カナダ留学! ビザ申請も費用も安心のアイ・カナダ留学サポート

カナダ留学のお役立ち情報を毎日お届けしています。カナダに興味のある方、ワーキングホリデー・留学生の方必見ベテランカウンセラーのブログです♪


テーマ:
● パスポート

こんにちは、菊池百子です。

バンクーバー時間で2016年2月25日(木)のお話となります。

いつもご覧頂いてありがとうございます。

日本国民が海外へ行く場合、例え1週間でもパスポートがないと日本を出国ができません。

カナダ・バンクーバー留学しようと思われた際は、まずはパスポートの用意をしましょう。
パスポートの手配
パスポートを持っていない、有効な期限を持たないパスポートをお持ちの方は、パスポートの申請をしましょう。

ご出発の6ヶ月前にはパスポートの手配しておくようにしましょう。

出発予定6ヶ月を切っている方は、急いで手配しましょう。

飛行機のチケットの手配、ビザ申請、eTA申請、学校お申し込みの際などに必要になってきます。

パスポートの申請&取得は最寄りの各都道府県のパスポート申請窓口で行います。

外務省ホームページより
 パスポートの申請から受領まで
 パスポート申請に関する必要な書類
 パスポート申請先、各都道府県リンク

パスポートの有効期限
とても重要なのが 「パスポートの有効期限がいつまでか。」 ということです。

ご自身のパスポートの有効期限がいつまでかご確認ください。

海外では当然ながら私達がその国での外国人です。

カナダにいつまでいられるかは、カナダで決められたビザの種類や申請内容などによって滞在期限が決められます。

ビザの期限は、パスポートの有効期限を超えて滞在期限が決められることはありません。

どのカナダの滞在許可書(例:学生ビザ、観光ビザ、ワークビザ、ワーキングホリデービザ)も同様です。

例えば、ご自身のバスポートの有効期限が、2016年5月31日までだったとします。

カナダで2017年7月31日まで語学学校で勉強したいので学生ビザを申請した場合。

2016年5月31日が有効期限のパスポートで学生ビザを申請すると、2016年5月31日までとなります。

日本のカナダ大使館ホームページに以前まで記載されていた、ビザ申請の仕方等でも下記のように記載されています。

<パスポートの有効期限>
就学許可証はあなたのパスポートの有効期限を越えて許可されることはありません。


従って、就学を完了する前に、あなたのパスポートの有効期限が切れる場合は、就学許可証を申請する前にパスポートの有効期限を延長されることを強くお薦めします。

そうされない場合は、カナダにてあなたのパスポートを更新された後、カナダ国内で就学許可証の延長申請をしなければなりません。

<観光ビザの場合>
パスポートの有効期限:

カナダ一時滞在者査証を免除されている国籍のパスポートの場合は、少なくともカナダ出国予定日+1 日以上有効であること、

カナダ一時滞在者査証を必要とする国籍のパスポートの場合は、少なくともカナダ到着予定日より3 ヶ月有効でなくてはなりません。

日本のパスポートの場合は、上記の観光ビザの場合、

カナダ一時滞在者査証を免除されている国籍のパスポートの場合は、少なくともカナダ出国予定日+1 日以上有効であること、にあてはまります。


極端な話、2016年6月1日にカナダへ入国して、1週間の滞在で、2016年6月7日に日本へ帰国予定の場合、パスポートの有効期間が、2016年6月8日まででも良いということになります。

大切なことなので、再度の説明です!

どのカナダの滞在許可証(ビザ)にもこのルールは適用されます。

ワーキングホリデーは1年出るはず、と思っていてもパスポートの有効期限が、カナダの1年間の滞在期間をカバーしていなければ1年のビザはおりません。

またカナダへいらしてから、カナダ国外へ旅行へ行かれる方も多いかと思います。

その際、国によってこのようなパスポートの残存期間のルールが違います。

必ず確認するようにしましょう。

語学学校でお友達になった人を訪ねて、ブラジルへ行く、などという場合ブラジルは、パスポートの有効期限が6ヶ月以上となっています。

カナダへの渡航を決められた際にはパスポートの残存期間を確かめて、残存期間があまりないようでしたら、新しくされることをお薦めします。

パスポート、カナダでの更新
カナダにいらしてから予定を変更してカナダに長く滞在することになり、パスポートの更新が必要となる場合もあるかと思います。

その場合は、最寄りの日本大使館、日本領事館で手続きが可能となります。

カナダのバンクーバーにある日本領事館のホームページでも詳しく申請方法が案内されています。

 旅券(パスポート)
 旅券(パスポート)Q&A

パスポートの更新はいつからできるか。
パスポートの更新は、有効期限の1年前から更新が可能です。

2016年11月6日までの有効期限のパスポートの場合、2015年11月6日から更新の申請が可能です。

パスポート更新申請先の市役所や、日本領事館等が認めてくれる書類を提出できる場合、1年以上前からの申請も可能です。

2017年11月6日までの有効期限のパスポートが現在あります。
今からだと1年以上有効期限が残っています。

2016年9月1日より2年間の学校申し込みの場合、学校は2018年8月31日までとします。

申請先に事情を説明し、どんな書類を提出したらよいか確認し、提出してその書類が認められた場合、有効期限が1年以上残っていても、パスポートの更新申請は可能です。

※ 認められなかった場合は、まずは2017年11月6日までのパスポートで、この場合は学生ビザを申請します。

新しいパスポートを入手後、学生ビザの延長申請をします。

パスポートの控えを取っておきましょう!
パスポートは外国では身分を証明するとても大切なものとなります。

万が一失くした時に備えて、以下のような方法をとって控えを取っておきましょう。

・ パスポートの番号を控えておく。
・ パスポートのコピーをとっておく。
・ パスポートをスキャンしてご自身のe-mailアカウントに送って保存しておく。
・ 家族にもパスポートの控えを預けておく。


banner

 音譜 カナダ留学についての詳しいご案内は↑音譜

今日のブログが面白いなあ、興味深いなあと思われましたら
↓のクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)