神奈川県内では、屋内喫煙の規制に続き海水浴場も今夏から原則禁煙となる。松沢成文知事の次なるたばこ対策は?

 全国初の受動喫煙防止条例が施行された1日、松沢知事は報道陣の質問に答え、「スモーカーの健康被害が心配です」と述べた。県の調査によると、喫煙者の6割がたばこをやめたがっている。この人たちの禁煙を手助けするという。県内ではここ1カ月、条例の周知が進み、施行後も喫煙所や小規模飲食店など喫煙可能な場所が残ることが知られてきた。「分煙が進むのはいいこと」と冷静に受け止める喫煙者は少なくない。条例キャンペーンでは、夫の喫煙をやめさせる方法を知事に質問する年配の女性も。

 松沢知事は「禁煙をサポートする仕組みをつくり、喫煙率を下げれば、さらに健康社会につながっていく。今後はそういう政策も考えていければ」と意欲を示したが、愛煙家の反応やいかに。

スーツケース遺体 出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)
<若林議員辞職>緊張感のなさ露呈 長男出馬に影響も(毎日新聞)
入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
強風か、桜の木倒れる=けが人なし-東京・上野公園(時事通信)
国松警察庁長官銃撃事件の時効成立(読売新聞)
AD