看護の心を伝えるアイナース ~看護について考えましょう~

病気であっても大好きな自宅で大好きな家族と生活する。それがその人らしい生活ではないでしょうか。
病気の人もそれを支える家族もHAPPYでQOLの高い生命・生活を応援します。
働く看護師が元気でなくっちゃ。
看護について社長のつれづれを語っていきます。



テーマ:

日本語はわからない。

英語もわからない。

病気になり生死を彷徨いながら4か月以上にわたり日本の病院に入院。

状態が悪かったので気管切開(喉に穴をあける)もした。

今は状態が安定してきたので、喉に穴が開いているが手で塞ぐと声を発することはできる。

唯一コミュニケーションをとれるのは、たま~に来る通訳さん。

その時だけ声を発するがそれ以外の入院生活ではボディランゲージと首を振って返事をするだけ。

仕事関係者は入院当初は面会にきていたが、なかなか来ることができない。

家族も自国にいるために面会にも来ることができない。

不安だらけの入院生活。

 

自国の病院に転院することが決まったが、自国に帰る手続きは日本の関連会社関係者と病院関係者が進めた。

言葉が通じる自国に帰ることができるのは嬉しいが、不安が大きい本人。

 

移送中の急変と医療処置が必要なため、国内の移送中の付き添いに同行することになった。

成田空港から自国の病院までは奥様が付き添ってくれる。

転院する2日前、通訳さんに自国の病院に転院するまでの行程などの説明をお願いした。

転院当日、通訳さんは病院に来ることはできないと言う。

関連会社関係者も誰一人、見送りに来てくれない。

 

言葉がわからないので、大丈夫か不安な私。

言葉は通じなくても看護はできる。

電子辞書と翻訳した用紙を持ち出発。

 

転院当日、本人の不安な様子が見て取れる。

介護タクシーの車椅子に乗ることさえ、退院するのに、なぜ???と言いたそう。

車椅子のまま介護タクシーに乗るの?という素振り。

北海道の病院から空港へ。

そして飛行機で羽田空港へ。

初飛行機であった。

なぜなら船員さんだったから船で日本に来たのだった。

飛行中の急変の恐れが非常に大きかったが、物珍しそうにドキドキしながら搭乗していていたのが幸いしたのか急変もなく、無事羽田に着いた。

羽田空港から成田空港へは介護タクシーで。

介護タクシー内では指示された医療処置を。

病院を出発し、7時間後にやっと成田空港へ。

自国への出発はもうすぐ。

 

そして車椅子でチェックインカウンターへ。

自国の航空会社なので、本人に言葉が通じるのかと思いきや、チェックインカウンターでは日本語と英語しか通じないという。

パスポートと出国に関する必要書類を提出してもなかなかチェックインができない。

時々通訳さんに連絡しながらチェックインするのに時間がかかる。

その間、本人は不安な様子なので、途中経過を通訳さんから本人に伝えてもらい1時間もかかった。

 

やっと、手続きも終了し、いよいよお別れの時です。

これから先は、航空会社の方が搭乗口まで連れて行ってくれるし、搭乗口には久々に会う奥様も待っていてくれていることを通訳さんから伝えてもらい、バイバイと手を振ると、喉の穴を手で塞ぎ、最初で最後の片言の日本語で『ありがとう』と言い、大粒の涙を流した。

本人の今までの不安は、この最初で最後の片言の日本語で『ありがとう』と大粒の涙で安心に変わった。

こちらも涙が・・・

長~い長~い8時間でした。

 

そして奥様にも会い、成田を出発し3時間半後には自国の病院に無事に転院することができた。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた、またまた久しぶりの更新になりました。


ちょっとだけ、ホームページが変わりました。






弊社の業務、お客様への看護サポートは当たり前のこと。

だって、それが仕事なのですから。

私たち看護師ですもの。

それをするために弊社に就職し、仕事をしているのですもの。



そうなのです。

皆、よりよい看護がしたくて来ている看護師なのです。




でもでも・・・

弊社の業務を知ってもらうために、必要なことは・・・・

ホームページで知ってもらう。

パンフレットで知ってもらう。



でも、ごくごく普通の方々は必要としない、知らなくてもいい。




だから知られなくて良いのではありません。



少ないスタッフの中で、暗黙の内に業務優先順位が決まっています。



1.患者様へのサポート。

2.安全に安心してサービスを提供するための情報収集。
  病院との情報交換はもちろんのこと、病院への事前訪問。
  医師・看護師との情報交換と意見交換。

3.そのケースのスタッフ間でのアセスメント。

4.直接看護ではないけれど、弊社の業務を知ってもらうための営業。
  パンフレットを持参し、病院にお伺いします。

5.とても大切なのだけれど、看護の優先順位が低いと思われてしまう電話対応。

6.ホームページ。



電話対応が多い私。

サポート業務の現場に出ることが少ない私。

いつも、お留守番の私です。

今日は、お留守番の私が営業担当の日でした。

半日以上、病院回りをしてきまし。



ホームページ、ここがこうなったら好いのに・・・と思っていたけれど。

ホームページに経費はかけられないので、スタッフには言えなかったのですが・・・



営業から帰ってみると、ホームページがチョットだけ変わっていました。

気にはなっていたけれど、なかなか言えずにいた。

そこを感じとっていてくれたスタッフが、チョットだけ、だけどとても大変な手直しをしていてくれた。



見た目はほんの少しかもしれないが、
サービスを求めていた(探していた)方々には分かりやすくなったと思います。

http://i-nurse.co.jp/jireitop/jirei.html

事例の内容は変わっていないけれど、いつも見ていてくださった方々には、
わかっていただけるはず。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
数日前、ある一つのFacebookが消えた。
それは、その方が天国に旅立った、ということ。



ご冥福をお祈りいたします。




仕事がら終末期の方に出会うことが多い。
その方の余命は、あと数日と言われていた。
「明日~明後日に帰れなければ、たぶん骨になって帰るでしょう。」という主治医の言葉。



どうしても故郷に帰りたい。故郷に帰りたかった。



故郷に着き『あ~ッッ!!やっと帰って来れた!!』と泣いていた。
それほどまでも、帰りたかった故郷。
帰ることはできないかも?と思っていたのかもしれない。



たまたま、その方はFacebookを利用していた。
数日後、その方のfacebookのプロフィール写真がとても穏やかな写真に変わった。
故郷に帰って心が穏やかになっている。
よかった、よかった。



それから約1か月が経った。



そして、数日前にその方のfacebookが消えた。



苦しさから解放されましたね。
ご冥福をお祈りいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も残すところ、あと半月。

まだ、半月もあるのに・・・

『年末だな?』と思うことがある。




患者様の年末年始の病院からの外泊のために病院側が動き始めていることだ。

例年よりも少し早いような気がする。




お問い合わせも多い。

早い者勝ちとは言いたくないが、病院も早めに動き始めている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
病院からの一時外出。

ご家族や病院の看護師、ソーシャルワーカーからの問い合わせはよくある。

最近は、病院の医師からの問い合わせも多くなってきた。

『どうしても帰してあげたいのです。。。』

一番、患者様の状態、症状、余命を知っている医師の言葉、重みを感じると共に、その医師の優しさを感じる。

人員が許す限り、お応えしたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
諦めなければ結果が出る。




1年前に脳出血になり、右半身不随と失語症、食事は管からという状態でほとんど寝たきりの状態。

自宅での生活は難しく、リハビリテーション病院を転々と。

リハビリテーション病院と言いながら、状態は一向に改善していない。

毎日、毎日、天井を見て過ごすだけ。




奥様が元のように元気になってもらうことが、自分の使命と、病院を探しに探して、やっと見つけた旦那様。

奥様に生きがいのある生活を送ってもらうために。

転院した。




自分の力で座っていることも、立つこともできなかった。

朝から夕方まで、リハビリの毎日。

ご本人の努力もあり、つかまり立ちもできるようになった。

10日足らずで口から食事ができるようになった。

利き手は右手で麻痺しているので、一生懸命、左手で文字を書く練習をした。




その方から、嬉しいハガキが届きました。

表面・裏面ともに、ビッシリと筆ペンで書いてある。

これが利き手ではない反対の手で書いたのかと、びっくりするほど綺麗な文字。

書きたいこと、伝えたいことが沢山あるので、両面ともにビッシリ書いている。




現状で無理なら代替がある。

諦めなければ結果が出る。

嬉しいハガキから教えていただいたことです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の住んでいるマンションは築35年、世帯数は42世帯。

マンションの老朽化とともに住人も高齢化。

世帯数は少ないのに『隣は何をする人ぞ』の状態。

2年前に始めた、小さな小さなコミュニティの懇親会

今日は3回目でした。

みんな楽しみにしてくださっています。

今回も大勢の方に参加いただき、賑やかに楽しく過ごしました。

少しずつ『隣は何をする人ぞ』の状態から、脱却しつつあります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた久々の更新になってしまいました。



今日は、作成をお願いしていたパンフレットが届きました。

みなさんは、どのようなところにお願いしますか?

私は、キタデザインさんにお願いしました。

いろいろヒアリングしていただき、そこから色や写真・デザインなどしてくださいました。

何よりも、私の仕事を応援したいという想いが十分に伝わってくるのです。




2月の始まり、新しく行動するには、ちょうど良いタイミング。

明日からはドンドン行きますよ。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、お会いした70代の方。
いろいろ気になることがあった。
自分の身の回りの整理整頓、しなければならないのは、分かっているのだけれど・・・
でも、それを始めることは、自分は終わりに向かっていること?
それを認めたら自分は何のために生きていくのだろうか?・・・と。

・・・

人は何のために生きていくのだろうか。

チョット深く考えさせられた一日でした。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。