母の日だからねw

テーマ:
母さん。

母さんへの手紙って初めてだね。
この前、仕事で古淵駅を通過したよ。
駅の周りはあの頃とあんまり変わってなかったよ。

母さんが店を辞めてからもうどのくらい経ったんだろうね。
あの頃のこと時々頭に浮かぶんだ。

母さん。今年で70歳だね。
もう、孫の一人や二人いないとおかしい年齢だね。
なのに、姉ちゃんも俺も未だに結婚もしてないんだもんね。
てか、母さんがそんな年齢になってるなんて考えもしなかったよ。


いつもパワフルな母さん。
俺がものごころついた時には、ウチの家庭は
昼は母子家庭、夜は父子家庭だったね(笑)

小さい頃の記憶だけど、
学校から帰ってくると母さんは夕飯の支度を終え、仕事へ行く仕度をしてたよね。
父さんが決まって18時に帰って来ると、直ぐにご飯食べて、18時30分には駅まで送ってたよね。
一緒に車に乗って行くのが俺は好きだったんだ。
当時はお寿司屋さんで働いてたんだっけ?


その後も母さんは色々な人からの誘いで、いつかの店を変わってきてように記憶してる。
正直、当時の俺にはよくわからない世界だったよ。
いわゆる、お水の世界だよね。
それでも俺は特に違和感を感じることもなく今まで来たかな。


そして、俺が中学2年の頃、古淵に自分の店を持ったよね。
すごく嬉しそうに内装の打ち合わせしてる母さんを覚えてるよ。
小さくても、自分のお店だもんね。
その時は考えもしなったけど、
今では、【お店を出す】ってことが、どれだけ凄いことなのか分かるよ。
でも、それを平気でやってのけてたんだね。尊敬します。


その店も、俺を『大学を卒業させるまでは頑張る』と言っていた通り、15年間休むこともなく働いてたね。

お店のガラスが割られる事件もあったね。夜通し泊り込んだのに、次の日にやられたこともあったしね。
バイクの免許を取った俺が母さんをバイクで迎えに行ったこともあったね。
お店で俺らのサークルの飲み会もやったよね。
土曜・日曜の予約の時は仕込みも一緒にしたね。
俺が彼女を連れて行ったこともあったね。

なんでもない日々だったけど、数え上げたら限が無いくらいの沢山たくさんの思い出があるね。
その当時は、当たり前のこと、当たり前だと思ってたけど、
母さんはいつもこんなこと言ってたね。
『お母さんはね、周りの人達に、あんたやお姉ちゃんが、飲み屋の子供だから弁当も作ってもらえないとか、
子供がどうしようもないとか言わせたく無いんだよ』って。

その通り、俺が高校に進学してからは、3年間1日も欠かすこと無くお弁当を持たせてくれたよね。
夜中の2時に家に帰ってきて、朝の6時にはお弁当があるって相当すごいことだよね。
しかも、手抜きなお弁当なんて一度も無かったね。


店は15年程で閉めたけど、その後も母さんはずっと働いてるね。
去年、父さんが入院した時も、どうせお見舞いで側にいたってしょうがないんだからって言って
手術の日以外は休まず、働いてたよね。


母さん。
貴女は、すごく真っ直ぐな人。
貴女は、勘定より感情で物事を考える人。
貴女は、気前が良くて、働き者な人。

俺ね。
あなたのもとに生まれたこと。
あなたの愛情に触れられていること。
そして、何も変わらずにいるあなたに感謝してます。

ホントは言葉で伝えたいけど、うちの家族はそういうの無いじゃんね。
だから手紙で、『ありがと』


AD

退職お知らせメールに思う

テーマ:
久しぶりだ。
でも、毎日ちゃんと楽しんでたよ俺。うん。

今日はある意味、俺にとっても大きな変革の日なのかもしれない。
入社以来、お世話になってる先輩が退職することになった。

すげー兄ちゃん的な存在で、
ちょっとおせっかいで、
いつも俺が俺がの先輩たちの中でも特に突出してる存在。w

ここ最近は、同じ部門で働くことは無かったけど、
何かある度に、ちゃんと声を掛けてくれる。
心配してくれる。
先輩ボタンを押しまくるw。

そんな先輩は現在、子会社に出向しており
その子会社が丸ごとグループから外れることになり、
出向元に戻るか、そのまま転籍するか?の選択肢の中で
退職(どちらにも属さない)の道を選んだ。


始めにその話を聞いたときには
家族もあって、大丈夫なのかな?とか
転職先を探すにしても、とりあえずどちらかに属せばいいのに。。
なんて簡単に思ってしまった俺。


実際、電話で話を聞いたときにその考えは消えたんだ。


『残ったって、どうせ新入社員以下の扱いだろ』


その通り。だった。
今の会社の状況を考えたら、きっと経験や能力を見ない(見れないといった方が適切かも)で
出向解除後の人達は、一同に同じ部署で新人として見られる。
おかしなことになるのだ。。。


そんなの嫌だって。
それに未練もないって。

かっこよい。かっこよすぎる。
そんな先輩から今日、以下のメールが届いた。。


原文ママ(突っ込みドコロ満載) 注)人名等は修正
***************************************************************
お世話になった皆様
お世話した皆様

※CCBで失礼します。

お疲れ様です。
㈱【社名】モバイルの○○です。
私事で恐縮ですが、この度、出向元である   を
退職する事になりました。

独立営業部であるビル営業部入社より、以来15年とチョイト、
言葉では言い尽くせない多くの良い経験をさせて頂きました。

全国の営業所にお世話になった、出張飛込み営業部隊。
毎月、ノルマをキッチリこなしつつ、出張先での美味しい物を
食べ歩かせて頂き、なんと楽しい会社なんだと感じた4年間。

パーソナル事業本部時代では、「販売」から「営業」への意識変換を
行い、大きな仕事に取り組め、個人的に飛躍したチャンスを頂戴出来
たと、◆◆◆(二代目)及び▲▲さんはじめ、上司の皆様に心より
感謝いたしております。

そして、一緒に笑い、泣いた、かけがえのない仲間

上司、先輩、同期、後輩

ありがとう

怒られる事、沢山ありました。
悪い事、いっぱいやっちゃいました。
悔しい事、色々ですわ
喜ぶ事、自慢の数あります。
褒められる事、3個くらい・・・・

どんな時も、最高な仲間に囲まれ、支えられていたていたからこそ、
全てが素敵な想い出です。

15年の【会社名】人生での財産は、仲間です。
一人では何も出来ない○○です。
どうかこれからも、○○の宝物であってください。


心から感謝です

**************************************************************************

意外にも、あっさりした文章。
いつものメールと違って、短くでびっくり。

でも、先輩の意図は何となくわかる。


始めに、CCBですみません。→これBCCね
ココナッツボーイズじゃないんですから。。。。

ノルマもあっさりクリア。
確かに、とうじのこの営業部。ノルマを達成しない人は
まずいなかった。仕事はきっちり、遊びもきっちりの集団だった。


一番すげーなと思ったのが、ここ

『パーソナル事業本部時代では、「販売」から「営業」への意識変換を行い、大きな仕事に取り組め、個人的に飛躍したチャンスを頂戴出来たと』

≪販売≫と≪営業≫の違い。
俺がずっと感じてたこと。

今の会社はこの違いに気が付いてないのだろうか。。。。
営業を育てることが出来ない組織。。

こんな会社に未練は無い。


最もなのだ。。。

AD

母さん。

テーマ:

母さん。


母さんへの手紙って初めてだね。
この前、仕事で古淵駅を通過したよ。
駅の周りはあの頃とあんまり変わってなかったよ。

母さんが店を辞めてからもうどのくらい経ったんだろうね。
あの頃のこと時々頭に浮かぶんだ。


母さん。今年で70歳だね。
もう、孫の一人や二人いないとおかしい年齢だね。
なのに、姉ちゃんも俺も未だに結婚もしてないんだもんね(笑)
てか、母さんがそんな年齢になってるなんて考えもしなかったよ。


いつもパワフルな母さん。
俺がものごころついた時には、ウチの家庭は≪昼は母子家庭≫・≪夜は父子家庭≫だったね(笑)

小学生の頃の記憶だけど、
俺が、学校から帰ってくると母さんは夕飯の支度を終え、仕事へ行く仕度をしてたよね。
父さんが決まって18時に帰って来ると、直ぐにご飯食べて、18時30分には駅まで送ってたよね。
一緒に車に乗って行くのが俺は好きだったんだ。
当時はお寿司屋さんで働いてたんだっけ?


その後も母さんは色々な人からの誘いで、いつかの店を変わったんだよね。
正直、当時の俺にはよくわからない世界だったよ。 もちろん今はわかってるよw
いわゆる、お水の世界だよね。
それでも俺は特に違和感を感じることもなく今まで来たかな。


そして、俺が中学2年の頃、古淵に自分の店を持ったんだよね。
すごく嬉しそうに内装の打ち合わせしてる母さんを覚えてるよ。
小さくても、自分のお店だもんね。
その時は考えもしなったけど、今では、【お店を出す】ってことが、どれだけ凄いことなのか分かるよ。
でも、それを平気でやってのけてたんだね。尊敬します。


その店も、俺を『大学を卒業させるまでは頑張る』と言っていた通り、15年間休むこともなく働いてたね。


お店のガラスが割られる事件もあったね。夜通し泊り込んだのに、次の日にやられたこともあったしね。
バイクの免許を取った俺が母さんをバイクで迎えに行ったこともあったね。

お店で俺らのサークルの飲み会もやったよね。

土曜・日曜の予約の時は仕込みも一緒にしたね。
俺の彼女を連れて行ったこともあったね。


なんでもない日々だったけど、数え上げたら限が無いくらいの沢山たくさんの思い出があるね。
その当時は、当たり前のこと、当たり前だと思ってたけど、母さんはいつもこんなこと言ってたね。

『お母さんはね、周りの人達に、あんたやお姉ちゃんが、飲み屋の子供だから弁当も作ってもらえないとか、
子供がどうしようもないとか言わせたく無いんだよ』って。


その通り、俺が高校に進学してからは、3年間1日も欠かすこと無くお弁当を持たせてくれたよね。
夜中の2時に家に帰ってきて、朝の6時にはお弁当があるって相当すごいことだよね。
しかも、手抜きなお弁当なんて一度も無かったね。


店は15年程で閉めたけど、その後も母さんはずっと働いてるね。
去年、父さんが入院した時も、どうせお見舞いで側にいたってしょうがないんだからって言って
手術の日以外は休まず、働いてたよね。


母さん。
貴女は、すごく真っ直ぐな人。
貴女は、勘定より感情で物事を考える人。
貴女は、気前が良くて、働き者な人。


俺ね。
あなたのもとに生まれたこと。
あなたの愛情に触れられていること。
そして、何も変わらずにいるあなたに感謝してます。


ホントは言葉で伝えたいけど、うちの家族はそういうの無いじゃんね(笑)


だから手紙で、『ありがと』だけ伝えます。

AD

『くだらねー』とつぶやいて

テーマ:

懐かしい文章見つけた。
内定者ようのHPに載る原稿だった。

振り返ってみたらちょっとだけ悲しくなった。

-------------------------------------------------------


【いろいろな部署を経験されて思うこと】


営業系にしても、スタッフ系にしても会社で働く全ての人が、同じ方向に向かって進んで行くことが大事だなぁって。
CRMって言葉、知ってる方も多いと思います。『カスタマー・リレーションシップ・マネジメント』お客様は会社のお客様であって、個人のお客様ではないってこと。営業だけが大変なんじゃないし、取り付ける技術さん・支店での総務さん・コンテンツを作るスタッフや基幹部署のスタッフさん。。。色んな人たちが関わってるのです。
誰一人、関係ない部署の人はいないんだって思う。だって会社って言う一つの組織だもん。って改めて感じます。



【今後について 目標・夢などを教えてください】


皆が笑ってる仕事がしたい。笑顔の在る空間が作りたい。
例えば、ブライダル関係なんて素敵だと思う。だって、結婚する二人は幸せじゃんね。で、その二人にあった式を一緒に考えて。で、結婚式って基本は招待して、来てくれる人だけが参列するでしょ。式は幸せな二人と、その家族・仲間たちだけ。
笑ったり、感動したり、二人の為だけにその空間はあるの。そんな場を提供できる、実感できる仕事がやってみたいし、自分に合ってる気がする。



【内定者のみなさんに期待することは?】


サラリーマンにならないで欲しい。給料もらってるから言われたことだけをやるとか、考えて欲しくない。常に全体像をみて、考えて、最良の道を選択して欲しい。皆さんが今考えている、○○○○という会社の中で、何ができるのか、何をやりたいのか、しっかりとした意見をもって欲しい。経営者的な立場でいいと思う。会社をよくしたい!って気持ちで入社して欲しい。変な意味でとってほしくないんだけど。



【内定者へのメッセージ】

自分のこと好きになってください。
自分を好きになったら、自分に関わる全ての人や物や事柄に対して、一生懸命になれます。
自分が好きでなかったら、自分に関わる全ての人や物や事柄が貴方を見捨てます。
自分が好きだから、自分の家族・仲間・恋人・会社だったりを誇りに思えます。
自分が好きでなかったら、貴方のことを好きな家族・仲間・恋人や会社に対して失礼です。
  
要するに、熱くあれってこと。
--------------------------------------------------


だって。
ちょっと前のことなのに、すげー昔の気がする。

今の自分に絶対的に足りない気持ち。

分かっているのに、やらない自分。
この前、ある方とご一緒する機会があった時も言われた。
最後まで突っ走れと。


諦めること以外のことをしよう!がモットーだったのに。
諦めることを覚えた。
決して、諦めてるわけではないけど。
『くだらねー』ってつぶやいて、冷めた面してる自分。



俺の周りでは、最近すげー輝いてる子が沢山いる。
メイクの勉強の為、日本を発った子。
モデルの仕事に一歩踏み出した子。
新しいフィールドでおもいっきりがんばってる奴。
面白いこと次々に始めようとしてる奴ら。


人って総てのものを手に入れることを望むけど、
そうじゃなくて、自分の周りのちょっとした幸せを感じるほうが良いんだって思う。
他人にとってはたわいの無いことが、自分にとってはとても大きくて。
幸せで。笑っていられるなら。


『くだらねー』とつぶやいて冷めた面してるんじゃなくて、
『くだらね~!!!けど、楽しい~』笑ってたいね。


くだらないことほど、楽しくて嬉しくて、面白いことないじゃんね。

みちしるべ

テーマ:

このテーマでブログを書くのは久しぶりだ。


伝えたいことたくさんあって。

うまく言葉に出来ないことを伝えるためにブログ始めて。


言葉にすることの意味を知っているから。

言葉の持つ力を信じているから。

言葉にした責任を人一倍感じるから。

言葉の怖さに臆病になった。


そして、

いつしか、伝えることをやめた。











今日、映画を観た。

その主題歌で、『みちしるべ』って曲を聴いた。







『みちしるべ』
作詞作曲 五郎川陸快(ごろうかわ たかよし)


もう少しで私の誕生日がやってくるけど
ただ ローソクは増える
右へ左へ伸し掛かるモノの バランスの中で心は揺れる


争いは嫌いだが 心の中ではいつも誰かに
ピストルを向けたりしてる
人を突き落としてもあがりたい表彰台
何かが欲しくて 何かを目指して


誰もが現代にみちしるべを探してる


生きるとはなんだろうか?
戦うことか 戦いを避けることか
正しさとはなんだろうか?
間違わぬことか 見失わぬことでしょうか?


また朝が来て 顔を洗えば私に終わりがあるなど 水に流れる
悔しいくらいに かっこよくいたい 
悔しいくらいに 良き人でいたい


涙で枯れて
笑顔で皺が増えて
愛しき人と 何かを背負い腰を丸くする
苦しいくらいに 幸せでいたい
苦しいくらいに 幸せにしたい


それでもそれすら忘れるときがある


優しさとはなんだろうか?
許せることか 許さぬことでしょうか
愛するとはなんだろうか?
思いやるだけか 疑う心をも隠すことでしょうか


雨にマケテ 風にもマケルけれども
いつか私もみちしるす


生きるとはなんだろうか?
戦うことか 守り続けることか
正しさとはなんだろうか?
踏み外さぬことか 自分だけが失わぬことなのか


これから先 歩む一歩が 
死にゆく一歩でなく 生きゆく一歩であれ

これから先 歌う言葉が
恥ずかしながらも 人の心打つ様にと

それが私のみちしるべ









最後の受注

テーマ:

今月も、残すところ後1営業日。
営業っぽい月末のピリピリ感は嫌いじゃありません。はい。


で、この時期になると
『退職のお知らせ』ってメールが来るんだよね。


先月からあるクライアント様への提案で一緒に動いてた後輩ちゃんも
来月で辞めちゃう。

新入社員で入ってきたのが2年前。
新規立ち上げの部署に新卒で配属されて、
右往左往しながらも一生懸命頑張ってた子。

正直、同じ部署の時にはあんまりかかわりを持たないようにしてた。
多分後輩ちゃんも俺を避けてたんだと思う。


でも、この1ヶ月一緒に仕事して、
何回かの同行をしているうちに、退職のこと聞かされた。


俺の第一声は
『いいじゃん』だったよ。


正直、彼女には今の状況でやらされてる感の仕事をするよりも、
もっともっと自分から攻める環境に身を置いたほうが成長すると思う。

まだまだ、荒削りな部分も多くて、真っ直ぐすぎるところも多いけど、
まだ若いし、いくらでも成長できる。


やりたいこともわからず、とりあえずイメージで就職活動する。
そんな中から、フィーリングで会社を決める。


そこで、

やりがいを見つけられる子。
自分の才能を開花させる子。
社会に幻滅する子。
とりあえずでいられる子。

様々だと思うけど、

この会社で

やりがいを見つけられて
自分の一生懸命を見つけられたなら、

今度は、
その上のステージに自分を置くことはすごく大切なことで、
それを行動に移すことは、
すごくパワーと勇気がいることだと思う。

それが出来る彼女なら、きっと
『良かったじゃん』になれると思う。


最後の受注!
やったね!!!

最後の仕事を一緒に出来て光栄に思うよ。

引っ掻きキズでも残そうか

テーマ:

携帯無料ゲーム『モバゲータウン』でおなじみの株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)の会社概要にある

社長メッセージがすごく好き。



アシモフだったかクラークだったか忘れたが、

地球にこれまで生を受けた人間の数と宇宙に存在する星の数がだいたい一緒だと言っていたのを思い出す。

私にもひとつもらえるかな、と考える。

どんな星がいいだろうか。どんな社会をつくろうか。


DeNA


社員の数だけ個性があって夢がある。

それぞれの個性と夢が集まって、またきっと離れて行く。

46億年の地球の歴史の中でDeNAの歴史はまだたったの数年だ。

これからこの会社がどんなに長生きしようとも、地球や宇宙の時間のなかではほんの瞬間の存在になる。

けれどもなにか宇宙に引っ掻きキズみたいな証を残したい。

私たちの大きな夢とてんでバラバラの個性で、DeNAが生まれる前とその後では、きっと違う時代になる。




大きな大きな宇宙の中の、たった一つの地球上に自分が生きた証。

これを本気で考えてるんだろうな~

すげー


なんとなく、企業にありがちな社長メッセージと違ってて共感した。

やらない言い訳

テーマ:

先週末、ある大手製作会社の部長と話をさせてもらったの。

その会社はちょっと前から興味があって、本なんかも読んでたんだけど、

やっぱり考え方がかっこいい。


それぞれの<人><個性>を大切にしていて、

それでもって、その先にちゃんと利益を求めて動いてる。


お礼と、御社にとって必要な人材とは?ってメールをしたら、

以下の文章をもらったの。



~(抜粋)

   この業界は大変多くの人とのコミュニケーションで

   ビジネスが生まれています。

   それの一番初めのきっかけをつくって

最後まで成し遂げることができる人材を求めてます。
  

個性は人によって違っても良いと思ってますが、

   とにかく初めの一歩を踏み出せて、

最後まで完走する力が重要だと思ってます。 ~



この方、口頭でも

 『きっかけを作るのは、人なんです。

 そのきっかけを作るコミュニケーションはその人にしか出来ないものでいいのです。

 で、それを形にして、結果を出すために出来る全てのことに対しては周りは協力します』

って。



当たり前なんだけど、出来ないよね。。



で、今日、違う部署の子とのやり取りで、愕然とした。

最近、よく話に出てくる、『やらない理由』ってやつ。


あんまり詳しくは書けないけど、

明日からの予定のものを、

俺が言うまで、何にも言ってこない上に、

メールで、

『明日からは無理なので明後日からになります』と。。。


しかも

最後にこう締め括ってた。。。。


『もしご不明点がありましたら、(別人格・上席?)さんの方までご確認お願い致します。
以上ご確認の上、宜しくお願い致します。』



何これ??馬鹿にしてんの??


あまりにふざけたメールだったから、

『どんな仕事してんだよ』って全返信で返してやったのに、


その本人はもとより、上席?からも何一つ連絡が来ない。。。。



はぁ~?


もちろん、結果ちゃんと明日から間に合うように俺が調整したけどね。



何の調整もしないで、明後日から?

自分では知りませんみたいな言い方。

また、その上席もなんかあったら俺に言えよみたいな?


教えるとこ間違ってんだろ。

物事の優先順位や、仕事の進め方。

また、問題が起きた時の最大限の対処方法とか。


これじゃ、素敵な人材も人罪だな。。。。