『脳卒中』は、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の総称です。

脳卒中の後遺症である片麻痺で、体は動かしにくくなります。
「もう回復しないから」とあきらめていませんか?





在宅でのリハビリによって、まだ改善する可能性があります。


リハビリをすることで、こうした効果が出ています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月01日(木)

筋肉に思い出させる

テーマ: ├ 筋力の強化
こんにちは、行徳の訪問リハビリ マッサージ師 田口です。

1回 300~500円程で、訪問リハビリを利用できます。
■お問い合わせはこちら → 電話 080-6742-5062


先月、久々にラグビーをプレーしました。
試合形式の攻防で、真剣にタックルで止めたりします。

当たり前ですが、普段の私はタックルの練習などしていません。

ぶっつけ本番でしたが、プレー中に体が思い出すものですね。
体に染みついた動きは、誰にでもありますね。


脳出血を発症したCさん(70代女性)は後遺症が重く、寝たきりになっています。

Cさんは、週2回利用する『デイサービス』を楽しみにしています。

デイサービスとは介護保険によるサービスの一種で、専門的には『通所介護施設』と呼ばれます。

施設に行くと、その利用者さんの必要に応じて、入浴や食事等の介護サービスを受けられます。


デイサービスにいる間、Cさんは車椅子に座って過ごしています。

車椅子で可能な限り、デイサービスのレクリエーションに参加しているのです。

ところが先日訪問した際、Cさんが話していました。

「先週行った時はすぐ疲れて、途中で寝かせてもらったの」

車椅子に座っている姿勢が辛くなって、ベッドへ寝かせてもらったと言うのです。


人間の体は本来、立って歩くことを前提とした構造となっています。

つまり頭が上にあって、体が地面と垂直になる姿勢が基本なのです。

これによって、体は”縦の重力”を受けることになります。


縦の重力を受けることで、体の筋肉もそれを支えようと働きます。
特にお腹や背中周辺の筋肉は、大きな役割を担います。

重たい頭や上半身を支えるという役割ですね。

お腹や背中周辺は、『体幹』(たいかん)という言葉で表されます。

体幹の筋力は、毎日縦の重力を受けることで、支える力が付いてくるのです。


Cさんは普段、寝たきりで過ごしています。
そのため、”横からの”重力ばかり受けてしまいます。

これでは体を支える力は付きません。

力が付かないばかりか、支える必要がないことに慣れて、筋肉はどんどん怠けてしまいます。

結果として、支える力そのものが失われていくのです。

これが、Cさんの言葉につながる訳ですね。

ずっと座っている状態が窮屈だから疲れるのではありません。
上半身を支える筋力がないために、疲れるのです。


これも寝たきりの弊害と言えます。


こうした状態を改善するためには、リハビリが大切です。
リハビリと言っても、大げさなものではありません。

できるだけ、座る時間をつくることだけです。

5分でも10分でも構わないので、毎日続けることが重要です。

上半身を立てることで、筋肉に縦の重力がかかることを思い出させるのです。


それに慣れてくれば、座っても疲れなくなってきます。

長時間座ることができれば、自分でやれることも広がってきます。

ですので私はリハビリの最後に、Cさんを座らせることにしています。

わずか数分で、こんなに変わってくるからです。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

◆訪問リハビリ・マッサージの効果を知りたい方◆
実際に、こうした効果が出ています。

◆実際に利用した患者さんの声を知りたい方◆
患者さんの感想がこちらです。

市川市 行徳 脳梗塞・脳出血のリハビリ専門治療院
訪問リハビリ・マッサージ いぶき治療院

■診療時間 9:00~19:00
■定休日 日曜日・祝日
■お問い合わせ 電話 080-6742-5062
(電話に出られないことが多いため、留守電にお名前とご用件をお願いします)

行徳・南行徳・妙典・本八幡など市川市内の他、船橋・浦安・新浦安・葛西・西葛西・幕張などへ、訪問リハビリ・マッサージに伺います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月31日(水)

性格の変化も起こり得ます

テーマ:■脳卒中とは?
こんにちは、行徳の訪問リハビリ マッサージ師 田口です。

1回 300~500円程で、訪問リハビリを利用できます。
■お問い合わせはこちら → 電話 080-6742-5062


あるお宅の猫は、私が訪問するとすぐ隠れていました。
決して近寄ってこないので、嫌われているのかと思っていました。

それがいつの間にか隠れなくなり、今では私がすぐ隣に座っても、構わずそのままくつろいでいます。

どんな心境の変化があったのかはわかりません。
でも良い方向に変わってくれて、私は嬉しいですね。


私たちがよく耳にする、『脳卒中』という言葉があります。
脳卒中はそれ自体が、病名を表すものではありません。

脳卒中とは、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の総称です。

人は脳卒中を発症すると、個人差はありますが後遺症が現れます。

後遺症の中でも、体の右(左)半身が麻痺してしまう『片麻痺』(かたまひ)は、脳卒中患者さんの大多数に見られる症状です。


後遺症には、こうした目に見える身体的なものの他に、目に見えない後遺症が現れることがあります。

その一つに、性格の変化が挙げられます。
具体的な例は、以下のようなものです。

・すぐ人に頼ろうとする
・我慢ができずに何でも欲しくなる
・些細なことで怒ったり泣いたり、感情のコントロールが効かない
・人に言われるまで何もしようとしないなど、意欲や自発性の低下


人間は動物よりも脳が発達しているため、高等動物とも言われます。

言葉を使ってコミュニケーションをしたり、昨日の出来事を記憶していたり、複雑な数学の式を解いたりすることができます。

こうした”人間らしい”脳の働きを『高次脳機能』と言い、上記の例のような症状を『高次脳機能障害』と言います。


高次脳機能障害は、進行しないと言われています。

元々は、事故や病気がきっかけで起こるものです。
片麻痺が少しずつ回復していくように、ある程度回復も見込めます。


脳卒中によって、脳は損傷を受けます。
損傷を受けた場所や程度によって、実に様々な症状が見られます。

ご家族は、患者さんが急に違う性格になったような気がして、困惑するかもしれません。

そしてついカッとなったり、逆撫でするような態度をとってしまう可能性もあります。

大切なことは、「患者さんの”今の”性格を受け入れてあげられるか」とも言われます。

こちらとも無関係ではなさそうですね。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

◆訪問リハビリ・マッサージの効果を知りたい方◆
実際に、こうした効果が出ています。

◆実際に利用した患者さんの声を知りたい方◆
患者さんの感想がこちらです。

市川市 行徳 脳梗塞・脳出血のリハビリ専門治療院
訪問リハビリ・マッサージ いぶき治療院

■診療時間 9:00~19:00
■定休日 日曜日・祝日
■お問い合わせ 電話 080-6742-5062
(電話に出られないことが多いため、留守電にお名前とご用件をお願いします)

行徳・南行徳・妙典・本八幡など市川市内の他、船橋・津田沼・浦安・新浦安・葛西・西葛西などへ、訪問リハビリ・マッサージに伺います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月30日(火)

麻痺側で腕相撲ができた!

テーマ:■ リハビリの効果
こんにちは、行徳の訪問リハビリ マッサージ師 田口です。

1回 300~500円程で、訪問リハビリを利用できます。
■お問い合わせはこちら → 電話 080-6742-5062


運転免許を取りたての時期は、誰もがぎこちない運転をしますよね。
特に高速道路など乗ったときには、車線変更ができません。

私がそうでした(笑)

でもいつの間にか、できるようになっているから不思議ですよね。


脳出血を発症したSさん(40代男性)は、右片麻痺(かたまひ)の後遺症があります。

片麻痺とは、体の右(左)半身が麻痺してしまう症状です。
脳梗塞や脳出血で起こる、代表的な後遺症です。


先日訪問した際、奥様が嬉しそうに話してくれました。

「こないだ、私と腕相撲ができたんですよ!」

Sさんの麻痺側である右腕を使って、腕相撲ができたそうです。


Sさんの右腕は片麻痺の影響で、肘から先の動きに難があります。
また、しっかりと力を入れることがうまくできませんでした。

ところが先日、たまたまSさんの動きを見ていた奥様が「もしかして、だいぶ力が入るようになったのでは?」と思ったそうです。

手っ取り早く力を確認する手段として、腕相撲をしてみたのです。


もちろん一般的にイメージするような、目いっぱい力が入った腕相撲ではありません。

ただし、Sさんが奥様の腕を押す感覚は、しっかり感じたそうです。

全くと言って良いほど力を感じなかったところが、少しでも力を感じるようになったことは大きい出来事です。

目に見える効果は、Sさん本人にとって励みになりますからね。


脳卒中のリハビリは、なかなかすぐに効果を感じにくいものです。

また、動きづらさや力の入り具合など、数字として見えるものではありません。

外から触った感覚で「動く範囲が広がった」とか、「力が入るようになった」など、本人が気付きにくいことも多いのです。

ですから、こうした出来事も多いのです。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

◆訪問リハビリ・マッサージの効果を知りたい方◆
実際に、こうした効果が出ています。

◆実際に利用した患者さんの声を知りたい方◆
患者さんの感想がこちらです。

市川市 行徳 脳梗塞・脳出血のリハビリ専門治療院
訪問リハビリ・マッサージ いぶき治療院

■診療時間 9:00~19:00
■定休日 日曜日・祝日
■お問い合わせ 電話 080-6742-5062
(電話に出られないことが多いため、留守電にお名前とご用件をお願いします)

行徳・南行徳・妙典・本八幡など市川市内の他、船橋・津田沼・浦安・新浦安・葛西・西葛西などへ、訪問リハビリ・マッサージに伺います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>