平野博文官房長官は29日午前の記者会見で、2月を「情報セキュリティー月間」とすると発表した。コンピューターウイルスによる被害や個人情報の流出が相次いでいるのを受け、情報セキュリティーに関する知識を国民に深めてもらうのが狙い。首相官邸のホームページに平野長官がセキュリティーの重要性を訴えるメッセージを掲載するほか、関係省庁によるセミナーなど全国で1000件超の関連行事を開催する。 

【関連ニュース】
新ウイルス「ガンブラー」猛威=企業HP、相次ぎ感染

政権に打撃、小沢幹事長の進退焦点に(読売新聞)
小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出(医療介護CBニュース)
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表(産経新聞)
<お別れ会>浅川マキさん=3月4日、東京・新宿ピットイン(毎日新聞)
AD