衆院外務委員会は19日午前、核持ち込みなどに関する日米間の「密約」問題について、斉藤邦彦元外務事務次官らを参考人招致し、質疑を行う。外務省内での密約引き継ぎの実態や、存在するはずの密約関連文書が保管されていないことの背景などが明らかになるかが焦点だ。
 参考人質疑は、外務省の有識者委員会が先に4つの「密約」の検証結果を公表したことを受けて決まった。斉藤氏のほか、東郷和彦元外務省条約局長、森田一・元運輸相、元毎日新聞記者の西山太吉氏が出席する。 

【関連ニュース】
国会招致、与党が先=自民総裁
「政治とカネ」説明を=直嶋経産相
野党、小沢氏ら招致を要求=参院予算委
小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及
政治とカネ「どこかでけじめを」=仙谷氏

<山岡国対委員長>外国人選挙権法案は今秋以降に先送り(毎日新聞)
<労働者派遣法>改正案を閣議決定 規制強化へ(毎日新聞)
【WEB人】ITジャーナリスト兼コンサルタント・林信行さん(42)(産経新聞)
「生臭み」の原因は「におい」 ワインと魚介料理の組み合わせでメルシャンが特定(産経新聞)
<殺人容疑>2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
AD