母さん。

テーマ:

母さん。


母さんへの手紙って初めてだね。
この前、仕事で古淵駅を通過したよ。
駅の周りはあの頃とあんまり変わってなかったよ。

母さんが店を辞めてからもうどのくらい経ったんだろうね。
あの頃のこと時々頭に浮かぶんだ。


母さん。今年で70歳だね。
もう、孫の一人や二人いないとおかしい年齢だね。
なのに、姉ちゃんも俺も未だに結婚もしてないんだもんね(笑)
てか、母さんがそんな年齢になってるなんて考えもしなかったよ。


いつもパワフルな母さん。
俺がものごころついた時には、ウチの家庭は≪昼は母子家庭≫・≪夜は父子家庭≫だったね(笑)

小学生の頃の記憶だけど、
俺が、学校から帰ってくると母さんは夕飯の支度を終え、仕事へ行く仕度をしてたよね。
父さんが決まって18時に帰って来ると、直ぐにご飯食べて、18時30分には駅まで送ってたよね。
一緒に車に乗って行くのが俺は好きだったんだ。
当時はお寿司屋さんで働いてたんだっけ?


その後も母さんは色々な人からの誘いで、いつかの店を変わったんだよね。
正直、当時の俺にはよくわからない世界だったよ。 もちろん今はわかってるよw
いわゆる、お水の世界だよね。
それでも俺は特に違和感を感じることもなく今まで来たかな。


そして、俺が中学2年の頃、古淵に自分の店を持ったんだよね。
すごく嬉しそうに内装の打ち合わせしてる母さんを覚えてるよ。
小さくても、自分のお店だもんね。
その時は考えもしなったけど、今では、【お店を出す】ってことが、どれだけ凄いことなのか分かるよ。
でも、それを平気でやってのけてたんだね。尊敬します。


その店も、俺を『大学を卒業させるまでは頑張る』と言っていた通り、15年間休むこともなく働いてたね。


お店のガラスが割られる事件もあったね。夜通し泊り込んだのに、次の日にやられたこともあったしね。
バイクの免許を取った俺が母さんをバイクで迎えに行ったこともあったね。

お店で俺らのサークルの飲み会もやったよね。

土曜・日曜の予約の時は仕込みも一緒にしたね。
俺の彼女を連れて行ったこともあったね。


なんでもない日々だったけど、数え上げたら限が無いくらいの沢山たくさんの思い出があるね。
その当時は、当たり前のこと、当たり前だと思ってたけど、母さんはいつもこんなこと言ってたね。

『お母さんはね、周りの人達に、あんたやお姉ちゃんが、飲み屋の子供だから弁当も作ってもらえないとか、
子供がどうしようもないとか言わせたく無いんだよ』って。


その通り、俺が高校に進学してからは、3年間1日も欠かすこと無くお弁当を持たせてくれたよね。
夜中の2時に家に帰ってきて、朝の6時にはお弁当があるって相当すごいことだよね。
しかも、手抜きなお弁当なんて一度も無かったね。


店は15年程で閉めたけど、その後も母さんはずっと働いてるね。
去年、父さんが入院した時も、どうせお見舞いで側にいたってしょうがないんだからって言って
手術の日以外は休まず、働いてたよね。


母さん。
貴女は、すごく真っ直ぐな人。
貴女は、勘定より感情で物事を考える人。
貴女は、気前が良くて、働き者な人。


俺ね。
あなたのもとに生まれたこと。
あなたの愛情に触れられていること。
そして、何も変わらずにいるあなたに感謝してます。


ホントは言葉で伝えたいけど、うちの家族はそういうの無いじゃんね(笑)


だから手紙で、『ありがと』だけ伝えます。

AD