日出ずる処の天然

恥ずかしながら帰ってめぇりやした

本文には、「来た、見た、食った、でちょっと走ったアメリカ」時代の記事をはじめ、過去の記事へのリンクが貼ってありますにゃ


「どうもちいっとばかし話が見えねぇ」という方は、ピンクの部分をクリックして頂ければ、関連する過去記事に飛びますので、よろしければそちらもあわせてご覧くださいませ~アメリカ


「語学が好き!」グルッポ の管理人をやっておりますベル興味がある方はそちらものぞいてみて下さいね本





テーマ:
2ヶ月ぶりの更新だというのに景気の悪い話題で面目ないが、女公様は人生初のインフルエンザというものに取り憑かれている。

高熱を出している女公様というのは、ベジタリアンの狼と同じくらい稀少だと思う。


先生、こいつぁひょっとして、世間様でいう、インフルエンザってぇやつですかい?

どうやらそうらしいねぇ。世間じゃ流行りも収まったというのに、最後の最後に拾っちゃったねぇ。

…おいら、時代遅れな女なもんで。


医者のところでそういうやりとりをしたのが5日前である。イナビルとかいう吸引薬のおかげか持ち前の体力のおかげか知らないが、高熱は一日で下がった。

その後は他人様にうつさないことだけを念頭に、部屋に引きこもっている。

こんなに長く外の空気を吸わないのは、父の運転する車から転げ落ちて1ヶ月入院した小学一年生の時以来である。

退屈でも感染力がなくなるまでは決して外出しないことが流行を止める近道だと思うので、あと2日は籠城を続けて、ベースの練習でもするとしよう。

アップしそびれていたが、先月末、ベースを始めて3ヶ月にしてセッションデビューをした。

ビギナーへのご祝儀か、みなおだててくれるので、この調子で木に登っていきたい。




記念すべきデビュー曲は、‘’Ticket To Ride‘’と‘’ Love Me Do‘’
AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

テーマ:
それにしても今回もよく食べた。

東京に戻る飛行機に乗る前に、昨晩女公様を楽しませてくれたうまかもんを紹介しておこう。




鯨のスジのポン酢。初めて鯨のスジを食べたが、ポン酢ともみじおろしと鯨の風味に独特の歯ごたえがクセになりそうな美味しさ。




あおりイカの生カラスミ和え。贅を尽くした上品な逸品(←テレビショッピング風に)。




九十九島の焼き牡蠣。身が締まって味が濃い。




海の匂いと揚げたての香ばしさで箸が止まらない大きな薩摩揚げ。子供の頃、サツマアゲが揚げ物とは思えなかった(おでんに入っているきれいな形の練り物しか知らなかった)が、大人になって本場の本物の薩摩揚げを食べると、なんて美味しいんだろうと思う。




とどめは琉球茶漬け。大分名物らしいが初めて食べた。生鮭やらづけマグロやらタコ(!)やら〆サバ(!!)やら、が山のようにのっている。

もうね、これだけのためにまたこの店に来てもいい。

お茶漬け好きの女公様も脱帽である。

駅前のチェーン居酒屋でこのクオリティ。九州恐るべし。

しかもこれだけ食べて玄米緑茶飲んで三千円いかないというね。

これだから旅はやめられねぇ。


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんだか、裏ブログの方の題名のようになってしまった。

題名はともあれ、詳しいワンピース関連の記事はいずれ裏で書こうと思うので、とりあえずはハウス・テンボスである。

オランダ語で書くとHuis Ten Boschである。

おっといけねぇ、おいら、つい教養が滲み出てしまわあ。

何のことはない。

今、女公様の横においてあるみやげ袋に書いてあるロゴを丸写ししただけである。

そういうわけで、相変わらずお天気運だけは外すことのない女公様は、雲一つない佐世保の青空を愛でながら、初めてハウステンボスを訪れた。



以前から来たいと思っていたが、なかなか機会がなかったのである。

結論からいうと、ムチャムチャ楽しかった。

勢いで年間パスポートを買ってしまったUSJは、ONE PIECE以外のアトラクションにあまり興味が持てないのだが、ハウス・テンボスは、宇宙や自然をテーマにした映像シアターや、絶叫マシン系ではないライドも多く、何より花と緑と建物が美しくて、女公様にとっては実に愉しめるテーマパークである。

特にハマったのは、『ジパング探偵倶楽部』。

ご承知のとおり、女公様は超絶方向音痴の癖に、謎解きや宝探しや迷路といったものに目がない。

女公様にとっては初めて歩く土地は全て迷路のようなものだから、わざわざテーマパークでさまよい歩くのも酔狂の極みではあるのだが、『ふふふ、果たしてこの謎が君に解けるかね』と挑まれると、『おうともよ、解かいでか!』と盛り上がるのが人間の性というものである。

で、この『ジパング探偵倶楽部』、難易度が五段階に分かれている。

とりあえず真ん中の中級コース【七つの海の秘宝】を申し込む。




中級でも、春にUSJのワンピイベントでやった謎箱シリーズよりはかなり難しい。

まず探さなくてはならない範囲が広いし、ヒントも高度である。

苦労して捜し当てた目印の近くにはこんな小さな箱があり、中に答えが書いてある。




よっしゃあああ!

思わずガッツポーズが出る程度には難しく、完全に童心に帰って遊んでしまった女公様である。

上級と超上級もやりたい…


(つづく)












AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いやいや、およそ2ヶ月のご無沙汰である。

間が空きすぎて、もはや言い訳の言葉も思いつかない。

女公様の百万読者諸氏はいかがお過ごしだったろうか。果たしてまだ読んで下さる方はそもそもいるのだろうか。

女公様は元気である。

今日ようやく一年の仕事を終え、定時に職場を離脱すると、羽田空港から夜行便に飛び乗った。




今年は久々の長い年末年始休みなので、二泊予定の長崎旅行の記事と併せて、せいぜい溜まっていた最近のあれやこれやをアップしようと思う。

おいら、まだ大掃除も年賀状書きも手つかずなんだけども。
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハロウィンという異文化との女公様の最初の邂逅は、4年前のワシントンDCでの海兵隊マラソンだった。

仮装という妙にクセになる妖しい愉しみに目覚めたのも思えばこの時だった。

郷に入れば郷に従えをモットーとしている女公様は、ハロウィンにはアメリカ人はみな仮装するものと思っていたから、案外すっと入っていけた。

だが昨年、仕事帰りに夜中近くに渋谷を通ったとき、女公様は、最近の日本のハロウィンが、なんだかすごいことになっていることに初めて気付いたのである。

アメリカのハロウィンとは既に別の何かである。村祭り的イベントである。

だが、祭りと聞けば血が騒ぐ似非江戸っ子の女公様は、

来年はおいらも参加するしかねぇ!

と固く誓って今年のハロウィンを迎えたのである。




で、とりあえず近場の渋谷に繰り出してみたものの、ものすごい混雑である。

センター街なんて満員電車のようで、100m進むのに15分くらいかかる。

しかも道の真ん中で集合写真を撮ったり
ゴミを路上に捨てたりしているマナー違反者を見ていたら、なんだか切なくなってきた。

結局、いつもの「麦わらストア」に逃げ込み、心を落ち着かせる。





次に、最近エレキベースにはまって以来、しょっちゅうのぞいている楽器屋に行く。外の喧騒が嘘のように人がほとんどいない。のんびりベースを眺め小物を物色する。

いやー、これは意外と穴場だね♪

普段混んでいる行きつけの場所がどこも空いていて、結果的にかなり満足した女公様である。





しかしコスプレする意味あったのかこれ。
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。