クラブで遊んでて何が悪い!?


クラブ部活大好きリュウでございます。




さて、


クラブで出会ったオレの友人カップルが結婚いたしました!



二次会で、ブログに書いてくれーって言われてたけど、


書くのがずいぶん遅くなってしまいました。



クラブにはビッチしかいないとか、


クラブではやりたいだけの男しかいないとか、


そんな偏見でしかモノを見れない人もいるかもしれないけれど、


そいつら二人はめっちゃいいやつで、かっこよくてかわいくて、


お互い愛しあってて、素敵なやつらだぜ。



本当におめでとうございます!!!



たしかに、オレみたいなヘンタイナンパヤロウ☆や、


クラブ帰りの駐車場でチ○ちんしゃぶらせて♪ってねだるビッチもいるかもしれないんだけど、


たしかにそんな人もいるかもなんだけど、


大事なのは、偏見のない自分の目で人をしっかり見ることだと思う。



自分の目で人を見てるのか。偏見に流されてないか?


ファッションで判断していないか?片乳出してたらビッチなのか?


シャツの第三ボタンまで外してたら遊び人なのか?


やたらと女慣れしてたら、そいつは遊び目当てなのか?


何より、クラブで遊んでる人って、みんなヤリたいだけなのか?



オレたちは、そんな偏見で出会いをシャットダウンしていないだろうか?




大人になればいろいろ経験するし、わかってくる。


こういう服着てるやつは、だいたい遊んでるやつ、ああいうのは誠実なやつ。


すんなり口説けるやつは遊んでるやつ、


目をそらしたり自信なさげなやつはモテないやつ。


すぐキスOKなやつはやらせてくれる、すぐにやろうとするやつは遊び目的。


頭をなでる男は遊び人で、膝に手を置いてくる女は誘ってる。


そりゃそうだよ、パターン認識ってやつ?

こういうのは、こうだ!っていう曖昧判断が

できる能力は、人間のもっともすぐれた学習能力のひとつだから。


確かに確率的に見ればそうかもしれない。



でも、


寂しいからクラブで遊びまくってるけど、ホントは純粋な女の子もいる。


くどきまくってるけど、実は誠実な男だっている。


モテないダメ男そうに見えても、仕事はまじめで将来性のある男もいる。


会ってすぐヤっても、そのあとまじめに付き合いを考える男もいる。




ホントに曇りなき眼で人を見てますか?



外見や話ぶりだけじゃなくて、

その人の深いところを理解しようとしていますか?


そのために、深いところに切り込む会話をできていますか?


それをしていないのに、相手をこんな人だって決め付けていませんか?




結婚したその二人が、あんまり素敵だったんで、


なんかクラブ出会ったしなーとか言ってる昔の自分や、


外見や遊んでる場所だけで、人を判断している人や、


外面的なトークだけで、中身に踏み込もうとしないで人を判断している人が


もったいないなーって思いました。



すべては自分だと思うよ。


人は自分を守るために、ちょっとでも危険や違和感を感じたら人に近づかないように


すると思うんだけど、


自分をしっかりもっていれば、そんなものに惑わされない。



自分が本当に強い気持ちをもっているか、魅力的であろうとしているか、


人に優しくできているか、まっすぐ物事を見れているか、


自分の軸を持って、その軸をベースに判断できているか、


好きなものと嫌いなものが、はっきりとわかるか。



自分をしっかり持っていれば、悪いやつにはつけ込まれない。


自分をしっかり持っていれば、偏見や外見や外面的なトークだけで、


人を判断しないで、その人の深いところを見ようとできる。



自分がその人の深いところを見ようとすれば、


相手も心を開いてくれるし、時間はかかっても一人の人間として接してくれる。




人にどう思われたっていいじゃねーかよ。



・・・・・・・・・・・・・



こんなゴタクをうだうだ熱くならべたくなるくらい、


それくらい、その彼と彼女は素敵だったんだ。




キラキラ輝いていた。


キラキラ輝いていたのは、オレが泣いていたからだけじゃないと思うよ。




彼らがクラブで出会ったということは、

それまで、おおっぴらには言ってなかったみたい。




でも、最後のスピーチで、彼と彼女は


胸を張って、晴れやかに、すがすがしく、言いました。



「オレたちが出会ったのはクラブです。」


「クラブにつれてきてくれた友人○○ちゃんに感謝します。

 ○○ちゃんが連れてきてくれなかったら、

 今日という素敵な日は迎えられなかった。ありがとう」



なぜかわかんないけど、


心の奥のほうから、


熱いなにかがこみ上げてきた。




勝手に想像したら怒られるかもしれないけど、


二人は何度も何度も、二人の出会いや今後について、


お互いそれぞれが、一人でいろんなことを考えて、悩んで、


二人でいろんなことを話しあって、


迷って、確かめあって、また悩んで、深め合って、


今日という日を迎えたんだろう。




そんな二人を世の中のいったい誰が邪魔できるだろうか?




ほんものだね。ほんとうのものって何なのかを二人に教えてもらいました。


オレが言うのも説得力ないけど、ほんものっていいよね。



お二人へ


おめでとう、そして、ありがとう。これからもお幸せに!


でも、また一緒にクラブで踊ろーね!



あ、彼らの名誉のためにいっておくと、

彼は女とチャラチャラ遊ぶタイプではないし、

彼女もまじめで純粋な子なんだけどね。




長くなっちゃったけど、いじょう!!

AD

コメント(32)