鳩山首相は28日午前、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が「起訴相当」とする議決をしたことに関し、「小沢幹事長にはこのまま頑張っていただきたい」と述べ、小沢氏を続投させる考えを表明した。首相官邸で記者団に語った。

 首相は、27日の同審査会の議決後に「党の立場からは何らかの判断がなされる可能性はある」と述べたことについて、27日に民主党の輿石東参院議員会長と電話で会談し、「私は政府の立場で、輿石会長は党の立場でものを申してください」と伝えたことを受けた発言だったと釈明。審査会の議決に関しては「政府の立場でものを申し上げるのは検察の判断に予断を与えることになるから、何も申し上げるべきではない」と改めて強調した。

 小沢氏は27日に「与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」と幹事長続投を表明している。首相は小沢氏の意向を追認することで、鳩山―小沢体制で参院選に臨む意向を示した形だ。ただ、与党内には小沢氏の辞任を求める声が出ている上、同審査会の議決を受けて東京地検特捜部が再捜査を行う前に、小沢氏続投支持を表明した首相の対応を疑問視する向きもある。

 一方、社民党は28日午前の拡大三役会議で、小沢氏は国会の政治倫理審査会などで説明をすべきだとの認識で一致した。重野幹事長は会議後の記者会見で、「いろんな疑問をもっている方がたくさんいる。与党の仲間として、丁寧に説明してもらいたい」と述べた。

 自民党の浜田靖一国会対策筆頭副委員長は28日の記者会見で、首相の発言について「幹事長が辞めれば、自分にも波及すると考えているのかも知れない」との見方を示した。その上で、首相と小沢氏の政治とカネをめぐる問題について、「予算委員会の集中審議の開催を求めていくことが第一だ」と改めて強調した。

<足立火災>重体の女性死亡(毎日新聞)
「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化(産経新聞)
普天間「あらゆるオプション想定」=前原沖縄相(時事通信)
<関西大>高橋、織田選手がスケート教室 (毎日新聞)
「マッサージ痛い、やめろ」4歳児けった父逮捕(読売新聞)
AD