やっぱりだよ…。
なんのために毎週毎週打ち合わせしたのだ…。
そのためにほぼ下書き状態にしたネームまで描いたのに…。

ああ…

デジタルで描いていたから良かったものの。
人物のペン入れまで終わっておいてそのレベルの描き直しってなんザンスか…。

なんのために打ち合わせしたんだ…。



















なんとなくおまけ画像。
ネット上に残しておくため、スキャンしておこうと…。

マックウィン

AD
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統 最終回!

森田さん のガンダムもこれで最終回です。
ハッキリ言って泣けます。
特に逆シャア好きには悶絶ものの展開です。
たっぷりと余韻に浸って頂きたいです。


アクシズ
大人の事情があるので、この画像が精一杯ッス!これもギリギリッス!

いつか山のようにガンダム描きてぃよぅ~!!





人気blogランキングへ
AD

私もお手伝いさせて頂いてる、森田崇さん の単行本が発売中です。

森田 崇, 富野 由悠季, 矢立 肇

機動戦士ガンダム クライマックスU.C. ―紡がれし血統― (1)

連載時より大幅な加筆、修正による超グレードアップ!
そして、「私による」あの超有名シーン、ズゴックによるGMのドテッ腹貫きシーンが見開きで!!
よーしウムウムよーし…。


追記:
いつの間にかアメブロが「トラックバック拒否」がデフォルトになってました。
最近多い変なエロトラバの所為です。
トラックバックしようとして出来なかった方がいたら申し訳ないです、今から!今からどうぞ!!




人気blogランキングへ
AD

安彦良和原画展

テーマ:
先週の日曜日、前々日に急遽もらった安彦良和原画展 なるものに行ってきました。
八王子美術館

場所は八王子美術館。
目抜き通りの中のビルの一角にポツンとあり、正直戸惑ったのは言うまでもないです(美術館のイメージが山の中の一軒家的だと思ってる世代?)。

知り合いからチケットを頂いたのですが、その時点で閉展まであと4日、しかしその知り合いも私にくれた前日に貰ったというのだから、最初にチケット渡した人少しは考えて下さいよ。


最終日イブの日曜だというのに中は割とがらがら状態。
ウ~ム、場所が悪いのか安彦良和さんの世の名声がこの程度だというのか。
しかし、「原画展」と言うだけあって安彦さんの数々の作品を網羅。
特に完成生原稿とネームはやはり職業柄感動の嵐!

「(修正の)ホワイトが全くに等しいほど無いよ!」

「ポスターカラーと水彩だけ!?まさにマンガ入門のままだ!」

「この指示なんだ?そうか、アシスタントさん(息子さんらしい)への指示か!」

など、マニアックに楽しめました。
御歳そろそろ還暦を迎えようとする方の、月産50枚以上という驚異的なパワーが分かった気がしました。
スレッガーさんかい、早い、早いよ!(原稿描くのが)

よく複製原画をクソ高い値段で売る(秋葉辺りに良くある)ムカツク商売に出会いますが、純粋に原画を楽しめるのは楽しいですなぁ。

変なところで驚いたのが、会場にいた初老のご婦人の2人組。
「これがガンダムね。子供がよく言っていたわ」
なんでこの会場にいるんだこの人達は!?




ちなみに当日一緒に行ったのがEVOC の友人のBBさん。
世代的に安彦さんを楽しめる人を誘ったんです、オタクとか関係無しに(安彦さん世代はガンダム世代だけに)。
でもBBさん、ガンダムの作画の人だって知らなかったみたいでした。
何で来てくれたんだ?(笑)


もちろん、最後はラーメンとシロノワール、そして豪雨と寒さと頭痛で締めました。
BBさん、お疲れ様でした。



人気blogランキングへ

ワクテカ

テーマ:
本日打ち合わせでした。

その最中、※1某作家さんの某新連載用の某ネーム(ほとんど下書きでしたが)を見せて貰っちゃいました。
10年ほど前に彼の作品と出会ってからずっとファンだったんですが(実は途中で彼の生原稿を見られる立場にあったりしたのはナイショ)、ネーム状態のものは初めて見ました。

軽くめまいがするほど感動しちゃったわ…


最近この様なことが続きました。


お世話になってる、田畑・余湖両先生 ※2某雑誌用の某新連載。
これの背景を手伝ったんですけど、すでに大きなコマの主人公の絵はペン入れがしてあったんです。

ううぉおをう(言葉にならない)カッコ(・∀・)イイ!


先日は先日で、現在角川書店発行のガンダムエースでガンダムマンガを好評連載中の森田氏 の手伝いに二ヶ月ぶりに行ったわけですが。
とあるキャラクターがい~い感じでいや~な感じになってましてねぇ…。

スゲェなぁ…



この様に凄まじいもの見せられちゃうと、凹んじゃいますよねぇ…。
何年やってても自分が未熟なことを思い知らされてしまうわけですよ。

…でもね。


…でもなんですよ。



それと同時に、どうしようもなくワクワクテカテカしちゃうんですよ。

  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +
 と__)__) +

もうやる気が口から漏れまくって、抑えるのに必至な感じになっちゃうんですよねぇ。
やっぱりこっちの世界の人間だなって。

これで3日はメシが食える感じ?(多分違う)


気が抜けないうちにやろう、さあやろう。


※1 現段階では秘密なので言えません
※2 現段階ではとても口には出来ません


変な寝相
※本文とは関係ありません



人気blogランキングへ

バスタード24巻

テーマ:
バスタードの最新刊が二年ぶりに発売されました。



…このマンガは途中から全くと言っていいほどストーリーが進んでない上、何らかの事情でとある章が完全に抜け落ちて突然次の章に行ったりしている、大変(作者からすれば)フレキシブルな作品となっています。
この自由さはファイブスターストーリーズとも共通している部分があるんですが…。
永野 護
ファイブスター物語 (1)


作り手から見ても、読み手から見ても褒められるところがほとんど無いのがこの二つの作品に共通しているところなんです(ちなみにファイブスターストーリーズはやっぱり2年に1冊出るのが通例となってしまっている)。
とは言っても買い続けるにはそれだけの訳があるのです。

私はとにかくバスタードは「絵」が好きなんです。

私自身と比べるのはまあおこがましいのは当然ですがこの際それは置いておくとして、この作家さんの絵は私の間逆の絵なんですね。
だからこそ憧れと共に凄く刺激される絵のひとつなのです。
だから何年間が空こうと発売されれば即買うわけですが…

とうとうかなりおかしいことになりました

士郎正宗が進んだ方向と同じになってしまったと言えば一番わかりやすいのでしょうか。
変なコンピューターの使い方をし出してしまってる…。
オビには
「超絶クオリティで降臨!」
って書いてあるんだけどなんか微妙だ…。

一応気になっていた物語の方も、恐れていた通り1ミリも進んでいなかったし…。

ああ~、次巻買おうか真剣に悩んでしまう…。



ところでもうひとつ気になったことが。

大分前からコンピューターを導入してたみたいなんですけど、今回は完全にパソコン上での作業のようです。
イヤ、実はそれ自体は本人達の方向性の問題なので批判の対象にならないんですけど、ひとつ気になったのは

ペンタブレット使ってるんですよ


こんな感じ。

どーーーーーーーーーしても分からないんですよね。
なんで液晶タブレット使わないの?

これ。画面に直接描ける。

圧倒的に描きやすいと思うんだけど。

アニメーターを始め、大御所のマンガ家さんも大体上のペンタブレットなんですよね…。
なんでしょう、紙との感覚が変わるのがイヤなんでしょうか。
それにしたって描きやすさが恐ろしく変わると思うんだけど…。

買う金なら腐るほど有りそうなのに。




人気blogランキングへ