2日午後2時20分ごろ、北海道北見市留辺蘂(るべしべ)町松山の道の駅「おんねゆ温泉」で、敷地内の土産物店「観光ストアー」から出火。鉄骨トタン張りの建物延べ約133平方メートルのうち、同店内部約26平方メートルを全焼した。けが人はなかったが、観光客で混雑していた現場は騒然となった。北見署が原因を調べている。

 同署などによると、建物内には計4店舗が入居しており、火元の店では当時、男性従業員(48)が1人で接客をしていたという。観光客が火の手が上がっているのを見つけ消防に通報した。従業員は「(休憩室がある)奥の方から火が出てきた」と話しているという。現場は北見市郊外の温泉街。道の駅の男性職員は「近くにあった車にも燃え移り、爆発音も聞こえた」と振り返った。【金子淳】

【関連ニュース】
火災:住宅と車から3遺体 所在不明一家か 長野・安曇野
火災:横浜で2人死亡…団地の部屋焼く
4人焼死:たばこの火の不始末か 東京・足立
火災:化学工場から出火 有毒ガスは確認されず 愛媛
火災:民家焼け4人死亡 夫婦と子ども 東京・足立区

<商船三井>20億円申告漏れ 9億円追徴(毎日新聞)
<東京都>職員の25%新聞購読せず 活字離れで対策チーム(毎日新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
国内最高齢114歳、沖縄の女性死亡(読売新聞)
阿久根市懲戒免取り消し判決に異議、署名活動(読売新聞)
AD