害虫駆除会社「キャッツ」の虚偽の有価証券報告書を提出したとして、証券取引法違反罪に問われた公認会計士細野祐二被告(56)について、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は5月31日付で、被告の上告を棄却する決定をした。懲役2年、執行猶予4年とした一、二審判決が確定する。
 被告側は、会計処理は適正で、元キャッツ社長=有罪確定=らとの共謀もなかったなどと無罪を主張していた。同小法廷は「会計処理で元社長らに助言や了承を与えており、虚偽記載を認識し、共謀が成立するとした二審判決は正当」として退けた。
 判決によると、細野被告は元社長らと共謀し、2002年9月、実際は元社長への貸付金であるのに、企業買収ファンドへの預け金として60億円を計上した半期報告書を関東財務局に提出。03年3月には、買収先企業の株価総額を過大に偽った有価証券報告書を出した。 

【関連ニュース】
インサイダーなら永久追放=法令順守徹底へ
エフオーアイが破産申請=粉飾決算で上場廃止
製薬大手4社、2社が減益=M&Aが業績左右-10年3月期決算
エーザイ、今期経常益23%増見込む=買収関連費用なくなり
FOIがストップ安=粉飾で調査

首相、1日に宮崎視察(時事通信)
<志摩スペイン村>安全バーに顔打ち、小6男児が骨折(毎日新聞)
暴力団側への席、相撲案内所に出回る(読売新聞)
<地震退避行動>「火の始末」も見直し 文科省作業部会(毎日新聞)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
AD