新車で購入してから気が付くともう3年経ってるんですよね・・・。まだまだ新車というイメージがあったとしても、もう中古車の部類に入ってしまうのが何かと悲しいかなと思ってしまいます。まだローンも5年?ぐらい残ってますしね。ちょこちょこ弄りながら乗って行こうかなと思います。

 

というわけで車検でした。自分の休みと行き付けの自動車屋との予定がなかなか噛み合わず、最終的には親に動いてもらいましたが、なんとか交換部品無しで車検が通ったようで良かったです。が・・・

「タイヤがもうじきダメ・・・」

把握はしてましたよ?たぶん言われるんじゃないかと思って。流石に車検通す前にタイヤ溝の深さ測ったぐらいですから。とは言えタイヤも未だに純正のBS(ブリジストン) POTENZA RE050履かせてる訳ですし、同じものを購入となれば最低でも10万~?(高っ!?)これは次の車検までの課題ですね・・・。

ホイールも変えたいのになぁ。。。

 

あーそうか七夕だからお願いしておこうかな。

「タイヤとお金降ってきますように。(←おい!?)」

無理だろうけど。

 

一応走行距離100,000kmを目指して。

AD

6月です。まだまだ田植えのシーズンでもありますね。自分も仕事柄、農家のお宅へ行って田植え機の実演をしてたりとかで今年も3枚程の水田に苗を植えてきました。本来だとお客さんにやってもらうのが1番良いんでしょうけれども、それこそ乗用田植え機なんて、平均して60~80歳の人にいきなり「(植えて)乗ってみては?」というのもなかなか無理な話ですけれどもね。ちなみに自分も4条植え以上のものでは植えたことないんですけれどね・・・。

 

私の母方の実家も農家の家で、昔は祖父の水田やら畑やら何かと泊りに行けば連れて行かれたものです。それこそ田植えの時期や代掻きの時期なんかは水田の端っこで(まだ小さかったかな)泥遊びとかしてた記憶はあるにはあるのです。それから約20年の時が過ぎて、まさか自分が農家に関連付けができるような仕事に就くとは考えても居ませんでしたけどね。学歴的には農業科の高校出て専門ではまた別のことをしてましたが、仕事で水田の中に入るとなれば容赦無く裸足で入ってしまうほどですね。(本当は怪我するとかで長靴で入るのが良いとされますが裸足の方が動きやすいのよね。)

 

「お米一粒に7人の神様」って昔から言われてますよね。これいろんな説があるようですが、調べたら切りが無さそうな気もします。でも1粒に7人の神様というならばご飯茶碗1杯でどのくらい?

っと考えれば・・・・

ご飯茶碗一杯で150gでこれは焚いた時の重さで、米(1粒)は焚けば2.3倍の重さとなり、それを割れば65g(割り切れないけど切り捨て)千粒重(米1000粒の重さ)で22gと仮定すればや約3000粒で1粒7人の神様が宿ってる訳だから21000人の神様が茶碗の中にいるようになります。(考えるだけでも頭痛いわ!)

でも言い方を変えれば「飯を食って育ってるんだから食い物を粗末にするな」ということにも繋がりそうですね。。。

 

朝はパンより米の方が力出るんだよなぁ。。。

AD

中型免許(総積11t)を取得してまだ1ヵ月未満。勤め先の積載車がようやく運転できるようになりました。とは言っても会社で所持してるのは3t(総積5t)ベースのトラックに違いはなく、本来所持していた免許でギリギリ乗れる。。。はずのものでしたが、ウィンチが付いてたりと結局のところ総積5tを余裕でオーバーしており(乗る前に車検証で確認)これまでの免許では運転できなかったわけです。

 

んで実際に運転してるのか・・・?

 

実はもう運転してるんです。今まで1.5t平ボテトラック、2tタンクローリーと運転してきたので今回の3t積載車はある意味ではステップアップみたいな見方で考えると運転できない訳ではないのです。(個人的には軽トラとかちっこい車の方が良いんだけど・・・)

でもいくら運転できるとはいっても慣れないといろいろと恐いものもあるますが・・・(汗)おまけに教習所はエアーブレーキだったのが、会社の積載車は油圧ブレーキでこれも戸惑う元でもありましたよ。うちの父方はご丁寧にも親父も祖父も大型免許所有してたので「よく運転できるよな・・・」と思ってしまったぐらいでした。

 

次に取得する免許はどうやら大型特殊になりそうですが、まだまだ取らなきゃいけない免許が山積みのようです。金銭的にもまったく余裕がないんですけど、あって困るようなものでもないので取れる時には取っちゃいたいものです。

 

二輪免許も欲しいけどだんだん遠くなってく。

AD