いよいよ、8月も本日を入れて残り10日になりました。

本当に、月日の経つのは早いですね。
9月はもうすぐそこです。

私にとっては例年のことですが、この時期になっても昨年の宅建試験が少し前の出来ごとのように感じられます。

さて9月を迎えるあたり、今後の宅建試験当日までの戦略を考えてみましょう!


【9月】

一番、気力が充実するときす。
集中することにより、更にあなたの実力を大きくステップアップできる時期です。

今から、メキメキ実力が上がってくる人が増えるのもこの時期の特徴です。

<ポイント>
1)アウトプット学習を徹底する。
とにかく1問、もう1問、更に1問、おまけにもう1問と徹底的に追求してください。

2)自分の実力を冷静に把握する。
公開模試、予想問題集の活用。

3)自分の分野別の実力を知る。

4)基本問題(特A・Aランク)、やや難しい問題(Bランク)の正答率をただしく把握し、正答率をあげる。

5)時間があれば、弱点補強。

6)得意分野を作る。
宅建業法に狙いを定める。
また、民法や法令上の中でもこの項目だけはというものも作れれば理想です。

とにかく、あなたの実力をあげることに集中してください。

※続きは、宅建試験!初心者のための一発合格サイトへ。
AD
電子書籍宅建平成28年直前期シリーズ第二弾です。

宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある

模擬試験の活用法を指南した内容になります。
模擬試験を受ける方は多いと思いますが、何のために受けるのか?
このあたり明確でない方が多いです。

ただ漠然と受けて、結果である得点に一喜一憂するだけではもったいない話しです。
折角受ける模擬試験、是非120%活用してください。

必要なエキスを全て、この電子書籍に詰め込んでいます。

販売価格も100円です。

是非、一読の上で模擬試験に臨んでください。

以下、アマゾンからの引用です。

・・・アマゾンからの引用・・・

宅建試験を受験する上で、その前哨戦とも言える公開模擬試験(模試)を受けることは
大事なことです。

予備校に通う方は、受験が必須でしょうし、特に目的意識をもたずに受験される方もいるでしょう。
独学の方は、ネット上での情報にもとづき何かしら気になり受験する方もいるでしょう。

ただ流されるままに受けて、得点結果に一気一憂する。

これでは、模試を最大限活用しているとは言えません。

模試で大事なことは得点結果でしょうか?

応えはノーです。

模試には模試としての活用の仕方があります。

本書では、その活用法をわかりやすく説明しています。
この本を読むことにより、正しい目的と活用を実践されるを祈ります。

自分の合格を確実にするために・・・


【目次】
第1章 得点イメージをつかむ
・目標36点の得点パターン
・目標40点の得点パターン
・宅建業法重視のパターン

 ※理想の得点パターンについて動画で説明
第2章 何故公開模試を受けるのか?
・公開模試を受ける目的とは?
・必須確認6事項
・試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
・試験問題の解き方練習
・試験場での雰囲気の場慣れ
・時間配分の確認
・解答後の見直し確認
・マークシートの慣れ

※模試の活用と試験本番での大事な7つのポイントを動画で説明

第3章 模試後にやるべきこと
・成績よりも大事なこと
・問題の中味を難易度で分析!
・問題の中味を分野別に分析! 

第4章 模試の日程
・主要な模試実施先紹介
・公開模試に出れない人は?

・・・アマゾンからの引用ここまで・・・

購入は、以下のアイコンリンクよりお願いいたします。
AD
宅建直前期シリーズを紹介します。

その一番手は・・・
先日も少しだけ予告のように紹介したこの電子書籍です。

必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法: もう今年の合格を諦めたあなたへ逆転合格のコツを伝授 (直前期シリーズ)

今年のスケジュールにあうようにリニュアールしています。

実際に活用して、1ヵ月合格された方もいます。
2ヵ月学習にアレンジして使われた方もいます。
6ヶ月学習の方が、直前期の挽回用に活用された方もいます。

内容的には、奇をてらった秘策ではありません。
短期間ながらも王道に近い学習法です。

工夫をすれば、短期間ながらも合格の可能性は高くなるのです。

要は、右方あがりのカーブを緩やかにするのではなく、急カーブで上昇させていく戦略です。

以下、アマゾンに掲載した内容です。

・・・アマゾンより引用・・・

あなたは、もう今年の宅建試験を諦めていませんか? 
最後の手段を予想問題集に一涙の望みをかけていませんか? 

もう時間がないから・・・ 

でもこの瞬間、合格の可能性を信じて今から奮起する方もいます。 

合格は、諦めた瞬間に消滅します。 
であるなら、諦めなければ宅建試験当日午後3時までは、あなたにも合格の権利があるのです。 

ただ、そのためには闇雲に学習をしても駄目です。 
戦略をきめ、計画を立て、その目標に向かって実行していけば合格の可能性は残ります。 

宅建学習1ヵ月で合格した方もいます。 
中には1週間で合格した兵(つわもの)もいますが、それにはコツがあります。 

この電子書籍では、宅建学習1ヵ月で合格の可能性に導いていく方法を満載しています。 

本書にあわせて、他の直前期シリーズも一緒に読んでいただければ、より効果的です。 
本年度の合格を絶対に、自分の手で勝ち取りましょう。 

◎宅建直前期シリーズ 
「宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある」 
「宅建を絶対に諦めないメンタルサポート: 学習中の不安を救う16のエール」 
「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ:戦術を決めて実行することが合格への最短距離」 
「宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!:ラスト1週間の究極のスパート戦略」 
「宅建試験必勝対策☆前日・当日編:運命の日に勝利するのはあなただ!」 

『必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法』 
【目次】 
第1章 逆転合格への道(準備編) 
・強い合格への意思  
・3つのイメージトレーニング  
・合格おめでとうメール予約  
・必要学習時間は?  
・使用するテキストは?  
・マンガも使いようで効果あり  
 
第2章 逆転合格への道(学習編) 
・1日の学習スタイル(平日)  
・1日の学習スタイル(土日祝)  
・モデルプラン(インプット)  
・モデルプラン(アウトプット) 
・アウトプット中にインプットのスパイス 

第3章 公開模試の活用 
・公開模試の活かすポイント 
・成績は無視  
・あなたの実力は発展途上  

第4章 アウトプット一直線 
・大車輪編 
・中車輪編 
・小車輪編 

第5章 ラスト一週間の学習 
・成否を分ける学習ポイント 
・試験前日直前セミナーの活用 
・前日に必ずやること 
・最後に一番大事なことをあなたへ

・・・アマゾン引用ここまで・・・

購入は、以下のアイコンリンクよりお願いいたします。
AD