手技の匠

テーマ:

カイロプラクティック、

オステオパシー、

スポンディロセラピーは、

 

かつて米国の3大手技療法と呼ばれ、

医師が不足していた1900年代初頭には

多くの民間手技療法家が活躍していました。

 

開校から50年を迎えた

国際カイロプラクティックカレッジでは、

前身の療術時代に培った経験と

最新の学理に基づく有益な徒手療法を

うまくカリキュラムに導入し、

こだわって拘らない

手技療法・徒手医学としての在り方を

大所高所から見据えています。

 

特にマニュピレーション理論・技術に関しては、

脈管や内臓、胸郭、頭蓋骨なども

筋骨格系とうまく絡めながら習熟して行きます。

 

 

此処からは

温故知新による

手技の匠が育成されています。

 

 

 

AD