早くも12月に差し掛かろうとしています…今年もハウスでは「いばらきコンテンツコレクション3」の準備が進んでいますよキョロキョロ 

今年度の開催は1月6日(土)~8日(月・祝)の3日間です!様々な企画をご用意しておりますので、ぜひぜひ足をお運びくださいラブ

 

 

さて、ご報告が遅くなってしまいましたが、11月19日(日)に開催された「マンガ×シェイクスピア×ツクバダイガク」のワークショップ、講演会に参加してきましたので様子を少しだけお見せします!!

今回は3回目の開催で、「個展をマンガに」をテーマに、みんなでシナリオ作りをしました。

 

 

題材にしたのはシェイクスピアのあの名作『ロミオとジュリエット』ですルンルン

ロミオとジュリエットのあらすじやテーマ、問題点を読み解き、自分なりにアレンジしたオリジナル『ロミオとジュリエット』を作りました爆  笑

初心者にももっと気軽にマンガ作りに参加してもらおう!!ということで、マンガでの表現やストーリーの作り方について

横井先生よりコツを伝授して頂きましたルンルン初心者がマンガなんてできるのかな…と初めは戦々恐々としていましたが、ほとんどのものは、丸や四角、線などの簡単な記号で全て表現できるので、はじめは上手く描こうとしなくてもいいんだよ!と背中を押してもらいましたニコニコ

 

 

また、本題のシナリオ作りでは、今回はワークシートを使ってシナリオを作りました!!

なんとこのワークシート、今回作るストーリーの時代、場所から始まり、ロミオの人物像、ジュリエットの人物像、二人の家の中が悪い理由、周りの評価 などなど、ストーリーを構成する項目があり、それを埋めるだけで自分だけの『ロミオとジュリエット』ができてしまいます…!!おそらく初めてシナリオを作る方もいらっしゃったと思いますが、みなさん、楽しそうに記入していましたよニコニコ

 

 

 

最後に「オリジナルロミオとジュリエット」の発表をしました。

同じワークシートでもそれぞれのロミオ像、ジュリエット像があり、ワクワクしながらみなさんのストーリーを聞いていました!!

『ロミオとジュリエット』という同じテーマでも、物語のどの問題を何を軸にするか、どんなキャラクターにするか…多くのクリエイターがつい手がけたくなるような魅力が名作が名作たるゆえんなのかもしれませんね…キョロキョロ

 

 

後半は講演会です。テーマは 「クリエイターと社会~創造の力」 です。

…講演会と言っても堅苦しいものではなく参加型で、私達の身の周りの出来事、身の回りに起こりそうな出来事をテーマにストーリー作りを体験してみよう!という内容でしたウインク今回はその導入になる「テーマ発掘」で、

「研究学園と探偵」を前提に、こんな「人」がいて、こんな「事件」がこんな「場所」で起こる、というそれぞれの要素を身の回りから発掘しました!!

 

どんなところでどんな事件が起こりそうか…架空の出来事でもOK!地図を見て確認するかたも…地形というのは探偵モノには大切な情報ですよね!!

 

 

 

付箋をシートに貼ってみなさんとアイディアを確認…

「研究学園」らしい題材がこんなに…!!キョロキョロ!やはり「研究所」や「大学」は大きな要素のようです。

 

こうして見ると、改めて身の回りに沢山のヒントが散りばめられていることに気が付かされます。

書いているうちに、どれだけ周りに目を向けているかが鍵になってくると感じました。

 

「創造」の分野でもきっと周りからヒントを得ることも多いはず…

コンテンツが社会に与える影響も今や少なくありませんがが、クリエイターも身の回りの人や出来事など…社会にアンテナを張っていくことの重要性をひしひしと感じる講演会でした!

 

 

講演会は残念ながらこの会で終了でしたが、ワークショップはあと2回開催されます!次回は12月3日(日)です。

参加のお申し込みはまだ受付中!!

また、1回のみの参加も歓迎爆  笑だそうですので参加してみたい!と思った方はぜひご参加くださいねウインク

ワークショップ詳細・お申込み>>http://manga-shakespeare-tsukuba.com/?page_id=22

 

以上、ワークショップ&講演会レポートでしたルンルン