4.25 我々はあのJR福知山線の脱線転覆事件を過去の出来事にしない!。

兵庫県尼崎市宝塚線で起こした脱線転覆事件福知山線脱線転覆事故(JR宝塚線脱線転覆事故)」から12年が経過しました。死傷者が562人を出したあの惨劇を過去のものにしてはならない!。今でも事件現場を撮影し続けるものもいるということです。
尼崎市にあるアルカイックホールでこの脱線転覆事件を過去のものにせぬように毎年このイベントを行われています。新聞メディアにも「4.25 JR福知山線の脱線転覆事件を過去のものにしない!。」と表記されています。
その8か月後の12月25日山形県羽越線特急脱線転覆事故が発生しました。

私たちは、過去で起きた鉄道事件を振り返ると、当初は1945年11月18日神戸有馬電気鉄道電車脱線転覆事故から始まりました。(死傷者が228人を出しました。)
その次が1947年度末(1948年3月31日)近鉄奈良線暴走追突事故が発生し、(死傷者が49人を出しました。)
その次が1966年11月12日近鉄河内国分駅列車追突事故が発生し、(死傷者が44人を出しました。)
その次が1991年5月14日信楽高原鉄道列車正面衝突事故が発生し、(死傷者が654人を出しました。)

AD