口蹄疫(こうていえき)問題を受け、群馬県長野原町の北軽井沢観光協会は、7月11日に開催を予定していた「北軽井沢マラソン大会」の中止を決めた。

 県内外から既に3000人近い申し込みが寄せられており、同協会はメールやはがきで中止を伝えるとともに、参加費を返還する。

 北軽井沢は、浅間山麓に広がる観光リゾート地で、県内有数の酪農地帯でもある。大勢の参加者が集まることで、ウイルスが持ち込まれることを懸念する地元農家に配慮した。

 同大会は今年で26回目で、首都圏などからも多くの市民ランナーが参加する。同協会は「大会は新緑が美しい季節に開かれるだけに、中止は残念。でも、口蹄疫問題がこれだけ大きくなると、感染が怖くて開催できない」としている。

10年版厚労白書、8月中に閣議に報告(医療介護CBニュース)
麦わら帽子 生産が最盛期を迎える 愛知県蟹江町(毎日新聞)
<郵政改革法案>与党、衆院委で強行採決(毎日新聞)
国交省課長補佐を逮捕=酔って駅員に暴行―神奈川県警(時事通信)
<岡本倶楽部>ホテル側に5500万円賠償命令…東京地裁(毎日新聞)
AD