撮りだめてあった最近のごはんを。







※ ミキサーにかけて、胃ろうから食事を摂っています。




{1E53AEF7-E08F-41E3-994D-2BD7DC0EED10}
参鶏湯風おじや






{F5391FD4-E058-45E9-A4F1-4461530F3EBC}
炊き込みご飯
たらのソテー






{CBC1F9F8-3C52-456D-B72D-BEA06BD05183}
かぶの糀甘酒スープ
(+お粥)







{7183DDE3-5955-4A80-BA8C-4E116FBB0FEE}
・鯛のあんかけ
・小松菜とワカメのナムル






{11D66DE4-E0FB-4FDB-9215-6EF585CDA54F}
アボカドトマトの米粉パスタ







{1BA798B0-3CC1-4306-836B-388014CC389F}
肉じゃが
ひじき煮
(+お粥)






{D713D2BD-8F54-4543-BA00-8C0A4104DB47}
かぼちゃシチュー







{EFE3B72A-6601-4F29-AB54-43814B935FC6}
茄子とピーマンのトマト煮
(+お粥)








トマト煮に入っているウインナーは、卵不使用のもの。


ウインナーやソーセージは卵が使われているものと使われていないものが半々くらい、というのも本を読んで初めて知りました。






別々に注入するのが面倒なので、ついつい一品物が多くなりがちないぶちゃんですが


野菜たっぷりなら一品でもokやろ〜の謎のポジティブスタンス 


1〜2食分多めに作って、残りを冷凍しておく事もあります。






一品物の冷凍保存容器は、セリアのホームパック(3P)を愛用中。


{88EA080A-217D-470E-A741-F7ABCE67D3EF}



冷凍はもちろん、フタをずらせば解凍も可能。


このタッパー、内容量が300mlなんですが


解凍時に溢れ出すのを防ぐため8〜9分目を目安に入れると


栄養量250mlのいぶちゃんにはジャストサイズなので気に入っています。






こうしてご飯を綺麗に写真に残すことで


彩りを気にするし結果的に栄養価が上がり、何より母のモチベーションupに繋がっています 







昨日は息抜きの為、少し足を運んでカフェランチへ。



{87508866-0D8A-44BE-8290-F30FE88AB223}




ちゃんとオシャレしていったつもりが、出る時に急いでいたので気付けば足元がクロックスという残念な感じに。


メインを選んであとはバイキング形式だったので、歩き回るのも恥ずかしくて…


まぁ4回おかわり行ったけど 






明日は2人分のストック作りをしようかな。


{E835ABE6-6744-4B67-A3E0-9C34A170D391}



さぁ気合い入れ直して頑張ります  ←おきにいり





春をさがしに







昨日、いぶちゃんと春の散策に行ってきました。


お目当ては菜の花畑でしたが、


今年は咲きが悪かったらしく到着するなりあらら…と残念な感じで 






ずっと前から、菜の花畑楽しみやな〜といぶちゃんに約束していたので


立ち直れないほどに落ち込んだのも束の間、すぐ近くにたんぽぽ広場を発見!






菜の花もたんぽぽもそう変わらへんやん♪ なんて(←?)


すっかり春の暖かさを満喫してきました。








{78B94D99-5F83-4FBF-AFA0-8D0CFF459C7D}








{183BBF70-7FEF-499E-AD7E-014F62C0DD2E}






{EBDF02F4-DA60-45B4-A96C-04F90802EBE1}







{709C4C56-4674-41EE-B782-AC0CE96485E3}








{0956E03E-1CED-4AF8-9E4E-BD9BC408D7AE}








{FC88F2E4-4630-41A4-8004-F8FFB1E9E895}







{C89E0A29-90C4-47E2-AD76-48CE0C8626EA}








{2EDC60DC-F5BE-415B-B6A2-11BE0888F1D7}








いぶちゃん、たんぽぽがとってもよく似合う 


小さいけど可憐でたくまくしく、強い生命力。






菜の花やたんぽぽの他に、それぞれ時期になるとツツジ、菖蒲も一面に咲くらしく


お家からは遠いけど、来年も必ずみんなで来ようねと約束しました。







いぶちゃんが生まれるまでは、当たり前だと通り過ぎてしまうばかりで


季節のお花を愛でる気持ちなんてこれっぽっちも無かったのに。







たくさんの場所へお出かけして


これからもいろんな景色を見せてあげよう!なんて思っていたけど、


いつもステキな景色を見せてもらっていたのは私の方だったんだなぁと気付かされた1日でした。







{99C12142-FAF9-4584-8E8C-F6FB30980199}


だいすきよ。








今日は弟、じょう君のハーフバースデーでした。



{3FDB9ECA-9910-4C96-A6BC-A850099DE2FA}



飾り付けしてお家で撮影 







じょう君を妊娠するまでは


なるべく見ないで済むのなら見たくないもの、聞かないで済むのなら聞きたくないものがたくさんたくさんありました。






生まれたての赤ちゃんや、お腹の大きな妊婦さん、いぶちゃんと同い年くらいの女の子


夕方になると中京テレビで流れてくる"かぞくのめばえ"


おかあさんといっしょ


芸能人の妊娠出産のニュースにさえもため息が出てしまうこと






子育てが大変?孤独?産後鬱?


保育園落ちた日本死ね?


何だそれ。全く共感なんてできなくて。







目を背けてしまいたい光景


耳を塞いでしまいたい場面







そんな世の中は、とってもとっても生き辛かった。






じょう君が生まれて私の中のいろんなものが、大きく変わりました。






身勝手な話だけど、


町なかやテレビで赤ちゃんを見かけるたび、思わず笑みがこぼれてしまうほど、可愛いなぁと思うようになった。






ワンワンの隣にいるオレンジの生物は、うーたんという名前だと知った。


毎日18時10分には、忍たま乱太郎のオープニングを歌うようになった。







いわゆる"普通"の育児が大変だとか孤独だとか


今でも100%共感できるのかと言われればそうではないけれど、


年子育児や双子育児、近くに頼れる人が全くいなかったり、旦那さんが協力的ではなかったりだと


やっぱりそれはそれですごく大変な事なんだろうなと思いを馳せられるようになった。






つわりが大変な事も、妊娠中の心配や不安も


自分で決めた事なんだからそれくらい我慢しなさいよと思っていたけど、


もう一度自分が妊娠から出産までの経過を辿っていく中で


すっかり忘れてしまっていた妊婦さんの気持ちを改めて思い遣れるようになった。







生き辛いと思っていたのは、誰が悪かった訳でもない。


自分自身に余裕が無かったから。


自分のものさしでしか物事を計れなかったから。






いぶちゃんが生まれてからこれまで


それはそれはたくさんの事を、学び教えてもらいました。


一つ一つの記念日を迎えられる事が、とても有り難くて特別で。






それは我が子に生と死と向き合わなければならないほどの重度の障がいがあって、


たくさんの事を乗り越えてきたからなんだろうと思っていたのだけど。






じょう君からも同じように日々たくさんの事を教えてもらっていて、


今日のこの日もいぶちゃんのハーフバースデーの時の気持ちと何も変わらず


とってもとっても嬉しくて、有り難くて、特別な1日でした。







障がいがあるからとか無いからとか、本来そこには何の隔たりも無くて


みんなみんな同じなのに


あれやこれやと理由を付けて、勝手に悩み苦しんでいたのは私だったんだな。






ハーフバースデー、本当に本当におめでとう


2人を必ず、幸せにするからね。









{F444856C-A36A-45A4-9BEB-C1F4245469DA}

いぶちゃんにお花を持たせようとしたら取り上げられ、

本日の主役からねぇねにお花をプレゼントするというジェントルマンな図になりました。