バイク日和

テーマ:
7月29日

武手鬼さんが修行から帰ってきた。
夏修行で一回り強くなった武手鬼さん、赤ではなく金と黒になってたぞ。

皆で武手鬼さんのお疲れパーティーをやることにする。

・・・が。

パーティーに向かう途中ナイスな光景発見。

関内は風俗街を走ってると、パトカーのサイレンと人集り。
よくよく見てみると、パトカーが止まっているところは・・・

郵便局!

信号の関係で上手くその反対車線に停車。
よーく見てみると・・・

両脇を警察官に抱えられた男がパトカーに押し込まれてる。

キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!
強盗キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!

でも詳しい情報はネット見ても載っていなかったので、残念ながらソースなしです。
スイマセン。


あ、武手鬼さんの方の話はもういいです。
事件の方が面白かったのです。

ただ今回はジョナサンには行かなかったとだけ言っておきます。





7月30日

木曜日に2ちゃんねるのバイク板を見ていたところ、隼スレッドで面白いもの発見。

45 :774RR:2005/07/27(水) 06:10:17 ID:2kXp6bjF

首都高グルグル回りたいケド道が良くわからんφ(.. )
誰か一緒に走りませんか?
いやマジ募集

これは面白そうだと、当方山賊だが行って良いかと質問。
すると全然Okだと言うことで行ってみる。

いちおうこの>45さんの道案内も含めてと言うことで、マッタリ行こうということに。

50 :774RR :2005/07/27(水) 13:56:34 ID:fiY2L9qV
首都高ぐるぐる
ご案内しますよ?
ヘタレなおさーんですが

親切なこの方がリードしてくれたもので、最終的には8台エントリー。
私も隼というところでビビってたのですが、他に一人DS400乗りの方がいるということでそれほどペースは速くないと思い(願い)参戦。

夏休みと土曜の夜ということが重なって、高速道路は大渋滞。
私はレインボーブリッジで多少つかまっただけだったので平気でしたけど、集合場所の芝浦に皆が来たのは予定より1時間強遅れ。
1 縦横間違えた

しかも結局言い出しっぺの>45さん来ないの!

そこから1時過ぎまでだべることだべること。
最終的には芝浦を当局によって追い出されることになったので、当初の目的の首都高グルグルをちょっとやりつつ駒場まで移動。
そこでだべってると雨がぽつり・・・。
で、そこで解散。

もちろん>45さんは来ないよ!


で、その肝心の隼のマッタリは・・・

早ぇよ!!!

マッタリの感覚が違ったよ!
へたれなおさーん、気を抜くとすぐ見えなくなるので、迷わないようについてゆくのが大変。
最初に弱音を吐いてくれたのはもちろんDS400さん。
おかげで私も吐きまくり
付いていくのがやっとですよ。
同じ変態スズキメーカーだと思ってたけどやっぱり別物過ぎ・・・。

EVOCのペースがいいです。
大型ってそこが怖いね!
AD

ULTRAMAN THE MOVIE

テーマ:
新世紀ウルトラマン、ウルトラマンNプロジェクトと呼ばれるシリーズの劇場版です。
バンダイビジュアル
ULTRAMAN



さて、話は少し飛んでUSA版ゴジラの話。
東宝
GODZILLA ゴジラ
この映画、日本ではすこぶる評判が悪いです。
一番多く聞かれる意見が

「あんなのはゴジラではない」

ビックリしましたよ。
日本人があそこまでダメになったのか、と。
だってそうでしょう?

怪獣の巨大感をあそこまで見事に表現出来たゴジラが今までにありましたか?

確かに脚本自体は面白くなかったんですけど、映画館に行って私はひっくり返りましたよ。
その圧倒的な迫力は素晴らしいのひと言でした。
で、そーゆーと大抵のゴジラファンがいうのが

「あんなのは特撮じゃない」

もしかしたら以前言ってるかもしれませんが何度でもいいます。

円谷英二が着ぐるみを使った特撮を作り上げたのは、それが当時最もリアルに巨大感を表現出来たからです。

日本の特撮は伝統ではありません。
もし円谷が今も生きていたら、間違いなくCGに飛びついたはずです。
なぜならそれが最もリアルな映像を作れるからです。


で、その間違った特撮という伝統にいつまでも縛り付けられなかったのが仮面ライダー、平成ライダーシリーズです。
彼等は良い映像を作るためならいくらでもCGを使いました。
それがライダーとしての作品の、質の向上に繋がっているのだから素敵なことなんです。




そしてやっと話はウルトラマンに戻ります。

ウルトラマンネクサスでは、かなりの割合でCGによるウルトラマンのアクションシーンを撮っていました。
予算の問題もあるのでしょうから、テレビではあの辺が限界でしょう。
そこで、映画版がどのような映像に仕上がっているのか大変楽しみでした。
東映(ライダー)が下した決断は、松竹(ウルトラマン)にまで伝わっているのか?


主人公は、別所哲也ことハムのオジサン。
ハムさんは自衛隊のパイロットですが、子供が難病にかかってしまっているので、常に出動態勢を取らされる仕事を辞め民間のパイロットになろうとしています。
しかし最後の出撃の時、なぞの発光体とぶつかってしまいます・・・。
1
ここでタイトル。
ちなみに時間にして10分過ぎ・・・って長いよ!
イヤ~タイトルなしでエンディングにタイトル入れるってのがハリウッドで良くあるからそれかと思いました。
ネクサスもそうでしたけど、ウルトラマンはタイトルに行くまでのテンポが余り良くないです・・・。


なぞの発光体にぶつかったのは実はハムさんだけではなかったのでした。
大澄賢也ことルミコ元夫さんも発光体にぶつかった一人でした。
しかし元夫は発光体の邪悪な意志に取り込まれ怪物になってしまいます。

ハムさんも発光体とぶつかったことで政府に拘束され、その上怪物である元夫と引き合わされる羽目になります。
しかしハムさんにぶつかった発光体は邪悪な存在などではなく、怪物と戦うのです。

そして遂にハムさんの変身だ!
2
ネクサスでもいいましたけど 、このウルトラマンNシリーズの変身シーンは超カッコ(・∀・)イイ!
肉体の苦痛、精神的な苦痛、その他・・・が合わさって非道く私の琴線に触れます。

ここでハムのおじさんが好きになってきました。



いったんは逃がしてしまった元夫怪物。
しかし政府はハムさんが邪悪な存在ではないと判断し、正式に元夫怪物の退治を要請します。

二人は再び対峙。
場所は新宿だ!

ハムさん「オレはお前を許さなーい!!」

元夫怪物「オレの邪魔をするヤツは皆殺しだーい!」
3



ここからは意外に着ぐるみを使った肉弾戦は減り、CGシーンが多くなります。
そりゃアメリカゴジラや経験値がアップしている平成ライダーと真っ向から比べるのは酷かもしれませんが、それでも私はある程度は評価したいです。
4
最後はもちろんスペシウム光線!!



評価です。
オープニングは子供のモノローグ?見たいのから始まりますが、これがちょっと・・・激しく萎え。
子供の演技の付け方は伝統的なもので、私はダメでした。

ただ、原点に戻ったウルトラマン、と言うストーリーはネクサスの時にも言いましたけど好きです。
ただよく判らなかったのが、
怪物は結局どこから来たなんだったのか?
ウルトラマンもどこから来たなんだったのか?

この辺りの説明がいい加減でした。
イヤ、実はネクサスを見てれば60%くらいはわかるんですが(60%ですが・・・)。

昔のウルトラマンを知っている人だけ対象か?(笑)

この路線は、アメリカで主流になりつつあるアメリカンコミックのリアルムービーという流れに追いつけ追い越せ、なのでぜひ続けて欲しいです。

まぁマックスが始まってその路線はもうダメだな、って感じですけどね

あ、一応言うと評価的には30~40点くらいです。
設定は良いんですけど、脚本とか演出がちょっと・・・って感じです。
手放しで褒める気はないんですけど、この路線が無くなると日本のヒーロー映画界にとってとても良くないので・・・。

キャシャーンとかね・・・。
松竹
CASSHERN
AD

ULTRAMAN

テーマ:
本日、映画ULTRAMAN を仕事帰りに見ました。
レビューは明日以降にやりたいと思いますが、足早に印象なんかを軽く。

あ、印象と言っても本筋とは関係ないところですのでその辺をまぁ。




出てくる俳優人にビックリ。

主演;ウルトラマン・・・ハムのオジサン 通称:別所哲也   あ、逆だ。

その他、大住賢也、遠山景織子、祐木奈江、草刈正雄・・・





ってなんだよこの地味なキャスティング!!
誰向けだ!誰向け!!



でもハムのオジサン好演で、今までどうにも好きになれなかったのに大好きになりました。

今日は以上です。
AD

マイリスペクトパーソン

テーマ:
先日、スーパーチャンネル にて私が尊敬して止まないピカード艦長こと、パトリックスチュワート氏のバイオグラフィ番組が放映されました。

彼の生い立ち、いかにして演劇に興味を持ったか、母国イギリスでの役者としての成功、安定を捨ててハリウッドへの挑戦、そして誰もが知っているピカード艦長に至るまでetc・・・。

彼のファンである私にとってとても興味深く、新たな魅力を発見出来た1時間でした。







で、問題はそこじゃないんですよ、案の定。

パトリックスチュワートのバイオグラフィですから、彼にかかわる様々な人物、親兄弟の親類から、恩師や友人などが登場します。

最初に登場するのは彼のお兄さんのトレヴァースチュワートさん。
1
ホホウ・・・やっぱり似てますよね・・・例の部分が・・・。









次に登場はもう一人の兄、ジェフリースチュワートさん。
2
ハハァ・・・これはこれは・・・もはや疑いようもない血縁の影響ですよね・・・例の部分が・・・。









3人目。
なんと息子さんまで登場です。
ダニエルスチュワートさんです。
5
ちょっ・・・。

ちょっと待て。
これは・・・こ、これは・・・。

恐るべしスチュワート家。
どんなに他の血が入ってこようと、男性にはこのような現象が起こってしまうのか・・・例の部分に!


番組によると、19歳くらいから本格的に抜け始め、20歳の時にはほぼ今の状態、おかげで(?)カツラを被った状態とそうじゃない状態で一度に二度もオーディションを受ける、なんていう裏ワザまで披露したとか。

さすが「ピカー」ド。







パトリックスチュワートが本格的に演技の道に進む決心をするとき、心強い助言をくれた恩師の方も登場しました。
セシルドーマンドさん。
3
え~と・・・もしかしてこの番組って・・・。








友人として登場したのは、映画好きの方なら誰もが知ってるこの方。
ベンキングズレーさんです。
4

いやコレ、この番組さ!
絶対わかってて作ってるって!

狙ってるよ狙ってるよ!!






いかがでしたか?
我々が尊敬して止まない艦長の意外な生い立ち、彼の演技者としての底知れぬ凄さがわかって頂けたでしょうか。

いや~、艦長って、ホンットに良いもんですね。
ではまた、ごきげんよう!







おまけ
スタートレックヴォイジャーのドクターとして出演の、ロバート「ピカード」さん
6

ここ何日か、やたらとアメーバブログが重いです。

いつ入っても「サーバーが大変混み合ってます」状態。
ここでブログを書いてる人だけでなく、読みに来てくれている人にも大変な迷惑千万です。


その理由ですが










ここの社長とその妻が離婚したから











あーもーひっくり返るほどくだらない理由だよ~・・・。

大体、私はその妻がグラビアで頑張っていた時代から、応援したことが一切無い!!

ウム、威張ることは何にもないです。
イヤ、真性のアイドルオタクが応援しないくらいだからとかそんな頭の悪い理屈はどうだろう?


ともかく、しばらくは私たちアメブロガーだけでなく、一般の方々にも迷惑がかかると思います。






これからブログを始めようとする人は、そのような観点からも判断材料にしてみてはいかがでしょうか?

来る者あれば、去る者有り。

死は生の証なり。


]
トレッキーの間ではチャーリーとして長年愛されてきたジェイムズ・ドゥーアン氏が亡くなりました。
85歳だそうで、ファンとしてはまだまだこれから、と思うでしょう(5年前に子供が出来てるし!)。


心より御冥福をお祈り申し上げます。

オジサンニナッタヨ

テーマ:
といっても、

女子中高生に「オジサ~ン」よばわりされたとか

「最近体臭がキツクナターヨ」

とかじゃないよ!


漢字で書くと伯父さんか叔父さん。
どっちがどっちか忘れました。
まあメデタイか、と。

夏は泣き声がきついな~、とか非人間的なことも言っておいて、と…。

謝罪

テーマ:
私のブログは、前日と全くテンションが反対のベクトルを向いていることがちょくちょくあります。
まま、致し方ないということで見て下さい。


で、今日、ですが。









ここ最近、失言・暴言が目立っているのでは、という思いがずっと付きまとっています。

いや、多いです。

意識的にせよ、そうでないにせよ、他の人がそれをわかっていなくても、例え自分だけの思いこみだったとしても、関係各方面にある程度イヤな思いをさせている・・・と思います、させてしまっています。

ここ数日、一人で考え事をしているとそんな思いがずっと頭を堂々巡りしてしまいます。
例えば後悔だったり、例えばどうしようもなく恥辱にまみれた感覚として。
ついついBADな気持ちが全身を包んでしまい、どうしようもない感情として発散出来ないでいて、大変情けないことです。

ここまで自分が特定の他人に迷惑を掛けている(と少なくとも私は感じている)ことに対して、本来ならば死んでお詫びをしたいくらいなのです。

しかしながら、そんな単純な行為は無責任極まりないことも重々承知していることもまた事実です。
そこで・・・
普通にお詫びします。
どげざ
御免なさい、以後気を付けます。








と、それはそれとして、ウルトラマンネクサスについて書いたこの記事 に寄せられたコメントについてですけど。

映画、マンガ、アニメについて「このブログで書いた」批評に関しては今後も一切謝罪等する気はありません。

それは上記の内容とは全く異なるので当然といえば当然ですが、ハッキリ言ってこのようなコメントに対しては胸のすくまで罵詈雑言を浴びせたいところですが、大人だし社会人なのであのようなジェントルメンな対応をしてみました。
イヤ、無視してもよかったんですけど。

・・・これは暴言だな、スイマセン。





以上。

ちなみにダークな感情を発散出来ないと言いましたが、色々と考えても見ました。

1;風俗
2;ギャンブル
3;クスリ

3つしか頭に浮かばないのですが、そもそも1と2はいつも行ってるので私はこの3つとも本当に(本当ですよ)どれもやらないので、バイクで走りまくる、という無難ながらもっとも効果的な行為に決めることにします。

早速先程三浦半島に行って来ました。
みうら
晴れてればもっと良かったんですけど、気温もそんなに上がられてもイヤなのでちょうど良かったです。



グダグダな内容で今日は終わります。

関係各方面の方々、本当に申し訳ありませんでした。

アクメツバトン

テーマ:
歯車さん
より仕返し新たなお題がまわってきました。



その名もアクメツバトン。



やり方は前回と同じなのでサクッとやってみましょう。





質問1;今までアクメツした人の数は?

そう・・・オレがまだ抹殺者(エリミネーター)の名を持っていたときには、世界一の殺し屋として恐れられたものだ・・・。

だがそんなオレも今じゃ山賊。

フ・・・落ちぶれただと?

イ~ヤ、違うな、今は充電期間なんだよ・・・。











・・・いないですよ。

アクメツ読めばわかる通り、アクメツしたら自らを罰するわけですから、一人以上殺すことはあり得ないのです。

それも殺したら自分も死ぬわけですからね。

設定は大事に。





質問2;アクメツしたい人・組織は?

私自身は主義信条で他人を傷つける気は一切無いので、そーいった観点からアクメツしたい人・組織というものはありません・・・が



8~9年ほど前にウチのネコ蹴ったクソッタレ野郎



こいつだけはもし見付けることが出来たら殺します。

そのネコは死んじゃったけど殺ります。

自分の子供達を傷つける人間は問答無用で死です。



ひっさしぶりに、ネットで予告殺人しちゃった☆





質問3;バトンを渡す五人

イヤ渡せないよ!

無理言わないで下さいよ!!

こんなの回したら先生に迷惑掛けちゃいますって(笑)!!!







というわけでここでお終ひ。









さっき、一挙に3通くらいアメブロにクレームのメールだしたら、直後にパスワードが通用したのでまた更新しました。