国土交通、環境両省は7日、6月に始まる高速道路の一部区間無料化の社会実験が二酸化炭素(CO2)排出量にもたらす影響についての試算結果をそれぞれまとめた。国交省の試算では自動車からのCO2排出量は年間25万トンの微減、環境省の試算では33万トンの微増で、運輸部門全体の排出量に対する増減割合はともに0.1%。環境へのマイナスが懸念される高速無料化だが、両省の事前の試算ではいずれも影響は限定的となった。
 国交省は全国の自動車交通量調査を基に試算。一般道から無料化される高速道への交通量の転換が増えることで渋滞が減少したり、自動車の走行速度が上がったりし、CO2排出はある程度抑制されると分析した。ただ、鉄道などから乗り換える新たな自動車利用者については考慮していない。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
GWの高速、今年も大渋滞=アクアラインは「800円」効果
燃えさかる炎、爆発音も=「真っ黒い煙20~30メートル」
トンネル事故で5人死傷=3台炎上、8台絡む-Uターン渋滞の山陽道・兵庫、姫路

白鵬米 モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
うつ治療「薬物偏重」と精神科診療所の7割(読売新聞)
中畑清氏出馬!たちあがれ日本が比例代表で擁立(スポーツ報知)
東京都心で震度3(時事通信)
<NPT会議>福山氏、国連事務総長に「合意形成に努力」(毎日新聞)
AD