ノボノルディスクファーマは6月10日から、血友病患者の治療成績やQOL(生活の質)の向上を目的に、セコムトラストシステムズの協力を得て、携帯電話を使って血友病患者の注射の記録を行う新サービス「ゆちゅレコ」を開始する。

 血が固まる仕組みにかかわる凝固因子が不足している血友病患者の治療では、不足する凝固因子を注射によって補充する。「ゆちゅレコ」では、注射や出血の記録を携帯電話で登録し、これらをカレンダーや人体図に表示することや、出血から注射までにかかった時間、治療にかかった日数などをグラフで表示することができる。
 また、利用者間でメッセージの交換ができるフレンド機能もある。
 ノボ社の広報担当者は、注射について記録することで「医師が患者さんの状況を把握でき、適切な治療を患者さんが受けられる」と話している。


【関連記事】
血友病、その現状と課題
【中医協】国内初のGLP-1受容体作動薬などの薬価が決定
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満

法律事務所で刺された男性死亡、弁護士と確認/横浜(カナロコ)
<血流>始まりは酵素…血栓症予防に期待も 京大教授ら解明(毎日新聞)
<実物大ガンダム>6割完成 新たに「ビームサーベル」持ち(毎日新聞)
少子化担当相に蓮舫氏内定=菅氏、閣僚・党人事の調整本格化(時事通信)
子ども手当申請で職員に暴行=男逮捕、「制度おかしい」―滋賀県警(時事通信)
AD