naoya kawasaki

表現家/カウンセラー・コーチ
「自分のド真ん中」を知る:演劇×心理学コーチング
流される生き方から、生き切る生き方へシフトする


テーマ:

~本当にありがとうございます!~

 

HPをリニューアルするため整理している最中、

ついつい「参加者」の声に見入ってしまった!

 

これまで…

多くの方にイベントへご参加いただき、

また、たくさんの感想や応援のメッセージをいただきました!

 

本当に本当に嬉しいです(#^.^#)

ありがとうございました。

 

これからもいろいろな事に挑戦をしながら、

楽しく、分かち合える世界を創行きます♪

 

これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

一部、シェアします♪



 

<<お客様の声・メッセージ>>

 

~~応援メッセージ~~

◆女性◆

i-STAGEの投稿をシェアする事が多い私。

 

なぜなら単純に楽しいから、次はどんなことをするんだろう、それに参加したら楽しいだろうなー、ワクワク、そんな感じです。

 

i-STAGEってなに?の前編と中編(次は後編じゃなかった 笑)、その中にも書いてあるけど、タブーが存在しないんです、集まりだったり、クラスだったり。

 

だから話すことができる、みんなほうほうと目を見て聞いてくれる、話が展開する、同感も反感もある、それも話す、だからと言って空気は悪くならない。

 

なぜならそこにいる人たちは、受け入れることができるから。

 

イベントにはじめて参加した時、私が自分の病名を言って「今は寛解してます」としめくくろうとしたら。

 

寛解ってなに?

 

そうなんだよ、これ聞かれたことない、実は私、自分の活動を行うにあたり、あなたそんな病気持ってたんですかと、後から問題になると良くないと思って、自己紹介のところに病名と状態「寛解」を書いていた。

 

その資料を旦那に見せて感想を求めたら、内容はとてもよいんだけど。

 

「寛解」ってなんだろう?って思うかもしれないから、わかりやすく「落ち着いてます」でいいんじゃないか?

 

って言われたんです、それでも私はわざと修正せず、資料を誰かに見せるたびに質問されるか気にしていました。

 

誰も聞きません、そもそも見てない。

 

だからその一枚だけ今は別のファイルにしてあり、必要性を感じた時にだけ出せるようにしてあります。

 

関係ないのね、私がやろうとしていることに賛同してくれる人は私がどうであろうと、きちんと尊重しあえてるから。

 

それが存在する場を提供してくれる、それが私にとってはi-STAGE、もうとにかく楽しい、だってどんな話をしてもいいから。

 

クラスに参加した時は、腰痛が酷くて旦那に車出してもらったんだけど、クラスが終わって旦那の顔見た瞬間、たくさんのありがとうと大好きでいっぱいだったのね。

 

ニヤニヤしながらベタつく私に、なんだよ…と旦那は照れていたけど、私の素直な気持ち、日常の中でいろんなことに意識が持ってかれて、隠れてしまっていたシンプルな気持ち、それがこれなんだと思った。

 

クラスの内容はね…説明見ると想像しにくいかもしれないけど、実際に体験するのが早いです(難しいから私には説明できないわけではないよ!笑)

 

そして何日か経って、私少しわがままになった、それも嫌だ!違う!とかじゃなくて、えー…こうしてよーみたいな感じ、それが叶わなくてもイライラしない、ちぇって思う 笑

 

やりたくないが、まあいいか…になって、やらなきゃなが、やれそうならやるか…になる。

 

そのうち、まあいいか、も、やれそうならやるか、も同じになる、同じ気持ち。

 

やりたくない、も、やらなきゃな、も、原点は同じなんだなと気がつく、だから大変なことをふたつ抱えてるのは勘違い、根っこはひとつ。

 

いろんな感情、わき出るたびにどこまで出したら正常なのか?と、分別する作業は、病気を制御する以上必要なんだけど、それがあれもこれもじゃなくて、これひとつをここまでにしとけばおっけ、でいいのかーと今はとても楽ちん。

 

だから総じてi-STAGEは「シンプル」なんにも難しくない。

 

クラスの最後になおやさんから、大きいね!って言われた時(経緯は書かない 笑)、内心…このやろーと思っていたことを、次あったら言ってやるーと思ってる 笑

 

それでも大人気ない険悪なことにもならないだろうし、そうなんだごめーん、みたいな取り繕いもないはず。

 

だから言えるし言いに行きたい言ってやる 笑

 

イベントを通してたくさんの人と出会う中で、とても良い相乗効果が働いている。

 

私最近ものすごく非礼で不義理なことに直面して、何年かぶりにものすごく頭にきたんだけど、それでも相手を尊重していた、でもそれは届かなかった、とても悲しいことだと思った。

 

自分にとって何が大切なのか、きっとこれからたくさんわかると思う、それを大切に思う自分を好きになっていく、すでにそうなっていってる。

 

ある人にコンプレックスを話したらこう言われた、過去も含めて、いまを愛し、未来の自分に期待しろ、自分を愛せないで、どうして人を愛せるってさ…その通りだと思う。

 

下手な演技するのはやめにする、それ演技じゃないもの、間違えてるもの、それを元俳優のなおやさんがおしえてくれた。

 

私は自分が撮りたい被写体を追いかける、そこにある空気を切り取りたい、だから人柄に惹かれたその人が、何かをしているところを撮りたい。

 

その人たちは自分をきちんと愛していて、そして周りの人を愛してる、それが成り立ってることが手に取るようにそこにいるとわかる、だからその空気を切り取りたい、こんな欲求持ってたのか…気が付いた時困惑もしなかったし、なんだかスッキリした。

 

そして自分が良いと思ってやろうとしてること、そのスタイルは崩さないと自信を持てた、ひとりひとりと向き合って丁寧に取り組みたい。

 

名刺出しただけで実体験もしてないのにコラボしましょうとか、具体的な方法について積極的に説明をもとめてもいないのに、それを採用したいと言ったりとか、なぜそう思うんだろう。

 

シンプルじゃないんだよ、多分。

 

お互いを知っていく中で自然な流れにのり、じゃあやってみようかって今はなってる、難しく考えてた時はこんなじゃなかった。

 

どっちも理屈をたくさんくっつけてただけで、それを取ってみたらものすごくシンプルだったことがわかった。

 

多分、これからいろいろとi-STAGEのイベントに参加していくうちに、もっと私はシンプルでいい意味でバカになれると思ってる。

 

私が自分のことを大好きになって、みんなも私のことを好きになるがいい 笑

 

 

~~自分発掘セッション~~

◆女性◆

ワクワクが溢れ出すのを目の当たりにした。

そんな表現が適切なのかな。

そのワクワクが私をワクワクさせた。

そういう感じかなあ。

言葉にするのもったいないくらい楽しかった。

私のワクワクってなんだろう、私集中する方だからなあ。

あー溢れ出せてないのか。

それはつまらんなあ。

あんな風になりたいなあ。

と昨日思いました。

 

川崎 尚哉さんと話していて。

なおやんありがとね(^-^)/

 

 

~~自分を輝かせるメソッド~~

30代女性◆
毎回ありがとう
自分に敏感になってきてます。
だから、嬉しさも悔しさも 色んな感情が誤魔化せなくなってきてる!
すごくいい意味で!!!

「今を生きている」を実感できてきたなぁ
と感じてます!
自分のみたくない部分にも出会えて
それはちょっぴり?結構?辛いけど…
そこから始まることができるから!!!

その伸びしろを楽しみたいよっ!

また、遊びにいきます


50代女性◆
今日は午前中に学校
午後から自分を輝かせるメソッド
元舞台俳優が教える演技ワークショップに
参加してきました(ノ´
*)
わたし、女優になりますっ!!
ぐふふふ()
ええー??と
ビックリした人!
いるわけないか()
いやはや
ものすごーく濃ゆ~い半日を過ごしてまいりました。
押し込めて
我慢して
平気なふりして
私は強いんだもん
大丈夫だもん
泣かないもん
そんな気持ち達と
たくさん向き合ってきました。
ただ立って深呼吸している姿から
私の強がりな気持ちを
一発で見抜き
大丈夫だから
なにがあっても受け止めるから
怖がらずにもっと声を出してごらんと
ニコッと微笑まれ
ふわっとハグされた瞬間
ぶわっー、どどっーと溢れる涙に
自分で自分にビックリしました!Σ( ̄□ ̄;
なにこれーーー?!
いったい、なにが起こってる??
そんな
ココロとカラダの不思議
カラダもココロもかたくて
泣きたくても泣けずに苦しくて・・
ひとり悲しい思いで
モンモンとしている人には
是非、体感して欲しいなぁと
思うワークショップでした(*´ω`*)
繋がりの安心感に包まれて
気付いてあげられなかった
自分と出逢える場所です(ノ´
*)

 

 

~~遊仲・イベント~~

30代男性◆


i-STAGE
主催のバリアフリーイベント「遊仲:-u-chu」に参加してきました

私にとってこんなにも様々な世界を1日で経験する事は今までありませんでした。
この歳にして知らない事ばかりですが、今は全てが理解し受け止める事ができます。
みな、同じ方向を向き、《健常者と障がい者との余計な壁は不要である》事を共感してます。
それをみなに体感させ、広めていくこのような活動は必ずや大きな波を形成する一部になると確認しました。
それにしても参加者全員、とても心が優しい人ばかり。全員とじっくり話せなかったのが残念ですが、
お話しできた方々とは最高に感動するものを共感できました。

 

50代男性:障がい当事者◆
本日はありがとうございました。
とても楽しかったということと私にとってとても勉強になりました。
どこにでもるようなお涙ちょうだいのイベントではなく、健常者も障碍者もしっかり
スクラムを組んでこのイベントを成功させて、さらに絆を深めようというメッセージ
が伝わってきました。
それに皆さんとても親切にしていただきましてよかったです。
今後ともこのようなイベントがございましたらぜひともお声をおかけください。

 

続きは…

http://istage.info/voice.html#u

 

===

 

i-STAGE

『障がいのある・なしに関係なく“誰もが夢を持ち、輝け、そして社会に貢献できる世界を創る”』

~主な事業~

「ココロをつなぐバリアフリーイベント」

「誰もが楽しめるイベント企画」

「隠れた自分発掘プロデューサー」

「自分を輝かせるメソッド:コミュニケ―ションクラス」

ASOBIケーション研修」

など

 

~ご意見・お問合せ~

E-mailinfo@istage.info  

・HP:http://istage.info/  

・FBページ:https://www.facebook.com/istage.info?ref=bookmarks

FBグループ:https://www.facebook.com/groups/1651811371714677/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

naoya kawasakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。