鳩山由紀夫首相は14日夜、菅直人副総理兼財務相が次期衆院選で消費税率の引き上げの是非を問う考えを示したことについて「今ここで何を公約にするとかいうことを議論するには、あまりにも早い話だ」と述べ、時期尚早との認識を示した。
 首相は「4年間は消費税を上げないとマニフェスト(政権公約)でうたって選挙を戦って勝利をいただいた。それは大事にしなければいけない」と、慎重に議論する姿勢を強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

白川郷の合掌家屋、初の耐震調査へ(読売新聞)
「時事漫画」原画 新たに105点 大正末期の作品「日本漫画の原点」(産経新聞)
首相「大変驚いている」…石川議員逮捕(読売新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
「桜田門外の変」で井伊直弼襲撃の拳銃か?(産経新聞)
AD