終戦記念日

テーマ:

最近の記事で、若い人に8月15日は何の日と訊いたら半数弱が「ウナギを食べる日」等と回答し、終戦記念日だと言う事を知らなかったと・・・・・ポーンショボーンアセアセ

 

 

 

此処まで平和ボケだったのか~ガーン

 

 

 

英霊に対して云々、と些か感傷的な事を持ち出す訳ではなく、多大な犠牲を払って重要な事を学ぶ機会を得たにも拘らず、それを無視する様な現実に驚きを通り越して茫然です。

 

 

 

誰がどう、何故先導したかの議論は別として、やるべきで無かった戦争、やりたくなくても抵抗出来なかった国民が、完膚なき迄打ちのめされた結果、平和憲法を無条件で受け入れた事はごく自然な流れだったとは思います。

 

 

 

が、この平和憲法なるモノが純粋なそれではなく長期的に日本を自国の傀儡として利用しようとする遠大な戦略の下に起草された事実を考えると政治の汚さを思わずには居られません。

 

 

 

その結果が冒頭の終戦記念日を知らない若者が半分と言う涙が出そうな情けない事実。

 

 

 

そんな事は無いと言う反論も出るかもしれませんが、それではこの現実をどう説明するのか。

 

 

 

かの偉大なマハトマ・ガンジーの無抵抗主義。 現在のインドはそこから大いに発展して実に現実的な道を歩んでいます。

 

 

 

私個人的には日本が必要なのは「無抵抗主義」ではなく、卜伝の「無手勝流」だと考えます。

 

 

 

ご存じの通り塚原卜伝は武術の達人でしたが、出来るだけ争う事はせずあらゆる知恵を絞って平和的解決を求めたご仁、哲学者と理解しています。

 

 

 

国の平和と安泰は自国防衛を他国に依存した状態で出来る事で無いのは小学生だって理解出来るはず。

 

 

 

世界の情勢を見れば、「武力はヤバイから持たない、 だけど万一の場合には同盟国に守って貰う・・・・・・」 これ以上非現実的、且つ自助努力を怠った腰抜けな考えは有り得ません。

 

 

 

武力が如何に危険なモノかを多大な犠牲を払って学んだ日本であればこそ、相当な武力を持ち、それを間違いなく運用する事が出来るハズ・・・・・。

 

 

武力所有と言えば即「戦前回帰、戦争突入」としか考えられない短絡的思考はどうにかならないモノか。

 

 

 

その二つの間には十分過ぎる程の思考と議論の余地がある。

 

 

 

・・・とは言っても、現政権と多くの政治家の所業、又それに対する国民の反応を見るにつけ、結局戦前と大差はなく「夢物語か」と幻滅させられるのは私だけではないハズ。

 

 

 

最後に別のブログからの引用を挙げておきます:

 

 

二枚舌外交


第9条の下、平和教育を受けた日本の政治家たちの指導者としての評価は、彼等がいかにアメリカの国益に日本の政治・経済を擦り合わせることができるかで決められている。

アメリカを怒らせず、日本国民にはアメリカの国益どおりに動いていないと見せかけながら、アメリカに隷属を続ける才能が、戦後日本でリーダーシップとして高く評価されている。

(以上岡崎氏のブログより引用)

 

 

 

日本人よ、目を覚ませ!! (こう言うと議論もせずに直ぐに右だ左だとレッテル貼りに走るのも止めようね。)

 

 

 

モットーでした。

AD