不動産コンサルタント 井上嵩久

不動産実務検定埼玉支部越谷SG講師「井上嵩久」のブログです。
賃貸経営・不動産投資等についてコメントしてます。
不動産実務検定は、不動産投資専門の日本初の資格です!


テーマ:
昨日は、第2回越谷大家塾を開催しました。


第1回目と違ってかなりアットホームな会になりました。
皆さんの感想が一堂に『楽しかった』と言ってもらえたのが、
本当にうれしかったです。


第1回目との違いは、ビデオカメラも入っていたこともあり、
一方的な講義に終始してしまいましたが、今回は、来場頂いた大家さん
とのコミュニケーションをしてもらうことを意識して行いました。


そうすると、色々な話が出てくる出てくる。


コミュニケーションの時間を、進行上、5分ぐらいで打ち切ろうかなと思っていたことも、
話しが盛り上がり、10分以上伸びてしまうことも(笑)


セミナー講師としては、力量が問われる部分かもしれませんが(苦笑)
私個人としては、そういう場こそ必要だと感じました。


今回のセミナーでは、空室対策をテーマにした内容でした。


私の本も含め、今や『空室対策』をテーマにした本は、
いくらでも手に入れることが出来ます。


しかし、『小手先のテクニック』をいくら行っても実際に空室は決まらないのです。
なぜ、決まらないかというと、結局そのテクニックは、自分の為に行っているからなのです。


大家業とは、『不労所得』ではありません。
『サービス業』です。


『サービス業』として賃貸経営をとらえることが出来なければ賃貸経営を
成功させることは出来ないでしょう。


こう言うとわかりにくいかもしれませんが、
成功している『サービス業者』は、どんなことをしているのかを考えるといいかもしれません。


例えば、『ホテル』や『宿』
成功しているホテルや宿は、誰を見て仕事をしているのでしょうか。


『不動産業』『大家業』という枠組みで見るのではなく、
『サービス業』として考えたときに、他の業種の会社がどのように成功しているか。
何を考えて仕事をしてるのかを知ることは、大変参考になることだと思います。


また、賃貸経営は、『一人』では絶対に成功はありえません。
様々な専門家と協力し合うことが必要になります。


そこで勘違いしてはいけないのは、大家が『お客様』にならないこと。


大家は確かに不動産業者やリフォームや様々なところでお金を支払うことが多いでしょう。
そこで、多くの大家さんは『お客様』になってしまいます。


確かにある意味『お客様』なのですが、『お客様』として接する限り、
賃貸経営を成功させることは、難しいのだと思います。


お客様ではなく、賃貸経営事業を成功させるための『パートナー』を作ること。
でなければ、いつまでもその業者の『お客様』のままになるでしょう。


そして、最も大切なことは、自分に『責任を持つ』こと。


今の状況や、全ての事柄は、成るべくしてなっているのだと思います。
もし、変えたいのであれば、相手を変えるのではなくまずは自分が変わること。


誰かのせいにする賃貸経営(人生)よりも、自分が舵を切った賃貸経営(人生)
の方がきっと楽しいと思います。
$大家検定で思い通りの資産運用を

○井上嵩久 共著本
金持ち大家さんがこっそり実践している 空室対策のすごい技/日本実業出版社

¥1,575
Amazon.co.jp
大家検定で思い通りの資産運用を
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

不動産コンサルタント 井上 嵩久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。