日本産科婦人科学会は22日、抗インフルエンザウイルス薬を妊婦が使用した場合の副作用や胎児への影響について、大規模な調査を行うことを明らかにした。新型インフルエンザは妊婦に危険だとされながら日本では死亡例がなく、ワクチンや薬などの対応が奏功したとみられており、改めて安全性を検証する。
 調査は全国約500の医療機関を対象に、5000例程度を目標に実施。昨年9月から今年12月までの間に、抗ウイルス薬のタミフルとリレンザで治療を受けた妊婦を登録し、副作用や子供への影響を2歳になるまで追跡する。斎藤滋富山大教授が中心となり、同大の倫理委員会での審査・承認を経てスタートする。
 タミフルは胎児への影響がなく妊婦に安全とされるが、90例ほどのデータしかないという。斎藤教授は「学会として治療薬の速やかな使用を提言しており、責任がある」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画
新型インフルの広報検証=総括会議、報道関係者も参加
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初
09年度の入場者数、24%減=長崎・ハウステンボス

「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱(医療介護CBニュース)
激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で-政府(時事通信)
JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故(産経新聞)
<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)
代表は橋下知事、「大阪維新の会」正式旗揚げ(読売新聞)
AD