やわらかい実えんどうが入手できたので、

「洋風の蒸し煮」を作りました。

フランス語でPETIT POIS a la francaise (プティポワ・ア・ラ・フランセーズ)、

プティポワは実えんどうのことなので、直訳すると「実えんどうのフランス風」です。

 

 

少し手抜き感があるおうちごはんですが(*゚ー゚)ゞ

メニューは、

・実えんどうの洋風蒸し煮(ベーコン、マッシュルーム、玉ねぎ、レタス、バター)

・茹でブロッコリー(マヨネーズ)

・ほうれん草のお浸し(かつお節、ポン酢)

・みそ汁(納豆、筍の姫皮、わかめ)

・竹の子ご飯

・緑茶

・デザート(青肉メロン)

 

実えんどうは「紀州うすい」という緑色が鮮やかな品種のもの。

豆ご飯などお料理の色映えがしますね。

碓井豌豆(うすいえんどう)は機会がありましたら。

 

実えんどうを先に茹でておいて、

バターで具材を順に炒めてブイヨンで蒸し煮にするメインディッシュ、

お鍋ひとつで簡単にできるフランスの伝統的な料理です。

 

緑色野菜たっぷり感のかなりあります。

 

 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^

AD