇室なのだ。
おかげさまで、政策で争う権力がいくら揉めても闘っても、国が分裂するようなことはない。
だいたい、韓国朝鮮系の神道天皇制嫌いだって、神道という宗教の元締めとしての天皇制を嫌っているらしい、妙な解釈が出てくるが
その辺は認知バイヤスのまま、キリスト教に第二次大戦のファシズムを無理に組み合わせてある統一教会などの屁理屈を見れば、本家キリスト教から相手にされないでいるのもよく解る。
認知のゆがみのまま、宗教を語っても意味がない。

そういえば雅子妃入内のときには、よい話の報道ばかりだったのに、
紀子妃のことに関しては、かなりマイナスイメージの週刊誌ネタも出ていたようだ。
しかし、それは事実無根。どころか雅子さんの所業を紀子妃に擦り付けたのだという話もある。
どちらにしろ、その頃は美容室にある女性週刊誌が電通雑誌であり、
世論操作のために記事を書かせているのだとは知らなかった。
そういうマスコミの扱いに怒った人たちが、自分たちで事実を広めよう、反論しよう、反証を上げようとし始めた時代は知っている。
確かなのは、今一番忙しく、あちこちに飛び回って公務をされているのは、秋篠宮家ということだ。
それに比べれは、東宮家は仕事なぞしていないに等しい。
それは宮内庁が出した公務予定表で確認できる。

NHKのDVD

 
 
  
 

 

JR尼崎駅の脱線事故が、まさか横からの自動車の突っ込みがあったせいだなんて、

今回ツイッターの話題を見るまで全く知らなかった。

当初の報道が一斉にだんまりの方向に舵を切ったのなら、在日、総連、同和あたりに絡んでいる可能性は高い。そうでなければ、報道が沙汰止みになることはまずないらしいから。

脱線12年を報じる産経ニュースだって、一切触れないようにしている。

出してはいけない関西の闇というと、山口組とか、在日、同和、そのあたりが、突っ込んだ乗用車の運転者ということだろうか?それとも被害者ビジネスがらみということだろうか?

関西、大阪、神戸、京都あたりだけはわけわからん。

 

 

【JR脱線12年】乗客106人が犠牲…列車からも慰霊 変わりゆく現場、遺族・JR西社長ら献花 - 産経ニュース さんから

 

 

 平成17(2005)年4月、兵庫県尼崎市のJR福知山線で電車が脱線し、乗客106人が死亡した事故は25日、発生から12年となった。電車が激突したマンションの一部解体工事が続く事故現場には献花台が設けられ、訪れた遺族らが、静かに花束を手向けていた。

 発生時刻直前の午前9時16分には、事故現場の前を電車が警笛を鳴らしながらゆっくりと通過。早朝にはJR西日本の来島達夫社長ら幹部らも現場を訪れ、献花した。

 事故現場近くの「あましんアルカイックホール」で行われたJR西日本主催の追悼慰霊式でも、事故発生時刻に遺族273人を含む884人の参列者が黙祷し、犠牲者の冥福を祈った。

 慰霊式で来島社長は「事故を決して風化させることなく次の世代に伝え続けていくことが、安全な鉄道であり続けるために極めて重要と考えている」と述べ、事故の再発防止を誓った。

その後、遺族ら3組が登壇し、犠牲者に歌と演奏をささげた。遺族代表による「慰霊のことば」は昨年、一昨年に続き、希望者がなく行われなかった。

 JR西は現場を慰霊施設として整備する方針で、昨年7月には、マンションの4階までを階段状に保存するため、上層部を取り壊す作業に着手した。

 施設には、慰霊碑や犠牲者の氏名を刻んだ名碑を設ける方向で遺族や負傷者の意向を調査しているが、事故車両については、一般公開の可否などは決まっていない。

 

【用語解説】JR福知山線脱線事故

 平成17年4月25日午前9時18分ごろ、兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口-尼崎間の急カーブで、制限速度を大幅に超過した上り快速電車(7両編成)が脱線し、線路脇のマンションに激突。乗客106人と運転士が死亡、562人が重軽傷を負った。業務上過失致死罪に問われたJR西日本の山崎正夫元社長は無罪が確定。強制起訴された井出正敬元会長ら

歴代3社長は1、2審無罪で、検察官役の指定弁護士が最高裁に上告している。

 

 

 

>これが被害者ビジネスとは知らなかったわ。

新人運転手の暴走で脱線したんじゃなく

横から乗用車が突っ込んで来たことによる脱線。

明らかにヤラセ。

国交省の書類にも自家用車が突っ込んで来たとの記載。

マスコミは運転手のせいに仕立ててた

 

>風化させない…と今日の夕方のTVニュースでやってましたけど、

車の衝突のことは全く触れていません

 

>↓ これが列車に突っ込んで来たワゴン車

列車が衝突してきたマンションの住人で その後 ひどい集りをしてきた

 

 

 

>今まで知らなかった!車と衝突して脱線していたのね…福知山の脱線事故。

 

これ↓ 事故後すぐのニュース なんて書いてある?

 

 

>『車と衝突』・・・ ちゃんと最初は報道されてたんですね!

関西で起こった事故なので、連日一日中やってましたが、

運転士さんの過失やJRの体質の問題や、そればっかりやってました。

 

>いくらスピード出しすぎても 日本の列車があれほど ひどく脱線するわけがない。

外から強い力でぶつけない限りね。

マスコミがあちらに乗っ取られてる以上

こちらが真実を知らされ無い事件事故もあるんだな、と実感です

 

 

>京都のラーメン屋で「差別を受けたと」主張する汚らわしい韓国人 日本女性を愚弄し、日本国民を愚弄する汚らわしい本国人。動画配信で金を稼ぐ為になんでもありのこの男。皆さん、これが本国人というものです。

今回決して謝罪などして頂きたくない。

 

 

Yahooニュースで「ヘイトスピーチを受けた韓国人俳優、ユ・ミンソン」について調べたのですが、この人の実態が・・・
   
①韓国ネットからも批判を浴びる「自称25歳の韓国人俳優(実際1979年生まれの37歳無職)」
   
②頻繁に日本に来ては、路上の女性に声をかけて「私は韓国の俳優です。今ネット生番組配信してる」と言って抱き寄せたり、後で「寿司女」と侮辱したり、「日本征服ガイド」と題した動画を配信してる有名な人。
  
③手法としては、日本人女性のナンパ動画を生配信→興奮した韓国人男性視聴者は視聴料を支払い「もっと綺麗な日本女性を探せ」「酒に誘え」「キスしろ」など様々な命令をリアルタイムで下す→この刺激的な方法でアクセス数を増やし、多くの収益を上げている”営利目的のナンパ動画配信者”。
  
④一部韓国人からは「日本女性を侮辱して、結果的に嫌韓を助長してる。日本政府はコイツを入国禁止にしろ!」とまで言われている。
   
⑤動画配信先のネット番組「アフリカTV」から収入を得ているので、これは就労行為。この人は観光ビザで入国しているので虚偽申請として警察に通報できる。
   
私は女性なのですが、調べていて目茶苦茶ムカつきました。過去にこの掲示板でも話題になった人みたいですが、不法就労と入国虚偽申請で入管か警察に通報すれば、動いて貰えるのでしょうか?女性として本当に許せないです、この男!
 
名前:ユ・ミンソン(Ryu Min Sung 又は Lyu Min Sung)
生年月日:1979.09.21 (37歳)
Youtubeアカウント→https://www.youtube.com/channel/UCFBfY1hHGla-FpqQfp1KKEg
生動画配信先アカウント→http://www.afreecatv.com/ryuri79
  
【ユ・ミンソン関連のネット記事や情報】
http://gall.dcinside.com/board/view/?id=stock_new2&no=1730726
http://www.instiz.net/pt/4046808
http://www.ilbe.com/9702532895

 

 

 

>保守速報 :

 【悲報】TBS、仏ルペン候補に取材を試みるも「日本人は好きだが日本のマスコミは大嫌いだ」と断られるwww

https://t.co/yOWcOOz0CU

(TBSの報道特集のフランス大統領選の動画があるが、フランスでもメディアは本当のことを伝えていないという有権者の不満の声も拾っている。)

 

>さすがフランスw よくご存じでw

 

>ザマアだな。発言切り貼りされてフェイクニュース造られるから相手にしなくて正解。

 

>良くわかってらっしゃる日本のマスコミは日本人ではないと。

さすがテロリスト指定を創価学会にしているフランスだけの事はある。

「朝鮮人が日本人に成りすましたマスコミは今後世界各国で断られる」だろう。

なぜなら朝鮮人であり日本人はないから。

 

 

石平太郎 @liyonyon 4月23日 

>NHKニュースです。 字幕でも、アナウンスでも、必ずルペン氏には「極右政党・国民戦線」と付けます。しかし党名は 「国民戦線」(Front National)です。 何処に「極右」があるのか?何をもって決めつけるのか?報道機関として適切なのか?ルペン氏を応援はしませんが大いに疑問。

 

>左翼のことは、極左政党とは決して言わないですものね。急進左派って言ってましたね。

なんで双方揃えないのかな、印象操作かなと思いますね。

 

>極右」など、刷り込みですね。そんなこんな枕詞はいりませんね。

 

>【東京MXテレビ組「ニュース女子」より】 フランスもそうですが極右、極左にしても 方法論が異なるだけでその目的は フランスを良い国にしたいというものです。

一方、日本の左翼は『日本を貶めたい滅ぼしたい という反日思想です。』 というのが有りました。

 

>日本は戦後教育で右翼=頭のおかしいヤバイ集団みたいに刷り込んできましたよね。日本に存在する反日左翼の方がよっぽどヤバいのにね。

そもそも日本人ですらない場合も多いですし

 

>オスプレイを報道する時、必ず『危険が指摘されているオスプレイ』と称したのと同じですね。 印象操作が甚だしいです。

 

>極左NHKにとって 「右寄り政党は例外なく極右」 と理解していました。 はい。

 

>マスコミが片方を「極右」もう片方を「中道」と呼べば、 「極右」と言われている方がまともなんだなと感じます。 「中道」=マスコミの都合のいい候補ということですから。

          

>右翼・極右は犯罪者扱いですよね。意図的すぎでイラ立つ。

 

 

池上彰さんは社青同(社会主義青年同盟)出身のバリバリの共産主義者。元NHK職員です。帝政、帝国、国家の破壊が共産主義者の狙いです。 もちろん天皇廃止です。  

 

>【緊急・拡散】 NHK厚生文化事業団が出しているDVDの表紙ですが、気味の悪い空間に鳥居が描かれています。日本の伝統と文化に対する悪意を感じます。受信料使うな!

 

 

>これは明らかな反日ヘイト、ヘイト日本の憎悪表現。Nスペ「JAPANデビュー」のビジュアル表現と同じ感覚。NHKの中で何かが狂ってきているのがよく解る。日本人が考えたとは思えないコンセプトで、以前、呉善花さんが言っていた韓国人の神社に対する凶々(まがまが)しい感覚に近いものがあるね

 

 

 

>NHKの純資産に至っては7000億ですよ!去年も受信料値下げも見送られました。単なる内部保留ですからね。呆れます。

 

>NHKは解体か各地方局ごとの民営化で国籍条項付きの国営放送局を開設、という趣旨の官邸メールを送りました。

 

 

 

NHKが日の丸を中国国旗の下に

岸信夫外務副大臣「あってはならない」

 

NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していたことが13日、わかった。岸信夫外務副大臣は同日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。

自民党の有村治子参院議員の質問に答えた。映像は航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で使用された。有村氏は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判した。

NHK広報部は産経新聞の取材に対し「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と説明した。

 

 

>安部支持派じゃないけど、この記事はひどいねえ。訪問国リストにあるのは世耕大臣がパレスチナ、イスラエル、ウクライナ、岸田外相がトルクメニスタン、安部弟がパキスタンだよ。これのどこが豪遊外交で「楽な出張」なのかねえ。バックパッカーじゃないと普通行きたがらないでしょ(^_^;

 

>【毎年5千人失踪】地方創生特委。日本維新の会・丸山穂高

「(外国人)技能実習制度、特区でのメイド・家政婦を受け入れ増えていく事を危惧している。なぜかというと失踪されてる。毎年5千人、制度が出来てから2万人失踪」 受入は簡単

、受入後の対応を厳しくしないと大変な国になる。

 

>【日本の難民認定の抜け道】地方創生特委。日本維新の会・丸山穂高

「技能実習制度、特区で期限が切れそうになったら難民申請する。申請すれば半年後には働ける。何度も申請すれば合法的に就労できる。現状を変えないと増えちゃう」

 

>【拡散】住民基本台帳の恐怖 反対の声を!

✪3か月以上の滞在許可で社会保険の対象

✪3か月以上の滞在許可で労災の対象

✪3か月以上の滞在許可で年金の対象

✪3か月以上の滞在許可で国保の対象

 

 

「夫婦別姓」は普通の日本人には利益が無い

本当の狙いは、 「在日朝鮮人の戸籍の追跡の妨害」です

そして日本の伝統的文化の家制度の破壊

日本人成りすましの 「朝鮮人の由来を消し去る」のが最大の目的

 

>ネットに「現金」出品相次ぐ 資金洗浄に利用の恐れ

何故これを報道しないの?www

 

日本郵政 買収した豪企業の業績悪化で最終赤字に

 

日本郵政は、おととし買収したオーストラリアの物流企業の業績が悪化していることから、昨年度の決算でおよそ4000億円の損失を計上するとともに、平成19年の郵政民営化後、初めて最終赤字に転落することが明らかになりました。

日本郵政は傘下の日本郵便を通じておととし買収した、オーストラリアの物流最大手、トール・ホールディングスの業績が悪化していることから、昨年度の決算でおよそ4000億円の損失を計上する見通しです。

この損失は、当時のトールの買収額、およそ6200億円に対して、業績の悪化で資産価値が目減りしていることが理由です。

日本郵政は、これまで昨年度の業績見通しで、最終的な損益が3200億円の黒字になると予想していましたが、関係者によりますと、これを下方修正し、10年前の平成19年の郵政民営化後初めて最終赤字に転落するということです。

そのうえで、トールの従業員のおよそ4%に当たる1700人の人員削減を進めることで、業績の立て直しを急ぐ方針です。
日本郵政は25日、長門正貢社長が記者会見して、こうした内容を発表することにしています。

海外企業の買収をめぐっては、経営再建中の東芝が買収した原子力事業会社ウェスチングハウスの経営破綻で1兆円を超える巨額損失を計上する可能性を公表するなど、買収にあたって企業の価値をどう判断するかが問われています。

 

 

>日本郵政がこの豪企業(トール社)を買収したときの社長って、

元東芝でWH買収に「大活躍」した西室泰三氏なんだよなあw

:日本郵政 買収した豪企業の業績悪化で最終赤字に | NHKニュース

 

 

>これは日系企業を狙った経済テロだな、、、 東芝も同じ勢力にはめられた、、、

株主もしっかりと見張る意識を、、、 それから!!

 経産省ーーーー東芝を海外にやるなーーー!!!

 

 

フィギュア国別対抗戦 テレビ朝日

 

>国別対抗戦、SPFP合わせたら宇野くん優勝なんだよ!?

もっと宇野くんを讃えてあげてよーっ!!!!!ほんっとかっこよかった!

 

 

>国別男子フリー、録画とニュース等でざぁ~っと見たが、フィギュアの試合で、
SPとFPの「総合得点順位」にいっさい触れずにに、FPの順位だけを試合の最終結果として
報道するのを初めて見た気がするが、わしの勘違いか?
もし羽生君のSPが1位でFPが7位だったら、同様に報道するのだろうか?

 

>公式出たけど、なんでそういう大事なことをテレビでしっかと報道しないのか。
母の友人は、すっかり逆転したと信じて感動してたよ。
「総合ではしょうまが一位よ。二位がネイサン。」と、正しいことを教えたら、
「あれではちっともわからないわ。」と。そう。それが狙いです。

 

>昨日の国別の報道、印象操作ひどいな。四回転5本に初めて挑んだとか。4本予定が抜けて跳び直したのか、5本予定が1本抜けたのかしらんけど、どっちにしても跳んだのは4本でしょ?アクセルも抜けたし、総合ではしょうまに20点近く負けてるのにそこは完全スルー。
 
>こうして印象操作がなされていくのですよ...
 
>フィギュアに関してはホント付いてるバックによって記事の書かれ方違うんだね
当たり屋行為しても徹底して庇われるのがいる 
逆に悪いことしてないのに必要以上に悪く書かれる人もいる…呆れた…ホント呆れた…
 
 

<仙台中学生自殺>朝日新聞、母親に取材せず談話

河北新報 5/2(火)

 

 

 

朝日新聞の発行部数の32%に当たる209万部超が毎日読者に配達されないまま廃棄されている――。同社の「販売局有志」が昨年、経営上のガバナンスが欠如しているとして取締役会を告発した内部文書と付属の資料で、同社の「押し紙」の衝撃的な実態が明らかになった。本誌が入手した朝日の内部文書によると、2016年の発行部数は654万部。押し紙が大部分を占める「残紙」の割合は32%で、実際に読者に配られている実売部数は444万7千部だった。毎日印刷される新聞紙のうち、実に3部に1部が配達されずに古紙回収業者を通じて処分されていることになる。3月30日には衆議院の消費者問題に関する特別委員会で押し紙問題が取り上げられ、公正取引委員会は「独占禁止法に基づく厳正な対処」を改めて表明した。明らかになった朝日の押し紙の実態は今後の論議にも一石を投じそうだ。

実売部数は444万部

>発行さえすれば「発行部数」だからなw

 

>こんな朝日新聞でも戦前は極右と呼ばれ
捏造した記事で戦争を煽って若者を戦場に送り出してたんだよな
戦前も戦後も捏造しかしない朝日新聞
ベクトルは違っても真実なんか一切報道しない

 

>配ってないのに配ったことにして広告料を釣り上げる行為を押し紙というらしい

 

>販売店のメイン収入は折り込み広告費。新聞の買い取り価格より
水増しした広告費の方が高ければ販売店は利益が出る。
そういう理由で押し紙という犯罪行為が続く訳です。

 

 

 

 

>謝罪した ⇒ 「謝罪したからって済む問題ではない」

議員辞職 ⇒ 「議員辞職したからって済む問題ではない」

  自殺   ⇒ 「自殺したってことは、やましい所があったんだろう」

これを日々言い続けてたのが蓮舫だからな。

自身に矛先が向いた時の対応が適当なのは本当に許せない。

 

 
 

 

>【2017年4月⑦結果】

の報道を

信用している…5%

信用していない…95%

(総投票数5801、4/3〜5実施)

 

 

 

>麻原彰晃(通名:松本智津夫、本名:朴昌光)

朝鮮人ですよ、 在日本朝鮮人ですよ、

通名使ってますよ

 

>1995年当時、麻原彰晃が朝鮮人だということ…完全に隠蔽されてました。 あの頃すでに報道は在日に乗っ取られており「テロ」じゃなく「戦争」

敵国工作員による首都中枢への毒ガスの先制攻撃だった…。

 

>オウムと北朝鮮との繋がりも当時は疑われてましたし。 こういう化学兵器を使ったテロを抑止するような法案に反対してる党にメディアが迎合してることに気づかない国民が多数いるなんて国際社会から笑われますよ、日本は。

 

>日本で反日活動を行う在日韓国・朝鮮人に「在日同胞の顔」として振る舞うことを許してきた責任は、間違いなく在日韓国・朝鮮人社会にもあります。

自分たちが批判される理由のすべてを他人に責任転嫁する人は無責任であり、

まさに卑怯です。

 

>【ソフトバンク不買】「在日韓国人」だけなぜ安い?反日・孫正義社長の通話料金はヘンです!週刊新潮 「在日割引」は事実だった!

 

>まあ、今の日本の若者は知らない事が多いからね。そもそも知ろうとしないように教育されたから。国際社会に対応しきらんよね。メンタルも弱いし。

 

 

 

 

 

「夫婦別姓」は普通の日本人には利益が無い
本当の狙いは、 「在日朝鮮人の戸籍の追跡の妨害」です

そして日本の伝統的文化の家制度の破壊

日本人成りすましの 「朝鮮人の由来を消し去る」のが最大の目的




半島情勢緊迫の中でも「韓国人気」衰えず…
関空で出国ラッシュ始まる

2017 4 28 産経WEST

 関西空港で28日、ゴールデンウイーク(GW)を海外で過ごす旅行客の出国ラッシュが始まった。国際線の出発ロビーは朝からスーツケースを引く若者や家族連れたちでにぎわった。

 家族でスイスを巡るという大阪府箕面市の自営業、梶原照幸さん(45)は「友人と会ってゆっくりしたい」と笑顔。ハワイへ向かう同府高石市の会社員、福永有可里さん(34)は搭乗手続きを待つ列に「こんな行列を見たのは初めて」と驚いていた。

また、北朝鮮をめぐる情勢が緊迫する中で韓国へ向かうという岡山市の会社員女性(25)は「朝鮮半島の情勢は特に気にしてない。現地の友人からも大統領選の話題の方が多いと聞いた」と話した。

 関空を運営する関西エアポートによると、ピークは出発が5月3日、帰国は同7日で、4月28日~5月7日のGW期間中に関空を利用する国際線旅客数は52万1600人と予想する。

 行き先は韓国が最多で、同社は「朝鮮半島情勢の緊迫化による目立った影響はみられない」としている。


>韓国人がなぜか日本で大量に雇用されているそうです。
なので、連休の韓国旅行て、ほとんどは帰郷だと思います。
それにしても韓国人を雇用する経営者が日本に沢山居る。こっちのほうが問題です。


>◇韓国 中国人観光客「半分」、韓→日31%↑・中→日2%↑

日本政府観光局(JNTO)の統計によると、先月日本を訪れた韓国人観光客は48万8千400人で前年同月より何と30.6%も増えた。
訪日中国人観光客も50万9千人で、1年前より多かったが増加率は2.2%にとどまった。

韓国観光公社の集計を見ると、同期間に韓国を訪問した日本人観光客(274478人)も22.4%増えた。
しかしまだ公式統計は出ておらず、4月に入って「韓半島戦争説」など日本が最も敏感に反応し、最近訪韓する日本人増加率は2~3%まで大きく落ちたことが分かった。

地政学的リスク(危険)で日本人の足が遠のくのは、先月以降「サード報復」で大きな打撃を受けた韓国観光業界としては「さらに悪いこと」である。
3月の訪韓中国人観光客(ユーカー)数(360782人)は、前年同月比で40%急減した状態だ。  



>スイスに行くオッサンは名前出してるのに韓国に行く女が名前出してないのは・・・あっ  

>国民の安全といいながら渡航延期勧告も退避勧告も出さない政府の考えがわからん・・・

>梶原照幸さん→スイス
福永有可里さん→ハワイ
岡山の女性→韓 国

やっぱり在 日は名前が出ないって本当だったんだね!!!

普通の日本人なら、何かあったら危険だと思うから韓・国に行こうとは思わない!!!

この統計は【里帰り】&【トランジット】です。

ビザの更新で帰国してるだけやろ、常識的に考えて




>夫婦別姓って  通名が関係してるんじゃない?
 男性が通名を使って  外からは日本人になってる場合に、
 日本人女性と結婚すると  日本人女性は苗字を主人の日本名にできない。
* ああ、なるほど。

>夫婦別姓って通名が関係してるんじゃない?男性が通名を使って外からは日本人になってる場合に、
日本人女性と結婚すると日本人女性は苗字を主人の日本名にできない。
 <再婚禁止と夫婦別姓、憲法判断へ 年内にも初めて> nico.ms/nw18766
nico.ms/nw1876686

> 便利だわ、通名→犯罪→逮捕→通名変更→犯罪→、、、
こんな在日特権。だから夫婦別姓にしないと頻繁に役所に書類出すのが面倒だから、ぱよくが必死になる訳だ


>例)青木恵子 → (朴龍晧と結婚) 朴恵子 ⇔ 青木龍晧?… 通名は恐ろしい制度ですね

>普通に考えたら、別姓でいたいなら同棲でいいし、離婚後に半年経過しないと女性が結婚できないのは憲法違反ではないでしょう。
そもそも、男女関わらず離婚して、すぐに結婚する人って浮気していたのかと勘ぐってしまう。

>憲法違反だとか男女差別だとか、文句言ってる人って何なのでしょうか?
そもそも離婚するつもりのない人は関係ないし、離婚してから半年も経ずに結婚したい人って頭おかしいか、結婚詐欺か・・あ(察し)

>夫婦別姓を主張してるのは、ほとんど恨日系日本人です。
彼らは別名、なりすまし日本人、国籍だけ日本人と呼ばれています。

>そういうカラクリでしたか。納得です。

>在日批判してるかも知れないけど、日本経済は在日と、民団が六十パーセントなっぴーもし純金に代えて売り払って消えたら日本経済は危ない

>へー。そんなに寄生してるなら早くいなくなった方がいいね。 日本のGDP知ってる?
パチンコ生活保護なくなるだけでもスゴイぞ。 在日犯罪者にかかる経費もそうだしな。

>隠したいから嘘をつく。ばれたら差別されたと居直る。 わけわからん

             

で、外国人労働者ばっかり増やしてるが、
離職率・離職後の再就職率、帰国者数・難民申請者数・生活保護申請者数・犯罪者数
そういうのしっかり調査してるのかね。

穴だらけの法律の見直しすらしないで
安易な外国人労働者の受け入れや永住権の条件緩和は反対。


どこまでが通名で誰が帰化していて、誰が二重国籍で、なんて、全然解らないから、
これからもいつまでも何かは言われる種になるだろう。