任期満了に伴う鳥取市長選は11日投開票され、無所属で現職の竹内功氏(58)=自民、公明推薦=が、無所属で新人の元朝日新聞記者、砂場隆浩氏(46)=民主、社民推薦、共産支持=を破って3選を果たした。投票率は48・34%。

 夏の参院選の前哨戦として注目されたが、目立った争点はなく有権者の関心は低迷。竹内氏は2期8年の実績をアピールし、自民の石破茂政調会長の地元でもある厚い保守支持層に支えられて得票を伸ばした。砂場氏は変革の必要性を訴え、労組などを中心に浸透を図ったが及ばなかった。

【関連記事】
鳥取-姫路に8年6カ月ぶり高速バス
出荷日本一「西条柿」のスイーツ考案 鳥取
“珍味”ハスの実で創作料理
【ふりさと便り】砂の芸術にため息 鳥取砂丘「砂の美術館」開幕
【ふるさと便り】鳥取環境大と鳥取市が、研究や人材育成で協力協定
「中国内陸部の資源事情とは…?」

医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会(医療介護CBニュース)
強風か、桜の木倒れる=けが人なし-東京・上野公園(時事通信)
戸別補償、コメ以外にも拡充=11年度本格実施変わらず-鳩山首相(時事通信)
「ラピュタ」で起床=「頑張っていきたい」-山崎さんの目覚ましコール(時事通信)
「かっとなり首絞めた」と供述…金沢死体遺棄(読売新聞)
AD