お湯アナ渡部郁子の湯むりえ日記 ~ぬる湯のすすめ~

ラジオDJで温泉ソムリエ、渡部郁子のつれづれ日記です。
お気に入りの「ぬる湯」を中心に、山、アウトドア、音楽、旅行、イベント、映画紹介など、日々気になった情報を掲載・・・
最近は、育児記録としても活用中です。お好きなところだけどうぞ☆


テーマ:

※4月19日記事の内容を編集して再投稿しています。

 

グアムマラソンを取材させてくださるという嬉しいお話をいただき、

行ってきましたグアム~~!!

 

目的は、マラソン出場~!

子どもがいないころは、よく二人でジョギングを楽しんでいたし、たまにマラソン大会にも出場して一緒に走っていたのですが、妊娠・出産を経験してからは、一緒に走るということが難しくなりました。

 

試しに普通のベビーカーを押しながら皇居まわりを走ったこともありますが、ガタガタしすぎて危ないからお勧めしません。その後、フェス用にTHULEのランニング用ベビーカーを入手してから、ファミリーでのジョギングは復活したものの、一緒に出られるマラソン大会はなかなか見つけられず、もっぱらファンランばかり出場していました。それでも日本だとベビーカーはさすがにNGでした…。

 

グアムマラソンは、5k、10k、ハーフ、フルの4種。5k、10kランの場合出場年齢下限制限がないこと、インラインスケート、ペットの同伴、自転車の使用は禁止されてるものの、小さい子どもの出場や、ベビーカーを押しながらの出場が可能!というゆるさを知って、ファミリーで出場することに。子どもと一緒に走ろうかなと思ったのですが、うちの4歳児はあまり走ることに興味がないので、それならベビーカーに乗せて、久々に本気で走ろうではないかと決めた理由は、けっこう本気の賞金が出るから(笑)。

(大会公式写真より※許可を得て掲載しています)

 

今年からユナイテッド航空がスポンサーとなり、正式大会名は「ユナイテッド・グアムマラソン2017」です。国際マラソン公式認定を受けているので、成績によってはボストンマラソン参加資格も得られるとのこと。いや、本気で賞金をいただけるほどの実力はありませんが、世界20か国以上からランナーが訪れる大会なので、国際大会を目指している本格派にもおすすめです。

 

(大会公式写真より)

大会アンバサダーの高橋尚子さんのコメントや、チャモロ文化を伝えるファイヤーショー、DJが作り出すダンスフロアのような盛り上がりの中、まだ暗いうちにスタート。

(大会公式写真より)

 

5kランは特に、小さい子どもが目立ちます。子どもを担いでいる人も、手をつないで走る人も、普通のベビーカーで参加する人も!

走っている途中に何度かスコールが降り、体温を下げてくれた上に、きれいな虹が!!

ちなみに今回のランウェアは、Peak Performance。ゆったりと着心地のいいストレッチ素材の速乾ショートTシャツに、クロップタイツを合わせました。スカートや短パンいらず。これならヨガなど他のエクササイズでも使えそう。

 

(大会公式写真より)

走っているコース内では、残念ながらQちゃんに会えませんでしたが…次はもう少し長いコースでQちゃんの声援を受けたい!と思いました。

 

日本から飛行機で約3時間半。時差1時間。この近さと、身体の負担が少ない点が魅力です。暑さは心配なし。フルマラソンは朝3時スタートで、終了の7時間後も朝10時だから、まだ暑くなる前の心地よい気温の中で走れます。なんたって大会が早朝だから、せっかくのグアムで遊ぶ時間もたっぷりとれます。

 

・・・というマラソンの話はBE-PALの記事でもお伝えしているので、こちらではそのほかの話題を。

 

この時期のグアムは、海がきれい!!

エメラルド色の海に感動。雨が少ない乾季だから観光もしやすい。

昨年の今頃、沖縄の小浜島に行って海の美しさに感動しましたが、グアムの海はすぐそこの浅瀬でシュノーケリングすれば魚が寄ってくるほど、フレンドリーな魚がたくさんいて驚きました。

宿泊は、P.I.C.というホテル。グアムの中ではカジュアルなランクですが、大きなウォーターパークと約70種類のアクティビティが無料で、ファミリーに優しいリゾートホテルです。プライベートビーチでSUPやウィンドサーフィン、カヤック、シュノーケリングなどが体験可能、しかも初心者向けのレッスンも無料といういたれりつくせりっぷり。

さらにファミリーにうれしいサービスが、4歳~12歳を対象にしたキッズクラブ。子どもだけのアクティビティクラスがあり、世界から集まった子供たちが一緒にゲームをしたりアクティビティを体験して過ごすというプログラムがあるのです。好奇心の強いお子さんなら、英語でのコミュニケーションの場として楽しめそう。

せっかくだから島を1周して観光地もめぐって、エコアドベンチャーも体験して…とかなり欲張りな計画を立てていたものの、プライベートビーチの美しさに目が離せなくなり、結局ビーチとプールで時を忘れ、遊びつくせないまま滞在時間が終了したのでした。

 

今回、私にとって初グアム。

今までビーチリゾートにいくつか行ったことがありますが、

今回のグアムは、短いながら満足度の高い旅行でした。

子どもがいなかったら、グアムに行く機会はなかったかもしれません。

小さい子どものいるファミリーや、時間のない人にこそおすすめです。

 

 

取材協力:ユナイテッド・グアムマラソン2017

 

ちなみに、来年のユナイテッド・グアムマラソンの開催も決まっています。日程は4月8日(日)。早期申し込みがすでにスタートしています。早ければお得に申し込みできますよ~~。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみにユナイテッド航空といえば、乗客引きずり降ろし事件のあったあの日、私たちはグアムの空港にいて、私たちが搭乗する成田行きの飛行機がオーバーブックしているので席を譲ってほしいというお知らせを見て気持ちがゆらいでいるところでした。そう、別の便でもオーバーブック。乗り慣れている人には、よくある話。

 

国際線なのでかなりの好待遇条件でしたが、残念ながらその日に帰らなければならない用事もあり、あえなく断念…。

 

でもそれを見て感じたのは、ユナイテッド航空さん、かなり良心的な対応しますね、という印象でした。

 

旅行会社にいた経験から、飛行機のオーバーブックなんて当たり前、と言ってしまえば、私もいらない非難を受けそうなのでやめときますが、今回の事件は単純に「ユナイテッド航空ひどい!」という内容ではなさそうなので、今後も経過をチェックしてみます。

 

※追記

この後、先月27日に和解が成立。ユナイテッド航空はオーバーブックを減らすための今後の対策を発表しました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/28/news094.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アースデイ東京2017で、ここ1年ほど気になっていたことが解決した。

電力会社を選べるようになって1年あまり。

我が家では昨年のアースデイの時にはすでに、自然エネルギーを使った電力会社にシフトしていたのだけど、その際に気になっていたことが「スマートメーター」の導入でした。

 

私の知人には、電磁波過敏症の人が数人いて、スマートメーターがどうやら影響している、という話をちらほら聞いていたので、アースデイのステージで、「みんなでパワーシフト!電力会社を選ぼう!」と、100%大きな声で言うのが難しいと思っていたのでした。

 

今年、アースデイ東京に出店していた

「Green Peaple's Power」」の竹村さんにお話をお聞きして、

そのあたりの謎が解けたので、もし電磁波の関係で

導入に困っている人がいたら参考にしてください。

 

まず、スマートメーターのしくみについて。

スマートメーターの1回の検針に対する電磁波は、携帯電話と同じ程度だから、よっぽどの過敏症の方以外は特に影響がないと考えられています。ただし、そのしくみに問題があるのではないか、とのこと。

 

現状では、スマートメーターは電磁波を増幅するかもしれないしくみでつながっており、そのピラミッドの頂点にあたる家庭では、無視できないほどの強い電磁波にさらされる可能性があるのではないか、というのです。

 

しかも、そのピラミッドのトップにあたる家がどこなのかわからないために、スマートメーターによる電磁波の影響なのかどうなのかを突き止めることが難しいのだそうです。

 

 

過敏症の方の中には、自宅でなく、近隣にスマートメーターがついたことで体調を崩される方もいるのだそうで、まわり近所に「スマートメーターをとりつけないで」とお願いしていると聞きました。ピラミッドに近いところにあるスマートメーターは、近くにあるだけで過敏症の方の体調に影響を及ぼすようです。

 

そんなことから、スマートメーターをつけたくないからパワーシフトできない、という声もいくつか聞いていて、それについて伺ってみたところ、

「スマートメーターの導入は、必須ではありません。だから過敏症の方はスマートメーターの導入無しでパワーシフトできるかどうか、一度相談してみるべきです」とのことでした。ちなみに、Green People's Powerはスマートメーターの切り替えなしでも申し込み可能とのこと。切り替えなしでパワーシフトできる会社を、私は初めて見つけました。

 

補足)

アースデイ東京2017に同じく出展していたネクストエナジー・アンド・リソース株式会社の津崎さんからもこの件についてご回答いただき、「GREENaでんき」もスマートメーターの交換なしに切り替え可能な場合があるとのことでした。詳細はお問い合わせください。(4/27追記)

 

だからといって、すべての方がスマートメーターの導入無しにパワーシフトできるかといえば、そういうわけにいかないこともあります。電力の送配電を行う「東電パワーグリット」という会社がスマートメーターの設置に取り組んでいるわけですが、検針の関係で、いろいろと調整が必要になるからです。

 

ということで、スマートメーターの電磁波については、たいていの人に

「電磁波としては微弱だから影響は考えにくい」「影響ありません」と、あまりまともに取り合ってもらえなかったのですが、竹村さんのお話で「影響がある場合もある」と知ることができ、知人の話とも整合性が取れて、腑に落ちたのでした。

 

ここまでまとめると、

・スマートメーターの電磁波は、場所によって深刻なこともある

・スマートメーターの導入無しでパワーシフト可能な場合もある

 

ということで、あとは個別相談したほうがよさそうです。

竹村さんは首都圏で相談会を随時開催中。

http://www.greenpeople.co.jp/

 

補足のGREENaでんきのウェブサイトは

http://ne-greena.jp

 

ちなみに我が家では、電磁波に過敏な人間がいないので、今のところあまり影響は感じておりません。でも自分が感じないからといって、知らないうちに過敏症の人の生活環境を変えてしまったりしたらと思うととても心配でした。

 

スマートメーターの導入は今後必ず進んでいくはずですが、電磁波を増幅させるかもしれない今のしくみは変える必要があるかもしれませんね。そういう声は、まだ整っていない今のうちに言わなくては。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アースデイ東京2017が、今年も代々木公園で開催されました。

世界アースデイの4月22日土曜日を含む、週末の2日間。

 

今年もメインステージの司会を担当させていただき、たくさんのミュージシャン、著名な方々にお会いすることができました。

 

 

忘れないうちに、今年の忘備録。

 

今年の貴重な体験は…佐藤タイジさんのステージ。

昨年のアースデイから生まれた、「選挙に行こうよ」と呼びかける歌

「VOTE 4 UR LOVE & FUTURE」で急遽コーラス参加してきました!!

 

終了後、タイジさんからは「ムチャぶりしてすまんねー」と言われたけど、いえいえ、大いに楽しませていただきました~~。

 

3歳から20年のピアノ歴と、幼稚園の頃から合唱を続けてきた能力は、今、仕事にまったく生かされてませんが、こういうときに楽しめるのはうれしいもんです。

 

そこから思い出したこと、ひとつは去年のSEALDsのステージ。あれからまだ1年なのね、ちょっとびっくり。新しいことを始めると時間が長く感じる、と誰かに聞いたことがある。ここ数年、一年が果てしなく長い。それはチャレンジをしている証拠。いろんなことがとぎれがちで、中途半端になりがちだけど、とにかくできることは一つずつやり遂げたいと改めて思う。

 

そしてもうひとつ思い出した、コーラスの思い出。

DEEPの「milestone」という曲に、コーラスでコラボしたのはいつだったか、調べてみたら2010年7月だった。そうそう、あのときは私のムチャぶりでDEEPのみなさんにお付き合いいただいたんだった。

 

 

そんなことを思い出した、タイジさんのステージ。

 

今年のステージを見ていて思ったこと。

みんな、いろんなことにチャレンジしている、ということ。

 

 

1日目のラストステージで、SUGIZOさんはバイオリンを弾き、谷崎テトラさんは作家と紹介したのにシンセを操っていて、Yaeさんは半農半歌手。

 

佐藤タイジさんはロックスターでありながら、「SOLAR BUDOKAN」というフェスの運営者でもある。

 

私は今、やりたいことがたくさんありすぎて、何から手を付けていいのかわからなくなっているけれど、とにかくチャレンジあるのみ。やりたいことを、やりたいように、やればいいのです。そんなことを感じた2日間でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。