文化審議会は7日、漢字使用の目安である常用漢字表に「俺」「鬱」など196字を追加し、「匁」など5字を削除して2136字とする改定案を了承し、文部科学相に答申した。年内にも改定常用漢字表が告示される見通しで、1981年に現行表が制定されて以来、29年ぶりの改定となる。
現行表では手書きを前提に1945字が採用されている。その後に普及したパソコンや携帯電話の漢字変換機能の使用で、日常的に使われる漢字が増加したことから、改定では「すべての漢字を手書きできる必要はない」とし、約1割の大幅増を決めた。
一方、手書きは文化や漢字習得の手段として重要だとの見解も示した。
現行表には固有名詞だけに用いられる字は除かれており、今回も原則的に除外した。ただ、府県名で使われる「阪」「岡」「埼」などの11字は公共性が高いとして追加し、全都道府県名の常用漢字入りが決まった。画数が多く手書きは難しい「鬱」なども、使用頻度が高いとして加えた。
新たに常用漢字となる「遜」「遡」「謎」では、これまでの常用漢字で用いられてきた、点が一つの「1点しんにゅう」を使うことも許されるなど、同じ漢字で異なる字体が混在する例も登場した。

【関連ニュース】
関係団体からヒアリングへ=著作物利用の新規定導入で
平城宮庭園、特別名勝に=下関台場跡、遍路道も
常用漢字改訂案を了承=来月にも答申へ
京町家など重文指定へ=建造物8件を答申
常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り

駐中国大使に丹羽氏=国交回復後初の民間人―伊藤忠相談役、政治主導で(時事通信)
迎賓館迫撃弾事件、差し戻し審で中核派3人実刑(読売新聞)
他人まね嫌う大阪人…ラーメン根付かぬ文化のなぜ?(産経新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
民主代表選 菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に(毎日新聞)
AD