徳島県美馬市の男性主任(38)が飲酒運転で事故を起こし、母親を身代わりにしてもみ消そうとした事件で、美馬署は17日にも主任を道交法違反(事故不申告・酒気帯び)容疑で徳島区検に書類送検する。

 「間違いありません」と容疑を認め、反省しているという。

 捜査関係者によると、主任は4月20日、美馬市内の居酒屋で日本酒やビールなどを飲み、午後10時15分頃、同市の市道で乗用車を運転していて、知り合いの男性会社員(40)の乗用車に接触する事故を起こした。主任は飲酒事故の発覚を恐れて会社員と口裏を合わせ、自分の母親(62)が運転していたことにして、事故を申告しなかった疑い。

 「事故を起こしたのは主任本人だ」という匿名の通報を21日に受けた同署が、主任らから事情を聴いていた。主任が飲酒事故をもみ消そうとしたことは悪質性が高いと判断したとみられる。

5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)
バラとガーデニングショウ 黒柳徹子さん、バラを語る(毎日新聞)
活気づく図鑑市場 「楽しく」「勉強になる」を1冊で(産経新聞)
シンカイヒバリガイ新種 3000万年前の化石発見(産経新聞)
AD