インテリアコーディネーター『はじめての独立』7つの成功ステップ

キャリアも、実績も、ゼロからスタート!
本当にやりたい仕事をして、自分スタイルで確実に稼ぐ
自立したフリーランス・インテリアコーディネーターへの道


テーマ:

 

フリーランスという

ワークスタイルを選ぶ意味

 

 

インテリアコーディネーター独立アドバイザー

太田久美です。

 

 

インテリアコーディネーターとして

一人前になるには、

どこかの企業で働かなくては

と、考える人は多いですね。

 

 

実務に携わる経験を積むという点では

たしかにそのとおりでしょう。

 

 

ですが、

 

企業で働くか、

フリーランスで働くか

 

という二者択一で、

働き方を考えないでください。

 

 

あなたが、

何を思って、この職業を選んだのか?

その原点を思い出してほしいのです。

 

 

インテリアの勉強をしていたとき、

どんなことを目指していたでしょう?

 

 

どんな職業であれ、人が働くのには

大きく2つの理由があるでしょうね。

 

 

ひとつは、

収入を得て自立したいから。

 

 

もうひとつは、

自己実現のためです。

 

 

仕事をするということは、

社会に貢献できるってことが、

大きく関わってきますよね。

 

 

私たちのような専門職は特に、

やりがいのある仕事に出会えなければ

自分に存在価値を見いだせなくなります。

 

 

 

やりがいのある仕事をするには

どんな働き方を選べばいいか?

 

 

企業の中で働いていようが、

個人で事業をやっていようが、

関係がない話なんですよ。

 

 

前回、私のセミナー参加者には、

インテリアの実務経験ゼロの方が

少なくない、と書きましたが、

 

 

その中には、すでに独立した

フリーのインテリアコーディネーターも

いらっしゃいます。

 

 

そういう方は、

企業内での実務経験がなく

「自己流で」仕事をすることに

引け目を感じるようです。

 

 

私には、

企業で働いた経験があります。

 

 

フリーランスのスタイルも、

起業のスタイルも経験しました。

 

 

インテリアコーディネーターを

未経験から育てた経験もあります。

 

 

それで、わかったことがあります。

 

 

どこで働くか、

が問題なのじゃない。

 

どんな働き方をしたいのか、

が問題なのです。

 

 

それは、

あなたの生き方に関わる話なんです。

 

 

私は思っています。

 

 

企業から離れて

自分でビジネスを始めるのは、

自分に自由を取り戻すためだと

 

 

自由になれないのだったら、

インテリアの仕事なんか、

やめてしまえばいいんですよ。

 

 

実務経験の有無が

働き方の選択に関わると思うのは

不自由な方向に向かうだけですよ。

 

 

インテリアの実務経験もなく

スキルにも自信のない人が

どうやって独立成功できるのか?

 

 

もし、不思議に思うのなら、

ぜひメルマガに登録してくださいね。

 

 

インテリアコーディネーターだけに

お伝えしたい情報が満載です。

 

 

セミナーのご案内
 

独立成功を目指す

インテリアコーディネーターに!


フリーランサーのマインドセットは
独立成功へのファーストステップ

Webセミナーから始めてください。

(お申し込みはメルマガから)

 

 

ブログには書けない話が満載!
インテリアコーディネーターのためだけの
メルマガ登録はこちらをクリック!

     下矢印
【未来を変えるメルマガ】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)