平城遷都1300年祭の公式キャラ「せんとくん」の顔を描いたコーヒー「せんとくんカプチーノ」が19日から、近鉄が経営するカフェ「チャオプレッソ」の奈良、京都、大阪、三重4府県の近鉄駅構内にある6店舗で発売され、人気を呼んでいる。
 せんとくんカプチーノは、通常のカプチーノ(税込300円)に、せんとくんの顔をかたどった型の上からココアパウダーをまぶして作るが、値段は同じ。近鉄奈良店では入り口にポスターを掲示したこともあり、初日は朝から注文が相次ぎ、普段の1.5倍の売れ行きだったという。
 客からは「かわいい」と評判で、特に女性の人気が高いという。携帯電話やカメラで撮影する人も多く、同店の男性スタッフは「奈良のいい思い出作りになってくれれば」と話している。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都
〔地域の情報〕岡崎城の東隅櫓が完成=愛知県岡崎市
〔地域の情報〕ソメイヨシノ発祥の駒込をPR=東京都豊島区

長谷川等伯展 来場者が20万人を突破 東京国立博物館(毎日新聞)
新年度予算が参院で可決、成立(読売新聞)
禁輸、本会議でも回避へ=EUで輸出許可制模索の動き-クロマグロ(時事通信)
【はてなは、はてなし】論説委員・坂口至徳 京の名花 バイオで守る(産経新聞)
民主・生方副幹事長解任、閣僚からも批判(読売新聞)
AD