10月の蝉

取り残されても、どこにも届かなくても、最後まで蝉らしく鳴き続けよう


投票よろしくお願いします。クラッカー


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 ブクログのパブーにて電子書籍無料公開中です音譜


      片山るんのページ



NEW !
テーマ:

中高生対象のワークショップとか舞台の話を聞くと、いいなあと思います。

若いうちにいろんなことができる、若いからいろんなことができる、そんなふうに思うんですね。

体も心も柔軟で、たくさんののびしろがある。そんなときに、さまざまな経験を積むことができる。可能性の多様さに羨望を覚えます。

 

でも、もし私が今その年齢だったら、たぶんなにもできないんだろうなとも思うのです。

できない、というか、踏み出せないんじゃないかなあ。

たとえば、超常現象が起こって10代に戻れたとしても、そういう世界に足を踏み入れることはできないんじゃないかと思うのです。

なぜかというと、「将来」のことを考えてしまうから。

 

若いときは、「将来」が茫漠と広がっていてとても不安でした。

これからまだ何年も人生が続いていくとしたら、「今、これをやること」がいったいどういう影響を及ぼすだろうかとか、そんなことが気になって仕方なかったのです。

だから、若くて時間も可能性もたくさんあるはずの時期には却って何もすることができませんでした。

 

今、この年になってあれこれ手を出し始めたのは、もう「将来のこと」を気にしなくてもいいのだ、と思いきることができたからです。

ダンスや芝居に関わったとしても、もうそれを職業としようとか考えなくてもいい。

ただ、好きだから、でやっていくことができるのです。

下手でも、上達しなくても、成功しなくてもいい。

そうなってはじめて、安心していろんなことを始めるようになったのです。

 

とても、臆病で後ろ向きな考えだなと思います。言い訳ばっかりのような気もする。

でも、気になるワークショップを見つけたとき、気になるカルチャー教室を見つけたとき、「よし、やってみよう」と思えるのは、「もうこの先あんまり時間がない」とか、「今これをやったからといって、将来どうするかなんて考えなくてもいい」という状況があるから、というのも確かなんですね。

 

今、芝居の稽古をしていて、稽古が進めば進むほど考えることは多くなります。奥の深い世界ですから、やろうと思えば、追求していくべきことはたくさんあります。

もちろん、自分の演技や芝居についていつも考えてはいますが、どこか逃げ道があるんですね。それは、気が楽なことでもあり、反面もどかしく、ふがいないところでもあります。

 

なんにしても、「今だから」いろんなことに挑戦していけるんだな、と、そんなことを思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

逆算して生活してると一日があっという間に終わってしまうねえ、というお話。

 

食事の支度がもっとも顕著でありますが、とにかく逆算しないとどうにもならない。

6時半ごろに夕ご飯を食べるようにしようと思うと、作る時間、買い物にいく時間を逆算しなくてはなりません。買い物だって、おいそれと出かけていては二度手間になったりすることもありますから、ほかの用事との兼ね合いも考えなくてはなりません。

 

私は基本的には買い物に行くのが好きではないんですね。喜んでいくのは本屋くらいで。

だから、「日常の買い物」という行為単独で外出するのが億劫でなりません。

なので、なるべくほかの用事と絡めたい。

 

そうなると今度はその「ほかの用事」を済ませるための時間を逆算しなくてはなりません。

逆算につぐ逆算で、結局朝からなんとなく落ち着かない気分になってしまう。

 

夜まで飛び飛びに用事が入っているときなどは、最終の用事の時間に合わせて逆算してしまうので、朝からもう一日終わってるような気分になってしまいます。

 

今日もそんな一日でした。

あっという間に終わってしまったような気持ちだけが残るのです。

 

そのせいなのか、最近なんとなく落ち着かず、追い立てられているような、何か大事なことを取りこぼしているような、そんな不安ばかりが募っております。

やれやれ。

目の前にぽーんと広い広い道がひらけているような、逆算のために後ろを向かなくてもいいような、そんな一日を送ってみたいです。

でも、そうなったらそうなったで、たぶん物足りないような気持ちになるんでしょうね。

困った性分です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

常にいつもなにかしら、中途半端なまま進んでいくのだろう。

 

言いかけた話、途中になった言葉、断ち切られる時間。

終わったと思うそばから次が始まり、次はまたその次へ続く。

なにも解決せず、何も決着がつかない。

 

そうやって、次の瞬間へつないでいくのが、生きていくということなのかもしれない。

 

2016091623270000.jpg

 

「十二夜」の稽古、粛々と進んでおります。

なんとか、面白いものにしたいなあと、ただそれだけを願って。

 

芝居とはなんぞや、演技とはいかなるものなりか、と、そんな根本的な疑問にとりつかれつつ。

束の間、違う誰かの人生を舞台の上に再現すべく、稽古に取り組む毎日であります。

 

チケットの予約は、このブログのコメント欄でも受け付けております。

よろしければどうぞ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。