うまく言えない

テーマ:

埼玉アリーナ
埼玉アリーナ

5/24(土)曇りのち雨

ゆずの『WONDERFUL WORLD』ツアーの折り返し日。


杉○ちゃんに誘ってもらって行ってきた~

二人きりではなかったけど、このコンサートに行く為に

CDダビングしたり、DVD借りたり、

待ち合わせの約束なんかで、メールのやり取りもたくさん出来た。

めちゃくちゃ楽しみにしてたんだ。


当日も、一人ワクワクして、

さいたま新都心を往復すること2回!

待ち合わせ前に、グッズを購入するためね。俺けな気。


コンサートはもちろん最高に良かった♪


夜は後輩ちゃんの結婚式の2次会があったんだけど、

それまでの時間を、一緒につぶしてくれた。

あんがと。



杉○ちゃんと一緒にいると、普段の俺と違う自分がいるのがわかってるんだけど、

なんていうのかな~

ふざけられないって言うか、かっこつけちゃうっていうか。。。。。

ありのままで、ふざけたいし、大騒ぎしたいのに、

何かぎこちなくて。。。。







~うまく言えない~  詞・曲 北川悠人


初めて出逢った日の事を 君は今も覚えてますか?
途切れ途切れ ぎこちない 僕らの会話を
終わった恋の傷跡を 拭えないままでいたから
臆病を隠すように おどけていたね


まだ少し肌寒い 春の並木道 君と歩く
気付けばこうしている事が当たり前になっていたんだ


うまく言えないけど 溢れてくる
この声もこの泪も 君を想えば
時は流れ まだ伝えられずに
笑わないで聞いて欲しい
『愛してる』


ふざけあってばかりの二人だから マジメな事言うのは照れくさくて
大切な言葉ほど 後回しにして・・・


ありふれた街並 いつもの待ち合わせ場所
振り返れば そこには君の変わらない笑顔があったんだ


うまく言えない 僕を許してくれるかい?
ズルくても マジメにも 君を歌う
過ぎてゆく日々 一つ一つを
忘れずにいられるように 願いを込めて・・・


この世界に終わりが来ても・・・
君のそばには僕が 僕のそばには君がきっといるから


うまく言えないけど 溢れてくる
この声もこの泪も 君を想えば
時は流れ まだ伝えられずに
笑わないで聞いて欲しい
僕は君を愛してる

AD

明日がある限りがんばろ。

テーマ:

久しぶりに、こんなメールをもらったよ。


-----------------------------------

大人?

安心して、もう十分大人だよ!!
二人とも残念だけど、

ジジババだよ!!
だけどあたしは若い者には負けない!!
明日がある限りがんばろ。

-----------------------------------


って。

すげー久しぶりにもらったメールだけど、

やっぱり変わってなかったね。


ジジババって認めてんのに、

若い者には負けないときてる。


この辺の感覚がすばらしい。



『いつも心は子供』のままだった。






AD

なんとなく。

テーマ:

勝手に日課のようにメールしてるけど、

ホントに伝えたいことが言えなくて。


そんなに鈍感な方じゃないから、

何となくは気付いてるんだけど、

このまま伝えないで後悔したくないからメールで聞いてくれるかな。

俺、貴女のことが好きなんだ。

彼氏がいるとか、いないとか関係なしに、

好きって気持ちに嘘はつけなくて。

貴女からのメールが来るだけでココロオドって。

貴女と逢えるだけでドキドキして。

貴女が悲しんでると自分まで悲しくなって。

貴女と話すだけで、心が穏やかになる。


ちゃんと伝えようとしたけど、うまくかわされてたしね。

このまま何も伝えなければ、

仲良しでいられるかもって考えたりしたけど、

それはただの逃げだし、

今までと何も変わらないと思ったんだ。
いつもふざけて中途半端な誘いや、話ししても嫌だしね。

なんかメールなのに、緊張すんね。
いつもみたいに、順番待ちとか言わないよ。

俺の彼女になって欲しい。


まだまだ力不足な俺かも知れないけど、

貴女のことを好きな気持ちは誰にも負けないよ。

AD

繋いだ手。

テーマ:

彼女に逢ったよ。

逢うのは、3ヶ月ぶりくらい。

二人きりで逢ったのは、5年ぶりくらいかな。


二人で、買い物に出かけたよ。

昼過ぎにいつものローソンで待ち合わせ。

途中、ドライブスルーでマックを買って。

羽田から湾岸線へ。


一回も会話に詰まることは無かったよ。

むしろ何も変わってなかったの。

話すネタ。

突っ込み。

笑うタイミング。

笑った顔も。

考えてる顔も。

ショップの中でも、移動中でも。


あの頃の二人と違うのは、二人で歩いている時の距離だけだったよ。

手だけがお互い宙ぶらりんだったの。


彼女と初めてデートしたのは、渋谷の映画館。

『アンカーウーマン』観たんだ。

見終わった後に、道玄坂を横断しようとして、彼女の手をとったの。

渡り終えたら、彼女から手を離されたんだ。

後で聞いたら、『付き合って無い人と、手は繋げないって』

そんな彼女だったんだ。


ただそれだけなのに。

ポケットにも、彼女の手にも収まらない自分の手。


ただそれだけが、過ぎた時間を実感させてくれたよ。

クリスマス。

テーマ:

今年のクリスマスもシングルベルです。


最後にクリスマスを彼女と過ごしたのは何時だろう。。。。

2000年の12月かな。。。

それからはずっと独りぼっちのクリスマス。



この前、4年ぶりくらいに逢ったよ。

5時間くらい一緒にいたかな。

もちろん、二人きりでなくて、他にも何人かいたんだけどね。


すごく緊張したんだ。

逢う前からどうしようどうしようって考えてた。

俺にとっての4年は短くても、

彼女にとっての4年はどんくらいの時間だったんだろう?


俺の中では23歳の彼女で止まってたんだ。

周りにいる同じ年の子達と比べたことも無かった。

むしろ、毎年入ってくる新人ちゃんと同じくらいに感じてた。

逢うことが決まって、

ふと周りを見渡したら、27歳の子達がすごく沢山いたよ。

もう、みんな素敵な女性ばかりだったよ。


だからすごく緊張したんだ。

彼女も大人になってるんだろうか?

昔みたいにバカいって笑えるんだろうか?


でもね、逢ってみて驚いたんだ。

全然変わって無かったよ。

顔も、髪型も、スタイルも、笑い声も、ギャグも、突っ込みも。

性格も、考え方も、ファッションも、雰囲気も。

すべてがあの頃のままだった。


帰りはあわただしく、別れの言葉も無かったの。



帰りのタクシーでメールしたんだ。

『今日はありがと。楽しかった。ぜんぜん変わってなくて良かった』って。

そしたら、

『あんまり変わってなく感じてもらえて良かった。』って。


ちょっとうれしかったよ。



でも、あのときの二人には戻れないんだね。


キューピット。

テーマ:

本日、めでたいニュースが飛び込んでまいりました!


○田くんと佳○ちゃんがお付き合いを開始したとのこと。

思えば二人が初めて逢ったのは、俺が六本木のクラブの帰りに紹介したんだよな~。。

次に逢ったのは、赤坂のNINJAで飲みに行ったけなぁ~。

その次には、鍋パーティーも開催したしなぁ~。。。


ホント二人の為だけにこの2ヶ月くらいを費やしたなぁ~。。。

俺がキューピットじゃん。


なのに、俺に内緒で渋谷で飲んでたり、一緒に横浜中華街デートしたりと結構頑張ってたもんなぁ~。

きっと、付き合いだしたのは先週の土曜日なんだろうなぁ~。。江ノ島デートとかしちゃったのかなぁ~。。

今まで隠されてたのかぁ~。。。




でも、良かったジャンね。。

来月のクリスマスイベントは二人で楽しんでね♪

心から祝福するよ。


末永く仲良くね。

ひとりぼっち。

テーマ:

本日もひとりぼっち。

最近、何してても心がぽつんと空いてる。。。


仕事は順調。

体調もいい。

でも、なんか心に穴が空いた感じ。


何でだろ?

こういう時って、決まって人に優しくなれないの。

人に素直になれないの。


ただ、話がしたいだけなのに。

ただ、声が聞きたいだけなのに。


どうしても強がってる自分がいるの。

たちが悪いことに、それに気がついてたりすんの。

余計にむかつく。



人に優しく。

常に笑ってたいのに。



すごくさびしくて。

すごくせつなくて。

大切な人。

テーマ:

すごくすごく切ない。

大切な人。頭の中に出てきたよ。

隣に居た子じゃなかったよ。


心から人を好きになる。

好きって言葉が正しいのかわからないけど、

記憶の中でずっと残ってるのの。


今を大切にしよう。いつまでもいつまでも。



涙がこぼれてくるよ。

何で泣いてるのかわからない。


ただ、涙が溢れて、止まらないの。



大切な人、

想うだけで悲しくなる。

大切な人、

考えるだけで辛くなる。

大切な、大切な人。


もう2度とあんな想いはしたくないのに

何で同じことを繰り返すのだろう。


成長しない俺。



私の頭の中の消しゴム。

テーマ:

恋に落ちて、結ばれて。

そんな幸せなふたりの前に立ちはだかる、彼女の記憶が消えていくという悲劇。

別れでもなく、死でもなく、忘却によって愛が終わっていく・・・。


この物語には、たくさんの記憶すべき愛の瞬間がる。

しかしその瞬間が大切であればあるほど、その記憶を失っていくこと、そしてまた、

その記憶だけに生きていくことは、痛ましい。


「もう優しくしないでいいよ。どうせ忘れちゃうから。」

「俺が覚えていてあげるよ。僕は君の記憶で、君の心なんだ。」

「すべての記憶の中で最後まで残っているのが、あなたとの想い出でありますように。」



~彼女がすべての記憶をなくしていきます。

   名前も、歳も、そして愛していた僕さえも。~


『死より切ない別れがある。』

ココロオドル。

テーマ:

昨日久しぶりに後輩ちゃんと飲んだ。

最後に飲んだのは、2月だから、半年以上ぶり!!


その後輩ちゃんとは、会社のこと。遊びのこと。恋愛のこと。色々話すんだ。

なんていうのかなぁ~、そのこといると、

価値観ていうか、考え方っていうか、

生き方そのものが一緒にいて、なんとも居心地が良い。


そんな彼女の友達がこんなこと言ってたんだって。


~人生っつーのは、とりあえず色恋沙汰の連続なんです。

 色恋沙汰が連なってそれが人生なんです。
 それでいいんです。だってさあ、よく考えてみ。
 色恋沙汰以上に心が振動することってほかにないって。
 「やりがいのある仕事」とか「芸術」とか、たしかにそーだ。
 だけど言いたい! 
 「こじつけてない?」
 「認めようぜ、だんな。恋愛以上に心動くか?」~
だって。
仕事で初契約が取れた喜び。
上司に怒られた時の落ち込み。
リレーの前のドキドキ。
映画を見て涙すること。
・・・・・・
そんな色んな心の振動よりも、
『彼女が出来た!』って喜んで。
『彼氏と喧嘩したぁ~。。。』って落ち込んで。
『彼女と旅行に行く』ってドキドキして。
『彼氏と別れた・・』って涙して。
・・・・・・・
色恋沙汰の時の独特のココロの振動が気持ち良いよ。
たくさんたくさん恋をしたら良い!!