こんばんは
群馬伊香保店です



最近ネットで色々と話題になっていた「あたしお母さんだから」。




ワンオペ育児の推奨だとも思わないし、かと言ってお母さん応援歌とも思えないんですけども^^;


イチ意見として書いてみます(^^)

そう思ったのは
わたしは独身なので、お母さんになったことはないですが
お母さんであるお客様をお迎えしおもてなしする側だから。


あの詞を読んだ時、「こう言うお母さんたち確かにいる!」って思いました。

お母さんたちってギリギリまで疲れや辛い事を我慢して、ピークになってからこういうマッサージやリラクゼーションに来る事が多いように見受けられます。

なぜギリギリかと言うと、自分のことは後回しだから。




アロマサロンに来るお客様はたいてい心身の疲れを抱えて来店されます。

疲れを取りたい。
癒やしがほしい。
日頃頑張ってる自分へのご褒美に←これ大切

これは全てのお客様に共通するものですが


来店される皆様の中には、お母さんであるお客様もいらっしゃっていて。

前記の通り、疲れをためにためて来店される方がホント多い。
予約を取っていたけど、出来ないことも…
お子さんがどうしても泣きやまなかったり、寝付かなかったりで、来れなかった方もいらっしゃいました。

自分のことより家族、お子さん、仕事、家事を優先して自分のことは二の次、三の次としているお母さんたち。

その合間をぬって、30分、60分などの限られた時間を自分の癒やしの時間に使う。

施術が終わり、トリートメントの効果で血行が良くなり、お顔色がほんのり良くなって、「気持ちよかった〜!」とおっしゃるお母さんを見て
お母さんのための時間がもっと増えたらいいのにと思います。
心から。

ネイルもヒールも、それをしたいお母さんたちが普通に出来たり履けたりする余裕のある世の中ならいい。





世のお母さんたち
どうかご無理はされないでください。


たまには思い切り自分を癒やす時間を作ってあげてください(^^)