2008-03-31 21:54:42

45 医療再生を願うネット市民の会

テーマ:ブログ

もしかすると、「コンビニ受診」という言葉を使わない方が良いかも知れない…。

「コンビニ受診」という言葉を使うなら、「控えよう」でも「知ろう」でも、過剰な抑制を防げない気がします。


「守る会」は、子どもを持つお母さんが、同じ立場の、同じ地元のお母さんに顔を見ながら呼びかけています。チャート図を見せたり、地元の医療機関の情報を伝えたり、相手がどんな風に理解しているのか確かめたり出来ます。相手の事情を聞きながら、どんな状況でどう対応すればいいのか相談に乗ることもできます。最後には自分の責任で判断するしかなく、もしもの時は迷わず病院の救急外来に行って下さい、救急車を呼んで下さい、と 念を押すことも出来ると思います。


「願う会」は、ネットで不特定多数の人に呼びかける活動です。相手の顔を見られないし、相手の地元の事情も分からないし、相手の疑問や理解は全然わかりません。また、小児科だけの問題じゃないから、チャート図のような受診の目安を紹介することも出来ません。


そもそも、どこまでが「コンビニ受診」で、どこからが「コンビニ受診じゃない」とはっきり言えません。

やっぱり、過剰な抑制を防げないと思います。


では、いっそ、こうするのはどうでしょう?


「1 コンビニ受診を控えよう」 -> 「1 救急外来を大切に使おう」



私は、「救急車の有料化」や「軽症と診断された救急患者からの時間外料金の徴収」に賛成です。仕方がないと思います。


でも、明日から全国で実施されるわけじゃありません。


それに、相当情けないです。子どもや孫の世代に対して恥ずかしいです。「非常識なヤツが救急車をタクシー代わりにするんだ。私はそんなことしたことないから関係ない。」と言ってしまうのは簡単ですが、自分達の世代の責任と考えて、少しだけ出来ることをやってみてもいいんじゃないかと思ったりします。


「1 救急外来を大切に使おう」


このスローガンなら安全だと思います。
これなら、バナーをのせるのも負担にならないと思います。


アメリカでは、お金持ちと貧乏人が受ける医療は全然違うんだそうです。
日本は、お金持ちでも貧乏人でもある程度よい医療を受けられけど、このまま医療が崩壊すると、日本もアメリカのようになるんだそうです。

少しぐらい出来ることをやってみてもいいんじゃないかと思います。



なお、私が時々拝読して、勉強させて頂いている、医療関係のブログやHPを下にご紹介させて頂きます。あわよくば、尊敬する管理人様のお知恵をお借りしたい、という気持ちで、トラックバックを送らせて頂きます。すみません。


日々是よろずER診療
http://case-report-by-erp.blog.so-net.ne.jp/20080329


マイアミの青い空
http://blog.livedoor.jp/onizukam/archives/705592.html


患者と医者をつなぐもの
http://tugagu.blog34.fc2.com/blog-entry-32.html


よっしぃの独り言
http://blog.m3.com/yosshi/20080202/1


東京日和@元勤務医の日々
http://skyteam.iza.ne.jp/blog/entry/525387/


ぬるま湯につかってすごす日々
http://himahimadoc.blog95.fc2.com/blog-entry-197.html


Natura
http://blog.natura.main.jp/


ななのつぶやき
http://blog.m3.com/nana/20080127/1


5人の脳外科医
http://blog.m3.com/neurosurgeons/20080126/1


うろうろドクター
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/20792022.html


ある町医者の診療日記
http://blog.hashimoto-clinic.jp/200801/article_8.html

ぷにっと囲碁!なブログ
http://punigo.jugem.jp/?eid=453


「やぶ医者のつぶやき」~健康、病気なし、医者いらずを目指して
http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki/20080315/1


緩和ケア医の日々所感
http://blog.goo.ne.jp/e3693/e/112678adf48576015a8a9013124078cc

新小児科医のつぶやき
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20080329


伊関友伸のブログ
http://iseki77.blog65.fc2.com/blog-entry-4760.html


神経内科医らんたろう”ER”日誌
http://ameblo.jp/warfarin/entry-10073610973.html


+Sunshine-Honey+
http://ameblo.jp/sunshine-honey/entry-10081823458.html


看護師本音トーク~CANARIAの場合~

http://ameblo.jp/jun-mye821613/


小児科やっつーねん

http://ameblo.jp/i302/entry-10084915577.html


板橋区の端っこで小児医療を叫ぶ?

http://ameblo.jp/itabashiku/


がんになってもあわてない
http://air.ap.teacup.com/awatenai/634.html


気ままに日記
http://55873184.at.webry.info/200801/article_4.html


ひまわり村の救急隊
http://qqqmeisi.at.webry.info/200710/article_1.html


白鳥一声
http://8910-1000.at.webry.info/200803/article_7.html


天夜叉日記
http://ameblo.jp/showatti/entry-10083518972.html


最下医のつぶやき
http://blog.goo.ne.jp/saigei/e/1fd8ffb1c17d2c23736afc79e8197ab7


保健士のまとめブログ
http://phn.ti-da.net/e2048302.html


天国へのビザ
http://blog.m3.com/Visa/20080312/1


さあ 立ち上がろうー「美しい日本」にふさわしい外科医とは
http://blog.m3.com/Fight/20080220/2


ヤブ医者ブログ
http://blogs.dion.ne.jp/yabudoc/archives/6892756.html#more


五里夢中於札幌菊水
http://blog.goo.ne.jp/peak1839/e/fff76c0aab441e997e18cdf9a5f0736c


産婦人科残酷物語
http://ameblo.jp/sanfujinka/entry-10083884778.html


荒井医院の診療日記
http://araiclinic.at.webry.info/


外科医テツローさんの嫁にこないか 2.0
http://ameblo.jp/tetsurou0404/entry-10083839752.html


開業したて整形外科院長の野望(無謀)日記。
http://miyasei.exblog.jp/8171259


元気に明るく生きて行ける社会のために、医者のホンネを綴りたい
http://blog.m3.com/DrTakechan/20080329/1


天漢日乗
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/03/10_f68f.html


ロハス・メディカルブログ
http://lohasmedical.jp/blog/2008/03/post_1105.php


いなか小児科医
http://swedenhouse-oita.cocolog-nifty.com/pediatrics/2008/03/3_8880.html


チェスドクターの日々
http://blog.m3.com/chessdocter/20080301/1


健康、病気なし、医者いらず
http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/blog-entry-296.html


リハ医の独白
http://d.hatena.ne.jp/zundamoon07/20080202/1201961151


ある産婦人科医のひとりごと
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2008/02/post_d6f6.html


癌治療医のつれづれ日記
http://blogs.yahoo.co.jp/bluesky822jp/49213940.html


やってます
http://d.hatena.ne.jp/takuzo1213/20070911/p1


Dr. Poohの日記
http://d.hatena.ne.jp/DrPooh/20080226/1203971409


お医者になるのは、大変ですね
http://oisha.livedoor.biz/archives/51138994.html


ヤブ医者ジンさんのブログ
http://ameblo.jp/blogdrjin/


おしえて!!医事カチョー
http://ameblo.jp/m-manejement-ad/


ドクトルウッピーの診察室
http://ameblo.jp/wooppy/


本を読んでも賢くはなれない

http://honbaka.seesaa.net/article/91707222.html


毎度印関西

http://blog.murablo.jp/maidoinkansai/kiji/33678.html


どくたけの徒然

http://d.hatena.ne.jp/doctake/20080321/p1


Yukitake’s Garden Blog Nobody’s Perfect

http://yukitake.exblog.jp/8464367


医療崩壊の現場から
http://ameblo.jp/ddd2007/entry-10071463832.html


産科医療のこれから
http://obgy.typepad.jp/blog/2008/03/post-1341-43.html


ポンコツ研究日記~悩める産婦人科医のブログ
http://ameblo.jp/y-gami/


freeanesthe フリー麻酔医のひとりごと
http://anesthesia.cocolog-nifty.com/freeanesthe/2008/03/post_2a63.html


エレキも医療も整備しなきゃ。
http://d.hatena.ne.jp/mosriteowner/20080330/1206858953


サッカーと地域医療の部屋
http://medicalfootball.blog69.fc2.com/blog-entry-216.html


小児科Dr.TERUのブツブツ診察室

http://teltel.jugem.jp/


女医遊佐奈子のお気楽!

http://blog.m3.com/nakoyusaBlog/20080319/1


地域医療のゆくえ

http://17041615.at.webry.info/200804/article_2.html


たくさんあるので、読ませて頂いているのに抜けてしまっているブログもあるかも知れません。お許し下さい。 アイスゆず

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

アイスゆずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Dr Takechanさま

お越しいただき光栄です。
ありがとうございます。(^^)

時々、このような活動が、あまり医療従事者の方には喜ばれないのかも知れないと思うことがあったので、先生にコメントを頂いてとてもうれしいです。

これからも、ブログを読ませて頂き、勉強させて頂きます。
ありがとうございます。

5 ■御礼とごあいさつ

拙ブログをご紹介いただきありがとうございます。私は約25年の勤務医生活と2年半の開業生活の中で、肌で感じた疑問や政治への不満、そして現状改善のための提言などを続けています。自分の発言にはそれなりの責任を感じながらやっています。良い医療を提供できる医療制度にすることこそ医師が最も個々の能力を国民に還元できるのだと考えています。これからもよろしくお願い致します。みなさんの活動が若い将来ある医師たちの心に響くものと信じます。

4 ■しぉさま

しぉさま

いらっしゃいませっ。(*^▽^*)
お越しいただき、うれしいです。
γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
私も、またおじゃましますねっ。

3 ■無題

小桜さま
いらっしゃいませっ。(*^▽^*)

>上記の様なスローガンなら一般の方にも理解して貰いやすい

うれしいです。
「コンビニ受診を控えよう」が一番分かりやすく印象に残るとは思いますが、安全に、負担なく活動を広めるには、「救急外来を大切に使おう」の方がいいと思います。
でも、もっとカッコイイ言い方がないかなぁ…

2 ■ぁりがとぉござぃます★

こちらこそ、いつもブログを読んで医療の現実を教えてもらってぃます(´∀`)


他の人のブログも拝見させてもらぉぅと思ってますヽ(´▽`)/

これカラもちょくちょくぉ邪魔させて下さいっ(/_\;)

1 ■アイスゆずさんへ

上記に紹介して頂いていた小桜です。
医療関係者からとすると、アイスゆずさんの様な
医療再生を本気で考えてくれ、コンビニ受診について理解をしようと、そしてそれを控えようと活動をして下さる方がいるのは、ほんとに有難い
存在だと思います。頭が下がる思いです。
有難う御座います。
そうですね、上記の様なスローガンなら一般の方にも理解して貰いやすいのではないでしょうか。
(^・^)私も、ブログでは結構色々と書いていますが、安易に夜間受診をしてはいけないと言い切り、それを読んだから受診せずに大変なことになったと言われても、責任が持てません。
そのライン引きの目処としては各自の判断ですので、難しいですよね。
だから、後はしっかりと救急医療の役割を知って貰った上でこういう時はこうした方が良いのでは?と言う目安で引き続きブログを発信していこうと思います。今回こういった形で、挙げていただいて有難う御座いました(。-人-。)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。