岐阜県関ケ原町の浅井健太郎町長が私的に発行する新聞に、町を提訴した原告の氏名を公表したのはプライバシーの侵害だとして、町民6人が180万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決が25日、岐阜地裁大垣支部であった。堤雄二裁判官は、原告のプライバシー権を認め、町長に102万円の支払いを命じた。
 堤裁判官は、係争中の裁判の原告であることが公表されることは「私生活上の平穏を害する悪質な不法行為に該当する」などとして、プライバシー権を認めた。一方、原告のうち現職と元職の町議2人については、公人であることから「不法行為とまでは言えない」とした。 

【関連ニュース】
陸自隊員らに有罪=14万人分情報漏えい
「出版差し止めまでの違法性ない」=光市母子殺害、実名掲載本で

31日に2度目の党首討論 (産経新聞)
宝塚音楽学校の小林公平校長が退任へ(産経新聞)
<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
空自小松基地の業務データ流出=2年前、USBなくなる-石川(時事通信)
「びわこ号」を復活走行へ 大阪・寝屋川市と京阪電鉄(産経新聞)
AD