結菜のつぶやき~目のくま関連~

結菜のつぶやきです。目のくま関連のことです。


テーマ:
今晩は、今日も一日頑張ってまいりましょう。

肌のターンオーバーは、通常28日を周期としておこなわれているかもしれませんね。

ターンオーバー(肌のターンオーバーは、およそ28日周期で行われているといわれています)がちゃんと行われていると、ハリのある生き生きとした綺麗な肌を保つ事が出来るでしょう。

しかし、何かの原因でターンオーバー(肌のターンオーバーは、およそ28日周期で行われているといわれています)のリズムが乱れて遅れるようになれね、肌は紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)や摩擦、化粧品などの刺激に弱くなり、カサカサと荒れ、クマもできるようになります。

肌のターンオーバー(生化学者のルドルフ・シェーンハイマーが発見したといわれています)が遅れる原因は、食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)の乱れや睡眠不足、運動不足という生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)、ストレス、肌の手入れ不足、加齢などがあげられるでしょう。

潤いのある若々しい肌にするためには、ターンオーバー(スタンレー・コーエン博士が発見したEGFを使うと再生力が高まるそうです)のリズムを修正し、促進させなければならないでしょう。

そのためには、原因となっていることを除去すると同時に、肌のお手入れが重要になります。

例えば、クレンジングや洗顔で正しくスキンケアを行い、角質(別名をケラチンともいいます)除去効果が期待できる美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)やパックで古い角質を取り除きます。

そして、肌の水分の含有量を保ち、不足する栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。

でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)を角質(硬タンパク質の一種です)層に補給するといったように、肌のお手入れを見直すだけで、ターンオーバー(老化と共に必要な日数が増えてしまうでしょう)を促進させる事ができます。

また、体内環境を整えることも大事ですから、バランスの取れた食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)、適度な運動、ストレスの解消、充分な睡眠などを心がけて下さい。

中でも睡眠は、ターンオーバー(スタンレー・コーエン博士が発見したEGFを使うと再生力が高まるそうです)が活発におこなわれる午後10時から午前2時の間が重要。

この時間帯にターンオーバー(目玉焼きを両面焼くことをこう呼びます)を妨げるようなことをしていると、肌の老化を早めてしまってます。

それに、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)対策もターンオーバー(基底細胞が角質層に徐々に移行していき、やがて皮膚表面から剥がれる一連の流れのことです)を正いつも保つには大切ですね。

特に日差しの強い時間帯や、春先から夏にかけては紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)が強いので、しっかりケアするようにした方がいいです。



今日のお薦めサイト集!!
目のくまと漢方
目のくま対策の呼吸法とは/a>
「目のくま」はなぜ黒っぽく見えるのか



それでは、今日のところはこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
を治す方法 しろくま 長澤まさみ 解消法 ロレアルパリ 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。