10月の蝉

取り残されても、どこにも届かなくても、最後まで蝉らしく鳴き続けよう


投票よろしくお願いします。クラッカー


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 ブクログのパブーにて電子書籍無料公開中です音譜


      片山るんのページ



NEW !
テーマ:

物事のやめ時ややめ方がわからない。

どうやって見切りをつけるのか、どうやってそれを伝えたらいいのか、それがわからなくてずるずると続けてしまう、ということがけっこうある。

 

自分の気持ちだけでそれを決めてしまっていいのか、という不安がいつもあって。

だから、誰からもつっこまれない、納得されやすい、大手を振って口にしやすい理由があるときでないとうまくやめられない。

仕事とか習い事とかがそうだし、なんなら恋愛とか結婚なんかもそうなのだ。

恋愛、結婚はまたちょっと違う要素も入ってくるからちょっと横へおいとくが。

習い事なんて、自分の都合で決めればいいことだと、頭ではわかっているんだけど。

いざとなるとなかなか言い出せない。

 

シナリオ教室は結局3年通った。あれはカリキュラムをこなすのにそれくらいかかったからで、一通りカリキュラムをこなした段階で、次へ行くかどうかのところでがんばってやめた。

「がんばって」やめる、なんて変な言い方なんだけど、「どうしてやめるの?」という問いに「もうそれほど熱意を持てなくなったから」とか「このままやっててもどうにもならないような気がするから」という答えだけでは不十分なような気がしていたのだ。

自分の中にも、「こんなことでやめてしまうなんて」という非難の気持ちがあって、もうちょっと我慢してがんばらないとだめなんじゃないかとどこかで思ってしまう。

だからといって、我慢してがんばったからどうにかなるという保証もなく、そこまでしてしがみついていたいというほどの情熱もないのに。

 

「一度始めたことは簡単にやめてはいけない」という考え方が世の中にはあって、それが私の中にも強固に根付いているように思う。

ちょっとやってみてはすぐにやめて、また別のことに手を出す、という行為はあまりよく思われない。

根気がない、すぐに目移りする、飽き性、気まぐれ、わがまま、そんな非難の言葉が私の中にあふれる。だから私は一度始めたことはなるべくやめたくない、と思う。それが高じると、やめることが怖いあまりに新しいことは始めないようにする、というところに行く。

それでもなんにもしないでいることもできなくて、ふっと新しいことを始めてしまう。

それが性に合って楽しく続けられるならいいんだけど、問題は途中でつらくなってしまうことがあるということだ。特に習い事というのは教える人との相性があって、こればっかりはやってみないとわからない。

合わないなあと思いながらも、どうやってやめたらいいのか(というか、やめると伝えたらいいのか)がわからなくて、ぐだぐだと文句を言いながら続けるということになる。

 

いろいろ調べてみると、「自他の境界線」という概念にたどり着く。

私はどうやらその境界線があいまいなようで、「やめる」ということが相手の拒絶につながり、その拒絶が自分にもはね返ってくる気がして気後れしてしまうようだ。

やめたい理由が自分の感情にある場合は特にそれが顕著になる。

「私はこう思っている。こう感じている」ということを正直に相手に告げることが怖くてたまらないのだ。

だから、外的に正当と思われる理由にすがる。それを持ち出したら誰も文句を言わない、というような理由があればいいのだ。ないとき、つまり自分の感情にしか理由がないときは、無理やりにでも外的理由をひねりだす。それはすなわち「うそ」である。

嘘をつくのがすごく下手なくせに、嘘をつかなくてはならなくなる。だから気が重くてなかなか言い出せない。言いだせないけど、気持ちはどんどんつらくなって、結局ぶっちぎって逃げるようなひどいやめ方をしてしまうはめになる。

はたから見てそこまでひどいことにはならなかったとしても、私の気持ちの中ではひどいことになっているので、やめたあとはその関係者に関わることができなくなる。

 

例えばどこかでバイトしていて、そこをやめた後もそのバイト先を訪れる、なんていうことが私にはできない。別に非道なやめ方をしたわけではない場合でも、だ。円満にやめたとしても、やめたあとで顔を出すということができない。なんなら、まだバイトしているときで、休みの日にバイト先に顔を出す、なんてことすらできない。休んでいることに対する罪悪感が強すぎてできないのだ。休むことにすら罪悪感を持つのだから、やめたことに対する罪悪感はそれの比ではない。

 

こういうのは全部、私の中だけの気持ちで、相手は実はなんとも思ってないのだ、ということは頭ではわかっている(つもり)。だから時には、自分の感情に無理やり蓋をして平気なふりをすることもある。

でもそうすると、そのあとでものすごく大きな反動が来て、どっと落ち込んでしまうのだけれど。

 

なんでこんなに「休むこと」や「やめること」に対して罪悪感を持っているのか、自分でもよくわからない。

若いころに、何か新しいことを始めるのに抵抗があったのは、この「休むややめるに対する罪悪感」のせいだった。最近少しできるようになったのは、もうあまり先が長くないと思うようになったからだ。

それでもやっぱり、「やめる」のが難しい。

たかだか宅配の牛乳ですら、なかなかやめると言いだせないでいる。いらないと思うならやめればいいのに。

 

「やめます」というと「なぜ?」と聞かれて引き止められる。その段取りがほんとうに苦痛なのだ。

私だって、他の人に対して同じようなことをしているのにね。

 

ああでも。「先があまり長くないから」が理由になるなら、嫌だと思うことはきちんとやめていかないといけないよね。ただ、「いやだ」という自分の感情を相手に知られたくない、と思ってしまうのだ。

うん。そうだ。自分の感情やホントに思っていることを相手に知られたくない、と思っているんだな。

休むとかやめるっていうことが「否定的なこと」だと思っているから、そういう否定的な感情を相手に知られたくないんだと思う。

 

はあ。もう、自分、めんどくさい(笑)

続けていくだけのモチベーションが保てないなら、やめた方がいいんだよな。

っていうか、もうやめたいのよきっと。

しっかりしないとね。とりあえず1年で区切りをつけよう。うん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

ゆうべはちょっと入眠に失敗しまして、しばらく寝付けませんでした。

室温が実に微妙で、冷房を入れるかどうかでちょっと迷いました。

日中、確かに暑かったのですが、うちの方は若干空気が乾いていたようでそんなに暑さを感じなかったんですね。夜に入って気温も下がり、風も少々吹いておりました。

こういうときがいちばん迷うんですよねえ。

冷房がなくても寝れそうな気はする。でも、暑いといえば暑い。

昨今では睡眠中の熱中症に対する警鐘も鳴らされておりますしね。

朝になったら死んでいた、では家族に迷惑をかけてしまうし。

 

余談ですが、熱中症で死ぬのはどれくらい苦しいんでしょうね。

ぼーっとしたまま逝ってしまうのでしょうか。

 

失礼しました。

ともあれ、翌日のことを考えるとなるべく快適に眠った方がいいことは確かなので、結局窓を閉めてエアコンのスイッチを押しました。

 

ところがどういうわけか眠気が来ないんですよ。

時刻はすでに日をまたいでおり、早く寝ないとまずいことは明らかで。

エアコンからも心地よい風が吹き出したこともあり、なんとか眠ろうとしました。

うまく眠れるときはそのまますーっと暗闇に吸い込まれるように眠ってしまえるのですが、昨日はその暗闇がなかなかやってこなかったんですねえ。

 

それでも30分くらいしたらたぶんお迎えが来たのでしょう。なんとか眠ったようでした。

 

それなのに。

ふと目が開いたんですよ。時計を見たら4時。

4時!!

どういうことなんでしょうね。推定入眠時刻はおそらく1時に近かったと思うんですよ。

それなのになぜに4時に目がさめるか。

エアコンの風を冷たく感じましたのでいったん切りました。そうしてもう一度目をつぶったのです。

目覚ましが鳴るのは5時半。あと1時間半もあるんですよ。それなのになぜに途中で目が覚めるか。

二度寝になってしまうでしょう? そういうときってほんと次が眠たいんですよ。

案の定、目覚ましが鳴った時には眠気がピークでした。15分ほどぐずぐずして、体を引きはがすようにして起き上がりましたよ。

 

昨日は昼寝をしたわけでもないし、そこそこ疲れてたはずなんですけどねえ。

何がいけなかったんでしょうか。頭の中をぐるぐると駆け巡る灰色の思いがいけなかったんですかね。

そんなの常駐してるんですけど。

 

まあ、ベッドに入るタイミングがちょっとずれたということなんでしょう。

昼間はやたら眠たいのに、いざ夜に就寝しようとするとうまく眠りに入れない。毎晩ちょっとしたギャンブルを行っているような感じです。

昼間に寝るのと夜に寝るのではどうしてこんなに感覚が違うんでしょうね。

明るさの問題なのかなあ。体内時計とやらのせい?

とにかく、夜は寝ないと次の日の朝に差し支えるのでね、困ったものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

川瀬七緒さんの「フォークロアの鍵」を探しに本屋へ行った。

数日前の新聞の書評欄で、宮部みゆきさんが書評を書いていたのを読んで面白そうだなと思ったのだ。

宮部さんは書評ですら文章が面白いんだな。「ジャムマーガリンコッペパン」という比喩にやられた。

 

川瀬さんの作品は以前、「よろずのことに気をつけよ」を読んだことがあって多少はなじみがある。加えて題材が民俗学方面ということだったので、かなり興味を持った。

 

ところが、やっぱりなかったのだ。

店内検索機で調べたところ、今年の5月に発行されているらしいのだが、「在庫なし」と。

なんだよやっぱりか、と思って、家に帰ってネットで注文してしまった。

 

そのとき店内を歩き回っていたら「書店ガール 6」を見つけてしまった。つい先日来た時は1冊もなかったのだが、その後入荷したのだろう。面陳でかなりの冊数が出されていた。

なんだよもう。とっくに家に届いて、なんなら第1作から全部読みなおしちゃったよ。

タイミングが悪かったんだなあ。

 

新刊の棚差しを順番にチェックしていたら、水沢秋生さんの新刊を発見。

1冊しか差してなかったから危ないところだった。

「ゴールデンラッキービートルの伝説」以来、ずっと作品を追いかけて読んでいる。

今お気に入りの作家さんの一人である。

いやあ、ラッキーラッキー。

なんか、新刊の棚から呼ばれたような気がしたんだよねえ。

こういうことはよくある。

なぜか今日本屋へ行かなくてはならない、という謎の使命感が発生して本屋へ行ったら、好きな作家の新刊が出ている、ということがあるのだ。

絶対呼んでる、と思う。

 

今日はそのほかに、パタリロの98巻(!!!)、アンソロジーで「猫が見ていた」、そして「メアリと魔女の花」の原作を購入。

アンソロジーは好きな作家さんが何人か入っていたし、猫がモチーフだったので買うことにした。

一つの世界観を追いかけるのが基本的には好きなので、あんまりアンソロジーは買わないんだけどね。のちに短編集に収録されるということもあったりするから。

「メアリと魔女の花」は冒頭をちょっと立ち読みしてから購入を決意。

こないだ観た映画は、悪くはなかったんだけど、なんか、薄めすぎたカルピスみたいなすっきりしない感じが残ってしまったので、ここはひとつ原作に当たろうかと。

「思い出のマーニー」もそうだったんだけど、外国の児童文学は小説で読んだ方が面白い気がする。

「赤毛のアン」とかもそうなんだけど、細かい描写こそが読む醍醐味なんじゃないかと思うのだ。文化や習慣や価値観の違いがはっきりわかるし。

 

というわけで、今日の収穫はかなり満足のいくものであった。

せめて読んでいる間くらいは浮世の憂さが忘れられるかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。