25日午前7時ごろ、松山市南吉田町の松山空港にイノシシ1頭が侵入したのを滑走路にいた工事業者の男性が発見し、空港事務所に通報した。職員約10人が車を使ってイノシシを囲い込んで、南側のゲートから外に追い出そうとしたが、イノシシは逃げ回り、滑走路や誘導路にも入った。イノシシは午前11時半ごろ、愛媛県猟友会松山支部のメンバーが銃で射殺。イノシシは体長約75センチ、体重約12キロのメスだったという。

 この影響で、名古屋発の到着便が管制官の指示で着陸をやり直し、6分遅れで到着。伊丹へ向かう2便にも遅れが出た。

 この日は、羽田空港の濃霧による視界不良で大幅にダイヤが乱れ、松山空港の関係者は「朝からトラブル続きの一日だった」と困惑していた。

【関連記事】
仕事中に狩り、市施設所長を書類送検 イノシシ不法投棄容疑
イノシシ「困った」捕獲も逃がす場所なく 大阪・堺 
後ろからイノシシが…小学生が脚に軽傷 愛媛
捕獲イノシシの肉利用 「あがしし君」鍋で四万温泉をPR 群馬
車にひかれたイノシシが暴れ、警官が射殺 金沢、かまれて2人軽傷

<強制わいせつ容疑>元Jリーガーを処分保留で釈放(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
<名古屋市議会>総合計画議決権条例を可決(毎日新聞)
<JR中央線>高円寺駅で人身事故 1万7千人に影響(毎日新聞)
クリスト&ジャンヌ=クロード展 “包む”楽しさ堪能、映像も(産経新聞)
AD