見えない光

テーマ:

今日は、モットーです。


こちらではすっかり秋になり、そろそろ木々葉が色付き出し、庭にもチラホラと落ち葉が舞い降りて来ます。


後ニ三週間もすれば本格的な落ち葉の時期になるでしょうね。 うっとおしいな~。


さて、キタさんの記事の紹介です。 今日は”見えない光”・・・・・


<以下訳文>
皆さんこんにちは。

今日の題名の ”見えない光の全て” は、目下私が読んでいるアンソニー・ドエルの本の題名なので引用符(””)を付けました。 登場する主人公の一人が盲なので本の題名に直接関係しますが、題名に付いて考えれば考える程他に登場する人物達だけでなく、更に(私達の)現実との共鳴を覚えます。 チョット考えてみて下さい: 目で見えないモノって何・・・って? 何かに集中していて”他の光全て”が見えなくなっていませんか? 他人や状況が自分の毎日の生活に取って観る必要のある光を遮ってはいませんか? 大きく目を開けて光を見ましょう・・・

貴方のお幸せを祈っています・・・・・
キタ
<以上訳文>

<以下原文>

Image

Dear Everyone;

I’ve  put quotation marks around the Gentle Message heading “All the Light We  Cannot See” because it’s the title of a book by Anthony Doerr I’m presently reading.  One of the protagonists is blind which makes the connection to the book’s title obvious, however, the more I think about the title the more it resonates not only with the other characters but with reality.  Think of it: what don’t you see with your eyes? Are you missing “all the light” because your focus is elsewhere?  Do people and situations blind you to the shining light that is yours for the taking every day of your life? Open your eyes to see…

To your Happiness,

Kita


<以上原文>


その通りですね。 人間の脳は非常に効率良く働く様に出来ていて、何かに集中している間は他の物事には殆ど注意が行きません。


もう一つ、思い込みや先入観も何に注目するかの大きな判断基準の一つです。 間違った思い込みや先入観をもつと物事を正しく理解して判断する事の大きな障害になります。


短期記憶も容量がとても小さくて、次から次へと違った事を取り扱い、その中から過去の経験や好みに従って必要と思うものを長期記憶に留めます。

その短期から長期に切り替える作用は睡眠中に行われると言われています。


と、言う事で他人の意見を聴く時には出来るだけ先入観、思い込み、好き嫌いの感情等を混ぜない様に心掛けましょう・


それでは次の記事でお会いしましょう。


催眠科学者 モットー でした。



AD