2014-07-29 11:00:12

i-nacのスペシャル講師陣を紹介!③

テーマ:教職員コラム

いよいよ梅雨も明けたようですね。これからが夏本番ヒマワリ


今日は熱い熱い講師陣紹介第3弾!!!


自然ガイド・環境保全学科 専任講師の長野康之先生ですビックリマーク





●出身

東京生まれの東京育ち。曲がったことが大嫌い、生粋の江戸っ子です。


●経歴

麻布大学獣医学部卒

広島大学大学院生物圏科学研究科博士前期課程修了(農学修士)

(独)森林総合研究所 多摩森林科学園 

東京環境工科専門学校 教師

現 国際自然環境アウトドア専門学校 講師 9年目!


学生時代から動物行動学・生態学を学んでいた先生。

大学院生の時に専門学校生を対象に授業をした時に、人に何かを伝える教えるって素晴らしい!と

教育の世界に目覚めた長野先生アオキラ

後に生きものを守るための保全生態学に出会いこれが私の進む道と確信したそうですビックリマーク


東京の専門学校で5年間教師をしていましたが、都会の教室の中で自然を伝えることに疑問を持ち始め、自然を学ぶなら自然が身近にあり、実習が豊富にできるところで!とi-nacの教師になりましたきらきら


●妙高で1番すきなところは?

火打山です大山


長野先生は2008年から生徒と共に野生生物調査実習として火打山のライチョウ調査を行っています。

だんだんと数が減りつつあるライチョウ。国の特別天然記念物にも指定されています雷鳥(冬羽)

その生態や行動について調査し、環境省とも調査を行う長野先生!!!

自然環境保全のシンポジウムなどにも数多く参加し講演も行っていますマイク

長野先生にとって火打山はもう庭のような場所だそうです・・・キャハハ



●i-nacで1番の思い出は?

思い出ももちろんたくさんあるけど、卒業生が訪ねて来てくれることがとっても嬉しいですね(≡^∇^≡)

i-nacに来てから卒業生がたくさん学校に遊びに来てくれて、そんな時に教師をしていて良かったな、と思います。

とおっしゃっていましたおんぷ



東京から新潟・妙高に引っ越してきた長野先生。

朝起きた時の鳥のさえずりを聞いて「あ、○○が鳴いている!」と反応するそうです。実習で出掛けても「今○○が鳴いた!ほら、あそこの木!」とすかさず教えてくれます。


私たち地元に住んでいる人達は「妙高って田舎で何にもない」なんて思ってしまいがちですが、

長野先生は「とんでもない!妙高は自然が豊かで、いきものがたくさんいて、空気がおいしいし、お米もおいしい!都会には無いものがたくさんあるじゃないですか!」とおっしゃってくださいました。

私もハッとして自分が恥ずかしくなってしまいました。


地元以上に妙高が大好きで詳しい長野先生ニコニコ

個人的には長野先生の先生のお話だったら丸1日聞いていても飽きません。むしろ足りません。



学校説明会オープンキャンパスで是非長野先生の熱~いお話を聞いてみませんか(o^-')b?



自然ガイド・環境保全学科はこちらから
パソコンの方
スマートフォンの方
フィーチャーフォンの方



i-nacの学生が出演しています音譜

HAPPY新潟版はこちらから
http://youtu.be/uTZfqKej8Lc
ファレルウイリアムスの大ヒット曲「HAPPY」に合わせて、新潟在住の18歳~20歳を中心とした学生335名により、「HAPPY 新潟版」を制作しました。それぞれの「 MY DREAMS 」に向けてハッピーに頑張る学生の姿をご覧ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)

国際自然環境アウトドア専門学校さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります