学習を頑張るあなたへのエール』2回目です。

この宅建ブログは、いろんな地域の方が読まれています。
北は北海道から、南は沖縄まで・・・

過去のコメントやアンケート結果から推察すると、首都圏の方よりも首都圏外の方が多いような気がします。

首都圏だと予備校などにも通いやすい範囲内にあり、学習環境の選択肢が多いことが推察されます。

地域はそれぞれですが言えることは一つです。

みんな、宅建合格に向けて頑張って取り組んでいること。
頑張っていることです。

このブログでは、そんなつながりを心の友と考えていますが、みんなが一つの目標に向かってつながっている。

素晴らしいことですね。

それだけに学習に負けないでくださいね。
時には学習をしたくないときだってあります。

人間ですからね。

でもつながっているみんなの顔を想像してください。

そして10分でも20分でも学習に取り組んでください。

※続きは宅建試験!初心者のための一発合格サイトへ。
AD
本日より11日後の7月1日より、平成28年度宅建試験の申込が始まります。


毎年のことながら本当に早く感じます。
ここからは宅建試験まであっという間に過ぎ去っていきますので、気を引き締めて取り組んでください。

今年の発表前に、改めて6月3日の告示内容の抜粋から引用しますので、
参考にしてください。

必ず、7月1日以降に発表後、当ブログにて最新版を確認してくださいね。

・・・・参考(ここから)・・・・

【平成28年度宅地建物取引主任者資格試験】

【試験案内】
郵送申込みの場合は試験案内を入手して下さい。
配布期間は、平成28年7月1日(金)から8月1日(月)まで
(インターネット申込みの場合は、当ホームページに試験案内を平成28年7月1日(金)から掲載します。)

【インターネット申込み】
平成28年7月1日(金)9時30分から7月15日(金)21時59分まで

※インターネット申込みは24時間利用可能です。また複数の試験会場がある都道府県の場合は事前に選択することができます(先着順につき、ご希望に添えない場合もあります。)
※インターネット申込みは、パソコン(Internet Explorer バージョン7~11)利用に限ります。

【郵送申込み】
平成28年7月1日(金)から8月1日(月)まで

※都道府県によっては、希望試験会場を選択することができるところがあります(先着順の会場指定となりますので、ご希望に添えない場合もあります。)
※顔写真のサイズはパスポート申請用サイズ(縦4.5cm、横3.5cm、頭頂からあごまでが長さ3.2cm以上3.6cm以下のもの)です。
顔写真については、指定したサイズ以外など不適切な場合は、差替えを指示することがあります。指示に従わない場合、受験申込書を受付けません。
※簡易書留郵便で送付されたもので、消印が上記期間中のもののみ受付けます。 それ以外のものは受付けません。

【受験手数料】
7,000円

※いったん振り込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き、返還しません。
※受験手数料は、消費税及び地方消費税は非課税です。

【試験日時】
平成28年10月16日(日)13時から15時まで(2時間)

※ただし、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)。
当日は、12時30分から受験に際しての注意事項を説明しますので、それまでに自席に着席してください。
※ 試験時間中の途中退出はできません。 途中退出された方は棄権又は不正受験とみなし、採点しません。

【合格発表】

平成28年11月30日(水)

【試験の基準及び内容】

宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。
(宅建業法施行規則第7条)

試験の内容は、おおむね次のとおりです。
(同第8条)
1.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2.土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3.土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4.宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5.宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6.宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7.宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

・・・・参考(ここまで)・・・・
AD
過去撮影したものですが、宅建に関してのユーチューブ動画があります。

宅建初受験の方へ向けたメッセージが1本。
宅建リベンジ受験の方へ向けたメッセージが9本。
7月の戦略ものが4本。
直前期ものが2本。

これから学習を開始する方にとって、これからの夏場の学習を乗り切っていくためにはメンタル的要素も大事になってきます。

メンタルなんか関係ないよと今は思うかもしれませんが・・・
これからの学習を継続していくためにも・・
実力を高めていくためにも・・・
直前期をのりきり、宅建試験当日にベストを発揮するためにも・・・
メンタルが重要です。

アスリートが実力を出し切れなかった反省点としてよくメンタルのことを話されます。
これは何もアスリートに限ったことではありません。
継続していく学習においても言えることなのです。

メンタルは1日で強化できません。
平素からの意識付け、トレーニングが大事です。

必要なパートのみでもご覧になって頂ければ幸いです。

※宅建ユーチューブはこちらから
AD