10月の蝉

取り残されても、どこにも届かなくても、最後まで蝉らしく鳴き続けよう


投票よろしくお願いします。クラッカー


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 ブクログのパブーにて電子書籍無料公開中です音譜


      片山るんのページ



NEW !
テーマ:

今テレビでは「オブリビオン」が放映されていますが、それを横目でちらちら見ながら書いております。

今日は映画三昧の一日となりました。

 

まず午前中は、先日購入した「ピンクとグレー」のDVDを見ました。

劇場で見たときは必死で抑えていたのですが、家で一人で見たので思うさま涙を流して見ておりました。

あれは、前半のりばちゃんが泣ける。とにかく泣ける。あの駄目さ加減とか、いじましい嫉妬や、小さなプライドや、でもそれを振り捨ててごっちのところへ走っていく切なさとか。

演じている菅田将暉くんの演技力で完全にもっていかれました。

ちょっとした表情や、体の動きで、「りばちゃん」の気持ちがものすごく伝わってくるんですよね。

そして衝撃の後半は、これまた菅田将暉くんの演技にもっていかれました。ああ、なんてげすいんだ、なんて「芸能界」にまみれているんだ、あのふてぶてしさ、乗り切り方、すべてがすばらしい。

主演の中島裕翔くんもよかったですけどね。

 

ちょっと奮発してメイキングがついているものを買ったので、そのままメイキングも見ました。

私はメイキングを見るのが大好きです。映画をどうやって作っているのか、役者はどうやって演じているのか、撮影の合間はどうやって過ごしているのか、などが垣間見られるからです。

行定監督は、一つ一つの場面で丁寧に役者さんたちにセリフの背後などを説明していて、ああ、こんなふうに演技をつけてもらえたらどんなにいいだろうと思いながら見ていました。

 

娘も「ピンクとグレー」を見ているのですが、私が感じたような切なさは感じなかったようです。このあたりはたぶん、年齢の差だと思いますね。

「赤の他人の子どもでも、幼稚園や小学校などの運動会でがんばっている姿を見ると涙ぐんでしまう」というのは、年を取るにつれて頻出してくる現象であります。

過ぎ去ったきらめきが、どうにもこうにも胸に迫ってきて、ついつい涙ぐんでしまうのです。

一人で見たので思う存分その思いにひたれて、心が大きく動かされました。

 

夕方からは、今日公開の「君の名は」を息子と一緒に観てきました。

いやあ、これはほんとに美しい映画でしたよ。たっぷり1時間47分、物語の世界で生きることができました。楽しかったし、面白かったし、美しかったし、切なかった。

絵の美しさといったらないですね。息を飲むような美しさでした。

神木くんの声優ぶりもまたすばらしかったです。ちゃんと女の子の口調になるんだなあと。

確かにアニメーションなんですけど、途中それを忘れてしまうくらいリアルで、でもアニメーションならではの画面でもあって、実に豊かな映画でした。

 

「自分ってなんだ」「本当の自分なんてものがあるのか」というようなことを、二つの作品を見て思いました。

今稽古している芝居でも、「別の人間を演じる」とか「本当の自分を隠す」というモチーフが出てくるので、いろいろ参考になるところがありました。

 

先日、本を読んだ時にも思ったのですが、そのとき自分に必要なものには出会えるようになってるんですね。今日、この2本の映画を見て本当によかったと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

私は見逃してしまったのだが、昨夜の「怒り新党」で、「共感性羞恥」という言葉が出てきたらしい。

ドラマや、アニメ、映画、さらにはドキュメンタリーまで、とにかく、「登場人物がこれから恥をかくだろうと思われる場面が耐えられない」という心理。

これで悩んでいる人が投稿してきてて、その回答として、「それは共感性羞恥という心理で、日本だと10%くらいの人が該当する」と言ってたらしいのだ。

 

Twitterにはそういう人が多いらしく、「あの感情に名前があったとは!」とか「10%よりもっとたくさんいるような気がするぞ」とか「むしろ、Twitterにはそういう傾向の人が多いんじゃないか」とか、まあいろいろと盛り上がっている。

 

ちなみに私もこの「共感性羞恥」の持ち主だ。

それこそ、「ええっ!? あの感情にちゃんとした名前があったのか!」と思ったクチだ。

我が家では長らく「ザイオンの人」という名称で呼ばれていたこの現象。

 

なぜ「ザイオンの人」というかというと。

以前私が「マトリックス」という映画のDVDを見ていたとき、ザイオンの人たちが攻撃を受けるシーンを見て、手汗びっしょりになって感情移入していたのを見た夫が、私のその状態のことを「ザイオンの人になってるよ(笑)」といったことから端を発している。

私にしてみれば、感情移入、それも負けている方、危険にさらされている方に感情移入しないなんて考えもつかなかったので、最初は何を言われているのかわからなかった。

しかし、夫は、私のようには感情移入しないらしく、「いくらザイオンの人たちが危ない状況にいたって、そこまで怖がったりしないよ」とあっさり言われてしまったのだ。

 

それ以来、私が、何かしら感情移入している状態のことは「ザイオンの人になってる」と表現するようになっていた。

 

たとえば、哀しい場面やうれしい場面で共感して泣いたり笑ったりすることはわりと誰にでもあると思うのだが、いわゆる「どっきり」と呼ばれるような番組や、作劇上の構成で、主人公が恥をかいたり、だまされたりするような場面を見て、いたたまれない気持ちになることは、誰にでもあることではないらしい。

ということを、この「共感性羞恥」という言葉とそれに対する反応で知った。

 

そういえば、息子は「スカッとジャパン」という番組が大好きで、オチがつくと「あー、すっきりした」というし、途中のムカムカさせる場面でもげらげら笑っている。

私にはあれがどうしても耐えられないのだ。

ムカムカさせる場面は、わざとそうやってるのだと頭ではわかっているけれども、暴言を吐いたり、ひどい行動をとったりしている人の姿や、それに困惑している人の姿を見るのがすごくいやなのだ。たとえラストに逆転があったとしても、今度はその逆転されてしまった方に感情移入してしまい、恥ずかしいやらいたたまれないやらで、まったくスカッとしない。

共感性羞恥がある人は、たぶん「スカッとジャパン」は苦手な番組だと思う。

「モニタリング」も苦手だし、その他、誰かをだまして嘲笑うという構成の番組は全部見ていられない。心臓がバクバクしてくるし、胃がムカムカして苦しくなってしまうのだ。

 

人の失敗や恥を自分のことのように感じてしまう、というのがこの「共感性羞恥」のメカニズムなんだそうだ。

私が、ドラマツルギーとしてあげられている「誤解、すれ違い、ケンカからの仲直り」という展開がどうしても好きになれないのはそのせいかもしれない。

ドラマなどで、主人公が誤解されて苦境に陥るという展開がほんとに嫌いで、それが出るともう見るのをやめてしまうくらいなのだが、世間的にはそういう展開が好まれているらしいことを知って、シナリオを書く気力を失ってしまった。

 

ケンカも苦手な状況だし、自分ではない誰かが怒鳴られている状況も苦手だ。

自分のことでもないのに、なんでこんなにつらいんだろうと思っていたが、ちゃんと名前のある症状なのだとわかって、ちょっとほっとしている。

そして、それが少数派である、ということもわかって、かえってよかったと思う。

「私はそういうふうに思ってしまうのだ」というだけのことなのだから。

 

でも、同じ部屋で「スカッとジャパン」が流れている状況はちとしんどいなあ。他のことをしたりして、なるべく見聞きしないようにはしてるんだけど、どうしたって聞こえてしまうからね。

息子が楽しみに見ているので、やめてくれともいいづらい。

「胸キュンスカッと」ですら、前半の「ライバルによるいじめ」的な場面が見ていられないんだもん。でも、世間の大多数の人は、ああいうのが面白い、と思うんだよねえ……。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子が通う中学は明日が始業式です。

そして彼は今まだ宿題をやってます(作文を書いています)。

いやあ、ぎりぎりまでがんばりますなあ。

手間のかかる自由研究は終わってるのでまあよしとするか、という感じではありますが、国語やら数学やら英語やらの宿題は、毎日ちょっとずつやってさっき終わりました。

「毎日少しずつやる」というところだけ見れば、なんとなくいいような気もするんですけど、親としては、「まだ全部終わってないの?(((( ;°Д°))))」と毎日ひやひやしながら過ごしていて、けっこうストレスでした。

 

しかし、思い返してみれば、私も夏休みの宿題は最終日までずれこんで、毎年青息吐息でした。

始めのほうでさっさと片づけてしまえばあとは楽になる、と頭ではわかっているのに、どうしても手を付けることができませんでした。

いや、やらなくちゃ、と問題集を開いてはみるものの、ほんの数分でギブアップ。

あー、だめだー、と鉛筆(いやシャーペンか)を放り出してひっくり返るありさま。

結局最終日までうんうんうなる羽目になるのでした。

 

夏休み(に限らず長期休み)ってなんで宿題があるんでしょうね。

子どものとき、一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか。大人になってからは、「まあ、長い休みだからなんにもやらないでいると、勉強することから離れてしまうかもしれないからねえ」なんて思ったりもするんですけど、なんでも聞くところによると、外国では夏休みの宿題はないそうですね。外国ってどこだよって話ですが(笑)

 

小学校に入学してから高校(人によっては中学)を卒業するまでの数年間、毎年夏休みになると、読書感想文だの、絵だの、自由研究だの、「夏休みの友」だの、漢字何ページだの、計算ドリル何ページだのって、延々やり続けることになります。

あれは、いったいなんのためだったのかなあ、と思うことがありますね。

大人になってから、子どもに対して「私も昔は宿題をためてしまって苦労したよ(笑)」とか、「いつも夏休みに入ったらすぐに全部やってしまって、あとは好きなことをしていたものさ」と昔話するためにあるような気がしなくもありません。

 

課題に対してどういう対処をするかって、案外その後の人生の送り方にも関係してくるのかもしれませんね。

最初にやってしまう人は計画的できっちりした人生を送るとか、ぎりぎりの人はわりとそういう対応が多いとか、やらなかった人は……とか。

どうなのかなあ。関係あるような、ないような、ですね。

 

なんにせよ、ようやく夏休みが終わると思うとほっとします。

ふだん家にいない子どもが毎日家にいるとどうも生活リズムが狂ってしまってくたびれます。

夫が定年退職したあと妻がストレスに悩む、なんていう話がありますが、それがやけにリアルに感じられる毎日でした。

 

お、あと少しで作文が完成しそうです。

ほんと、ぎりぎりですねえ……(T_T)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。